FC2ブログ

帰国子女女子大生ちゃん・またも職場にて! 

先日職場に遊びに来てくれた帰国子女女子大生ちゃん、相変わらず忙しくてなかなかデート出来ないんですが、また先輩が休みをとって職場に俺一人になる機会が有ったので「また遊びに来る?」って聞くと「行く行く!!」とのお答え。どうもこの前の職場エッチがかなり興奮したご様子^^

当日一人で仕事をしているとお昼過ぎに一本電話が来た後職場に到着。もうすっかり場所も覚えてしまったらしい^^
「はい!差し入れ!!」って缶ビールを持ってくる彼女、「さすがに仕事中だからお酒は無理だしょ^^;」って笑うと「他にAniちゃんが好きそうなモノわからなかったんだも~~ん」と拗ねながらも抱きついてくる。抱き留めて濃厚にキス。ギュッと抱き合いながらお互いの舌を絡め合う。

そのままエッチに突入したかったんだけど仕事の切れ目がちょっと悪かったので彼女を横に座らせてちょっとお仕事。俺の作業を面白そうに見ている彼女。
仕事が一段落したらやおら椅子から立ち上がって彼女を抱き寄せる^^ そのまま強引にキス、舌を絡ませながら彼女の体をたっぷりと堪能する。今年大学生になったばかりのピチピチな10代のボディは反応も良くて、服の上から触っているだけで段々甘いため息が多くなってくる。ジャケットを脱がせてTシャツの下に手を滑り込ませると形の良い胸がプリプリと震える。

立ったままジーンズとパンツを下ろすと待ちかまえていたようにしゃがみ込んでおちんちんにしゃぶりつく。出会った頃は自信の無かったフェラもすっかり上手になってすぐさまビンビンに固くされてしまう。そう言えばフェラを教えて少ししてから「この前口で発射させちゃった~!」なんて自慢してたもんなぁ^^ 確かにうっかり気を抜くとフェラで発射させられちゃいそうな程ネットリとしゃぶりついてる。
彼女を立たせてジーンズの前を開いて手を割り込ませる。パンツの上から割れ目を撫でるだけで彼女の腰が砕けそうになるのが分かる。
シャツをめくってブラをズラして乳首を舐めながらパンツの上から割れ目攻撃。声を出したくてたまらないのに我慢しているのが良く分かる。

俺のおちんちんを握って物欲しそうにシコシコする彼女、「欲しいの?」って聞くとウンウンとうなずく。
ジーンズとパンツを下ろすとパンツの中が愛液でヌルヌルになっちゃってる^^; 「こんなに濡らしちゃったんだ~」って言うと「Aniちゃんがエッチだからだよ~」って恥ずかしそうに答える。
壁に手を着かせるとお尻をつんと持ち上げて挿入をねだってくる。ゴムを装着したら後ろからそのお尻を捕まえて割れ目におちんちんをこすりつける。それだけで彼女から可愛い喘ぎ声が漏れてしまう。
彼女の愛液をたっぷりと先っぽに絡ませてからゆっくりと割れ目におちんちんを押し込んでいくと抵抗無くズブズブと入っていく。

おちんちんを出し入れすると足にビンッ!っと力が入って快感に耐えている彼女、さっそく声が大きくなり始めるので後ろから口を手でふさぐ。フガフガ良いながら悶える彼女が可愛いのでそのまま後ろからガスガスと激しく腰を振って奥を突くと必死になって声をこらえながら感じているのが分かる。
まだ脱がせていないシャツをまくってブラをゆるめて胸を露出させたら乳首をつまんでクリクリいじる。ドンドン声が出始めちゃっているので耳許で「声出したらダメでしょ~^^」ってささやくと「だって気持ち良いんだもん~~」って良いながら「聞かれちゃいそうなドキドキ感」をたっぷり楽しんでいるご様子^^

壁から引き起こして打ち合わせスペースの椅子に座らせる。足を大きく開かせると割れ目が丸見え。そこに前から挿入、俺は立ったまま前からのし掛かるようにズコズコ。下から足を持ち上げるように支えると彼女は俺の首にしがみついて来て半分駅弁みたいな状態。
腰のスピードに緩急をつけて奥をこね回したりおちんちん全体を使って中をこすったり、色々なバリエーションで攻める。ハイスピードでズコズコピストンするとまた声が大きくなってくるのでキスをして唇をふさぐ。舌を絡ませながらズコズコしているうちに俺も限界が近くなってくるのがわかる。

彼女を立たせて椅子の背に手をかけさせて再び立ちバック。この体勢が一番動きやすい。
彼女の腰をぐいっと押さえて後ろから激しくズコズコ。また声が大きくなっちゃうので後ろから口をふさぐ。なんだか無理矢理しちゃってるみたいだなぁ、なんて思うとさらに興奮してきて腰のスピードが上がる。
そのままのスピードで激しく腰を振っていると程なく絶頂、ゴムの中にドクドクと大量に発射。そのまま崩れ落ちそうな彼女をぐいっと抱きとめてそうっと体を離す。
「いっぱい出したね~~」って俺の精液を見て嬉しそうな彼女、言ってる自分も床に垂れるほど愛液で濡れまくってるのにね~~^^


落ち着いたら服装を整えて近所の喫茶店でお食事をつきあってもらう。のんびりお食事してコーヒーで一服したら仕事場に戻って俺はまた仕事再開、彼女は横で見学。
本当はもう一回くらい彼女を襲っちゃいたい気分なんだけど、こういう日に限って急ぎの仕事が入って来ちゃうんだよね。ちょっと真面目に仕事をしている俺の横で「疲れた~~」って言いながら眠ってしまう彼女^^ 俺としてももう少しかまって上げたいんだけどねぇ、申し訳ない!!
彼女が帰る時間が来たのでエレベーターの前まで送ってあげて誰もいないのでちょっと濃厚にキス。「今度はもっとたっぷりエッチしたいね^^」って彼女。確かにここ2回、こんなあわただしいエッチだけだもんね。
年末で大学が休みに入ったらゆっくりデートしようね、って約束をしてエレベーターに乗る彼女を見送って俺はまた仕事に戻りました。

次回ラブホテルでゆっくりエッチが出来たらあんなこともこんなこともしようね~って期待しちゃいますね^^ 彼女はローターが好きなのでいっぱい攻めてあげましょう^^
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/259-60503c9a