FC2ブログ

★2009/02/01  横浜の人妻さん・久しぶりの再会《その02》★ 

《その01はこちら

挿入と同時に激しく喘ぎ声を上げる彼女、一気に高みへ上ってしまったようで、以後ずっと喘ぎ声が出っぱなし。彼女の反応に興奮して激しく腰を動かすと「無理無理…」と口では言いながら感じまくっているみたい。

彼女を抱き起こして騎乗位に。「少し痩せたから胸が小さくなったかも?」って言っていた割には相変わらず丸くてきれいな形の胸を下から触る。自分から腰を動かすのが辛そうなのでぎゅっと抱き寄せて下から俺が腰を動かしてあげる。舌を絡めながら激しく腰を打ち付けあう。
手を伸ばしてお尻に触るとローションがヌルヌル。アナルをヌルヌルと触って楽しんでいたんだけど、ふと思いついて指を挿入^^
いきなりのアナル刺激にジタバタ逃げようとする彼女をしたからぎゅっと抱きしめて逃がさずにおちんちんとアナルのダブル攻撃。かなり激しく乱れてしまう彼女。

あんまりいじめても可愛そうなので、アナルは開放してあげてバックに。彼女の細くてきれいな腰を後ろから堪能しながら竿を出し入れすると「行っちゃう!行っちゃう!」ってむせび泣くような喘ぎ声。さっきから何回行っちゃってるんだろう?と思うくらい何回もビクンビクンと痙攣してる。
俺もフィニッシュが近いので体位を正上位に変えてラストスパート。足を抱え上げて上から落とすように激しく突くとまた「ダメ!無理!」の連発で喘ぐ。「やめちゃって良いの?」ってささやくとぎゅっと抱きつきながらイヤイヤする彼女。口では無理って言っても体は…なんてオヤジっぽいことを考えながらさらに腰のスピードを上げてフィニッシュ、白濁液をたっぷり吐き出して一回戦終了~~。

体を離してベッドに倒れこんで腕枕をするとぎゅ~~っと抱きついてくる。ここの所嫌なことも多かったそうで、安心できる俺と一緒にいることで甘えん坊モードに入ってしまっているみたい^^
いちゃいちゃしていると彼女が「そうだ、お風呂に行かなきゃ!」って。そうそう、以前してあげたみたいに下の毛の処理をしてあげる約束をしてたんですよね^^
お風呂の準備をしたら二人で入ってたっぷりのんびり。体が温まったらボディーソープの泡で彼女の股間の毛を剃り剃り。割れ目の両サイドをきれいに処理して出来上がり!

ベッドに戻ったら早速2回戦開始。抱き合って濃厚に舌を絡めあいながら彼女をベッドに横たえて唇をだんだん下に移動させていく。乳首をたっぷり舌先で転がしてから股下に移動して股間に到達。大きく足を開かせたらさっききれいにした割れ目を舌でたっぷりと味わう。クリと入り口を交互に舌で刺激すると可愛い喘ぎ声が全開で出てしまう。
ベッドに横たわった俺の体にのしかかるようにフェラしてくれる彼女のお尻を引き寄せて下からクンニ。たっぷり刺激すると彼女がフェラを続けられないほど感じてしまう。
「入れて欲しい?」と聞くとコクコクとうなずくので彼女を仰向けに横たえて正上位で挿入。
俺のおちんちんが中に沈み込むのと同時に激しく喘ぎ声を上げる彼女。腰を密着させてズコズコと奥を刺激すると「いつもと違う場所に当たってる~!」と声を上げる。
「俺のおちんちん、入れて欲しかったんだろ?」って聞くと激しくうなずきながらビクビクと感じまくる。バックから挿入してフィニッシュに向かって激しくピストンすると彼女も絶叫調の喘ぎ声。このままフィニッシュかと思ったけれど先に俺の体力が尽きてしまって一旦休憩。休憩中も軽く腰を動かしていると、彼女の中で固さを保っているおちんちん。
その後正上位で再開したけれど結局発射までは至らず。その分彼女はたっぷり気持ち良くなれたそうで、お互い満足だったので2回戦終了。3時間休憩の予定だったのでお風呂に入って撤収することに。


ホテルを出たらちょっと俺の買い物に付き合ってもらう。電気屋さんのエスカレーターでぎゅっと俺に抱きついてくる彼女、「なんか今日は甘えん坊になってしまう~」って^^
俺と一緒にいると安心な気分になれるのだとすれば、俺もすごくうれしい。
彼女の乗る電車の改札で軽くキスをして解散。彼女は人妻さんなのでなかなか時間が合いづらいんだけど、これからもうまく調整してデートしたいと思います!

…なんて言ってたら、次の木曜日にランチデートをしに、新宿まで来てくれました。
エッチは無しだったけど、彼女と一緒にいると俺も癒されますね!


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/279-9672ef5a