FC2ブログ

幼稚園の先生と映画の後にラブラブSEX《その01》 

土曜日に幼稚園の先生と恒例の月一デート。月に一回しか会わないって言うとちょっと少なめかも知れないけれど、毎月確実に有ってるのは先生とだけ。やっぱりお気に入りなんだよね~。

前回のデートがラブホで長時間だったので今回はどこかに行こうか?ってことで映画を見に行く事に。その前にお食事することにして集合はお昼ちょっと前。
新宿に現れた先生ちゃん、爽やかなグリーンの半袖のワンピース。いや~~、すっかり夏モードだねぇ^^ ワンピースはちょっと短め。ちょっとめくっただけでアソコにアタックできそうだな~なんて想像しちゃう^^
お食事をしたら映画。暗闇の中で隣り合って座っているといたずら心がムクムクと湧いてくる。隣に座った彼女の太ももにさわさわと手を伸ばしちゃう^^
彼女が俺の腕を押さえてくるけど構わずさわさわ。さすがにワンピースの中に手を差し入れて股間にアタックしようとすると手をハズされてしまいました~^^;
まぁ、映画に集中できなくなっちゃうのでいたずらはこの辺で。

映画が終わったら夕方のちょうど良い時間。「ご飯を食べるにはちょっと早いから3時間くらい時間をつぶしに行きましょうか~~?」って言うとうれしそうに笑う彼女。「時間つぶしというか、これがメインかな?」ってお互い笑いながら最近良く行くラブホテルにIN! 荷物を置いたら抱き合って早速ラブラブモード。
ぎゅっと抱き合って舌を絡め合う。夏服になってお互いを隔てる距離が短くなった気がする^^
抱き合いながら彼女に触るとすぐに声が出てしまう。抱き合った手を彼女のお尻に回してワンピースの下に潜り込ませるとそこにはプリッと可愛いお尻。たっぷり撫で回してあげたいんだけど彼女はまだストッキングを履いてる。あんまり強く触ると電線させちゃうからね^^;

キスをしている間に俺の下半身もだんだんと反応してくる。彼女の手を股間に導くとジーンズの上から情熱的に触ってくる。
するっとジーンズとパンツを下ろすと彼女もすっとしゃがみ込んでおちんちんにしゃぶりついてくる。下から上目遣いに俺の顔を見る彼女の目が「気持ち良い?」って聞いているので頭をナデナデしてあげる^^ ワンピースの開いた襟元から手を差し入れて胸をいじってあげるとフェラができなくなるほど感じてしまう彼女、本日も敏感でよろしい!

俺のおちんちんも同じく敏感で、彼女の口の中ではち切れん程にビンビン!
彼女を立たせてストッキングを下ろそうとすると自分からスルスルと脱いでくれる彼女。
普段の教育が良いから俺が何をしようとしているかすぐに分かっちゃうんだね~ってうれしく思いながらソファーに並んで座って肩を抱きながらキス。
俺の指はすぐさま彼女のパンツの下に潜り込んでしまう。案の定彼女の割れ目はヌルヌル。そのことを指摘すると「Aniさんに触られるとすぐにヌルヌルになっちゃって~」ってうれしそうに笑う^^
パンツを脱がして本格的に割れ目をいじめてあげる。ソファーの上で足を大きく開かされてしまう彼女、ちょっと恥ずかしそう^^
指をするっと挿入してGスポットを刺激して上げるとすぐに声が大きくなってしまう。
喘ぎ声の合間に「気持ち良い・・・気持ち良いよぉ・・・」と切なく発する声に俺も興奮してしまう。

ソファーに座ったままの彼女の前に立ち上がるとそのままおちんちんにしゃぶりついてくる。
有った頃からお気に入りの彼女の舌使いでまたたっぷりフェラしてもらったらワンピースを着たままの彼女の足をソファーの上で大きく開かせる。汚さないようにワンピースの裾をちょっとまくり上げたらそのまま前から彼女の割れ目におちんちんをゆっくりと挿入。
足と一緒に大きく開いた割れ目をおちんちんでこするようにグリグリするとそれだけで気持ち良い顔をしてしまう彼女。ちょっとじらしてから割れ目の入り口に先っぽを押しつけて、ゆっくりと割れ目を押し開いていく。
一瞬苦しそうな顔をした彼女もおちんちんがグググッと入って行くに従ってすぐに気持ち良い表情に変わってしまう。
一ヶ月ぶりなのに、するっとスムーズに俺を飲み込んでしまう彼女のアソコ、腰を軽く動かしただけでグチュグチュと水っぽい良い音を出してしまう。
「気持ち良い?」って聞くと俺にぎゅっとしがみつきながら激しくうなづく彼女。着衣のままの性行為は恥ずかしいながらもやっぱり興奮しちゃうみたい。
一回身体を離して彼女をソファーから立たせる。そのままくるっと彼女を回して、ソファーの背に手をつかせて立ちバック。後ろから彼女の腰を支えてゴリゴリとこするように動いて上げる。
それにしても彼女がワンピースやスカートをはいてくると必ず着衣のまま挿入プレイになっちゃうんだけど、彼女は分かっててスカートを着てきてるのでしょーか? もしかして誘われてる?俺。

そんな事を考えながら彼女をベッドに導く。ベッドに腰掛けて彼女を抱き寄せる。
彼女を後ろから抱きしめるように俺の上に腰を下ろさせ、そのまま下から貫いてしまってこれは「後背座位」? 
軽く腰を浮かすようにして自分から腰を上下に動かし始める彼女。基本が身についていると応用は簡単だよね~~!なんて思いながら自分から快感をむさぼっている彼女の姿を後ろから見守る。いやぁ、すっかり成長したもんだなんて感心しきり。
さらにいっぱい気持ち良くしてあげたくなったのでベッドの上にあがる。お互いの服を脱がしあったら彼女を四つんばいにさせてバックから挿入! やっぱりバックからだと奥まで当たってかなり気持ち良い見たい。俺にズコズコされながら喘ぎ声の合間に「気持ち良いよ~~~」って声が出ちゃう。
さらに正上位でズコズコ。上から彼女をぎゅっと抱きしめながら丸を描くように彼女の奥を刺激する。彼女も下から抱きついてきて俺の舌を求めてくる。
下半身の快感よりも二人で一緒になっている気分の方が快感かも・・・なんて思っていると俺の下半身からちょっと力が抜けてくる。

ちょうど良いタイミングなので身体を離して一旦お風呂に。

その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/215-cf9303c6