FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2010/04/28 20才音大生ちゃんとお泊まりデート。  

日記常連の20才音大生ちゃん。4月に入って学校も始まり、彼女も3年生。色々と忙しくなる見たいなので、一回一回のデートを大切にしなくちゃね!ってことで今回はお泊まりでデートにすることに。
以前からお泊まりデートは企画していたんだけど、彼女に生理が来ちゃったりで延び延びになっていたんだけど、今回はやっと決行。
仕事の後、バンドの練習が有ったので、それが終わって夜11時前に彼女と待ち合わせ。遅くまでやっていたカフェで待っていてくれた音大生ちゃん、今回は白いカットソーに白くてふわっとしたロングスカートでお嬢様風。「これ、古着屋さんで買ったんだけど、可愛いでしょ?」って俺の腕にしがみついて来る彼女の笑顔を見ているとすごく癒される気分。
それにしても黒い革ジャンに楽器を担ぐロックな俺と、白いお嬢様風の音大生ちゃんが腕を組んで歩いているのを見て、世間ではどんな風に思うんでしょうね?^^;

あらかじめネットで予約しておいたホテルは、外人客も多そうなとてもキレイな観光ホテル。値段で考えると味気ないビジネスホテルが多い価格帯だけど、今回のホテルは大当たり。部屋もきれいで音大生ちゃんが室内を物色しながらルンルンとうれしそうにしてる^^
荷物を置いたら抱き合ってキス。普通だったらキスがだんだん濃厚になっていってそのままベッドに…って展開だけど、本日はお互いご飯をまだ食べていないのでまずはお食事へ。
ホテルに行く途中に見かけた沖縄料理屋さんで軽く一杯飲みながらアレコレおしゃべり。
音大生ちゃんは大学が始まったばかりなので今年履修するフランス語のことなんかを沢山話してくれてとっても愉快^^

部屋に戻るともう1時過ぎ。さすがにお互いもそもそとベッドに潜り込んでお休みなさいモード…と思ったけどやっぱりくっつき有ってモゾモゾしている間にエッチな気分になり始めて唇を合わせ、舌を絡め合ってしまう。
灯りを落としたホテルの部屋の中、もっと濃厚に舌を絡め合いたくて彼女の顔をこっちに向けようとすると「んぐぐ…Aniさん、そっち首が曲がらない方向~~」と抵抗する音大生ちゃん。申し訳無い、暗い部屋でのエッチは苦手なのだよ^^;

なのでベッドサイドの小さい灯りを点けてエッチ続行。布団の中でズルズルとお互いの下着を脱がせ合って、またキスをしながら体に触り合う。
向かい合ってお互いの敏感な部分に触りあいながら何度もキスを交わす。彼女の足を軽く開かせて指で割れ目をまさぐると、すでにヌルヌルな割れ目は素直に俺の指を受け入れる。
いつもは奔放にほとばしる喘ぎ声を、普通のホテルに泊まっているということで、我慢しながら俺の股間に手を伸ばしてくる音大生ちゃん。彼女の切なそうな顔を見ているだけでおちんちんはすぐに充血してくる。

ベッドの上掛けをめくって股間を露出するとすぐに俺の意図を察してしゃぶりついて来る音大生ちゃん。すでに俺の気持ち良いツボを完全に把握している彼女の唇はいつも通り俺をたっぷりと気持ち良くしてくれる。彼女の口の中でいつの間にか完全に勃起してビンビンになっている。
「欲しい?」って聞くとコクコクとうなずく音大生ちゃん。あらかじめベッドサイドに持って来ておいたゴムを装着して挿入準備。

ベッドに横たわった彼女の足を大きく開いてビンビンに勃起したおちんちんを割れ目にこすりつけると、ギュッと口を閉じて喘ぎ声を我慢する彼女。
あれだけ感度の良い肉体に普通のシティホテルでエッチは可哀想かな?と思うけど、いきり立った股間には損なことは全然関係無いみたいで、ヌルヌルに潤った彼女の割れ目に一気に入り込んで行く。
ギュッとつぐんだ口から「んっ!んっ!!」と小さな喘ぎ声を漏らしながら下から俺にしがみついて感じている音大生ちゃん。「我慢」って行為が彼女のMっ気を刺激するみたいで、顔を真っ赤にしながら気持ち良さそうに、苦しそうにがんばっている。

普段ならいじめっ子モードに移行してさらに激しく腰を振っちゃう俺なんだけど、さっきバンドの練習で3時間もヘビメタをぶちかましてきた後なので、けっこう体に疲れが貯まっている模様。いつもほど腰のスピードが上がらない^^;
さすがに1時を過ぎている時間だし、お互い寝ぼけ眼で合体しているうちにど~っと眠たくなって来ちゃって自然と合体解除、フガフガ言いながら寝ることに。
俺の腕枕でギュッと胸元にしがみついて来た音大生ちゃんが寝息を立てる頃には俺は多分どっぷりと眠りの世界へ落ちていた模様…。

そのまま泥のように眠っていた俺、下半身の違和感に目が覚めた。
俺のおちんちんがこれでもかって位の固さで朝勃ちしている^^; なんだろう、これは俗に言う「疲れマラ」なのだろうか?
勃起している事に気がついたら何だか眠れなくなってしまって下半身をゴニョゴニョと音大生ちゃんのお尻に押しつけていると、彼女も目を覚ましたらしい。少しだけ明るくなっている窓を見ながら寝ぼけ眼で「何時?」とか聞いてくる。
答えもせずに彼女の手を俺の股間に導くとビンビンに固くなっているおちんちんに気がつくけどまだ寝ぼけているらしく「ん~~~~?」とあまり反応はしない。
それでも「トイレ~~」ってゴソゴソ起きながら時計を見て「まだ朝の6時30分だよ~」と起こされて不満なご様子^^;

それでもトイレの後にシャワーを使っている物音がしている。もちろんそれは何かを期待しているんでしょ~~!と、トイレから帰ってきた彼女がベッドに戻ってきた所で襲う^^
彼女を押し倒して唇を合わせると、トロンとした眼で舌を絡ませてくる彼女。まだ半分眠いようだけど、それでも睡眠よりも性欲優先らしい^^
全裸の彼女の体に手を伸ばすと、小さめの声で可愛らしく喘ぐ。もちろん未だにビンビンの俺の股間に手を伸ばしてその硬さを堪能するように触ってくれる。

キスしていた唇をだんだんと下に移動させて割れ目に突入、本日はまだ舐めていなかった彼女の割れ目をたっぷりと堪能させてもらう。ヌルヌルになった彼女のビラビラを舌でたっぷりと混ぜ返しながら、入り口とクリをたっぷりと舌で転がすと、最初はクフクフと鼻を鳴らして感じるだけだった音大生ちゃんも「あたしも舐めたい~。舐めたい~!!」と小さな声で主張してくる。
俺がベッドに寝るといそいそとまたがって来て69でおちんちんを舐め始める。もうすっかり目は覚めてしまった模様^^

朝勃ちのせいか、いつもよりガチガチに太くなっているおちんちんはすぐに疲れてしまうようで、フェラからキャンディーを舐めるようなペロペロになっている。
「そろそろ欲しい?」と聞くと声を出さずにうなずくので、ゴムを装着して合体。
ベッドに寝かせた音大生ちゃんの足を大きく開かせて正上位で挿入、そのまま一気に腰のスピードを上げる。
昨晩はちょっと疲れ気味だったけど、一眠りして体力が戻ったのか腰の動きがすごく調子良い。音大生ちゃんの足を軽く持ち上げて屈曲させながら激しくズコズコすると、顔を真っ赤にしながら喘ぎ声を我慢していた音大生ちゃんの口から小さな喘ぎ声が漏れだしてくる。

固くなったおちんちんの先っぽから根本まで激しく出し入れしながらゴリゴリとこすると彼女の口からささやくように「気持ち良いよぉ、気持ち良いよぉ」と声が漏れてくる。
大きな声を出せないのが可哀想だけど、俺のテンションは上がる一方で腰のスピードが止まらない。彼女もかなり感じているようで、顔を真っ赤にしながら何回も腰をヒクヒクと痙攣させている。
絶頂が近いのを感じて「行きそうだよ」と耳元でささやくと「来て~~。来て~~。」と小さな声で何度も繰り返す音大生ちゃん。気持ちは良いけど声を出せない生殺し状態で、もっと気持ち良くして欲しいけど、早く終わって欲しくてみたいな複雑な状況らしい^^

そんな彼女の顔を楽しみながら腰を振っているうちに一気に絶頂、ゴムの中に思いっきり昨日から溜まっていた精液を大量に噴出して彼女の上に崩れ落ちる。
抱き合いながらお互いの息が整うのを待ってゆっくりと体を離す。昨日発射しそびれた精液はゴムの中にコッテリと溜まっていて、こんなキレイなホテルの部屋に捨てるのが申し訳無い気がする^^;
とりあえずコッテリとエッチをしている間に朝もけっこう良い時間になってしまったんだけど、ホテルの部屋が「12時チェックアウトOKコース」(!)だったのでもう一回寝ることに^^

音大生ちゃんが1時過ぎからアルバイトだってことなので、10時過ぎにダラダラと起床。シャワーを浴びたり、TVをぼーっと見たりしながらチェックアウトの準備をして、11時過ぎにチェックアウト、適当なカフェで朝食兼ランチを食べながらおしゃべりして時間つぶし。
これだけ長いこと一緒にお泊まりして、それでも朝にこれだけおしゃべり出来る事が有るってのはやっぱり一緒にいて楽しい証拠ですね^^ 気がついたらもう1年半近くデートしてるんだもんな~~。

時間になったらブラブラと駅に向かって解散。集合時間が遅かった割りにはすごく充実したお泊まりデートだった気がしますね^^
大学も3年生になって今後色々と忙しそうな音大生ちゃん。俺としては無理にデートをお願いせずに、夢に向かって爆進する彼女を応援していくつもり。
それでも月に一回はデートしてもらわないとお互い欲求不満になっちゃいそうかな~^^

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

優しくて、ベッドでは激しくて、女性には理想的ですねv-290
  • [2010/05/11]
  • URL |
  • みるくてぃ
  • [ 編集 ]

みるくてぃさん>

優しいって言われるとちょっと恥ずかしいですね^^
  • [2010/05/12]
  • URL |
  • AnimaL(アニマル)
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/403-975c1fba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。