FC2ブログ

★2012/03/10 潮吹き人妻さんとお昼間のんびりラブホ 

出会ってからすでに5年以上が経つ潮吹き人妻さん。前回のハプバーデートで「次のデートの時はアナルを可愛がって~」とオネダリされていたので、では次のデートは濃厚にラブホで遊びましょう、ということに。
土曜日、新宿で待ち合わせをして良く行くリーズナブルなラブホへGO。お昼からフリータイムで夜まで居られるなんて何て素敵なラブホ^^ そしてラブホに行く前にドラッグストアに寄って、ローション購入! アナルプレイにはローション必須ですからね^^

ラブホに入ったらまずは荷物を高い場所に避難。彼女の恐ろしい潮吹きで、ひどい時は床がほぼ全面ビショビショになることも……^^; そして俺がお風呂の準備をしている間に彼女は服やらストッキングやらを脱いでエッチの準備。そう、下半身に着ているモノはあらかじめ脱いでおかないと、前戯だけでかなりの潮吹きをしてしまうので、服が濡れてしまう^^
俺もあらかじめジーンズと靴下は脱いでパンツだけに、そしてやっと抱き合ってキスが出来る。キュッと抱きしめてキスをしながら、白いニットのワンピースの上から胸に触ると、感度の良い彼女はそれだけで小さめのロリボディをクネクネとさせながら甘い吐息をもらす。

お互いのSEXのペースはすっかり分かっているので、彼女も自然と俺の股間に手を伸ばし、キスだけでふくらみ始めたおちんちんをなで回す。「ね? もう大きくなり始めてるよ?」と欲しそうな顔をするのでパンツを降ろしておちんちんを露出するとさっそくしゃがみ込んでうれしそうにフェラを始める。「フェラチオが三度の飯より好きです!」と公言している彼女、「Aniちゃんのおちんちん、すぐ大きくなっちゃって、口に入りきらないよ~」とか良いながらジュブジュブと口から出し入れし、亀頭を舐め回し、また口に入れる。彼女の童顔が大きなおちんちんを舐め回しているのを見ると凄く興奮してまた一回り固くなってしまう。

次は俺の番、と彼女を背中から抱きしめ、胸と股間に手を伸ばす。ワンピースをまくり、Tバックの股間に手を伸ばすとキレイに処理した割れ目に指が届く。Tバックの細い布を脇に寄せ、露出した割れ目をニュルニュルといじくりながら、ワンピースの上から乳首を探り当て、指先でつまみながら刺激するとそれだけで腰をひくつかせ、快感に悶える潮吹き人妻さん。股間に伸ばした指先は当たり前のように割れ目に入り込み、Gスポットをクチュクチュといじめている。指先までキュッと力が入った足がヒクヒクと痙攣して、絶頂を訴えているのでワンピースを大きくまくり上げた所で大量の潮を床にぶちまける彼女、そのままクリを指先でこねると2発、3発と連発で潮を吹く。相変わらずの敏感な肉体。

そろそろ汚してしまいそうなのでワンピースを脱がせると彼女は黒いレースの下着。Tバックはすでに寄ってしまって割れ目を隠す役目は一切果たしていないけれど、下着を着けた女性の肉体ってのは不思議な魔力が有るよね、なんて思いつつブラを外し、敏感な彼女の胸をいじり回す。彼女の手は後ろに回り、ビンビンにフル勃起しているおちんちんを切なげにいじり回し、自分からお尻にこすりつけている。
「入れて欲しいの?」と聞くと「欲しいの、Aniちゃんの大きいおチンポが欲しいの! コレじゃないともうダメなの!」と切なげに訴える。
すでに愛液と潮でグチュグチュに濡れている割れ目に後ろからこすりつけるとうれしげに腰を振るわせる彼女、そのままゆっくりと先端を割れ目に押し入れると少しの抵抗の後、ぬるりと根本まで入っていく。

その瞬間に喘ぎ声を炸裂させ、「欲しかったの! これが欲しかったの!」と淫語を炸裂させる潮吹き人妻さん。付き合いは長くなるけれど彼女の幼い顔から出る幼い声がこんなエロい言葉を吐き出すのを聞くといつでも興奮してしまう。
ベッドに手をつかせて立ちバックでズコズコとおちんちんを抜き差しすると、快感に足の指の先までグッと力が入る人妻さん、ずらしたパンツの間から割れ目に出入りする俺のおちんちんがエロくて興奮のあまり動きがドンドン激しくなっていく。

体位を変えようとおちんちんを抜くと一気に潮を噴出する彼女、床の上はいい加減に水溜まりが出来てしまっている。ベッドの上に押し倒してTバックをはぎ取り、正上位で合体。「このおちんちんじゃなきゃダメなの!」と激しく淫語を吐く潮吹き人妻さんに激しくおちんちんを打ち込み、キスを交わし、乳首をつねり、色々な快感を求め合う。
彼女の上に体を重ね、唇を合わせながら腰を振ると、彼女の足が体に絡みつき、さらに濃厚な密着を求めてくる。腰を押しつけグリグリと割れ目の中のおちんちんを動かすと「奥が! 奥が良いの!」とうめき声を上げる潮吹き人妻さん。俺のサイズだと普段のエッチでは感じない部分まで刺激されるらしい。

体位を変える度に割れ目から潮を噴出し、ベッドの上を潮だらけにしながら感じまくっている彼女、俺たちの体も潮まみれ。さすがに5年以上もお付き合いがあると慣れたもので、「ベッドで合体する時は上掛けの上で」。そうすれば、上掛けの下は乾いているから、休憩で寝る時もバッチリ……って、たまにあまりに潮の量が多くて下まで染みている事もありますが^^;
騎乗位に体位を変えると良い所が刺激されてしまうらしく、「腰が止まらないの!」と叫びながらまるで痙攣するように俺の上で腰を振りまくる潮吹き人妻さん、割れ目の奥が何回もビクビクと痙攣して潮を噴出したがっているのが分かるけれど、俺のおちんちんの太さで尿道が圧迫されて出ないご様子。おかげで体を離した瞬間に大量の潮が俺の体の上に降り注ぐ事になる。

もう一度正上位で合体する頃にはお互いもうヘロヘロで後はフィニッシュに達する体力くらいしか残っていない。彼女の足を大きく抱え上げ、大きく広げた割れ目に向かって激しく腰を振る。彼女の絶叫を聞きながら俺も一気に絶頂、大量の白濁液を噴出して一回戦終了、彼女の上にぐったりと崩れ落ちて大きく荒く息を吐く。
あまりに疲れたので体をざっとタオルでぬぐったら上掛けの下に潜り込んで休憩、と思う間も無くトロトロと居眠りモード。潮吹き人妻さんも俺の横で眠ってしまっているらしい。

けっきょくその後、もう一回エッチした所でそろそろ彼女が撤収の時間。いつも通り軽く体をマッサージしてもらってからお風呂に入って撤収モード。せっかく買っていったローションは出動せず、結果アナルも攻めませんでした^^;
次回ホテルでエッチする時はたっぷりアナルいじめしましょうね、と約束して駅で解散。あれこれ心残りはあるけれど、ゆっくりのんびりと過ごせた土曜の午後でした。 《完結》



※ツイッターやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html




関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

イイっす( ̄^ ̄)ゞ

続きが早く読みたいっす( ̄◇ ̄;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/539-7702cc45