FC2ブログ

★2010/07/12 初対面・舞台裏方さん22才・処女卒業 

以前から俺の日記を読みに来ている女性。メールを送ってみると一応は返事が返ってきたものの、ちょっとテンションは低め。俺の書く日記は面白いけれど、自分がエッチな事をするのにはあまり興味が無いような事を言っている。
話をしているうちに、彼女が舞台関係の裏方仕事をしている22才であること、実はまだ経験が無く処女さんで有ることがわかってくる。
実際のところ、自分のルックスにあまり自信が無く、今まで彼氏が出来た事も無いので実際のエッチに消極的ってことが有ったみたい。

たまに日記を読みに来た痕跡があるとメールしてアレコレおしゃべりをして、って感じの付き合いが続く。そのうちにだんだんとメールの回数が増えていって、エッチな話と日常の他愛も無いような話が交互に続くうちに彼女も打ち解けてきた模様。「基本的に俺は女性の容姿はほとんど気にしないから」って言葉にも安心してくれたようで、だんだん彼女の心も「AnimaLさんに処女卒業させてもらいたい」って方に傾いてきたみたい。
俺としても処女さんのお相手の時は「極力優しく扱う」「いきなり挿入したり、無理なことはしない」って約束を伝えて安心してもらう。

いよいよ彼女の気持ちも固まったところでデートの日にち決定。彼女が週末も仕事の人なので、俺が少し仕事を早めにあがって平日の夜にデートすることに。
待ち合わせ場所に行くとちょっと前に着いていたって彼女と無事に落ち合える。ちょっとポチャ系で背が高めの彼女、全体的に大きめな雰囲気。でもクリッと丸い目とふわっとパーマのかかった肩くらいの髪が可愛いですね^^
ご挨拶をしたらまずお食事。駅の上のタイ料理屋さんで軽く食べながらあれこれおしゃべり。舞台関係の仕事をしている彼女、職場は演劇、公演、音楽と何でも有りだそうで、色々な経験を話してもらって盛り上がる。最初は自信無げにモジモジしていた彼女も自分の得意分野を話しているうちにだんだん元気が出てきて可愛い笑顔が広がってくる^^

食事が終わってお店を出たら「大丈夫?」と聞くとモジモジとうなずくのでホテル街へ向かう。新宿もあまり来ないし、ホテルの有る辺りなんて初体験!って彼女、すごく興味深そうにキョロキョロしながら歩いている。
良く行く小ぎれいなホテルにチェックイン、荷物をおくとソファーに座って「はぁ…本当に来ちゃった」とちょっと放心状態。それでも隣に座った俺が肩を抱いて軽くキスをすると積極的に応えようとしてくる。軽く震える肩が緊張を伝えてくるのでなるべくゆっくりと優しく手を握ってキスをしてあげる。

キスをしながら彼女の体に徐々に触っていく。一人エッチも経験が無いという彼女、「触られる」という感覚にも慣れていない感じ。それでも胸への直接攻撃や首筋には何か続々としたモノを感じて来た模様。
俺の股間に彼女の手を導くとおずおずと触ってくる。すでにふくらみかけている俺のおちんちんをズボンの上からすりすりとこすってくれる。おちんちんもだんだんと反応してくるのでパンツとズボンを脱いで彼女に見せつける。「あっ…」と言って目を反らす彼女の手をそっと取っておちんちんに導く。こわごわと俺のおちんちんを握る彼女、目もそっとそれを見つめている様子。
ゆっくりと男性器の構造と気持ち良い場所を解説しながら手の動かし方を始動すると恥ずかしそうに応じてくれる。彼女の手の中でだんだんと大きく固くなるおちんちんをうれしそうに見る彼女。

ソファーで彼女の横に座ってキスをしながらだんだんと彼女の服を脱がせて行く。おちんちんに触らせたくらいからだんだんと俺のペースにはまってしまっている彼女、俺の指示で抵抗無く服を脱いでいく。ブラから転げ出るおっぱいを軽く触ると「なんか変な感じ…」って言いながらそれを許して、感触を楽しんでいる彼女。乳首自体を指でクリクリするとその「変な感じ」が増大するらしく、身じろぎしながら抵抗せず俺に体を任せている。
彼女の手の中でビンビンに育ったおちんちん、フェラをお願いするとこれも恥ずかしそうだけど応じてくれる。最初に先っぽにキスさせたら、全体を舐め回してもらってからしゃぶってもらう。俺の説明に応じて丁寧にしゃぶってくれる彼女、ちょっとぎこちないけどすぐに慣れて気持良いフェラが出来るようになる。「気持良いよ」って伝えると凄くうれしそうに笑う。

お互いそろそろ良さそうなので一緒にお風呂へ。処女さんが疎い事が多い、自分の性器の構造を教えながらお互いの体を洗い合う。「もしかしたら汚れているかも」って抵抗感は経験の有る女性以上に処女の場合強い事が有るので、汚れやすい場所(特にクリ周辺とか)を教えて上げながらきっちりと洗って、汚れも抵抗感も流してあげる。

一足先にベッドへ入ってコンドームやローションの用意をして彼女を待つ。体にバスタオルを巻いてベッドに入ってきた彼女のバスタオルをとってベッドに横たえてプレイ開始。
軽くキスをして胸を中心に愛撫をするとさっきの「変な感じ」がだんだん「気持良い」に変わって来ている彼女、甘いため息がだんだんと漏れてくる。
脚を軽く開かせたらクリを中心に愛撫開始。処女さんにとって割れ目周辺に触られるのは多分怖いことだと思うので、解説を交えながらまずは痛みを感じない部分に触る。
クリ周辺は特に「変な感じ」がするらしく俺の指の動きに合わせてピクリ、ピクリと体が反応している。さらに割れ目入り口のビラビラを指でなで回す。

体の反応は上々で、ここまでの愛撫でたっぷりと濡れている。さすがに体の方は男性を受け入れる準備は出来てるようだね、って言いながらローションでヌルヌルにしたらいよいよ指を挿入していく。ここから先はちょっと痛くなる事を伝えてゆっくりと挿入開始。
ちょっと大柄な彼女、指一本くらいなら抵抗無く挿入可能。そこから指を2本に増やしてゆっくりと処女膜を拡張していく。さすがに指2本をまとめて挿入すると第一関節手前で引っかかる。無理せず彼女を傷つけないようにゆっくりと指を出し入れするとだんだんと広がって指が入り始める。やはり痛みを訴える彼女にこの痛みは仕方無いので我慢するようにお願いして、彼女の表情や声を気にしながらゆっくりと拡張再開。
少しずつ指を進めて行くとそのうち指2本を根本まで挿入完了、ゆっくりと出し入れしてその感触に慣らしていく。ここまで来れば後はけっこうスムーズ。

指3本が入るようになったところで彼女に挿入を打診する。指3本を見せて「これが入ってたんだよ」って言うと「すごい…」と声を漏らす。「おちんちん、入れても大丈夫かな?」と聞くと恥ずかしそうにうなずくのでゴムを装着してローションをたっぷりと塗りつける。
彼女の足を大きく開かせて、腰を軽く浮かせるポーズをとらせる。「ちょっと恥ずかしいと思うけど、この体勢が一番楽に挿入できるんだよ」と教えてからゆっくりと挿入していく。
割れ目に亀頭を押し付けて、ゆっくりと押し開いていくとヌルリ、ヌルリと進んでいく。案の定、亀頭が入り口をくぐったあたりで処女幕の抵抗が始まるのでゆっくりと亀頭の先で突破開始。
痛みを訴える彼女に「ここだけは痛いけど、我慢だからね」と励まして、足に力を入れさせないように気をつけながらゆっくりと押しては引き、引いては押し、と攻略していく。
普通の子だと処女幕を突破すればその奥は割りと勧めていきやすいけど、彼女は膣が狭いのか、処女幕を突破した感触の後もちょっと引っかかる感じがする。
ここで無理をして怪我をさせてもかわいそうなのでローションを増量してまたゆっくりと体を動かす。

彼女が痛みを訴えるので、一回休憩をして、落ち着いてから再度挿入に挑戦。この時点で俺のおちんちんの半分は彼女の中に挿入完了。彼女の手を導いて「もうこれくらい入っちゃってるんだよ」と教えると「あ…入ってる」って改めて自分がSEXしているんだと言うことを認識する彼女。
それから少ししてとうとう根元まで挿入完了。「処女卒業おめでとう」と伝えると「自分にこんな日が来るなんて思ってなかった」ってうれしそうな彼女。
ゆっくりと腰を動かすと痛みを感じながらもそれとは違う感触も感じているらしい。
少しずつ腰のスピードを上げていくとハァハァと喘ぎ声も出ている。まだガンガンに気持ち良さを感じている訳では無さそうだけど、今まで感じたことの無かった「変な感じ」はたっぷりと感じている模様。

そのままズコズコと腰を動かしながら始めてのエッチの感想を聞くと「あたしがこんなことしてるなんて信じられない…」と言いながらまんざらでも無さそう。ちょっと痛みと違和感を訴えるので、俺も早々に発射を目指して動きを早くする。
あまり彼女に負担をかけないように、それでも自分の気持ち良さを求めて動いているうちに段々と絶頂に向かっていって、とうとう彼女の中で発射! たっぷりと出た精液をコンドームに受け止めてもらって一回戦終了~。
彼女とつながったまま体の動きを止め、彼女の上に倒れこむとギュッと抱きしめてくれる彼女。耳元で「中で行けたよ」って伝えるとうれしそうな彼女。一人前の女のうれしさを感じた一瞬だったかな?
体を離すとうっすらと血液で汚れたコンドームの中にたっぷりの精液。俺としてもきっちりSEXを楽しませていただきました!

平日の仕事の後なのであまりのんびりする余裕も無く、ちょっとベッドでまったりしたらシャワーを浴びてチェックアウトの準備。
やっぱり緊張と痛みを我慢するのに、脚にかなり力を入れてしまっていた彼女、「明日、筋肉痛になるかも?」なんて言いながらブラブラ駅まで歩いて行って、解散でした。
週末にもほとんど仕事が入ってしまう彼女、なかなかスケジュールの調整が難しそうですが、やっと処女を卒業してこれからSEXが楽しくなるところ、今後も女性としての楽しさをたっぷり教えてあげたいと思っています。
スケジュールを調整してまたデートしなくちゃですね!

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/425-8194791d