FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2010/07/24 25才舞台女優さんとハプニングバー 

最近良くデートしている舞台女優さん、先日誕生日が来て25才になりましたよ~とのこと。
彼氏がいて、彼氏の命令で下の毛を全部剃っちゃってるくらい彼を愛しているのに「もっと激しくて刺激的なエッチがしたい!」って理由で俺に「ハプバーに連れて行ってください~~」と連絡をしてしまう方。
前回のデートでハプバーに行った所、その雰囲気が非常に気に入ったらしく、「また行きたいです!」と言う。
そろそろ公演が近いと言う彼女、体が空く日が限られている。彼女のOK日は俺がお出かけ予定だったんだけど、用事を早い時間にずらして夕方からデート出来るように時間を空ける。
メチャクチャ天気の良い真夏日の午前中からお昼にかけてビッチリ歩き回って汗みずくになった俺、一回家に帰ってTシャツに着替えて新宿の待ち合わせ場所に行くも、舞台女優さんとハプバーに向かっている間にすでに汗だく。今年の夏は暑いの~~~^^;

今回は初のハプバーへ行く事に。以前歌舞伎町に有った大きなバーが移転した店なので、けっこう広いんだろうな~と想像しながら入店。以前の店ほどでは無いけど、想像通りけっこう広いお店なのである程度人との距離をとりたい俺にとっては理想的。
この日はカウンターがいっぱいだったのでソファースペースに通される。二人で並んで腰を下ろしてイチャイチャするには良い感じの席。
ビールを一杯飲んで落ち着いたら彼女が着るコスプレを物色。顔が小さくて目がクリクリと可愛い彼女、どうしてもロリ系の服装に目が行ってしまう。彼女の趣味を考えるとやっぱりメイド関係になるのか?って思うけど今回はJK制服に決定。白いYシャツとチェックのミニスカが凄く可愛い。もちろんコスの下はノーパン+ノーブラ。ちょっとめくっただけで無毛の股間が丸見えになってしまう。

ソファー席に座って彼女の方を抱いてコスの上からいじり回す。Yシャツの上から胸をいじり回すとツンと乳首が硬くなって布の上からでもどこにあるか分かってしまう。
シャツの上から乳首をつまんでクリクリすると「ふにゃ~~~」と喘ぎ声が出そうで恥ずかしがる彼女。口をンッとつぐんで我慢しているのが可愛い。
シャツの前ボタンをゆるめて胸を露出させるとそこに手を入れて直接胸を刺激するといきなりの露出にビクビクと周囲を気にするもあまり回りに人はいないので安心したご様子。
制服のミニスカの下に手を差し入れて割れ目を確認するとすでにかなりヌルヌル。「興奮してるの?」って聞くと「してないですっ!」っとツンデレな反応を返す舞台女優さん、でも割れ目はドンドンヌルヌルが増えている。
様子を見ていた店員くんが「はい、これ使ってくださいね~」とコンセントにつないだ電マを持って来てくれたのでちょっと試して見る。電マのブルブルが彼女にはちょっと強いみたいで、胸は大丈夫だけど股間は痛いとのこと。それでも初めて使う器具に興奮してるご様子。
「そろそろしようか?」って聞くと潤んだ目でコクコクとうなずく。

店員くんに「カップルルーム使うからローションお願い」って言うと気を利かせて電マまでセッティングしてくれている。今日はまだカップルさんが入店していないのでカップル専用ルームは俺たちの貸し切り状態。薄いカーテンとマジックミラーで中はのぞける状態だけど、それでも「二人っきり」っていう安心感にちょっと開放的になっている彼女、カップルルームに入って俺が下半身を露出するとすかさず俺の前に座り込んでフェラを開始してくれる。
「さっきまで人に見られてそうで恥ずかしかったんでしょ?」って聞くとうんうんとうなずきながら熱心にフェラを続けている。……あそこの鏡がマジックミラーだって事は当分内緒にしておこうっと^^

フェラでビンビンになってしまった所で「欲しい?」と聞くとトロンとした眼でうなずく舞台女優さん、ゴムを装着したら彼女を四つん這いにさせてバックから挿入。もちろんコスは着せたままでお尻の方から割れ目にローションでヌルヌルにしたおちんちんをこすりつけると、そのままヌルッと入っていく。
ゆっくりと出し入れしている間は声を我慢していた彼女も激しく腰を動かし初めて、おちんちんの先が奥をグリグリと刺激すると堪らずにかん高い喘ぎ声を大きく漏らし始める。
「声、出ちゃってるよ」って耳元でささやくと「あぅ、外に聞こえたら恥ずかしい……」とは言うモノの、全然我慢出来ないごようす。

カップルルームはトイレへの途中にあるので、前を通るお客さんが覗いている雰囲気を感じながらミニスカートをまくって露出したお尻をたっぷりといじめる。ボタンがはずれて半裸状態のYシャツから胸を揉みながら腰をズコズコと振る。激しい動きに喘ぎ声が全然止められない彼女、正上位、騎乗位と体位を変えられ、入り口とマジックミラーに向けて挿入部分が丸見えな事も気がつかずに喘ぎまくる舞台女優さん。
プレイの途中でカップルが一組カップルルームに入ってくる。あちらもプレイするのかな?と思っていると鑑賞目的らしく、俺たちのSEXを見ながらひそひそおしゃべりしてその後退出。その気だったら4Pでもお誘いしようと思ったのに^^
たっぷりと遊んだ所でそろそろ俺も限界が近くなって正上位で合体、たっぷり腰を動かすといつも通り絶頂を訴えながら泣き声を上げ、実際に涙を流す彼女。気持良くって行っちゃうと涙がでちゃうんだよね~。
そんな彼女を見ながら俺もフィニッシュ、ゴムの中に白濁液をたっぷりと吐き出して1回戦終了~。

フロアに大の字に倒れ込む俺の横にすり寄ってくる舞台女優さん、「この前のラブホのエッチより激しさ一割増しでしたよ~~」とうれしいやら疲れたやら。「ハプバーのエッチだから興奮しちゃったのかも?」って言うと笑う。
落ち着いたら服の乱れを一応直してソファー席へ戻ってビールを飲みながらまたおしゃべりしながらイチャイチャ。
フロアの方も少し人が増えていて、縄で縛られている女の子なんかもいてちょっと盛り上がって来ているご様子。そんなモノを見ているとまた舞台女優さんが熱くなって来ちゃったらしく、しなだれかかってくる。
彼女のスカートをまくって割れ目に触るともうヌルヌルになっている。指でたっぷりいじめてあげると一生懸命声を我慢してるのが可愛い。
おちんちんを出してフェラをお願いすると回りを気にしながらもしゃぶってくれる。ビンビンになっちゃったので「もう一回する?」と聞くと恥ずかしそうにうなずく。
先ほどのカップルさんはプレイする気は無さそうなので俺と舞台女優さんだけでカップルルームへ。

さっそくフェラをお願いすると物欲しそうにたっぷり舐め回してくれる。いつもながらネットリと丁寧なフェラにおちんちんはすぐビンビンに固くなってしまう。
ふと気がついて以前ボーカルをやっていた女性から聞いたディープスロートの秘訣を彼女に教えてみる。もしかして舞台で声を出す人だからコツが分かるだろうと試させるとばっちり俺の大きなおちんちんを根本まで飲み込んでしまう。
今までに何人かディープスロートが出来る女性に出会ってきたけど、彼女もその仲間に入ってしまいましたね~^^

彼女が欲しそうにしているのでゴムを装着して合体。たっぷり可愛がってあげるとまた泣き出しそうな顔で声を我慢している。グリグリと奥を刺激するとかなり気持良いらしく、とうとう喘ぎ声が我慢出来なくなってしまう。カウンター席まで聞こえそうな大きい声で泣き声のような喘ぎ声を出しまくる。マジックミラーの向こう側に人の気配がするのでちょっとサービスして結合部分を見せつけてみたり^^
たっぷりお互い気持良くなったところでフィニッシュ、良いエッチでした~。
フロアで一息ついていると店長さんがご挨拶に。「AnimaLさんじゃないですか~!」と言われて良く見ると以前の店長さん。復活してたんですね!とお互い喜び合って、またお店に遊びに来ることを約束する。

軽く飲んだらちょうど良い時間だったのでそろそろ撤収。「楽しいお店でした! 気持良かったし興奮しちゃった!!」って舞台女優さん、すっかりハプバーにはまっているご様子。これからもまた遊ぶことになりそうですね~~^^
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/427-3101dcbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。