FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18歳帰国子女ちゃんと新宿突発デート《その01》 

実は今週の土曜日は先日初対面でお食事デートをした18歳の下町事務員娘ちゃん(処女)と2回目のデートの予定だったんだけど、彼女が出勤になってしまいキャンセル。
俺もちょっと風邪気味だったので他の女性に声をかけるのを躊躇していたら18歳帰国子女ちゃんから「土曜日急に暇になっちゃった!」ってメール。
相手が彼女だったらちょっとくらいの風邪気味を押してもデートする価値有り^^ ということで一も二もなく「では土曜日デートしよう~~!」とお返事。それにしても今週末は18歳に縁が有ったんだなぁ。

彼女は土曜日は大学が早くに終わるというので昼に新宿で待ち合わせ。大学生になった彼女は相変わらずスリムでしゃきっとしてる。今日も白いブラウスとデニムのミニスカートの上に黒いジャケット+ニーハイソックス。「なんか大学の友達にクールだよね~って言われちゃって^^」って話す彼女、やっぱり海外で生活していた何かが彼女を格好良く見せるんだよね~。
彼女のリクエストで韓国料理屋へ。どこへ行こうかウロウロしてしまったけど結局は歌舞伎町の「オムニ食堂」にて本格韓国料理。熱くて辛い料理を堪能して風邪も少し良くなった気分。
食事が終わったらすぐそばのラブホテルにするっとチェックイン。今日は彼女が夕方で帰ると言うので3時間休憩コース。

荷物を置いたらすぐさま抱き合って濃厚にキス。ちょっと身体に触るとすぐに甘い声が出てしまう彼女。さっきのクールビューティーからは想像も付かない可愛い声。
ブラウスの前を開くと黒いブラ。上から胸に触るとプリッと形が良くて弾力のある素敵なバスト。ブラの上から乳首をクリクリするとそれだけで腰がヒクヒクしちゃってるのが分かる。
彼女の手が俺の股間に伸びてくるのでジーンズとパンツをするっと下ろすと少し硬くなってきたおちんちんを握ってシコシコしてくれる。
軽く頭を押さえるとすぐに分かってくれて俺の前にしゃがみ込んで仁王立ちフェラ開始。
フェラもすっかり上手になった彼女、ぱっくりとおちんちんを咥えてジュポジュポと出し入れしたかと思うと横咥えにしてサイドをぺろぺろ。その間もキラキラした瞳で俺を見てる^^
そんな可愛い彼女を見ているうちに俺のおちんちんもビンビンに完全勃起、彼女の口が苦しそう。
なので今度は俺が彼女を気持ち良くしてあげる。

彼女を立たせたら唇を合わせて舌を絡め合う。デニムのミニスカートをまくり上げるとブラに合わせた黒いTバック。パンツの上から割れ目をまさぐると、相変わらず下の毛は全部剃っちゃってパイパン状態、手触りもつるつる。
割れ目に手を這わせると、かろうじて股間を覆っているTバックがするっとずれちゃって割れ目が露出。キスとフェラだけで興奮しちゃってもうヌルヌルになってる。
軽く指に力を入れるとするっと指が入っちゃう。軽く指を曲げてGスポット周辺を刺激すると彼女の口から大きな喘ぎ声が出ちゃう。
指を出し入れすると彼女がぎゅっと抱きついてくる。指の動きに合わせて腰がビクビクと痙攣するのがわかる。割れ目から聞こえる音もどんどん水っぽくなっていく。
彼女の声がどんどん高い絶叫に変わっていく。前回のエッチから感度が今までの限界を突き抜けちゃったみたいで、今までとは比べものにならないくらいに乱れてる。

彼女を後ろ向きにさせて壁に手をつかせてさらに割れ目をいじめる。横にずらしたTバックから見えている無毛の割れ目がすごくエロい。指でクチュクチュ触ってあげると声が全然止まらない。
俺の心も止まらなくなっちゃって、硬くなったおちんちんを後ろから割れ目にこすりつけると彼女が足を開いて誘ってくる。そのまま腰をゆっくりと進めると彼女の割れ目が太く育った俺のおちんちんをヌルッと飲み込んでしまう。
後ろから彼女の腰を押さえておちんちん全体をゆっくりと出し入れすると彼女の甘い声が響く。「これが欲しかったんでしょ?」って耳元でささやくと彼女がガクガクとうなづく。
腰を引きつけて奥にグリグリ当たるように腰をこねるように動かすと彼女の声がまた絶叫に変わる。まだブラウスもスカートも脱いでない彼女の乱れる姿が俺をどんどん興奮させていく。

さらに激しく彼女が欲しくなってしまって、これ以上汚さないように服を脱がしてあげる。一度腰を離してミニスカートとブラウスを脱がせる。でも下着とニーハイを脱がさないのは俺のフェチ魂^^ 
俺は全裸になって彼女をベッドに誘う。ベッドに腰掛けてもう一度フェラ所望。嫌がらずにまたねっとりと舐めてくれる彼女。
そのままベッドに仰向けに倒れ込んで彼女を俺の上に抱き寄せる。そのまま彼女の下からおちんちんで割れ目を貫く。大きな声を上げながら自分から腰を上下させる彼女。タイミングを合わせて下から突き上げてあげるとその瞬間声が高く大きく響く。
彼女をぐっと抱き寄せると彼女の唇が俺を求めてくる。舌を絡ませながら俺が下から突き上げてあげると舌の動きもどんどん濃厚になってくる。。

彼女を抱き起こしてブラもTバックも脱がせる。でもニーハイは脱がさない^^
彼女を抱き寄せてベッドに押し倒して足を大きく広げたまま抱え上げて屈曲させる。
「ねぇ、Aniちゃん、ニーハイだけ履いてるのってエロいよ・・・格好恥ずかしいよ・・・」って彼女がささやくのを聞きながら上からズブッと挿入。屈曲した体位なので一気に奥まで到達するおちんちんに彼女、再び絶叫モード。俺が腰をズコズコと動かすたびに裏声で絶叫しまくる。
彼女の声に触発されて俺の腰のスピードもどんどん上がってしまう。このままフィニッシュまで行こうかと思ったけど、昼ご飯の直後なのでちょっと胃が重くて疲れ気味。
結局フィニッシュに至る前にちょっと休憩をすることに。
身体を離してお互いベッドにドサッと横たわって息を切らせながらまた濃厚にキス。
一緒にいるのがすごくうれしい一瞬。

《その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/207-04fcda61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。