FC2ブログ

★2010/12/28 25才看護師さんとゴスロリエッチ 

数日前に仕事場に遊びに来てくれて、そこでもエッチしちゃった25才のビジュアル系バンド大好き看護師さん。「28日は仕事がお休みなのでデートしてくださいな!」って言うのでもちろんOK、仕事の後に待ち合わせてデートに行く事に。
当日待ち合わせた看護師さん、遠くから見てもすぐに分かるド派手な色のコート着用。さすがにビジュアル系大好きさんは仕事の無い日は目立つ格好してるな~と思う。
さらにコートを脱ぐとその中は黒を基本にしたフリルたっぷりのゴスロリ衣装。ふわっと開いたミニスカートがメチャクチャ可愛い。長い茶髪とぱっちりお目々+ゴスロリ衣装が良く似合っている彼女、話を聞くと先日行った老舗ビジュアル系バンドのコンサートに着ていった服だとのこと。「Aniさん、こういうのも好きでしょ?」って笑う彼女、俺の心の中で「もちろん大好きだから脱がさないで犯しちゃおう!」と悪魔がささやく^^

軽くお食事したら近場のラブホにGO! 荷物を置いてお風呂の準備をしたら看護師さんを捕まえてギュッと抱きしめる。プリッと張ったCカップくらいの形良い胸がムギュッと俺の体に当たって来る。肉体の感度の良い彼女はキスをしながら服の上から体に触るだけでハァハァと息が荒くなってくる。手をお尻に回して、ミニスカートの下に潜り込ませたら、形の良いお尻をギュッと握り、パンツの上から割れ目をさする。彼女の腰がたまにビクン、ビクンと反応して、膝がカクカクし始めるのが分かる。

彼女の手が物欲しそうに俺の股間をなで回すのでジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出させる。軽く握っておちんちんをこすり始める彼女、手の中でムクムクと膨れるおちんちんに「どうなってる?」って聞くとトロンとした眼で「大きなってきた…」と応える。
フェラを所望するとゴスロリ衣装のまま俺の足元にうずくまっておちんちんに舌を這わせて来る。パクッと加えると唇でこするように先から根本までタップリと出し入れ、その光景に反応しておちんちんはすぐさま固くなる。そうなると「Aniさんの、大きいから…」と言いながら亀頭から数センチまでしか口に入らなくなってしまう模様。それでもレロレロと舐め回してくれるのがうれしくも気持良い。

フェラをたっぷり堪能したら攻守交代。立たせた看護師さんの前にひざまずいてスカートの中の足とお尻をなで回す。感度の良い彼女はそれだけでハァハァと荒く息を吐き始める。
パンツをグイッと横にずらすと毛をキレイに処理した可愛い割れ目が露出する。軽く指で撫でるともうヌルヌルと濡れているのが分かる。軽く指を押しつければすぐさま飲み込む。軽く指を曲げてGスポットをいじめると一気に声が激しくなり絶頂を訴える。ものすごく感じやすい肉体。

彼女の痴態を見ていると熱くなってしまい、おちんちんがヒクヒクしてしまう。
彼女を後ろから抱きしめながらパンツを脱がせる。フリフリのスカートをまくって後ろから手を回して割れ目をいじめながら、ワンピースの上から胸を触りまくる。服の上からでも分かるふっくらしたDカップバストをワシワシと握りながら刺激すると身をよじりながら快感を訴える看護師さん。

我慢出来なくなってゴムをつけるのも早々にゴスロリワンピース着用の彼女のスカートをまくってお尻におちんちんをこすりつける。ベッドに手をつかせたら立ちバックからゆっくりとおちんちんを挿入。多少の抵抗感は有るモノの、すでにヌルヌルになっている彼女の割れ目はすんなりと俺の大きなモノを受け入れる。だった数日前に入れたばっかりだしねぇ^^

立ちバックでゴリゴリと後ろから出し入れすると程よく奥に当たるらしく、腰をビクビクと振るわせながら激しく声を上げる。黒いゴスロリ衣装を着たままの女の子を後ろから犯しているというシチュエーションに激しく興奮していつもより腰の動きが激しくなっている気がする。
さらに彼女の恥ずかしい姿を見たくてゆっくりと立ちバックで洗面所へ。洗面台に手をつかせて、大きな鏡の前でズコズコと立ちバックで攻める。
鏡に映った可愛いビジュアル系ロック姉さんが激しく喘いでいる顔を見るとおちんちんの固さも腰の動きも1.5倍くらいになってしまう気がする。

もう一度立ちバックでベッドに戻ったら一旦身体を離して彼女をベッドに押し倒す。着衣のままの彼女の足を大きく広げさせるとフリフリワンピースの中にヌメヌメと光るエッチな割れ目。一応は服を汚さないように気を使いながらも凶暴に張り詰めたおちんちんで貫いて激しく腰を振る。立ったまま犯され、鏡で見せつけられた看護師さん、すでに肉体は限界に達していたようで、ズコズコと奥まで出し入れされると一気に頂点へ。「ダメ!行く!行くっ!」と叫びながら体をギュッと固くしたかと思うと力が抜けてベッドに倒れる。
俺の方はまだまだビンビンなので手を止めずにさらに激しく腰を振ると2回、3回と連続で絶頂を訴え、何度も激しく痙攣する看護師さん。まるで彼女の敏感な肉体を弄んでいるみたい。

彼女の体をグイッと抱き起こして騎乗位、下半身でつながったままゆっくりとワンピースを脱がせて行く。黒いワンピースを脱がすと北国育ちの色白な彼女の肌がむき出しになる。上気してほんのりピンク色に染まっている彼女の肌がタップリとSEXを楽しんでいる事を物語っている。
服を脱いだ彼女が俺の上で腰を振るのを下から眺めつつ、彼女のタップリした胸の手触りを楽しむ。手のひらからはみ出し加減な胸を円を描くように触ると、その刺激に合わせて甘い声を上げる彼女。「Aniさんのおちんちん、気持良いよ」と腰を振るごとにささやきながら快楽を貪っているご様子。こんなエロい顔の彼女がどんな風に仕事をしているのか何て全然想像も出来ない。

俺の方もそろそろ限界が近くなって来たので彼女を押し倒してもう一度上からのしかかる。ゴリゴリに固くなったおちんちんを激しく抜き差しするとまた何回も絶頂を訴えながら緊張と弛緩を繰り返し、絶叫モードで喘ぎまくる看護師さん。なかなかスケジュールの合わない俺とのSEXをたっぷりと楽しもうとする以上に凶暴なおちんちんからの快楽に翻弄されまくっているご様子。
亀頭のうずきがそろそろ限界だよと俺に伝えてくる。「行きそうだよ」とささやくと「来…て」とうめく看護師さん。彼女の足をグイッと抱え上げ、フルスピードで腰を打ち付けると程なく絶頂、激しく噴出する白濁液。

体を離すとベッドの上にぐったりと崩れ落ちる看護師さん。俺が覚えているだけでも2ケタに迫ろうかという勢いで行きまくっているんだもの、そりゃ疲れるわなぁと思いつつ彼女の上に布団をかけてあげてしばし休憩。
彼女が動けるようになった所でお風呂へGO。「もう、服着てるのに襲ってくるんだもんな~」とぼやく看護師さん、それでもタップリと感じまくったSEXにまんざらでも無さそう。
お風呂を出たらベッドに戻ってTVを見ながらダラダラしたり、お互いの共通の話題であるロックの話をしたり。
そうこうするうちにまたエロモード突入。今度はタップリと彼女の割れ目を舌でご奉仕してから俺もお口で固くしてもらって合体。今回も激しく…と思ったらさすがに仕事の後でのデートは疲れていたらしく途中でおちんちんが柔らかくなってしまって終了。
時間もそろそろ良さそうなのでもう一度シャワーをしたら服を着て撤収~。

東京に出てきて仕事とコンサート鑑賞でかなり充実しているらしい看護師さん。「これで彼氏がいれば完璧なんですけどね!」と言うけれど、まぁフリーな間は俺と遊んでくださいな!なんて言いながら駅まで送って解散。
なかなかお休みが不定期な仕事なのでスケジュール調整は難しいけれど、これからも予定が合った時にはぜひぜひデートしましょうね!

《完結》
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

葵さん>

コメントありがとうございます^^
確かに興奮するシチュエーションですよね。
では都築をお楽しみください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/466-3e99b7a4