FC2ブログ

ちびっこ巨乳と酉の市 

3連続デートの二日目。本当はエッチはしない予定だったんだけどね^^;
土曜日丸々暇だったのでどこかで飯でも食おうかと考えるうちにその日が「酉の市」だって事に気がついた。そこでご近所特典でちびっこ巨乳ちゃんを召喚、新宿は花園神社の酉の市の屋台で食べることにしましたよ。

彼女、「酉の市」は初めてらしい。神社の境内狭しと立ち並ぶ熊手の屋台にかなり興奮。その他に食べ物の屋台もたくさん出ていて選びきれずに境内を3周くらいしてから入った屋台でおでんやら焼き鳥やら食べてからたこ焼きを買って彼女の家へ。
お部屋のこたつでたこ焼きをつまみに途中で買ったビールを飲みながらTVを見たり、本の話をしたり。彼女が夕方から友達と打ち合わせだというので早めに帰ろうと思っていたんだけど、「まだまだ時間あるから大丈夫だよ!」って彼女が言うのでずるずると居る間にだんだん空気はエッチな雰囲気に^^;

彼女を引き寄せて濃厚にキス。積極的に応えてくる彼女。こたつに入ったままもそもそとお互いの体に触りあう。だんだん服が乱れて半裸状態なのに下半身だけ温かいのが何か変な感じ^^
こたつに入ったままモゾモゾとジーンズを脱ぐと彼女もこたつに入ったままこちらにフェラを始める。お互いすごく不精者みたいですごく可笑しい。
おちんちんが硬くなり始めたのでいい加減こたつから出て彼女の前に立つとさらに熱心にしゃぶり始める。上から手を伸ばしてえり元から手を入れて彼女の大きな胸を堪能。指で乳首を転がすと彼女の息が荒くなるのを聞いてさらに興奮、おちんちんがドンドン硬くなってしまう。

彼女のジーンズを脱がせて二人ベッドへ。暖房器具はこたつしか使って居ないので室温はちょっと低め、って事で上半身は乱れているけど服を羽織ったまま^^;
彼女を四つんばいにさせて上からのし掛かるように唇を合わせる。背中から回した手で彼女の割れ目をなで回すとすでにヌルヌル。指を挿入するとかなり我慢しているけど声が口から漏れてくる。
彼女の手を股間に導くと固くなったおちんちんを握りしめてシコシコしてくる。初めて会った時は何をどうすれば良いのかまだぎこちなかったけど何回もデートする間に俺を楽しませるポイントをしっかりと学んでいるご様子。

後ろからおちんちんを割れ目にあてがってゆっくりと進めると抵抗無く割れ目がおちんちんを飲み込んで行く。すっかり奥まで入った所で腰をぐいっと押しつけるようにして奥をグリグリ刺激すると布団を握りしめて枕に顔を押しつけて声を我慢する。
さらにおちんちん全体を出し入れするように腰を動かすと枕を通してもくぐもった喘ぎ声が聞こえてくる。

気持ち良さそうな彼女の顔が見たくなっちゃったのでこちらを向かせて正上位挿入。
足を大きく開かせて前からヌルッと入れると彼女の顔が一気に快感でゆがむ。
キスで唇をふさぎながら上からズコズコ激しく腰を振ると体の下で彼女の大きな胸がブルブルと震えるのが分かる。
体を起こしてゆっくり円を描くように柔らかに腰を動かすとちょっと余裕の出た彼女が下から甘えたように顔に触ってくる。その指を舐めたりしゃぶったりすると何故か俺も興奮してしまってまた激しく動きたくなってしまう。
布団の端を咥えながら声を我慢する彼女を見ながら激しく動いているうちに昼真っから飲みっぱなしのビールが回ってきて息が上がってしまった^^;

結局発射前に体力切れでギブアップ。でもお互いたっぷり堪能出来たのでちょっと短い時間ではあったけど本日はここまで。あんまり激しくすると彼女の夕方からの打ち合わせに支障を来しますからね~~! お疲れ様でした^^
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/264-b2c170d8