FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋にて身の下相談・アフターケア 

以前の日記で書いた名古屋在住のお姉さん。ずっと仲良しでエッチの相談なんかを聞いていたんだけど、前回10月に名古屋に行った時にとうとうラブホで自習しちゃいました。
今回も名古屋に行く用事が出来たので彼女に「またデートするかい?」って聞くと「喜んで!」とのこと。「ラブホに行くかい?」って聞くと「うふふ~~^^」とのお返事。これは積極的にお誘いしちゃいましょうね!!

昼前に名古屋駅で待ち合わせ。久々に会ったけど、相変わらず見た目はクール、でも恥ずかしがりな彼女。今回もちょっとはにかんだ雰囲気でのお出迎え。
「行っちゃう?」って聞くと「はい^^」って恥ずかしそうなお答え。二人でブラブラと前回行ったラブホテルの有る方面へ。
途中でお食事を済ませたら、きれいそうなラブホテルにチェックイン!

「久しぶりだね」って言いながら抱き合ってキス。普段のエッチだとこの時点から俺の手は女性の身体を味わってしまうんだけど、彼女の場合、あまり激しく触ると痛くなってしまう事があるので、今日は丁寧に、優しくを意識しながら触ってあげる。
舌を絡め合う彼女の口からだんだん甘い声が漏れてくる。
俺も気持ち良くしてもらいたくてフェラを所望。ジーンズとパンツを下ろした俺の前にしゃがみ込んでおちんちんをしゃぶってくれる彼女。相変わらずちょっとぎこちなさが残るけど、丁寧に一所懸命俺を気持ち良くしてくれようと思っているのが伝わってくるよ。

十分気持ち良くしてもらったところでお風呂に移動。二人で浴槽に入ってリラックスタイム。お互いの身体をマッサージしあって気持ちも和らげる。
お風呂を出たらベッドへ。改めて裸で抱き合いながらキス。彼女の身体に優しく触る。乳首とクリはかなり感じるらしいんだけど、あんまり強くいじると痛くなっちゃうのでなるべく舌で舐めてあげるようにする^^ 割れ目も愛液でたっぷり濡れている事を確認したらゆっくりと指を挿入、Gスポットを優しく刺激してあげる。
「どんな感じ?」と聞くと「やっぱりおしっこが出ちゃいそうな感じです~」って彼女。やっぱり心の中でそれが快感とうまくかみ合っていないのかな? 俺が近所にいればもっともっとエッチの良さを教えてあげられるのにねぇ~。

そうこうするうちに彼女が俺の足の間に入ってフェラを開始。丁寧に舐めてくれるんだけど、俺の方がいまいち反応せず。さすがに名古屋に移動、荷物担ぎにイベントの設営準備をしてからのデートだったからちょっと疲れちゃったのかもしれない^^;
「今日はダメですかね~」って彼女もちょっと寂しそうな顔。
でもおちんちんが立たないからっておしまいにしたらかわいそうだからね。せっかくのデートの分は気持ち良くなってもらわないとねってことで指と舌で彼女の割れ目をいっぱい刺激してあげる。さすがに彼女も感じるらしく、けっこう声が出てきちゃってる。
それを聞きながらやっぱり俺も興奮、疲れているはずなのにだんだん固くなって来ちゃった。

ゴムを装着したら彼女の割れ目におちんちんをこすりつけて彼女の愛液をたっぷりと塗りつける。そしてヌルヌルになったおちんちんをゆっくりと挿入していく。
彼女を痛くしないようにゆっくりと腰を動かしてあげる。「これが気持ち良いって感覚ですか?」って言いつつ喘ぎ声を上げながら下から俺にしがみついてくる彼女。男の気持ちとしては激しくガンガンいじめてあげたいんだけど、まだ彼女には負担になるだけだろうから、あくまでも優しく、丁寧に攻めてあげる。
さすがに前日から体力を使っているのと、あまり激しく動かなかったので俺は発射に至らず。でも彼女と合体して優しいエッチを教えてあげられたので満足^^
休憩も2時間だったし、俺はまたイベントの撤収を手伝いに行かなければならないので適当なところでエッチは切り上げてお風呂に入って解散。

彼女とはエッチは2回目。まだエッチの快感を伝えてあげきれないのがちょっと歯がゆいけど、これからもじっくりとお付き合いして行きたいと思います。
この場を借りて彼女に一言。「俺も楽しんでますから、これからもデートしましょうね~~!!」
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/199-3c073e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。