FC2ブログ

★2009/12/05 初対面・巨乳バツイチさん初潮吹き! 

某SNSで知り合った33才のバツイチ子持ち女性とデートをすることに。
彼女、東京のかなり奥の方に住んでいる方でなので俺がそちら方面のテリトリーに行く事に。最初は「立川で会いましょう」って言っていたんだけど、彼女の都合で結局八王子まで行く事になっちゃいました。
あまり知らない街なので一応ラブホテルの場所など下調べして出撃。彼女がある程度街に土地勘が有るそうなので頼もしい^^

我が家から八王子までは乗り継ぎも良かったのか1時間程度で到着。意外に遠くはない印象でした。
駅の改札付近で待っていると、彼女が教えてくれたのと同じ服装の、明らかに30代より上の女性がいる。まさかあの人じゃ無いよな…と思ってドキドキしていると、俺に声をかけてくる女性が! 安心しました^^
初対面の彼女「あたし、太ってますから…」と自己申請した通り、なかなか立派な体。でもそれ以上にモリッと盛り上がった大きな胸!これは脱がせた時がかなり期待出来ますね~。きりっとした顔で長い髪が女性的な雰囲気。良い感じです^^

お互いご飯を食べていなかったので近くの喫茶店で軽く食事。お互いの近況なんかをアレコレおしゃべり。初対面の印象通りはっきりとモノをしゃべるタイプの彼女、かなり好印象。俺も遠慮無く発言できて気持ち良く盛り上がる。
ラブホの位置を確認したらいよいよ出発。土地勘のある彼女に街の案内は任せて散歩気分でブラブラ。
駅から一番近くに有るラブホはあまりに商店街の中にあって入りにくかったのでもう少し離れた場所にあるホテルへ。無事に発見したらチェックイン。
部屋に入って荷物を置いて抱き合ってキスをするとさっきまでしっかりしたママさんの印象が強かった彼女の雰囲気がふにゃっと蕩けて女性の香りがしてくる^^

ソファーに座って濃厚にキス。服の上から触る彼女の胸はメチャクチャ大きく、手のひらに全然入りきらない。サイズを聞くと「Hかな~。でもブラによってはIかも?」だって! いや~、早く脱がせて触りたいですねぇ。
彼女の手を股間に導くと「あ、大きい~~」と良いながらジーンズの上からすりすり触ってくる。ジーンズとパンツを下ろすとさっそく上からしゃぶり付いてくる。
まだ60%くらいしか固くなっていないけど「これ、今までで一番大きいよ」って言ってる。固くなったらまだまだ大きくなるよっ言うと眼を輝かせながら「まだ大きくなるの~?」とうれしげにしゃぶり続ける。
足を大きく開くと間に入ってきてさらに激しくフェラ続行。ドンドン固く大きくなるおちんちんに「もう口に入りきらない~!」と先っぽを中心にレロレロ舐め回す。

セーターをめくってブラを露出、ブラの間から胸に手を入れるともっちりと柔らかい感触。ブラからはみ出した大きな胸はやっぱり手のひらには治まりきれない巨大サイズ。
お互い熱くなっているので連れ立って浴室へ。お互い脱がし合って全裸になったら体を洗い合う。
石けんのヌルヌルで割れ目を刺激するとさっそく甘い声を出す彼女。クリは指で触られると痛くなりやすいというのであまり刺激しないように気をつける。

ベッドに移動したらさっそくプレイ開始、全裸でキスをしながらお互いの体に触り合う。
お風呂でちょと柔らかくなったおちんちんを四つん這いでフェラする彼女、情熱的な唇ですぐに固くされてしまう。
ベッドに彼女を押し倒したら指2本で割れ目をかき回す。Gスポットを丹念に刺激すると彼女が豊満な肉体をふるわせながら感じまくる。
お互い良さそうなのでゴムを装着したら正上位で合体。足を抱え上げて腰を浮かせながらおちんちんを割れ目にこすりつけてゆっくりと挿入していく。ヌルヌルの割れ目がムリムリと大きく広がりながら俺の大きいヤツを受け入れていくのが分かる。
「あぁ、こんな大きいの初めて…」と彼女がうめく。

根本まで入ったおちんちんをゆっくりと出し入れすると彼女が喘ぎ始める。激しく声を上げるタイプでは無いけど、押し殺したうめき声とたまに出る「気持ち良い…」って声が興奮を誘う。特にグイッと奥に挿入した時に良い場所に当たるらしく声が高くなる。
「いつもと違う場所に当たるでしょ?」って聞くと顔を真っ赤にしながらコクコクとうなずく。
腰を激しく振ると彼女の巨大なバストがブリブリと揺れるのが見える。思わず手を伸ばしてこね回しながら腰も動かす。ダブルの刺激でさらに声が上がる彼女。

体位をバックにすると彼女の体の下にぶら下がった巨大な胸が俺の腰の動きに合わせてブルブルと震える。腰を押しつけるように奥を刺激すると腕で体を支えられなくなって前に崩れ落ちる彼女、それでもお尻を高く突きだして俺の攻撃を求めてしまう。
そろそろお互い絶頂が近いので正上位に体位を戻してさらに激しく求め合う。
足を抱えて俺が高速で腰を振ると激しい喘ぎ声。ぎゅっと布団と枕を握りしめながらあえぎまくっている。
おちんちんの先の快感が一気に高まって俺も限界、ゴムの中に大量に噴出、一回戦終了~。
体を離すとうっすらと眼を開けた彼女が「すごく沢山出てる…」とつぶやく。確かにゴムの先に大量の白濁液。

お互い体を拭いたらベッドに横たわって腕枕でアレコレおしゃべり。実はきちんと付き合っている彼氏がいる彼女、それでも俺以外にも複数の方とたまに関係が有るとか。
「やっぱりネットをやるようになってから増えちゃったかな~?」って笑う彼女、やっぱりネットでの出会いは魔物でしょうか!

あれこれおしゃべりしている間にまたエロモード再開。濃厚に唇を絡めながらお互いの体を触り合う。俺が乳首に吸い付いて舌先で刺激する間も彼女の伸ばした手が半分硬くなったおちんちんをいたずらしている。
割れ目に指を伸ばしてGスポットを刺激する。グチュグチュと水っぽい音が大きくなるので執拗に刺激を続けると激しく感じる彼女。体がビクビクと痙攣するので指を離すと「ねぇ、もしかして何か出ちゃった?」って聞いてくる。
出ちゃったも何も、彼女のお尻の下は潮吹きで大きな染みが出来ている。そのことを指摘すると「うわ~~、あたし潮吹きなんて初めてだよ!」だって^^
きっと体がドンドン敏感になってたんでしょうねぇ。

彼女のそんな痴態を見せつけられていつの間にか俺のおちんちんもビンビン。仕上げにフェラでフル勃起させられちゃって2回戦開始。正上位で合体したら一気にクライマックスモードでピストンしまくる。彼女の大きな喘ぎ声に興奮してさらにスピードが上がる。
今度は粘っこい動きは無しにストレートにお互いの快感を追求、彼女が一気に高みに登って何度も絶頂を訴える。俺も一直線に絶頂までたどり着いてさらに腰のスピードを高めると限界、ゴムの中に2回目の発射。
体を離すと彼女のお尻の下にまたも大きな水たまり。すっかり潮吹き体質になってしまったみたいですね~~^^

ベッドサイドの時計を見るとそろそろ良い時間らしいのでお風呂で体を清めて服をきてソファーで一服。すると彼女が携帯を見ながら「あれ?あと1時間あるよ?」って。
ベッドサイドの時計は間違っていた模様^^; でもお互いたっぷりエッチは満喫したのでソファーでTVを見ながらダラダラとアレコレおしゃべりしてチェックアウトの時間まで過ごす。
ホテルを出るとなんと外は雨!俺の持っていた折りたたみ傘で相合い傘して駅まで行ったら長居はしないことにして解散。お疲れ様でした~~。

お互いちょっと遠い所に住んでいるので頻繁に会うのは難しいかもしれないですが、彼女の豊満な肉体は魅力的。サバサバした性格も好きなタイプなのでこれからたまにデートしちゃうかもしれないですね!

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あさこさん

コメントありがとうございます。
潮吹きとオシッコの感触は似ているらしいのでそれは潮吹きだったかもしれないですね^^
  • [2009/12/18]
  • URL |
  • AnimaL(アニマル)
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/369-9fcc810c