FC2ブログ

★2012/01/13 22才処女女子大生さん2回目のデート 

先日無事に処女を卒業した22才の女子大生さん、「また会いたいです」とおっしゃるので早々に次のデートのセッティング。
仕事を少し早めに上がって新宿で待ち合わせ。約束の時間から少し遅れて現れた女子大生さん、「すいません~!」と良いながら相変わらず素朴な笑顔でお目々キラキラ^^ ちょっと大柄で服の上から見ても分かる豊満な肉体に「早く脱がせてその巨乳を見たいなぁ」と思ってしまう。

辛いモノが好きと言う彼女を誘ってタイ料理へ。お食事しながらあれこれおしゃべりしていると、なんと彼女ちょっと前に処女を卒業したばっかりだというのにさっそく他の男性とデートしてエッチにも挑戦したという。「えへへ、この前AnimaLさんとエッチしていなかったら彼のお誘いにも乗らなかったかも?」と言いながら笑う彼女、俺との出会いがさっそく人生の新しいドアを開いたみたいで、俺としてもすごくうれしい気分。
ただ残念ながらその時のお相手の彼がお上手で無かったのか、彼女が緊張していたのか、「上手く挿入出来なかったんですよ~~」とのこと。ではでは今日は俺がばっちり挿入してあげましょう!ってことでラブホにGO!

前回と違うラブホって事で相変わらず興味津々にラブホの中を探検する彼女を捕まえてソファーでラブラブモード。キスをしながら彼女の豊満な胸に手を這わせるとさっそく目をウルウルさせながら熱い息を吐きはじめる。股間に手を導くと恥ずかしそうになでるので、ジーンズを脱いで固くなり始めたおちんちんを見せつける。
フェラをお願いするとそっと唇を寄せてしゃぶり始める彼女、前回教えたやり方を覚えているようで、処女卒業後2回目のエッチにしては随分と気持ち良いフェラ。彼女の口の中ですぐさま固くなるおちんちんをうれしそうに舐め回す彼女。
彼女のシャツの中に手を潜り込ませ、ブラの隙間から乳首に触ると「ンンッ!」っと反応。体はかなり感じているご様子。彼女のシャツとジーンズを脱がせてソファーでじっくり体を触っていく。パンツの下の割れ目はじっとりと濡れて、ちょっと触っただけで声が出る彼女。自分が感じてる刺激がまだ快感なのか何なのか分からないように困惑した目で俺を見るけど、確実に喘ぎ声は出てしまう。

体の準備はOKそうなのでお風呂でちょっとリラックスしてベッドへ。彼女をベッドに横たえて上から覆いかぶさるように濃厚にキス。その間に手を胸に伸ばし大きな胸をたっぷりと揉む。手のひらからあふれ出す大きさとしっかりと詰まった乳房に若さを感じながらモニュモニュと触ると彼女の口から甘い吐息が漏れ出す。
乳首を舐め回しながら割れ目に指を伸ばすとすでにヌルヌルと愛液がしみ出しているのでそれを指に絡めながら入り口を開いていく。前回のデートでバッチリ挿入完了した割れ目は抵抗なく俺の指を受け入れる。ゆっくりと指を出し入れすると眉根を寄せ、困惑したまなざしで俺を見つめる女子大生さん、Gスポットを軽く攻めると「あ!ああ!」と声を出しながら体を震わせる。まだ自分の感じている感覚が「快感」だと言う事を脳が理解していない雰囲気だけど、体は確実に反応していて、愛液がダラダラと指に絡みついてくる。


前回エッチに失敗したと言うのでちょっと警戒していたんだけど、彼女の肉体は健全そのもの、バッチリOKそうなので「入れても大丈夫かな?」と聞くと潤んだ瞳をうっすら開いてうなずく。ゴムを装着したらローションをつけて挿入。彼女の足を大きく開いて割れ目におちんちんをこすりつける。軽く足を持ち上げてお尻を上に向けると割れ目は自然とおちんちんを飲み込む角度になるのでそのままゆっくりと押し入れていく。
前回の処女卒業の時もかなり順調に挿入できた彼女の割れ目は今回もスルッと俺のおちんちんを飲み込んでしまう。そのままゆっくりと出し入れするとハァハァと荒い息をしながら頬を真っ赤にしている彼女、「感じる」ってことが何となく分かってきたのだろうか?

「ほら、簡単に入っちゃったよ」と彼女の手を股間に導いて、ズッポリと割れ目に入り込んでいるおちんちんを確認させる。まだエッチを経験したばかりの彼女、2回目の経験での失敗を自分のせいだなんて思ったら今後の人生にまで支障が出かねない。ここで良いSEXをしてあげなければ、とちょっとSEXに責任感を感じてしまう俺^^;
それでもゆっくりとおちんちんを出し入れするとジタバタしながら喘ぎ声を上げ始める彼女。体に起こっているこの見知らぬ感覚にどう対処すれば良いのか戸惑っている雰囲気。多分あと一回くらい経験すればそれが「快感」であることが理解出来ると思うんですけどね~^^
ってことで、あまり長時間いじめる事はしないでアッサリと発射モード。それでもかなり本気でのズコズコに耐えている彼女、肉体的にはすごく恵まれている様子。

ちょっと我慢して俺の発射まで付き合ってくれた彼女、やっぱり疲れたみたいでベッドの上にどさっと倒れて荒い息。それでもすぐさま回復するのが若さかな~?
「ほら、ちゃんとSEX出来たじゃない」って言うとちょっと恥ずかしそう。それでもSEXの感触はキライでは無いらしく、休憩中も俺のおちんちんをいじり回し、早く固くなってもらいたそう。大きくなった所で2回戦に挑戦、さすがに途中でギブアップしてしまったけれど、SEXそのものは楽しくなってきた模様^^

お風呂に入ってホテルから撤収、ブラブラと駅に向かいながら「次のデートはいつになりそうですか?」と言う彼女、すっかりAnimaLマジックにはまってしまったみたいですね。
実は大学卒業後、地元に戻って就職する事が決定した彼女、デート出来る回数はそれほど無いかも? 地元に戻るまでにSEXの快感をしっかり味合わせて上げたいね、と思うAnimaLなのでした。



※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html



関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/531-f2a479ee