FC2ブログ

2010/07/18 18才処女女子大生さん・じっくり指で開発 

ネットで知り合った18才の大学1年生さん。エッチな事には凄く興味が有るけど実は未経験で処女さん。特にデートを前提とする訳でもなくあれこれ他愛も無いことでおしゃべりしていたんだけど、「AnimaLさんだったら大丈夫かも!」って言うので初体験卒業のお相手をする約束。
一応デートのスケジュールを決めたんだけど、生理が当たったり、風邪になったり、テスト期間に入ったりと結局3回くらいデートが順延。その間に彼女が「やっぱり怖くなってきちゃいました…」なんてナーバスになった時期も有ったけどそこはメールのやりとりをしていく上で説き伏せる。「言霊使い」「口先の魔術師」と呼ばれた俺の実力?

ある日メールをやりとりしていると「今週の日曜ならあたし空いてますよ!」という女子大生さん。その日は他の女性とデートの予定だったけど、その方から全然連絡が入らなくて事実上ドタキャン状態。なので前日夜までに連絡が来なかったらデートしちゃいましょうと約束、結局先約嬢からは連絡が来なかったので処女女子大生さんと会う事になってしまいました~。

当日お昼ちょっと前に待ち合わせ。実は沿線が俺と一緒の彼女、「Aniさんの住んでる駅で待ち合わせしたいです!」というので駅のホームで待っていると…連絡通りの服装をした女の子が近づいてくる。処女女子大生さん到着です^^
ボーダーのTシャツにデニムのミニスカートって今時の女子大生の定番に身を包んだ彼女、なかなか可愛くて良い感じ。まだちょっと幼さの残る顔立ちにちょっと茶色くしたストレートのロングヘア。身長はクラスの真ん中くらい?と思ったらかなりかかとの高いサンダルでかさ上げしている模様。
中肉中背の一般的な雰囲気なんだけど、あごの辺りがふっくらとしてる印象に「太りやすい体質かな?」って聞くとそうなのだって言うので、電車の中ではほとんどダイエットや筋肉トレーニングの話に花が咲く。ちょっとぱっちりした眼をキラキラさせながらおしゃべりする彼女、すごく可愛くて好印象^^ 

彼女も俺の話のペースに乗ってくれて、楽しく会話をしている間に新宿にコクリとうなずくのでそのままラブホテル方向へ歩き出す。お昼ご飯にはちょっと早い時間だったので途中でコンビニに寄って食べるものを買ったら良く行く可愛いラブホテルにチェックイン。
ラブホ初体験の女性を連れて行くならやっぱり可愛くてきれいな所にしたいですからね^^
ラブホで部屋を決めて、エレベーターに乗ると「はぁ~~~」と大きなため息をつく彼女。「とうとう来ちゃったと思った?」って聞くとウンウンとうなずく。彼女にとっては大人への大きな一歩を踏み出しちゃった感じなんでしょうね~^^

部屋に入って荷物を置いたら「ラブホってこんな感じなんですね~!」と部屋の中を散策する女子大生さん。目を輝かせながらアチコチいじくり回して喜んでる。「何故にカラオケ!」とか「冷蔵庫!」とか一々大騒ぎ^^
そんな彼女を捕まえてギュッと抱きしめるととたんにこれからの事を思い出してちょっと固くなる。「安心して大丈夫だからね」って言うと小さくうなずく。
着衣のままベッドに横たえて腕枕で女性の体の事を説明しながら服の上から体に触る。
実は今までオナニーなんかはしたことが無いそうで、「触って気持良くなる感覚」が今ひとつ感じないらしく、しきりとくすぐったがって身をよじる彼女。それでも胸周辺の感触は何か違う感じがするらしい。

本格的に服を脱がす前に汗を流そうとお風呂へ。初めて人前で裸になることに躊躇してモジモジしている彼女だけど、いち早く全裸になった俺に、釣られて服を脱ぎ出す^^
「男の人のおちんちんなんて見るの、子供の時以来ですよ~」と笑う彼女におちんちんを洗ってもらう。さっそく反応して固くなりだすおちんちんに「やっぱり大きいですね~。日記の通りなんですね!」って感心する女子大生さん。
彼女の敏感な部分も俺がきれいにしてあげる。クリ周辺は汚れが残って臭いやすいから良く洗うように…なんて解説しながらきれいにしてあげる。

ベッドに入ったら彼女を全裸にして横たえる。軽く体に触ってみると今までオナニーはしたことが無いと言う彼女「くすぐったいけど何か変な感じ…」と良いながらぴくん、ぴくんと反応する。「痛いのは我慢しなくて良いけどくすぐったいのは我慢だよ」と良いながら胸を揉みながら乳首を舌で転がすとくすぐったがりながらも「変な感じ」を訴える。
女性が感じるポイントを解説しながらゆっくりと触っていく。くすぐったい所が気持良い所になるんだよと説明しながらアチコチを触っていく。

軽く脚を開かせていよいよ核心部分に近づいていく。オナニーの経験は無くても肉体は自然に反応するらしく割れ目はしっとりと濡れている。まだ痛みの心配が無い事を教えながら入り口とクリを指先でゆっくりと刺激していく。だんだんと「気持ち良さ」が分かってきたらしい彼女、軽くため息をつきながら時折身をよじりながら「変な感じ」を訴えている。
たっぷり濡れた所を見計らって指を挿入して行く。ローションをたっぷり使って割れ目をヌルヌルにしたら指1本から初めてゆっくり入れて行く。指1本は余裕で入るので軽く中をまさぐるとGスポットに軽く反応する。やっぱり気持ち良さを知らないだけで感度はかなり良い体らしい。

指2本に挑戦するとやはり第一関節まで行かずに入り口が引っかかる。少し進めると彼女も痛みを訴える。でもここであきらめちゃったら処女卒業はあり得ない。
無理矢理な事はしない事を納得してもらった上でここから先の痛みは少し我慢してもらう事にしてローションを使ってゆっくりと拡張していく。押しては引き、引いてはまた進めを繰り返しているうちに彼女の割れ目はだんだんと指2本を飲み込んで行く。
15分もしないうちに(これは体感だからちょっと不確かですが^^)彼女の割れ目は指2本を根本まで飲み込んでいる。
クリも刺激しながらゆっくりと出し入れすると明らかに気持良いらしくアフアフと声を出す。「どんな感じ?」って聞くと「痛いけどなんだか気持良く鳴ってきました」と。

さらに指2本でじっくりとあそこをほぐしていく。指の出し入れもスムーズに出来るようになってくる。処女膜もかなり広がってきたので指をくいっと曲げてGスポットをクリクリと刺激すると喘ぎ声が漏れ出す。かなり気持良くなっているらしい。「気持良いの?」って聞くと「なんか、なんか変な感じなの~」とウルウルした眼で俺を見つめる。
3本指でも第2関節くらいまで入るので、そろそろ入れ時かな?と思う。
おちんちんの挿入を打診してみるけど、やっぱりそれはまだ怖いと言うので今回は見送り。ここまで指が入っていればほぼ大丈夫なんだけどね^^

挿入無しと言う事でちょっと休憩して今度は俺のおちんちんを慰めてもらうことに。
彼女の気持良い姿を見ているだけで実はおちんちんはすでにビンビン。
ほら、こんなになってるんだよ、と彼女の手を勃起したおちんちんに導くと「うわ~、男の人のってこんな風になるんですね!」と感心しきり。
ローションを手にとって手コキしてもらう。男性の気持ち良い場所を教えると楽しそうにそこを刺激しながら「気持良いですか~?」と聞いてくる。やっぱりエッチな事は楽しいらしい^^

彼女が気持ち良い場所をたっぷり刺激してくれるので俺の快感もドンドン上がって行く。彼女の手のスピードを上げてもらううちに限界が来てドピュッと発射、彼女の手の中にドロドロと白濁液を垂れ流して俺の方もたっぷり満足、本日のプレイは終了~。
一緒にシャワーを浴びて感想を聞くと「なんだかどんどん気持良くなっちゃって~」とのこと。特にGスポットが気持良かったみたいですね^^
これだけ指で気持良く鳴れば次回は挿入大丈夫だよね、ってことでこの日は解散。
7月中はテストが大変ってことで次回のスケジュールはまだ未定だけど、これだけエッチに興味の有る子だったら、楽しいエッチが出来そうですね~^^

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/426-cd581b9a