FC2ブログ

★2010/07/11 ちびっ子巨乳と築地デート 

けっこう家が近いので良く遊んでるちびっ子巨乳。初めて出会った時はまだ19才だった彼女もいつの間にやら22才。最近はダイエットも成功して当時は丸くて可愛かった顔も最近はスッキリとシャープな美人顔になっている。
最近彼氏が出来たらしく、俺も彼女の部屋に遊びに行くことは結構あるけれど、エッチはご遠慮していたんだけど、今回はついムラムラ来て押し倒しちゃいました^^;

土曜日の朝、暇だったのでふと「暇なら飯でも食うか?」とメールすると「暇!ご飯食べよう!」と返信が来る。俺としては近所で適当に食うか~と思っていたんだけど、ちびっ子巨乳が「あたし、築地で魚を食べに行ってみたい!」と言うので彼女の住む駅で待ち合わせて築地へGO。日曜日なので場外市場の大半のお店はお休みだけど、それでもやっている店は有るので、新鮮な魚が食える。海鮮丼などを食ってご満悦のちびっ子巨乳。
その後かちどき橋を散策したり本願寺を見学してから「PCの調子を見てあげる」って名目で彼女の部屋に潜入成功! いや、別に普段からちょくちょく遊びには行くんだけどね。

PCの具合を見たり、TVを見たりグダグダアレコレおしゃべり。良くSEXをしていた頃からあまり距離感の変わっていない俺とちびっ子巨乳、PCをいじる俺の横にちょこんと座って画面を見ている。
「最近彼氏が出来てから遠慮してたけど……今日は良いかな?」って良いながら彼女の体に手を伸ばすと「ダメ! Aniさんは他にサセてくれるお姉さんがいっぱいいるでしょ!」って良いながらイヤイヤするけど、そこはAnimaLマジック!「いろんな人はいるけど、やっぱりお前が欲しくなるんだよね…」などとゴニョゴニョ耳元でささやきながら後ろに回り込んで抱きしめながら舌で耳を、手で胸を胸を刺激していくとだんだん抵抗がゆるんで来る。

Tシャツの下に手を潜り込ませてブラの上から巨乳をモミモミする頃にはもうすっかり抵抗出来なくなっているので、後ろを振り向かせてキスをすると自分から舌を絡めてくる。
もう俺と良くエッチしていた頃のペースを思い出してしまった模様^^
彼女の前に立ってズボンとパンツを下ろすと、それが普通の事で有るかのようにおちんちんにしゃぶり付いてフェラしてくる。彼氏が出来てからずいぶん女っぽく変わった彼女が相変わらず俺の大きなおちんちんを舐めまわしてくれるのを見ているとその興奮でおちんちんはすぐさま固くなってくる。
「久々だとフェラが大変だろ?」って聞くと「Aniちゃんのは大きいからね~^^」とうれしそうに答えてくる。普段ならここで「彼氏のとどっちが大きい?」とか聞く所なんだけど、今日は彼氏の事を思い出させるのはやめて、俺のおちんちんに没頭させる。

すっかりエロモードに入ったちびっ子巨乳が仁王立ちの俺のおちんちんをフェラ、俺は彼女のTシャツをまくり上げて、ブラの中に手を差し入れ乳首をコリコリとつまんで刺激する。
「あんまりするとフェラ出来なくなっちゃうよ!」と言うちびっ子巨乳、かなり感じて来ているらしいので、ベッドに横たえてジーンズを脱がせる。パンツを脇に寄せて割れ目を露出するとすっかりヌルヌルのそこ。
「最近は彼氏のしか入れてなかったのかな~」と思いながら指でクリと入り口をクニュクニュと刺激するとアフアフと小さく鼻を鳴らすような喘ぎ声。相変わらず部屋でのエッチだから声を我慢してるかな?と思うけどなんだか以前よりちょっと声が大きい感じ。
彼氏と定期的にエッチしてるから感度が上がってきてるのかも?なんて思う。
指を入れてGスポットをいじめると体をビクビクさせながら絶頂を訴える。やっぱり確実に感度が上がってるご様子^^
いじめられながらも俺のおちんちんを握って離さないのもエッチに慣れている証拠? 彼女の手の中でビンビンになってしまっている俺のおちんちん。

そろそろ準備OKそうなのでパンツを脱がす。全部は脱がさずに片足にひっかけているのは俺のフェチ。上側も脱がさずにTシャツをまくり上げ、ブラをずらして胸を露出させるだけ。半裸SEXが興奮する。
ビンビンに固くなったおちんちんを彼女の割れ目にこすりつけると彼女がうっすら目を開いて「ゆっくり入れてね…」と訴えてくる。やっぱり久々に俺のおちんちんだと大きくて痛くなる事もあるみたい。
それでも俺のおちんちんには慣れている彼女の割れ目はスムーズに俺の太いモノを飲み込んで行く。根本まで入ったらゆっくりと出し入れして様子を見る。優しくする分には痛みは無さそうなのでそのままゆっくりと動き始める。

俺に貫かれて軽い喘ぎ声を上げるちびっ子巨乳、やっぱり以前より喘ぎ声が大きくなっている模様。以前はかたくなに声を我慢してる雰囲気が有ったけど、今回はナチュラルに良い声が出ている。多分自分の部屋でSEX死なれた感じなんだろうな~^^
そんな彼女に導かれるように腰のスピードを上げて行くと、喘ぎ声に混じって「気持良いよ!気持良いよ!」とささやくように声がでてしまう彼女。さっきまでイヤイヤモードだったのにすっかりエッチを楽しんでいる模様。ちょっと時間は開いたけど、やっぱりお互い慣れ親しんだ肉体だもんね^^

体位をバックにするとやっぱり奥に当たりすぎてちょっと痛いらしいので正上位に戻してさらに快感をむさぼる。お互いドンドン絶頂に近づいているのが分かる。ちびっ子巨乳は俺の下で何回もビクンビクンと痙攣しながら絶頂を訴えている。彼女にたっぷりと快感を与えている間に俺の方もすでに限界。「そろそろ行っても良いかな?」と聞くとコクコクとうなずくちびっ子巨乳。
脚をグイッと開いて押さえつけ、一気に腰のスピードを上げると彼女も激しく感じるらしく、布団の端を咥えながら声を我慢している。俺の方も今までずっと気持良かったのを我慢していたのでスピードを上げるとあえなく絶頂に達して白濁液噴出してしまいました。

かなり感じたらしく、ぐったりとベッドの上から動かないちびっ子巨乳の汚れた所をティッシュで拭いてあげてるとやっとモソモソと動き始める。
「久しぶりなのに激しくいじめるから…」と良いながらそれでもうれしそうに身繕いしている。身支度が出来たら時間も良いので、居酒屋に出撃して食事&飲み、楽しい一日の〆としました^^
これからも良い友人として長い付き合いになるだろう、ちびっ子巨乳ちゃん、またたまには濃厚なエッチしちゃいましょうね~~^^

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/424-45daa97b