FC2ブログ

18歳帰国子女ちゃんと新宿突発デート《その02》 

《その01はこちら

服も脱がずに一回戦を終えてベッドで少し休憩したらお風呂へ。浴槽にお湯を入れている間にシャワーでお互いの身体を洗い合う。
石けんのヌルヌルのせいで触りあうとなんだか気持ち良い。抱き合いながら唇を合わせて舌を絡めながらお互いの熱い部分を触りあう。
割れ目の上に指を這わせて入り口とクリをグニュグニュ触ってあげるのが気持ち良いらしく、腰がクネクネ動いちゃってる。
手を離すと「もっと触って~~」って甘えてくるのを無視して、また後ろから腰を押しつけて立ちバックで一気に挿入。いきなりの挿入に激しく声を漏らす彼女、そのまま後ろから腰をゴンゴンと突き上げるように動く。
滑りやすいお風呂場で手と足をつっぱってする不安定なエッチに興奮して動きが激しくなってしまう。
一旦身体を離して彼女を正面から抱きしめながら片足を持ち上げるように開かせ、前から挿入。彼女は足が長いので腰の位置が会うのでこの体勢でも俺は楽に腰を動かせる。
彼女をしっかりと抱いて安定させたら舌から突き上げるようにズコズコ。俺にしがみつきながらまた絶叫してしまう彼女。
さらに手を伸ばして彼女のお尻に触る。石けんが残っていてヌルヌルする感触を楽しみながらだんだんと指をアナルに伸ばしていく。
石けんのせいで滑るが良くなっている指を一本、ゆっくりとアナルに挿入していく。「あ、あ、あ、・・・」って戸惑っている彼女を尻目に指をゆっくりと出し入れ。前の穴をおちんちんで。後ろの穴を指で貫かれて身もだえる彼女。
さらに彼女を後ろに向かせてお尻を突き出させる。石けんのぬめりで指2本が楽に入る事か確認したらアナルにおちんちんの先っぽを押し当てる。
「ダメ!ダメ!」っていう彼女の懇願を無視して石けんをおちんちん全体にこすりつけたらおちんちんをアナルの入り口にゆっくりと滑り込ませていく。軽い抵抗感だけでヌルッとアナルに入っていくおちんちん。亀頭が全部飲み込まれた時点で「い・・いた・・・」とうめいてる彼女。ゆっくりと腰を前後させて慣れさせてからまた少しずつ腰を進めていく。
さすがにおちんちんの1/3が入った時点で「もう無理~~!」と申請があったのでストップ。でもけっこう入っちゃったねぇ^^ 次回のデートでローションを使ってトライすれば完全挿入も可能かも。18歳になって半年もたたないうちにアナル処女も卒業ですね!

ちょっとハードなプレイだったので浴槽ではゆっくり身体を休めてからお風呂を出てベッドへ。
アナルのショックでちょっとしょげてるかと思いきや、全然元気な彼女、ベッドでキスをするとすぐにおちんちんに触ってくれる。軽くフェラされただけですぐに固くなるおちんちん、俺の方もやる気満々^^
ゴムを装着したら彼女をベッドに横たえて正上位で挿入。さすがにここまでたっぷりとアレコレ刺激しあっていたので軽く動いただけでおちんちんの絶頂が近いのが分かってしまう。
彼女の方も完全に感度が上がってしまっているらしく、少し動いただけで絶叫モード。前回から出始めた高く裏返った喘ぎ声が前回で出ちゃってる。
「ちょっと早いけど発射するよ?」って聞くとガクガクとうなづいて応える彼女。
身体を起こして足を抱え上げて、上から落とし込むようにハイスピードでピストン。彼女は布団にしがみつきながら大声で絶叫、何回も絶頂に達してるらしく何回も腰がビクンビクンと痙攣している。俺も程なく絶頂、ゴムの中に大量に精液を吐き出して一回戦終了~~。

身体を離したら腕枕でダラダラモード。ベッドに横たわってお互いの最近の事や彼女の大学の話なんかをあれこれおしゃべり。
目があったらキス。舌を絡め合いながらお互いの気持ちを確認し合う。
何回目かのキスの後に彼女が俺を見ながら「Aniちゃん、これからも若い子を誘うの?」って質問してくる。
男ってのはいつでも若い子が好きだし、俺はちょっとロリ好きな気があるし・・・とかゴニョゴニョ言葉を濁す俺に、「あたしより年下の子とエッチして欲しく無いなぁ・・・あたしは今他の人たちと比べて一番年下でしょ?あたし、Aniちゃんのスペシャルでいたいんだぁ・・・」って^^; なんか、うれしいやら切ないやら複雑な気分。
とりあえず現状で君より若い子に手出しをするのは法律に触れるし(去年彼女にしていた事は今のところ忘れる事にして!!)当分スペシャルな立場だよね!って応えてあげると「うれしい~~!」と腕の中に潜り込んできて濃厚にキスを求めてくる。
このストレートな愛情表現がやっぱりアメリカ生活なんだろうな~と思いながら俺も彼女に応えて濃厚に舌を絡める。

そんな事をしている間にお互いまた欲しくなってきちゃって二回戦開始。
軽く固くなってきたおちんちんにむしゃぶりついている彼女の腰をこっちへ呼び込んで69。彼女のきれいに毛をそり落とした割れ目を目で堪能、舌で堪能。たっぷりと舌先でクリトリスを転がしてあげると彼女もそれに応えてたっぷりとおちんちんをしゃぶってくれる。さすがにさっきの発射からあまり時間が経ってないのでおちんちんはギンギンとは言えないけれど8割の勃起状態。彼女もそろそろ欲しくなってるようなので合体しちゃいましょう~!

69の体勢から彼女をこちらに向けさせて騎乗位で挿入。おちんちんに手を添えて自分で挿入する彼女。下から突き上げてあげると彼女の胸がプリンプリンと豪快に揺れる。無毛の割れ目も挿入部分が丸見えで何ともエロい気分にさせてくれる。
抱きしめてキスをしながら下から腰を突けあげてあげるとそれだけで絶頂に達するらしく何回も腰がビクビクと痙攣。一回絶頂に達すると行きやすくなっているらしい。
彼女を抱き起こして正上位に。身体を起こして彼女の顔を見ながら腰を叩きつけるように激しく動かしてあげる。「行く!行く!また行きそう・・・!!」って彼女の声を聞きながら俺もまた絶頂が近そうなので腰のスピードを上げてさらにハードにピストン。
彼女の腰がビクビクと痙攣するのに合わせて俺も我慢を解放、ゴムの中に大量に白濁液を噴出~。
お互い絶頂に達したまま少しの間抱き合って舌を絡めて濃厚だったSEXの余韻を楽しむ。
二人の息が少し治まったところで身体を離してまた軽くキス^^

3時間休憩なのであまりダラダラ出来ずにお風呂に入って服を着たらちょうどチェックアウトの20分前。なんと正確な俺の肉体時計、って笑いながらホテルを出て駅へ。彼女は夕方には家に帰るというので駅で軽くキスをして解散。軽やかに駅に入っていく彼女の背中を見送ってから俺も家路に。

まだ大学に入ったばっかりの18歳にこれだけ濃厚なSEXを教え込んじゃって良いのかなぁって気もするんだけど、彼女は俺に出会う前からSEXには奔放な子だったし、今も俺以外にもデートはしているご様子。
若いうちに良いモノを知っておけば年をとってからは落ち着いて楽しめるようになるんだろうし、今はお互いいっぱい刺激的な経験をするのが良いんだろうな、って考える事にしました。

なんて、いまだに落ち着きもせず濃厚で刺激的なSEXを楽しんでる俺が言っても説得力無いですけどね~~!!
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/208-5d2e0d12