FC2ブログ

★2009/12/20 福岡遠征第2弾!!長崎の23才看護士さんと初対面デート 

福岡2日目は長崎から高速バスで23才の看護士さんが来てくれる予定。彼女とも今回初対面。結構前から俺の日記の愛読者さんで、「九州に来る時はぜひ連絡してください!デートしてください!」と熱烈にメールを送ってくれていた人。
今回、「博多だけど来れる?」って聞くと「高速バスに乗って行きます!」と元気なお返事。俺としてもうれしいですね~~^^
看護士をしている彼女、俺とデート出来るように同僚さんや上の方と相談してシフトを決めてくれたらしく、12月の初めに「お休み取れました!」と連絡が入ってめでたくデート決定。こういうのってうれしいですね!

前日にデートした22才の女子大生さんが熊本行きのバスに乗るのを交通センターで見送り。そこは高速バスの発着場所でもあるみたいなので、長崎の彼女にメールするとやっぱりここに到着するとのこと。
そのビルの上に楽器屋・本屋・ネットカフェと俺が時間つぶしに使う店がバッチリ入っているので時間つぶし。ネットカフェで日記を書いたりしているとお昼をちょっと過ぎた頃に彼女から「もうすぐ到着しそうです!」とメール。
実際は博多駅の手前の繁華街でけっこう渋滞して会うのはそれからちょっとかかっちゃったんだけど、お昼過ぎには無事に合流!

待ち合わせ場所にいた彼女はちょっと大柄な九州美人。ちょっと高めの頬骨に大きくてぱっちりした眼、はっきりした作りの顔がやっぱり九州の女性なんだな~って思わせます。
ちょっと太めなんだけど、その分おっぱいはドド~~ンと大きいようで、彼女の着ているワンピースを下からモリモリっと押し上げてます。俺の見立てでは確実にG~Hカップは有るはず。これは脱がせたらぜひ確認してみなければ~~^^;

挨拶もそこそこに街に出る。観光も兼ねてブラブラと歩いてキャナルシティーへ。昨日話しに聞いたクリスマスイルミネーションを見てからお食事、いよいよラブホテルへ!

一応ラブホテル街の地図なんかは用意して来たんだけど、結局道に迷う。彼女も何回かは行ったことが有るみたいだけど地元民では無いからそれほど詳しくは無い。
有名な中洲のソープランド街をウロウロしてから川の向こうにそれらしき看板を見つけてそちら方面に突入。すっかり体が冷え切った頃にやっとホテルに到着。
お値段はそこそこだったけど部屋の大きさはあまり東京都変わらず。もう少し広い所を期待していたんだけどな~~。

時計をみるとあまり時間の余裕もないのでさっそくプレイ開始。お風呂の準備をしたらベッドの横で抱き合ってキスを始める。豊満な彼女の肉体はむっちりと抱き心地が良い。
ギュッと抱きしめると大きな胸がグイグイと俺の体を圧迫してくる。
最近のエッチのことを聞いてみると「昨日しまして…」って^^ お相手は彼氏では無いけど良く会っている人らしい。エッチ好きなんだね~って思うと俺の方も期待で股間がムクムクと固くなって来てしまう。

ジーンズを下ろして自慢のモノを見せつけると「あぁ、やっぱり大きい…」って良いながらしゃがんでしゃぶり付いて来る。「どう?日記と画像で期待していた通り?」って聞くと口いっぱいにおちんちんを頬ばりながらコクコクとうなずく。
さすがにフェラも上手で俺のツボをちょっと教えるとすぐに口の中で固くされてしまう。
ビンビンに勃起したおちんちんはさすがに彼女の口にも余るようで、もう竿の中程くらいまでしか咥えられないみたい。

彼女をベッドに寝かせて俺も彼女に触りはじめる。ワンピースをまくり上げて、ストッキングを脱いでもらってパンツの上から割れ目を触る。肉厚の割れ目をかき分けるとその奥にじっとりと湿った入り口。すでにかなりヌルヌルになっている様子。指先がクリトリスに当たると声が高く大きく出始める。
ワンピースなので半裸の状態で愛撫が難しいので一気に脱がせてしまう。フリルの着いた紫系の下着が可愛らしくて、今日のデートを楽しみにしていたんだなぁと思わせる。
指先をブラの間に這わせるとドドンと大きな乳房があふれ出てくる。片手には入りきらない大きなサイズの乳房を下から持ち上げるようにして先端を口に含んで乳首を舌で転がすと彼女の口から一気に喘ぎ声があふれ出す。敏感な肉体にドキドキ。

彼女の下着を一気にはぎ取ってお互い全裸になったら愛撫を本格化させる。彼女の足を大きく開かせて割れ目の奥をかき回す。指2本を飲み込んだ彼女の中にあるGスポットを激しく刺激するとかなり気持ちよがる。潮吹きまでは達しないけどかなりの量の愛液が噴き出している。
彼女も俺のおちんちんを握りしめて快感に耐えている様子。腰を彼女の顔に近づけるとすぐにしゃぶりついて来る。口の中で踊る舌が竿をこすって気持ち良い。
彼女の大きな胸でパイズリして欲しいなぁ~なんて思いながらももうお互い熱くなりすぎてそんな余裕は無く、ゴムを装着して合体してしまう。

彼女の足を大きく開かせて割れ目におちんちんをこすりつける。厚い肉の奥でヌルヌルと俺を待ち構えている割れ目にグイッと先を押しつけるとヌルッと飲み込まれて行く。
そのままズルズルと腰を進めるとグイグイと肉を押し分けて入っていく感触。彼女の中がすごく熱いのを感じる。
「こんな大きいの初めて!」とうれしそうに叫ぶ彼女。俺が腰を動かすと「大きいよ!気持ち良い!」と何度も連呼する。たっぷりした彼女の太ももの肉に腰を押しつけるようにしてグイグイと奥を刺激すると「そこ!そこ!」と喘ぐ。今まで知らなかった気持ち良い場所がグリグリ刺激されているらしい^^

グイッと腰を持ち上げて屈曲させて奥を突くと彼女のお尻の弾力で今までに無いくらい俺も激しい勢いがついてしまう。パンパンと音がするほど腰を打ち付けると彼女の方はもう言葉にならず激しい喘ぎ声が漏れる。
バックに体位を変えて挿入すると俺の腰の動きに合わせて彼女の大きな胸がブルブルと揺れているのが見える。後ろから手を伸ばしても片手では余るそのサイズがスゴイ。

正上位に体を戻して絶頂に向かって腰を振る。彼女が何回も絶頂を訴えるけど、俺も一直線にフィニッシュに向かっているので動きを止められない。彼女の足を抱え上げて奥まで届けと激しく腰を振っているうちに竿全体に激しい快感、一気に頭が真っ白になるほどの絶頂が突き抜けて一気に白濁液が噴出してしまう。動きを止めた俺の下でぐったりとしている彼女、そっと体を離すとゴムの中にまた大量の精液が貯まっている。博多のモツ鍋効果、絶大なり^^

お互いの体をキレイにしたらやっとお風呂。たっぷり貯まったお湯の中で抱き合いながらのんびりと暖まる。
お風呂から出たらまたベッドに直行、時間を惜しむように絡み合いながら2回戦。さすがに昨日からエッチの連続で俺の方は発射しなかったけれど、彼女の方はまた数回絶頂を見せてプレイ終了。たった3時間の休憩だったけどずいぶんたっぷり楽しんだ気分がする。

シャワーして服を着たらまた福岡の街の寒風に体をさらす^^; お互いギュッと手を握り合っててくてく歩く。数分歩くとまた博多の繁華街に出るので地下道へ。やっと暖かい所に入って安心、お互いの手を改めて握り合って地下鉄にGO。
地下鉄で彼女は博多駅で降りてバスで長崎へ、俺はそのまま空港へ。電車の中で分かれる時にもお互いの眼を見つめ合ってさっきの濃厚なエッチを思い出す。

たった2日間の博多遠征だったけど素敵な女性との出会いですごく思い出深い旅でした。
次の遠征はまた1年後くらいになってしまうだろうけど、その時はまた彼女達と素敵なデートが出来たら良いなぁと思っています^^

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/375-5b789004