FC2ブログ

幼稚園の先生ちゃん・長時間癒しエッチ《その02》 

《その01はこちら


彼女も俺も今までの濃厚なエッチで感度は限界寸前、お互いの絶頂を感じながら腰を振りまくってフィニッシュ! たっぷりと放出して一回戦終了~~。
お互い一気に体力を使ってしまって、ハーハー息を荒くしたままベッドに入って腕枕で抱き合う。「最初から濃厚だったね~」って言いながらいつの間にか二人して寝入ってしまう。


眼が覚めると横で先生ちゃんがニコニコしている。しっかり寝顔を見られてしまったらいい^^;
「なんかずいぶんと長く寝ちゃったね~」って謝ると「そういうデートも好きですよ~^^」って笑ってくれる。
うれしくてぎゅっと抱きしめてキスをしている間にだんだん二人とも熱くなってくる。下を絡めながら彼女の体に触る。割れ目に触るとキスだけですでにヌルヌルに濡れている。
キスしていた唇を段々下に下げていって乳首をクルクルと舌で刺激すると腰がクネクネしてしまう。

彼女の手を股間に導くと固くなりかかったおちんちんをシコシコと触り始める。彼女の手の中で段々と大きくなるおちんちん。
口を段々と下ろしていって彼女の上におおいかぶさるようにして割れ目を舐めまわす。指で割れ目を開いてクリを舌先でこね回すと声がドンドン出てしまう。
俺が股間を彼女の顔の近くに差し出すとすぐにしゃぶりついてくる。唇にくわえ込んでレロレロしゃぶったり、先っぽを舌でねちっこくペロペロしてくれたり、竿の横っちょを舐めまわしてくれたり。彼女のフェラは本当に俺好み。初めてデートした時から彼女のフェラは上手だったけど、付き合っているうちにドンドン俺が好みのフェラを教え込んじゃったかな~?^^

69でたっぷりお互いを舐め合ったらもう合体したくてたまらない。
彼女の下から体を引き抜いたらそのまま彼女を四つんばいにさせたままバックから合体。
彼女のお尻を後ろから押さえて割れ目におちんちんをぐいっと挿入。俺の舌でたっぷり濡らされちゃった割れ目はヌルッと俺の大きいやつをくわえ込んでしまう。
おちんちんの長さを全て使うようにゆっくりと先から根本まで出し入れする。それだけで「気持ち良い」連発だった彼女、腰をぎゅっと押さえつけて奥をズコズコすると「そこ!そこが気持ち良いの!!」って激しく反応してしまう。俺も彼女の声に触発されて腰を激しくこねくりまわしてしまう。

体位を正上位に変えたら上から彼女をギュッと抱きしめながら腰をズコズコ。いっぱいキスをしながら激しく腰を動かしあう。
体を起こしたら彼女の足をぐいっと持ち上げて屈曲させる。上から振り下ろすように腰を動かすと彼女の声は最高潮。布団をギュッと握りながら大きな声で喘ぎまくる。
このまま動いているとすぐに行っちゃいそうなので体位を入れ替えて騎乗位ですこし休憩。彼女を抱き起こしてつながり合ったまま俺の上に移動させる。
俺の上ですぐに足をついてしゃがみポーズで腰を振り出す彼女。「それだと明日筋肉痛になるよ~」って言うと「だって、これが気持ち良いんだもん!」と元気に答える^^
さすがにずっと彼女だけを動かしておく訳にも行かないので俺も下から突き上げて答えたり、彼女を下から抱きしめて腰をズコズコしてあげたり。

そろそろフィニッシュかな?ってところで体位を正上位に戻して上からまた激しくズコズコ。彼女の絶叫を聞きながら俺も・・・と思ったけど体力切れで発射する前にギブアップ。
ちょっとの間挿入したまま抱き合って、おちんちんが柔らかくなってきたらお疲れ様~と体を離す。
今日も気持ち良いエッチだったね~なんて良いながらまだ時間があるのでベッドでだらだら。こういう時にフリータイムのホテルのありがたさが身にしみる^^
良い時間になったらもう一回二人でお風呂に入ってリラックス。一緒に浴槽でイチャイチャするのは本当に楽しいね~。

お互い時間もあるのでホテルを出たら歌舞伎町の「たこ虎」でお好み焼き。やっぱりデートには楽しいエッチだけでなく美味しいお料理も必要!
初めて連れて行ったけど、「おいしかった!」ってすごく喜んでもらえて俺としても大満足。たっぷり飲んでたっぷりおしゃべりして、明日への活力をいっぱいいただきました^^

駅でお別れした後もなんだか顔がニコニコしている俺がいます。やっぱりデートの後はこういう気分がうれしいよね。デートのお相手の女性達もこんな気分になっていてくれると良いなぁ、って思いますね^^ これからもがんばりま~~す!
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/258-ffe1ca06