FC2ブログ

★2009/11/15 20才音大生ちゃんは性欲優先! 

デート常連No.1の20才音大生ちゃん、バイトが有ると言うので夕方に待ち合わせ。冬仕様のコートに身を包んだ彼女、俺の腕にガシッとしがみつくと第一声が「お腹空いた~~~!」。
なんでも朝に小さなパンを食べただけでバイト中もお昼抜き。「今日のあたしってこのくらいしか中身入ってないの。」と手で朝のパンの大きさを示す彼女、かわいい^^
いつも通りホテルに向かおうとすると、彼女曰くママさんが風邪で寝ているから今日は早く帰らなきゃとのこと。「今日はご飯だけにしようかなぁ」って言うけど、それには俺が抵抗^^; 「だって9時までホテルにいたら家に帰るの10時過ぎちゃう~」って言う彼女に2時間休憩で8時にホテルを出ることを提案、はなはだ玉虫色の決着。ご飯は途中のコンビニで買うことに。結局コンビニに寄ると何を食べるか迷ってしまって「…家で食べる」って言う音大生ちゃん。そーゆーことしてるから最近痩せてきたのか^^

ホテルに入ってコートを脱ぐと黒いカットソーと黒いミニスカート。今日は落ち着いた感じで決めてるね~と感想を述べると「バイト先の店長さんには、今日はクラシカルねって!」と良いながら抱きついてくる。キスをしながら彼女の手が股間に伸びてくる。欲しそうにジーンズの上から股間をなで回してくるのでジーンズとパンツを下ろすとうれしそうに俺の前にぺったり座り込んでしゃぶりついて来る。
彼女にも触ってあげようとソファーに誘うと座った俺の足の間に入り込んでさらにフェラ続行。本当に君は好きだねぇ^^;

ビンビンになったおちんちんに満足気な彼女をソファーに座らせて横に座って愛撫開始。
肩を抱いてキスをしながら空いている方の手で彼女の体をたっぷりと触る。白い可愛いブラが下からのぞくのでそれを褒めると「しまった!今日はパンツと合わせて無い!!」って^^
スカートをまくると確かにちょっと気を抜いたっぽいパンツ。まぁそれも可愛いじゃない?
パンツの上から割れ目に触ろうとすると「もう脱ぐ!」とスルッとパンツを脱いでしまう彼女、割れ目はすでに濡れ濡れ、いつも俺にパンツの上から触られてパンツがグチュグチュになるほど濡れることを最近学習したみたいですからね~。
ヌルヌルの割れ目は指に力を入れると簡単に飲み込んでしまう。Gスポットをたっぷりいじめて割れ目も柔らかくなったことを確認したらスカートを脱がせてソファーの上で足を大きく開かせる。

ゴムを装着したらいよいよ挿入。ソファーの上で上は服を着たまま、裸の股間を大きく開いて俺を待っている彼女の足の間に入って、割れ目におちんちんをこすりつける。
ちょっと力を入れるだけで俺の大きいモノがズブズブと入っていく。体を近づけるとギュッと抱きつきながらキスをせがんでくる。唇を絡ませながら腰を振ると激しく喘ぐ彼女、一気に高みに登っているご様子。
ソファーに四つん這いにさせてバックから入るとやっぱりちょっと痛いらしく「ベッド行く!」と逃げる。
ベッドでも相変わらず服を脱ぐ様子もなく、上半身着衣のまま俺を待っている。ベッドに押し倒してそのまま挿入すると興奮を隠そうともせず激しく声を上げまくる。
上半身は上品な服のまま、下半身は大きく開いて俺のおちんちんをくわえ込んでいる姿にかなり興奮、激しく腰を振ると一気に声が大きくなる彼女、眼をギュッとつぶりながら声が止まらない。このあたりでやっと彼女の服を脱がせて全裸に。

抱き起こして俺の上に座らせて対面座位。ギュッと抱き合いながら腰を振ると唇を求めてくる。
舌を絡め合いながら腰を振ると良い場所に当たるらしく合わせた唇の間からくぐもった声が漏れている。
俺が体を倒して騎乗位になると俺の手を求めてくる。両手を握り合って支えてあげると自分から腰を動かして快感をむさぼる彼女。動きに合わせて腰を突き上げると一回一回良い場所に当たる。顔をしかめて快感に耐えながらそれでも貪欲に貪る彼女。

彼女を押し倒して正上位、足をグイッと持ち上げて上から腰を落とし込むようにおちんちんを出し入れする。長さ全部を使って出し入れすると、カリが入り口をこする感じが良いらしく「そこ!そこ!」を連発する。スピードを上げて腰を振ると一気に絶頂が来たらしく「ダメダメ!」と「行く行く!」を交互に叫びながら激しく体を痙攣させた後弛緩する。
俺も絶頂が近いのでそこで手を休めずに腰を振ってこすり続けるとすぐにまた「また行っちゃう!行っちゃう!」と叫びながら痙攣、2回くらい連続で絶頂を訴える。「おかしくなっちゃうよぉ…」と漏らす彼女を見ながら俺も絶頂、「行きそうだよ」と言うと「来て!来て!」と息も絶え絶えに叫ぶ彼女。
さらに腰のスピードを上げるとおちんちんの先端からたまにかけてグワ~~っと快感が広がった瞬間一気に放出、大量の白濁液がゴムの中に出る出る。
彼女の上にぐたっと覆い被さるように落ちてお互い少しの間動けず。発射してもまだ固さを保っているおちんちんをヌルッと抜こうとするとまたそれが快感らしくうめき声を上げる彼女。

落ち着いたらお風呂へ。あまり時間が無いのが分かっているのでシャワーだけにしてすぐにベッド、2回戦開始。横たわった彼女にキスをしながら指で割れ目を刺激、唇を下に移動させて割れ目と乳首のダブル攻撃を加える頃には割れ目から垂れて流れるほど濡れてきている。
足を大きく開かせたら割れ目に顔を寄せてクリと入り口を舌でたっぷりと舐めてあげる。「ろっきゅ~~!ろっきゅうで~~!」と俺のおちんちんを欲しがる彼女、俺が寝そべるといそいそと上にまたがって来る。最初の内は彼女も俺のおちんちんにしゃぶり付いて来るけれど、俺の攻撃がちょっと強くなるとお口がお留守になってしまう。
体を入れ替えてゴムを装着したら2回戦開始、正上位、騎乗位と動いた所で体力的に一回休憩。

ちょっと休憩させてもらったら3回戦開始。また彼女の足を開いてクンニ攻撃、クリを執拗になめていると彼女の口から「ダメ!ダメ!」が出始める。しきりに俺のおちんちんを欲しがるけれど無視して舌と指でクリと割れ目を攻め続けるとビクンビクンと痙攣、クンニだけで達してしまったご様子。さらに許さず刺激を続けると連続で絶頂。ここまでの快感でかなり感度が上がってしまっているみたい^^
そんな彼女の痴態を見せつけられて、いつの間にかフル勃起状態の俺のおちんちん。ちょっとフェラしてもらってからゴムを装着して正上位で挿入、3回戦開始。

もう3回戦になると最初っからクライマックス状態、一気にハイスピードで腰を振りまくる。
クンニで絶頂に達して準備万端の彼女はおちんちんでもすぐさま絶頂、「ダメ!ダメ!」と叫びながら2回、3回と絶頂を繰り返す。俺もかなりの勢いで腰を振って絶頂を目指すけどさすがに体力切れ、発射前に彼女の上に崩れ落ちてギブアップ。お互い落ち着いたら体を離してベッドの上に倒れて落ち着くまで一旦休憩。
俺にガシッとしがみつきながら「もう~~~!帰りたくなくなっちゃったじゃない!」ってお怒りモードの彼女。でもさ~~、エッチ無しで帰すなんてできなかったんだもん^^;

そろそろ良い時間なのでシャワーを浴びて撤収。短い時間だったけど、お互い満足できるエッチでした^^
駅に着くと彼女が予定していた時間の電車にぴったり。これもラッキーでしたね^^
12月になると音大生ちゃんとのお付き合いも丸1年。この1年で成長著しかった彼女、来年はどんな成長を見せてくれるのか、今から楽しみです^^

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/365-3b53ea90