FC2ブログ

★2010/02/12 19才ロリパンクちゃん仕事場来襲! 

金曜日、一緒に仕事をしている先輩が旅行のために夕方で退社するとのこと。
2人だけで仕事をしている我が社、もちろん先輩がいなくなれば仕事場は俺一人!
以前も何回かそういう状況で女性が遊びに来たことがありますが、今回は最近知り合って俺の仕事場に来たことのないロリパンクちゃんを召還する事に決定! 夕方くらいに来てもらう約束をして、仕事場の電話番号を教える。
当日夕方、先輩とちょうど入れ替わりくらいで彼女から電話が入る。仕事場までの道順を教えて、最寄りのポイントまで迎えに行くと、いつものロリロリ笑顔の彼女が待ってました^^

仕事場の部屋に招き入れてさっそくハグ&キス。ギュッと力を込めて抱きしめながら舌を絡ませあうとそれだけで顔が赤くなってるロリパンクちゃん。いつものクセですっと胸に手を当てて軽く触るとそれだけで「きゃぅっ…」と声が漏れ始める。本当に人一倍感じやすい彼女の肉体。軽いスキンシップのつもりで触ってもすぐに感じてしまう。
まだちょっと仕事が残っていたので彼女には接客スペースに座ってもらって俺は自分の机で少しだけ作業。俺の好みを良く知っているロリパンクちゃん、わざわざバイトから一回家に帰って履いてきたというショートパンツとシマシマのニーハイソックスが誘っているけれど、ちょっとだけ我慢してお仕事、お仕事。本日分のノルマは果たしておかないとね!

仕事があらかた終わったら彼女の机の横に呼んで仕事の数々を見せる。基本的にエロ系仕事なので女性の裸やら何やらが氾濫する俺のPCの画面に興奮気味のロリパンクちゃん。何だかそわそわしているのが手に取るようにわかる^^
そっと手を出して彼女の胸に触るとそれだけで「あん…」って声が出ちゃう。身を引いて避けようとするので肩に手を回して逃げられないように抱き寄せたらさらに激しく服の上から胸に触る。Tシャツを通してブラの下の乳首が硬くなっているのがわかるのでその周辺を指先でこねるように刺激すると腰をガクガクさせながら声が出始める。
「ここは普通のマンションだからあんまり声を出すと隣に聞こえちゃうよ?」って言うと声を我慢しているようだけど、かなり苦しそうなのが分かる。

彼女の手を股間に導くとさっそくうれしそうになで回してくる。彼女の反応を見てすでに股間がふくらみ始めてるのに気がついたのか、「あれ?もうこんなに?」ってうれしそうに俺の顔を見ながらジーンズの上からおちんちんをなぞるようになで回す。
ジーンズとパンツを下ろすとすでに窮屈になっていたおちんちんが弾けるように飛び出す。跪いてさっそくしゃぶりつくロリパンクちゃん、「仕事場でエロいことをしている」って状況に明らかに興奮しているらしく目がすでにトロンとしているのがわかる。
いつものように先っぽを舌で舐め回しながら口に含んでジュポジュポと出し入れ。フェラは好きと言う彼女、丁寧に気持ち良くサービスしてくれるけど、俺のがドンドン固く大きくなっていくとさすがに1/3位しか出し入れできなくなって苦しそうになってくる。

彼女を立たせたらショートパンツをゆるめて下ろさせる。さっきの前戯とフェラで興奮している彼女、パンツの割れ目がさっそく染みになっている。
「もうパンツ濡らしちゃったの?」って良いながら手を伸ばして割れ目をパンツの上からなで回すと顔を真っ赤にしながら声を我慢する彼女。とにかく敏感な体は反応が良く、俺のいじめっ子心もどんどん引き出されてしまう。
パンツの中に手を差し入れると直接触った割れ目はもうグニュグニュに濡れまくっている。このまま触り続けてたらこのパンツ履いて帰れないよね~ってことですぐさまパンツを脱がせる。背もたれの無い椅子に座らせて足を広げさせたら丸見えの幼い割れ目に指を挿入、ネットリと出し入れして刺激する。不安定な椅子の上で俺の首にしがみつきながら快感に耐え、声を我慢している彼女。つい指の刺激が激しくなってしまう。

「欲しい?」って聞くとトロンとした目でうなずく彼女。応接スペースに移動して背もたれのあるイスに座らせる。イスに座った彼女の前に立つとそのまましゃぶりついてフェラしてくれる。彼女のお口の中でフル勃起してビンビンになったおちんちんにゴムを装着したらイスの上の彼女の足を大きく開かせて前からゆっくりと挿入。ちょっと不安定な体勢だけど、彼女の割れ目はゆっくりと俺の大きいヤツを飲み込んでいく。
そっと入れては引き、また進めしているうちに根元までずっぽりはまり込むおちんちん。彼女の手を首にかけさせて抱き合ったままでゆっくりと出し入れする。声を出したくてたまらなそうな彼女の唇をキスでふさぎながら段々と腰のスピードを上げていく。
彼女のTシャツをまくり上げてブラをずらして露出させた形の良い胸をいじりながら腰を振ると彼女が懸命に声を我慢しているのを感じる。

一回体を離して、テーブルに手をつかせて立ちバックで挿入を試みたけれど彼女が痛みを訴えるので断念、またイスに戻って正上位挿入、絶頂を目指して腰のスピードが上がっていく。
ちょっと前に腰を痛めている俺、随分良くなったとはいえ中腰の姿勢で腰を振るのはけっこうツライ^^; でも気持ち良い顔全開で声を我慢しながら喘いでいるロリパンクちゃんの可愛い表情を見ているとそれすら忘れて激しく動いてしまう。
おちんちんの先に絶頂感があふれて来る頃に彼女も「行く!行っちゃう!」と絶頂を訴えてくる。「一緒に行くよ…」とささやきながら腰のスピードを上げると一気に快感が貫いてゴムの中に大量に白濁液発射~~~!

「なんかすごく興奮しちゃいました!」ってうれしそうなロリパンクちゃん。「日記にも書いてあるからもしかして犯されちゃうかと思ったけど、本当に仕事場でエッチしちゃってるんですね~~」と改めて普段ありえない場所でのSEXに感慨深げ。
お互い服装を整えて、狼藉の後を始末したらイスに座っておしゃべりしながらちょっと休憩。良い時間になったら仕事場を閉めてお食事して解散しました。
実はロリパンクちゃんとは明後日の日曜日にはデートの約束。こんなに連続してエッチしちゃって良いのかな~?なんて思っちゃったりして^^
彼女とは気が合うのでこれからも激しくデートすることになっちゃいそうですね!

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/388-f9321ec2