FC2ブログ

初対面23歳接客業さん・久々のエッチ 

ネットで知り合った、都内のホテルで働く23歳の女性。以前から俺の日記を読んでくれていたそうで、メールでやりとりを始めるとトントンと話が進んで「じゃぁ来週末にデートしてみる?」ってことになりました。
日曜日の午後、待ち合わせ場所に来た女性はちょっと背が高くてスリム。黒髪のストレートで落ち着いた雰囲気。確かにホテルで接客をやってるって感じですね^^
喫茶店でお茶をしながらアレコレおしゃべり。俺はお相手の仕事の事を聞くのが好きなので彼女が働いている所の話をしてもらう。経理からベッドメークまでなんでも出来ちゃうそうで、感心してしまいました^^

ホテルに誘うとOK!って事なので二人でいそいそとラブホへ。
部屋に入って荷物を置いたら抱き合ってキス。見た目は清楚でおとなしそうな彼女だけどキスはけっこう情熱的。身体に触ると熱いため息が唇から漏れてくる。
ロングスカートの裾をめくってパンツの上から割れ目に触るとうっすらと湿っているのがわかる。そっとパンツの脇から指を入れて割れ目に直接さわるとけっこうヌルヌル^^
感じやすいボディですね~。

ズボンを下ろしておちんちんを露出すると前にしゃがんでフェラを初めてくれる。ねっとりとした舌使いでしゃぶられるとおちんちんはどんどん大きくなってしまう。
彼女のスカートを脱がせて足を軽く開かせたら立ったまま割れ目をまさぐってあげる。さっきからずっと濡れているらしく、軽く指に力を入れるとそのままするっと入ってしまう。
軽く指を曲げてGスポットを刺激するとかなり感じてしまうらしく大きな喘ぎ声。俺にギュッとしがみついて声を上げてしまう。
かなり敏感なボディーを早く味わいたくて服を脱ぎ合っていそいそとシャワー。
お風呂場でも指でいじってあげたりフェラしてもらったり。どんどん気持ちが熱くなっていく。

身体を拭いたらベッドへ。ビンビンのまま柔らかくならないおちんちんに彼女がしゃぶりついてくる。ベッドの外に立った俺のおちんちんをベッドの上で四つんばいになって舐めまわす。
フェラを堪能したら彼女の足を大きく開かせて俺が舐めて上げる番。下で割れ目を舐めながら指でクリを転がすとかなり大きな喘ぎ声が出てしまう。クリを舐めながら指を挿入して中をいじるとそれだけで腰をビクビクと痙攣させて絶頂に達してしまったご様子。本当に感度良いな~~^^

「そろそろ入れようか?」って聞くとうなずく彼女。前戯だけでかなり朦朧としちゃってるみたい^^
ゴムを装着したら彼女の足を大きく開いておちんちんをゆっくりと挿入すると一段と喘ぎ声が大きくなる。腰を押しつけるようにグリグリと奥を刺激しているとまたビクビクと痙攣。さらに足を大きく開いておちんちん全体を出し入れするように腰を動かすとまたビクンビクン。エッチの最中に何度も行きまくっているみたい^^

その後も彼女を抱き起こして騎乗位、身体を離してバックから挿入、また彼女を引き起こして後背騎乗位・・・と色々な体位でエッチしまくり。
特にバックからの騎乗位は挿入している部分が自分でも丸見えになってしまうらしく、一段と動きが激しくなってしまったご様子。
最後は体位を正上位に戻して激しくズコズコ。俺も絶頂が近づいてきた分腰のスピードがどんどん速くなってしまう。彼女の大声で絶叫しまくりで行きまくりモード。
一番深い所に挿入した所で絶頂、彼女の中でビクンビクンと大量に発射。それに応えるように彼女も盛大にビクビクと痙攣。一緒に達してしまったみたい^^
彼女の中からおちんちんを抜くとゴムの中には大量の白濁液。絶頂もすごかったけど量もすごかった~~^^

エッチ終了と共にベッドに崩れ落ちた彼女、その後数分起き上がれず。かなりの快感だったみたい。
動き出したら俺の腕枕にまたバッタリ。本当に疲れ切っちゃったみたい。二回戦を挑むと「体力を使い切ってしまってとてもとても・・・」って^^;
さすがにあれだけ激しく行きまくってたら体力も無くなるかな~?
ってことで時間が来たのでお風呂に一緒に入ってチェックアウト。俺も夕方以降飲みに行く予定だったので駅までブラブラ歩いて解散。

ホテルで聞いたら彼女、今までのエッチ経験は一回だけでそれも半年前!
いや~~、二回目のエッチが俺というのはかなりハードルが高かったみたいですね~~。
彼女とはその後あまり連絡をとっていませんが、機会があったらまたあの敏感ボディーを行かせまくって見たいと思っています!!^^
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/242-44edc139