FC2ブログ

★2010/12/11 30代クール美人妻さんとスッポン食ってからラブホでスッポンスッポン! 

最近良くデートしているクールで知的な人妻さん、30代のスリムな美人さん。先日「地元にスッポンラーメン食べさせるお店が出来たよ」って話をすると「ぜひ食べてみたい」とのこと。では一緒に行きますか、と俺の地元駅に集合してスッポンラーメンデートをすることに。当日はちょっと用事があるのでいつもより早めに撤収するとのこと、ではハプバーでは無く初めて2人でラブホに行きましょうか!ってことになる。

ラーメン屋さんでは生きているスッポンを見せてもらってご満悦、味も満足だったようなクール美人妻さん。「Aniさんのおちんちんにも効いていると良いですね!」なんて言いつつ下北沢のラブホに向かって電車に乗る。ふだんあまり下北に行った事の無いという彼女、若者でごった返す賑やかな街を楽しそうに歩いている。
下北のラブホは土曜の午後にも関わらず空き部屋が一つしか残っていない。「お昼だってのにみんなお盛んね~~~」なんて言いながらチェックイン。

いつも通りスーツ風の服を着ているクール美人妻さん、今日もジャケットを脱がすとその下はニットのブラウス+短めのスカート。抱き寄せてキスをしながらさっそくスカートの中に手を侵入させると直接パンツに触る感触。でも足はストッキングに包まれているので不思議に思ってスカートをまくり上げてみるとなんと!ガーター装着!! 「ほら、今日はラブホだからコス無いし、自分でエロい格好してきてみました~」というクール美人妻さん。俺のツボを良く心得ているので、俺も興奮度アップ^^ 心の中で「今日はガーター装着のまま合体!」と誓ってしまう。

ジーンズとパンツを下ろして股間を露出するとさっそくフェラを開始してくれる彼女。ブラウスの前を開くと黒いブラが露出、彼女の白い肌とのコントラストがエロさを醸し出す。
おちんちんをしゃぶられながらブラの隙間から指を差し入れて乳首をつまんで転がすと、乳首の刺激に弱い彼女、眉を寄せ快感にこらえきれずに「ダメ、ダメ…」とフェラが疎かになるほど感じている。
それでもおちんちんがビンビンになるほどフェラをしてくれた彼女をベッドに座った俺の前に立たせてスカートを下ろさせる。目の前に黒いパンツとガーターに包まれた彼女の股間。パンツをずらして割れ目を露出させるとすでにヌルヌルと濡れている。

割れ目をこすり、指をゆっくりと挿入していくと俺の肩に手を起き、くぐもったうめき声で快感を我慢する彼女。でもくいっと指を曲げてGスポットを刺激すると一気に喘ぎ声が上がる。膝をガクガクさせながら俺にしがみつき激しく喘ぐ彼女に、さらに刺激を強めてしまう俺の指。
唇を合わせ、舌を絡めながらお互いの熱い部分を刺激し合う。彼女の指がビンビンに勃起した俺のおちんちんを物欲しそうになで回しているのが分かる。

「欲しい?」って聞くとうんうんとうなずく美人妻さん。ベッドに手をつかせて立ちバックの体勢、パンツをはぎ取って足を開かせたらビンビンに固くなったおちんちんを後ろから割れ目にこすりつけ、一気に押し込んでいく。
亀頭が入るまでちょっと抵抗感が有ったけど、すでにヌルヌルになっている彼女の割れ目は角度さえ合えば一瞬で俺のおちんちんを飲み込んでしまう。ヌポヌポとおちんちんを出し入れすると一気に炸裂する喘ぎ声。ブラウスとブラ、そしてガーターを身につけたまま立ちバックで犯されているシチュエーションにかなり興奮しているご様子。
彼女の一番感じる乳首をこね回しながらズコズコと腰を振ると「あぁ、だってまだ服きたままなのに…」と喘ぐ。「恥ずかしいの?」って聞くと「気持良い…」と応える美人妻さん、やっぱりエロいなぁ。

後ろからつながったままブラウスとブラをはぎ取ってガーターだけの姿に。体の一部に衣服をまとったままのSEXは興奮するモノだけど、靴下フェチな俺としてはガーターSEXも大好き。彼女をベッドに押し倒して足を広げさせる。ガーターの間に広がるヌルヌルに濡れた割れ目をもう一度指で弄んでからまたビンビンに怒張したおちんちんで一気に貫く。
下からギュッと俺に抱きつきながら激しく快感を訴える彼女の上で腰と腰が当たってバコバコ音がするほど腰を振る。
体位をバックに変えたらゆっくりと立ち上がってベッドを降りる。彼女の腰をつかんでゆっくりと部屋の中を歩く。ハプバーではあまりしないプレイ。

立ちバックでつながったままゆっくりと歩いて洗面所へ。洗面台に手をつかせて「ほら、鏡を見てごらん」と言うと、トロンとした眼で鏡に映った、後ろから貫かれている自分の姿を見つめ「すっごく…エロい」とつぶやく。いつも行くハプバーのプレイルームには鏡は無いので、SEXをしている自分の姿を見せつけられるのは初めてかもしれない。
鏡に映るように腰を振り始めると快感で顔がゆがみ、鏡を観察しているどころでは無い模様。さらに足を持ち上げて結合部分を鏡に写す。「Aniさん、すごい、すごくエロい…」つつぶやきながら喘ぎまくる。

さらに洗面台に座らせて正面から挿入。ビンビンに大きく太いおちんちんが自分の足の間に飲み込まれて行くのを目の当たりに見せつけられて激しく反応する美人妻さん。俺にギュッとしがみつき、何度も絶頂を訴える。
「ラブホだと、ハプバーとはまた違うエッチが出来るよね」って笑うと喘ぎ声の合間に「なんか、今日のSEXすっごくエロい…」とつぶやく彼女。
立ちバックでもう一回結合したらまたつながったまま歩いてベッドへ戻る。正上位で結合したらまたタップリと快感を味わってフィニッシュへ。ホテルに入って何分もしない間にめまぐるしくも激しいプレイが始まってしまって息も絶え絶えな彼女、ベッドに崩れ落ちてハーハー荒い息をしている。俺も横に転がって「激しかったね~」とつぶやく。

腕枕でアレコレおしゃべりしている間にまたキスが始まりエロモード。ほんのさっき1発目を発射したばかりだと言うのに美人妻さんにフェラされたおちんちんは一瞬でビンビンに勃起している。これがスッポンラーメン効果か?と思う間も無く気がつけばバックから彼女に挿入して腰を振っている俺。今日はなんだか激しいな~。
ベッドに顔を押しつけ、腰を高く上げて、ズコズコと出入りしている俺のおちんちんの快感に悶えている美人妻さん、ギュッとシーツを握りしめ、ベッドに顔を埋めて激しく声を上げている。彼女のお尻の肉をギュッとわしづかみにしながら音が出るほど腰を振りまくる俺、さすがに連続でのエッチはちょっと負担で一気に息が上がってしまって、発射前にギブアップ、腰を離して一旦休憩モード。

俺の横でそのままうつぶせでぐったりしていた彼女、そのままスースーと寝息を立て始める。少し見ていると寝ている自分に気がついたらしく、ビクッ!と目を覚ますを2回ぐらい繰り返してやっと目が覚めた模様。
「あたし、エッチの後にもあんまり寝たりしないんですよ~」という美人妻さん。「Aniさんのエッチが激しいから体力の消耗が著しいのかも!」なんて言いながら笑っている。「スッポン入っちゃってるから激しいンじゃん?」って言うと「これからもデート前に食べて来てくださいね!」って^^

さすがにお風呂にも入らずに2回戦しちゃったのでそろそろ…ってことで2人でのんびりとお風呂。お風呂の窓を開けると爽やかな青空が見えてちょっとした露天風呂気分。
「そう言えば、この前誘った混浴露天行きたいねぇ」って誘うとかなり行きたそうな美人妻さん、でも箱根やらに繰り出すと色々と時間がな~、やっぱり無理かも、とかなり残念そう。まぁ、まずは家庭最優先ですからその辺は仕方無いですねぇ。

ベッドに戻ったらちょっとダラダラモード。でもすぐに気分が盛り上がってきてキスからお互いの体に触り始める。69でお互いの熱い部分をたっぷりと舐め合ったら本日3回目の合体。ビンビンのおちんちんを後ろから前からたっぷり出し入れ。何度も絶頂を訴える彼女を見ながらちょっといじめっ子モードで許さず激しく攻め立てる。このまま俺も絶頂!と思ったけど体力が続かず彼女の何回目かの絶頂に達したのを確認して本日のエッチは終了~。
スッポンくん、おちんちんには効いた感じだけど全体的な体力はいつもとあんまり変わらんっすなぁ~?

そろそろ時間なのでもう一回お風呂に入ってチェックアウトの準備。ちょっと時間ならお茶でもしていこうかと思ったけど仕事先から彼女宛に電話が入っている模様なのでお茶せずに駅で解散。
本日もストレス発散させてもらって年末の多忙な時期に立ち向かう元気が出たわ~~とにこやかに笑う美人妻さん。そう言ってもらえると俺もすごくうれしい。
年内にはもう一回、エロ無しでOKだから2人で忘年会しましょうねって約束して解散。美人さんのお誘いはエロ無しでもOKですからね!


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/462-b64406b6