FC2ブログ

★2010/02/06 名古屋遠征その1:進路が決まった現役JK3 

10月くらいからメールをやりとりし始めた、三重県在住の現役女子高生さん。
経験も少ないしテクにも自信無いけどAniさんとならデートしてみたいな…って言ってくれたのでそれ以後もメールをやりとりしながらデート出来るタイミングを見計らってました。受験を控えた彼女、やっぱり会うのは春以降かな?と思っていたら「推薦入学で進路決まりました!」との連絡。
実は彼女、海外に1年間留学していたのでJK3だけど年齢は19才なので何の問題もなくデートOK。「友達は大学に行ってお化粧とかしてるのに、あたしはまだ制服着てて恥ずかしいんです…!」って女心が可愛いですねぇ^^。

俺がスケジュールを調整して名古屋遠征を決めて彼女に連絡。三重の子たちって、けっこう名古屋に買い物に来たりすることが多いそうで、デートも名古屋に決定! 安く泊まれるビジネスホテルを予約して、午後はJKちゃんとデート、夜は介護職の女性とお泊まりデートすることにしました。
当日朝出発の高速バスに乗り込んで名古屋にGO! 予定通り2時前に名古屋駅に到着したらホテルの最寄り駅に移動して彼女と待ち合わせ。

サイトに貼ってある彼女のプリ写を見ると、キュッとアゴのラインが細くて目がキラキラしている可愛い子なんだよな~~と思って探すと…いました、いました! 写真より少し髪が伸びて肩にかかる位の長さになっていたけど、印象的なキラキラした眼ですぐに分かる^^ ちょっと背が低めで華奢な体のつくり。それを指摘すると「え~~!あたしダイエットしなくちゃって思ってるんですよ!」って。そう言えばミニスカートから見えてる足がちょっと太めかな? でもそれくらいの方が健康的なんですから!

腕を組もうかと言うと「この辺り、友達がいることも有りますから…」とやんわり拒否されてこっそり手をつないで予約してあるホテルへ。途中コンビニで食事を買って部屋にチェックイン。
ラブホテルは初めて、と言うかエッチも実は一回しか経験の無い彼女、俺がチェックインをしている間ホテルのロビーで所在なくキョロキョロしてる。「あたし、部屋に入っちゃって大丈夫なんですか?」とソワソワしてるのが可愛い^^
堂々と2人で部屋に入って(そもそも2人で泊まれる部屋をとっているので!)荷物を置いてギュッと抱き合ってキス。「やっと会えたね」って言うとやっと緊張が解けたように微笑む彼女。

ベッドに座ってアレコレおしゃべりしながら時たまキス。俺が食事をしている間に彼女の学校生活や留学の時のエピソードを色々話してもらう。
食事が終わって落ち着いたら改めてゆっくりと濃厚にキス。コートを脱いだ彼女はニットのカーディガンにミニスカート。カーディガンの合わせ目からゆっくりと手を差し入れてシャツの上から胸に触ると「Aniさんのために可愛い下着を買ってきたんですよ^^」って笑う彼女。キスをしながら「どんなのを買って来たの?」って聞くと「白くてモコモコ!」って。モコモコ??^^;

いっぱいキスをしながら彼女の服を開いていくと白い下着がチラチラ。触るとなんだかモコモコ…? なんと下着は白くてフワフワした毛がモコモコと植わっていてヒツジみたいになってました! なんかそれだけでコスプレみたいになって家すごく可愛い。思わずベッドの横に立ってもらって鑑賞してしまいました。自分で買って来て恥ずかしがっている彼女^^
興奮した俺の下半身がすでに固くなりかかっているので彼女の手を導くと「あ…」と良いながらそっと触ってくる彼女。
ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると「やっぱり大きいんですね」と良いながらおずおずと触ってくる。すでに興奮気味のおちんちんは彼女に触られると一気に大きさを増す。

「気持ち良いやり方を教えてくださいね」って言う彼女に男性の気持ち良い場所を教えながらフェラを初めてもらう。ベッドに座った俺の足の間にちょこんと座っておちんちんを舐め始める彼女。まだSEXの経験が一回しか無い彼女のフェラはぎこちないけれど、俺の指示を聞きながら丁寧に舐めてくれるのですごく気持ち良い。こんな可愛い子が俺の凶暴なおちんちんをしゃぶってくれているんだと思うとさらに興奮してビンビンと固くなってくるのが自分でも分かる。

「ほら、俺も触ってあげるよ」って攻守交代、彼女をベッドに横たわらせて上からキス、手を体に滑らせていく。ブラをずらすとプリッと小振りで形の良い胸が現れる。キスしていた唇を首筋から鎖骨、胸へずらしていって乳首を舌でコリコリと転がすと小さな喘ぎ声が出始める。俺の空いている手はもちろん下へ。パンツのモコモコとした手触りを楽しみながら割れ目に沿って指で刺激する。そっとパンツを下ろして割れ目に直接触るとすでにヌルヌルと濡れていて指一本なら簡単に飲み込んでしまう。
ちょっと狭そうな割れ目にゆっくりと指を出し入れしながら同時に乳首を舌で転がすと小さな喘ぎ声を我慢しながら身をよじる彼女。経験は少なくても体はすっかり成熟しているご様子^^

そろそろ本格的にしてあげたくて、お互い全裸になってお風呂へ。お互いの体を洗い合いながらもう一回彼女の気持ち良い場所を確認。石けんのヌルヌルでクリを弄られて俺にしがみついてきてしまう彼女が可愛い。
体を拭いてベッドに上がったら一気に本格的なエッチへ。ベッドに横たわった彼女の足を持ち上げてまだピンク色を保った割れ目を舌でたっぷりといじめてあげる。軽く割れ目を指で開いて、顔を出した小さめのクリを舌先で転がすと気持ち良さを我慢するために口に手を当てて声を抑える彼女。今回は予算圧縮のためにビジネスホテルに入っちゃったけど、ラブホでたっぷり声を出させて上げたかったな~なんて思ってしまう。

彼女にもう一回フェラしてもらって俺がビンビンになったらゴムを装着していよいよ合体。
彼女の華奢にちょっと心配しながらそっと割れ目におちんちんを当てる。彼女の割れ目はたっぷりと濡れているので大丈夫そうでは有るけど、やっぱり俺のサイズが心配^^;
一回は挿入の経験はあるとは言え、2回目のエッチではまだ痛がる子が多いし、俺の太いのをいきなり入れたらやっぱりマズいよね、と思うとローションを忘れてきたのがうらめしい。

彼女の足を大きく開いて軽く腰を浮かせる。経験の少ない子にはかなり恥ずかしいポーズだとは思うけれど、この角度が挿入に最適で有ることを諭しながらゆっくりと割れ目におちんちんを入れて行く。
亀頭が割れ目を押し開いた時点で痛みを訴えて腰を引いてしまう彼女。ここが我慢のしどころであることをささやきながら、ゆっくりと腰を進めて行く。
経験の少ない女性特有の「足で侵入を阻む」ポーズをとってしまう彼女に、足の力を抜かせて、閉じてしまう足をやんわりと広げながらそれでも少しずつ腰を進めて行く。
ちょっと時間はかかったけれど、そうこうするうちにおちんちんの6割は彼女の中に埋まっている。そこで一回腰を止めて彼女の手を股間に導く。
「ほら、もうこんなに入っちゃったよ」って言うと彼女も手で触ってそれを確認し「良かった~」と体の力を抜く。上から抱きしめて上げて、優しくキスをして少し腰を止めて彼女の体が落ち着くのを待つ。

彼女が俺のおちんちんに慣れてきた所でもう一回腰を進める。もう落ち着いている彼女はおちんちんが進んでくるにつれ気持ち良くなっているみたいで喘ぎ声が出始めている。
おちんちんが根本まで入った所で軽く腰を振って奥を刺激してみると鼻にかかった喘ぎ声が自然と出てくる。けっこう感じているみたい^^
ゆっくりとおちんちんを出し入れすると片方の手で布団を握り、片方の手を口に当てながら喘ぎ声を出し始める彼女。「気持ち良いの?」って聞くと「ちょっと痛いけど、でもすごく気持ち良いです…」と小さくささやいてくる。

上からギュッと抱きながら腰を振ると彼女も下から抱きついてくる。キラキラした眼をギュッとつぶって快感に耐えている顔を見ると愛しくなってしまって上から思わずキス。お互いの舌を絡め合いながらヌルヌルと体を合わせて快感を高め合う。
ちょっと痛いと言うので彼女を抱き起こして上に乗せる。騎乗位で自分の痛くない角度を探してごらんと言うと俺の体に手をついて場所を探している。
落ち着いた頃に下から軽く腰を突き上げると気持ち良いらしく顔が快感で歪む。
彼女の華奢な腰を軽く手で支えて動き方を教えると自分から快感を求めて腰を振り始める。プリプリと揺れる彼女の形良い胸を下からいじりながら俺も協力して下から腰を振る。まだ声を出すのが恥ずかしいのか、抑え気味の喘ぎ声にかなり興奮して体を起こして対面座位。合体している場所を見せつけながらズブズブと出し入れする。

彼女を押し倒して正上位になったらあまり長引かせないで発射モードへ。彼女の足を大きく広げさせて腰のスピードを上げる。彼女が痛くない角度を見つけたら、そのままスピードを加速。かなり感じるらしく、布団をギュッとつかみながら声を我慢している彼女の顔を見ながら一気に絶頂モードでゴムの中に発射、一回戦終了~~。
ゆっくりと体を離して白濁液の溜まったゴムを見ると回りにうっすらと出血の跡。やっぱり経験一回目の彼女はまだ処女膜が開ききっていなかったご様子? 2回目が俺じゃぁまだ出血もするわなぁ^^;

落ち着いた所で腕枕でベッドに横たわってちょっと休憩。学校の話や留学中の話なんかをいっぱい聞かせてもらう。目をキラキラさせながら元気におしゃべりしてくれる彼女が可愛くていつの間にか抱きしめてキスをしてしまっている。彼女も反応してだんだんエロモードに入ってしまっているらしく、俺が胸に手を伸ばすと彼女も俺の股間を触ってくれる。
彼女の割れ目に指を伸ばしてクリや入り口をいじめると彼女は再び可愛い声で喘ぎ始める。それに反応して俺の股間もドンドン硬くなる。上から覆い被さって割れ目をたっぷりと下で舐めまわして上げて、ヌルヌルになった頃には俺も完全に臨戦態勢、ゴムを装着したら2回戦開始。
さっきは挿入に時間がかかったけど一度開いた割れ目は今度は簡単におちんちんを飲み込む。入れた直後はやっぱり痛いみたいなので抱き合って少し慣らしてからゆっくりと腰を動かし出す。

大きなおちんちんでゴリゴリとこすれると、経験が少ない彼女でもすごく感じるらしく、快感で顔が歪んでいる。声は出すのが恥ずかしいのか、ちょっと小さめだけどその我慢しているような雰囲気が可愛くて腰がドンドン激しくなってしまう。
2回目も騎乗位で彼女のペースでゆったりしてもらってから正上位に戻って発射モード。一気に腰のスピードを上げて…と思った所で彼女が痛くなってしまってギブアップ。
無理はさせずに体を離して今回のエッチは終了~。

夕方早めに用事があるという彼女はシャワーをしたら服を着て撤収の準備。モコモコな下着を着けた所でもう一回その姿でくるっと一回転してもらって目に焼き付ける^^
初めての大人なエッチに満足してくれたようで、駅まで送る道筋でも終始ニコニコしてくれていた彼女、高校卒業前の素敵な思い出になってみたいです。
俺としてもすごく好みのタイプで、ご近所に住んでいたならお気に入りさん間違い無し!だったので「もう一回受験して東京の大学に来なよ~」なんて誘ってしまいました^^

「また名古屋に遊びに来てくださいね!」と言い残して元気に電車に乗っていった彼女のために、また早いうちに遠征の計画しなくちゃか~~と思った俺なのでした。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

ぉ久しぶりです!覚えてますかねぇ

ま、そんなことゎさておき、久々にAniさんのレポート読んで『でっかいの味わってみたいな 』なんて思っちゃいました

Re: タイトルなし

はい、覚えてますよ~^^
味わってみたいですか? いつか機会が有ると良いですね^^
  • [2010/02/21]
  • URL |
  • AnimaL(アニマル)
  • [ 編集 ]

はい、ぶっちゃけ味わいたいです 
広島遠征で時間があえば、突っ込んでみてくださいね(*^_^*)

了解です!

広島まではなかなか行く機会が無いんですが、その時にはぜひぜひ声をかけさせていただきますね~~!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/386-a8588800