FC2ブログ

★2010/08/21 23才金融系ちびっ子と初対面 

某巨大SNSで知り合った東京からちょっと離れた街に住んでいる23才の女の子と初対面。
以前からメッセージはやりとりしていて「会いたいね」って話は良くしていたんだけど、彼女が一時期SNSから離れたり、お互いの距離が少し遠いってこともあって知り合ってから初対面までは2ヶ月ちょっとかかった感じ。それでもほぼ毎日のようにメッセージをやりとりしていたことが幸いしたか、お互いの気持はすごく盛り上がっている感じ。
いよいよお互いのスケジュール調整も出来てデートの日付が決まるとほぼ毎日がカウントダウン状態。お互いドキドキしながらデートの日を指折り数える状態。

いよいよデート当日。俺が指定した待ち合わせ場所にいたのは、ちょっと背が低めで真面目そうに見える女の子。セミロングで肩くらいの黒髪、ちょっとポチャさんかな?って体型だけど太っているってほどでは無くてちょうど可愛い感じの体型。8月も後半に入ったとは言えまだまだ暑い日が続いていたので白いブラウスとショートパンツが涼しげ。
けっこうカカトの高いサンダルを履いているけどそれでも身長はちょっと低め。「何センチ?」って聞くと150センチ前半なんだとか。背の低い女の子が好きな俺としてはかなり好みのタイプですね!
とりあえずブラブラと歩いてご飯を食べに。「ここがおいしそうです!」って彼女が決めたのがハンバーグ屋さん。2人で熱々のハンバーグをハフハフ食べながら彼女の仕事の話や田舎町での生活をおもしろおかしく聞かせていただく。金融系の仕事をしているという彼女、「2000万円くらいなら見ても動じません!」って。その中から少し貢いで欲しいものだ。

お食事の後、「俺で大丈夫?」って聞くと「喜んで!」とのことなので、腕を組んでラブラブモードでラブホテルへ。せっかく新宿まで出てきてくれたんだからと、良く行くラブホの中でも可愛くてきれいな所へご招待。「東京のラブホテルは狭いですかね~?」って言う彼女、話を聞くとやっぱり地方のラブホテルは部屋が広いらしい。
ホテルにチェックインして部屋に入って感想を聞くと「やっぱり狭いですね~。でもきれいで可愛いです!」とご満悦のご様子。それに結局エッチをする所ですから、あまり広くてもそれほど何の役に立つ訳でも無いし^^;

お風呂の準備をしながらホテルのアチコチを覗き回るうちにお互いの距離がだんだん近くなり、ギュッと抱き合ってキスをしてしまう。「やっと会えたね」「うん、Aniさんにすごく会いたかったの…」と言いながら何回も唇を合わせ、舌を絡め合わせる。
服の上から彼女の体に触るとすごく感じているご様子。「どれくらいエッチしてないのかな?」って聞くと「前の彼と別れてからだから、半年くらい…」ってお答え。こんなに感じる体が半年もエッチしてなかったなんて欲求が高まっちゃって大変だろうな~と思うと彼女に触る手にも心がこもる。
彼女の手を股間に導くと「んん…大きいですか?」って聞いてくるのでズボンとパンツを下ろして股間を露出する。「いやん!すごいです!」ってうれしそうな彼女に「お口でしてくれるかな?」ってお願いするとさっそくしゃがみ込んでしゃぶりついて来る。エッチが好きそうな彼女、お口も上手で俺のおちんちんはすぐに固くなってしまう。

「やっぱりAniさんの、大きい~!」って喜ぶ彼女。ベッドに座った俺の足の間にしゃがみ込んでレロレロと舐め続ける。
俺も彼女に触ってあげたくなって彼女を立たせたら白いブラウスのボタンを外して、ショートパンツも脱がせてしまう。シャツの間から見えるブラの間に指を入れて乳首をクニュクニュするとすぐに甘い声が出始める彼女。ブラを押し上げる胸はなかなか豊満。多分Dカップくらい有るたっぷりした胸。腰もキュッとくびれてお尻がプリッと大きくてなかなか良さそうなボディ。
ずらしたブラから覗く乳首を舌で転がしながらパンツの中に手を入れて割れ目をまさぐるとすでにかなりヌルヌルになっているアソコ。やっぱりかなり感じやすいみたい。
指を割れ目に当ててちょっと力を入れるとヌルッと俺の指を受け入れてしまう彼女のアソコ、中をまさぐると「出ちゃう…出ちゃうよ」とうめき声を上げるちびっ子ちゃん。

もしかして?と思って服を脱がせて全裸にしたらベッドに四つん這いにさせて後ろから指を挿入する。Gスポットをまさぐるようにいじめると、かん高い喘ぎ声を上げながら腰を痙攣させるとすぐさま割れ目からビュビュッ!っと液体が噴出する。さらに刺激を続けると連続でもう一発噴出! いや~~、ちびっ子ちゃん、潮吹きっ子だったんですね~^^
「潮が出ちゃう子だったんだ~?」って聞くと「前の彼氏にいっぱいエッチな事を教わって、開発されちゃいました」ってすごく恥ずかしそう。
でもそんな彼女に興奮しちゃって俺の股間はビンビン。それを彼女に見せつけるとまたしゃぶりついて来る。
完全に勃起しちゃっているおちんちんにゴムを装着して彼女を布団の上に押し倒す。「欲しくなっちゃった…」とささやくと彼女もうれしそうにうなずく。

足を大きく開かせるときれいに毛を処理した割れ目とちょっと大きめのビラビラ。もてあそぶように指でいじり回すとヌルヌルで完全に準備完了状態だけど、念のためローションでおちんちんをヌルヌルにしたら彼女の割れ目におちんちんを押し当て、ゆっくりと挿入していく。前の彼氏に開拓されたと言うだけ有って、抵抗無く俺のおちんちんを受け入れていくちびっ子ちゃん。「大丈夫?」って聞くと気持ち良さそうにうなずく。
程なく根本まで挿入完了したおちんちんをゆっくりと出し入れすると一気に気持ち良さそうな喘ぎ声を出し始める彼女、だんだんと腰の動きを本格的に激しくしていくと彼女の声もだんだんと大きくなっていく。
彼女の足を大きく押し広げながらズコズコと腰を振っていると興奮してしまったのかだんだんと限界が近くなってくるのを感じる。

「行っちゃいそうだよ」ってささやくと彼女ももう何回も頂点に達してしまっているらしく、虚ろな目でうなづいてくる。激しく喘ぎ声を上げる彼女を押さえつけてそのまま一気に腰のスピードを上げる。ビクンビクンと何度も痙攣する彼女に、俺も絶頂。グイッと奥まで挿入すると一気に精液が噴出、ゴムの中に大量に白濁液を噴出すると同時に彼女の上に崩れ落ちる。まだ奥までつながったままギュッと抱き合ってキスを交わす。
ハァハァと荒い息をつきながら抱き合って激しかったエッチの余韻を楽しみ、動悸が治まってからようやく体を離す。
「お風呂にも入らないでしちゃったね」って甘えたように俺にすり寄ってくる彼女、初対面したことがずいぶん昔のように感じる親密度合い。可愛い彼女をギュッと抱き寄せてもう一回たっぷりとキスを交わす。

主なエッチを掛け布団の上でしちゃったので、彼女の潮で濡れていないお布団に潜り込んで腕枕でダラダラモード。家がちょっと遠いちびっ子ちゃん、夕方ちょっと早めに帰りたいらしんだけど、まだちょっと時間に余裕が有るのでのんびり出来る。
仕事や生活の事、エッチな事やら色々な話をしているうちにまたお互いの体に触り合ってだんだんとエッチモードに入ってしまう。
キスをしながら彼女の割れ目をまさぐるともうヌルヌルになっている彼女のアソコ。ちびっ子ちゃんも俺の股間に手を伸ばしておちんちんに触り始めている。

またちびっ子ちゃんが噴出しても大丈夫なようにお布団から抜け出して掛け布団の上に。
寝そべった俺のおちんちんをしゃぶる彼女の割れ目を指でいじくっているうちにフェラが続けられない位に感じてくる彼女、指でGスポットを刺激すると激しい声と共に潮噴出! さらに刺激を続けると「出ちゃう!」っと叫びながら連発で噴出。本当にエッチな体にされちゃってるみたいですね~~^^
そんな彼女の痴態に俺も興奮してビンビン、もどかしくゴムを装着したらそのままバックから一気に挿入! バックの場合奥まで当たりすぎて痛くなっちゃう子も多いんだけど、ちびっ子ちゃんは体が小さい割りには俺のおちんちんをばっちり受け止めてる。
お尻とお尻が当たってパンパン音がするほど腰を振っても痛みを訴えず、さらに声を大きくするほど感じている。本当に恵まれた肉体だな~と思ってしまう。

体を離して彼女をベッドに横たえたら正上位で合体、さらに激しく腰を振りまくる。大きな喘ぎ声を上げて感じまくりながら何度も絶頂に達している彼女、俺もガンガン腰を振るうちにまたも絶頂に達して精液噴出、本日2回目の発射。
「まだお風呂に入ってないのに2回もしちゃった…」とさすがに疲れてぐったりしている彼女、俺もけっこう疲れてまたベッドの中にへたり込む。
ちょっと落ち着いた所でズルズルと体を引きずるようにお風呂場へ。「けっこう疲れたよね~?」なんて言いながら浴槽の中で抱き合う幸せな時間。

お風呂を出てベッドの中で抱き合ったらまたもエッチモード。ベッドに横たえた彼女に上からのしかかるようにキスをしながら指で割れ目をいじり始めると恥ずかしそうに小さな声で「舐めて…」とささやいてくる彼女。
舐められるのが好きなんだけど、お風呂に入ってないから遠慮してたのかな?って思うとその女心が可愛くて、たっぷりいっぱい舐め回してしまう。
指で割れ目を開いたら、ちょっと大きめのビラビラを舌で転がすように舐め回す。甘い喘ぎ声がだんだん高く大きくなって行くのを聞きながら、「今は潮を吹かないでおくれよ~」と思いながらもレロレロと舐め回し続ける。

彼女が触ってくれていたおちんちんも良いサイズに育ってきたのでお口でもしてもらう。レロレロと舐めてもらってビンビンに固くなったら本日3回目の合体。
さすがに3回目ともなると体力切れで発射せず。それでもビンビンになったおちんちんでたっぷりかき回された彼女はたっぷりと感じられたようでご機嫌さんでした。
もう一回お風呂に入ってエッチで疲れた体を癒したらちょっと早めだけどホテルを出て、彼女を駅まで送ることに。
「あ~~~、今日はたっぷり眠れそうです!」って彼女、半年ぶりにたっぷりと気持良いエッチが出来て大変にご満悦のご様子。そんな彼女を見て俺もすごくうれしいですね~。
「またデートしてくださいね!」っていうちびっ子ちゃん、これから月に一回は東京に遊びに来てくれるそうです。俺も彼女みたいに感じやすくてたっぷりとエッチを楽しむタイプの女性は大歓迎。これからもいっぱい楽しいデートをしましょうね。
そのうち俺が彼女の住む方に出かけて、「地方のラブホの広い部屋」を楽しんで来るのも良さそうですね!

 
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/438-9976452f