FC2ブログ

★2009/03/14 19歳音大生ちゃんとコスプレエッチ《その03》★ 

《その01はこちら》《その02はこちら

3回戦が終わってのへ~~っとベッドでダラダラしている俺と彼女。さすがに3回フルで動いちゃったので疲れてます!って空気を醸し出す俺をモノともせずに彼女の手は股間に伸びておちんちんをモニョモニョと触っている。
俺、基本的におちんちんを触ってもらうのが好きなので、ベッドにいる時は良く女性の手を股間に導びく癖がある。彼女もその癖がついちゃったのが、すぐにおちんちんに触ってくる^^

ここ数回のデートで、この状況でも俺のおちんちんはビンビンになっちゃうって事を知っている彼女、手の中のおちんちんが反応を始めるとうれしそうにしゃぶりついてくる。
最初はぱくっと咥えて先っぽを中心にジュポジュポしゃぶって、だんだん固く大きくなってくると竿の周りや玉の裏まで舐め回してくる。
うれしそうな癒し系笑顔で大きなおちんちんにしゃぶりついてるのがすっごく淫乱な雰囲気。この娘さん、まだ10代なんだよね~って思うと俺も興奮してビンビンに固くなってくる。

彼女のお尻を呼び込んで69で割れ目をたっぷりしゃぶると喘ぎ声が出始めて口がどんどんお留守になってしまう彼女。俺のおちんちんをぎゅっと握りしめながら目が入れて欲しいと言っている。
ゴムを装着したら彼女を上にまたがらせて騎乗位で挿入。自分から手を伸ばして割れ目におちんちんを導く彼女、早く入れたがっているところをすぐには入れないで先っぽで割れ目をこすってじらしてみる。腰をもじもじさせながら欲しがる彼女。俺ってやっぱりいじめっ子かも?と思いながら先っぽを割れ目に挿入、うれしそうに上から腰を落としてくる彼女。

ズズズ…って感じでこすれながら根本まで入ったら彼女と手を握りあいながら騎乗位でズコズコ。俺の股間に割れ目をこすりつけてくる彼女にタイミングを計りながら下から突き上げる。良い感じで喘ぐ彼女が可愛くて、手を伸ばしてクリをいじりながら下からズコズコ。
感じすぎで彼女が姿勢を維持できなくなったら下からぎゅっと抱きしめて、唇を合わせながらゴリゴリと腰を動かす。

さらに激しく動きたくなったので彼女を抱き起こして対面座位。体を起こして足を大きく開かせると、ギンギンに勃起しているおちんちんが彼女の割れ目に出入りしているのが丸見え。元々割れ目周辺の毛が薄い音大生ちゃんなのでぱっくりとくわえ込んでいるのがもろに見えてしまっている。
「Aniさんの…大きい…」って言いながら結合部分を見つめる彼女。やっぱりズバリを見ちゃうとかなり興奮しちゃうみたい。
それは俺も同じで、彼女をグイッと押し倒して正上位、大きく開いた彼女の太ももを押さえつけてハイスピードでピストン開始。一気に快感が弾けて絶叫モードの彼女にさらに激しくズコズコと腰を打ち付ける。

体を起こして腰を振ると、彼女の胸が俺の動きに合わせてブルブルと揺れている。もしかして最近少し大きくなったのかも?なんて思っているうちに俺も絶頂が近そう。
腰の動きをさらにスピードアップすると一気に限界。彼女をぐっと押さえつけながらゴムの中に発射!本日4回目のエッチ終了~~。
発射してもすぐには抜かず、ぎゅっと抱き合ってキスを交わす。おちんちんが少し治まって来たところでヌルっと抜くとその感触に「あぁ~~ん」って反応しちゃう彼女。
本当に快感が持続する時間が長いこと^^ 感度の良い体ですな~。

良い時間だったので一緒にお風呂に入って身支度をしたらチェックアウト、約束のホルモンを食いに歌舞伎町へ!
初体験のホルモンはおいしかったらしく元気にぱくつく彼女。エッチの時も良いけど、女性がおいしそうにモノを食べているのを見るのはうれしいですよね~^^
俺もたっぷりホルモンを食べて次のデートのための栄養補給。
次のデートは4月の予定。そろそろ学校も始まるのでスケジュールの調整が難しくなるかも?
でもなるべく時間を作って沢山デートしたいって思わせてくれる彼女なのでした^^


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

チア

チアの服はいいですね。
私も以前、会社の女の子で大学のチアリーディングOGを
ユニフォーム姿で調教したコトがありますよ。
すごく興奮しましたね(笑)
男はコスが好きな傾向にあるから楽しめるのかもしれません。

またの日記を楽しみにしています!

うらやましい

なんでそんな素敵な女子大生と知り合えるのでしょう。
うらやましい、ただそのひとことです

Re: うらやましい

tetesuyaさん>
出会いは日々の努力の賜物だと思っております!
なのでその努力に免じて神様が素敵な女性と出会わせてくれるんだと思いますよ~~^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/297-17b8a7b5