FC2ブログ

★2009/02/07 幼稚園の先生・ちょっと早めのバレンタイン《その02》★ 

《その01はこちら

つながったままお風呂場へ。お湯はちょうど良い感じで浴槽に溜まっているけどすぐには入らずに壁に手をつかせてもう一回ズコズコ。入れられっぱなしでかなり感じまくってる彼女、すごく気持ち良さそうに声を出してる。
体を離して一回浴槽に入るけど、全然柔らかくならないおちんちんで下からお迎え、後背座位で湯船で合体。お風呂のお湯の抵抗でゆらゆらしながらも自分から腰を振っちゃう彼女。
ぐるっと回ってもらって向かい合ったら今度は抱き合って合体。お風呂の中でゆったり温まってるけど、下半身は合体したまま^^ そのままゆっくり腰を動かす。
さすがにお風呂の中でこんなことをしているとのぼせちゃいそうなので一回上がってお互いの体を洗い合ったらベッドへGO。

ベッドに彼女を横たえたら上からかぶさるように濃厚キス、そして唇をだんだんと下に移動させていく。割れ目にたどり着いたら舌先でたっぷりと刺激。指で割れ目を開いてクリから入り口にかけて何回も舌を往復させながらたっぷりと舐めまくる。クリが特に感じるらしく、舌の動きに合わせて声を上げる彼女。
交代してフェラをしてもらう。仰向けに寝た俺の脚の間に入って四つんばいでおちんちんを舐めてくれる。たまに俺の顔を見ながら恥ずかしそうに笑う顔にすごく興奮しておちんちんはすぐに固くなってしまう。

「入れたい?」って聞くとうれしそうにいそいそと上に乗ってくる。ビンビンに固いおちんちんに手を添えて自分から挿入する彼女。騎乗位もすっかり手馴れた感じ。
割れ目をぐっと押し付けてこすり付けるように腰を前後に振る彼女、奥がグリグリと刺激されるようで自分でも激しく声を上げてしまう。ギュッと抱き寄せて下から突き上げるように腰を動かすと感じすぎてしまうのか「もっとゆっくり動いて」とうめく。少し腰の動きを柔らかくして唇を合わせるとラブラブモードで舌が絡み付いてくる。

さらに激しいエッチを求めて彼女を押し倒して正上位。上から彼女を抱きしめて腰を振る。体を起こして激しくピストン。彼女の胸がブルブルと震えるのを見ながらさらに腰のスピードを上げてしまう。
最後にバックから合体してハイスピードで腰を振る。お互いの絶頂が近いのが分かるので二人の動きはドンドン激しくなっていく。そして俺が先に限界、大量に白濁液を放出してフィニッシュ、一回戦終了~~~。

さすがにホテルに入ってからすぐに入れっぱなしだったので一回戦が終わった時点で二人ともヘロヘロ。腕枕で少し休憩、ちょっとの間お昼寝タイム。



目を覚ましたらまた彼女が欲しくなっちゃってる俺、腕枕をしていた腕で彼女を抱き寄せると彼女も唇を寄せてくる。キスをしながらお互いの体に触りあう。彼女の手を股間に導いて触ってもらっているうちに反応してくるおちんちん。
布団をはがして股間を露出するといそいそと足の間に入ってくる彼女、うれしそうにおちんちんにしゃぶりつく。彼女の口の中でだんだん固くなってきたら俺も彼女の腰をこちらに抱き寄せて69。お互いの気持ち良い場所を唇で刺激しあう。
たっぷり体が熱くなってお互いの準備が出来たら正上位で合体。俺の下で顔を真っ赤にしながら感じてる彼女の顔を見ながら俺も一杯気持ち良くなる。
体位をバック>正上位と変えながらたっぷり快感をむさぼって、絶頂が近そうだったけど俺の体力切れで一回休憩、TVを見ながらちょっと休憩してから3回戦。

フェラでおちんちんが固くなったら正上位で挿入。そのままノンストップで激しくピストン。さっき行きそびれた分、動けば動くほど快感が募ってくる。俺が自分の気持ち良い場所を求めると彼女もそこが気持ち良いらしくて、かなり大きな喘ぎ声が出てる。さらに腰をギュッと押し付けて奥を刺激するとほとんど絶叫。
彼女の足を抱え上げて奥まで届くように腰を動かすと彼女も絶頂が近いらしくベッドの布団をギュッと握り締めて耐えている。俺もそろそろ限界、一気に腰のスピードを上げて絶頂へ。「もう行くよ、行くよ」って彼女に言うとほとんど無意識にうなずきながら「来て、来て!」って応える彼女。そのまま腰のスピードを上げて激しく突くと程なく絶頂、今日二回目の発射。それでも結構出てるから驚き^^;

二人でぐったりとベッドに倒れてちょっとの間休憩。「さすがに疲れたね~。今日は何を食べようか~」なんて言いながらお風呂に入ってチェックアウトの準備、結局6時間くらいホテルにいたことになりました。
最後は沖縄料理で軽く飲みながら俺の沖縄旅行の土産話で盛り上がる。「Aniさんとは一緒にいるだけでも十分に楽しいんですよ!」って言ってくれる彼女、俺もうれしいです^^
次回のお泊まりデートの企画も進行中だし、今年も楽しいこと一杯できそうですね~^^


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/282-1a9f1497