FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10代パイパン帰国子女・早速濃厚SEX 《その01》 

以前から良く日記に登場している10代帰国子女ちゃん、この春から日本の大学に進学が決定。と言うわけで「12日には日本に帰るからデートしようね!」と元気なメールが届く。
じゃあその週末の土曜日にデートしようと誘うと一も二もなくOK。彼女も俺とのデート(とSEX)を楽しみにしている模様^^

お昼に新宿で待ち合わせ。久しぶりに会った彼女は相変わらず背が高くてスリム。ちょっと暖かい日だったのでピンクのTシャツ+デニムのミニスカートから露出する肌が若々しくてドキドキしてしまう。「運動してなかったから太ったよ~」って言うけど、全然そんな事無いと思うんだけど。
腕を差し出すとするっと組んでくる彼女、長年つきあった恋人みたい。食事は駅の上のタイ料理。彼女の近況を聞きながらあれこれおしゃべり。
お店を出たらまた腕を組んで当たり前の用に歌舞伎町のラブホテル街へ。時間がたっぷりあるから良く行くきれいなフリータイムのホテルへ。彼女が「ゆっくりできるならお酒買っていこう!」って言うので途中で缶チューハイとビールを購入。しかしこの年で「ほろ酔いエッチ」の良さを知っているとは恐るべき10代!

ホテルの部屋に入ったら荷物を置いて早速抱き合ってキス。Tシャツの上からプリッと形の良い胸に触るとそれだけで彼女がハァハァ喘ぎはじめる。相変わらずの感度の良さに感心しながらミニスカートからにょきっと出ている生足の手触りもたっぷり堪能。
彼女も俺の股間に手を伸ばしてジーンズの上からおちんちんに触っている。ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると早速しゃがんでしゃぶりついてくる。最初に会った時は「フェラは下手だって言われたから好きじゃない」って言っていた彼女、最近はすっかり手慣れた感じで舐めてくれる。いやぁ、教えた俺としてもうれしい限り。彼女の口の中でビンビンになってしまう。
彼女を立たせて今度は俺が触る番。左手で彼女を抱き寄せてキスをしながら右手はミニスカートをめくってその下のピンク色のTバックをなでなで。布越しに割れ目がしっとりと濡れているのが分かる。申し訳程度に割れ目を覆っているTバックを横にずらして割れ目を露出。いつも通りアンダーヘアを完全にそり落としている彼女の股間。割れ目を上から撫でただけで体がビクビクと反応する。
指に軽く力を入れただけでぬるっと割れ目の中に入っていってしまう。軽く指を曲げてGスポットを刺激すると俺にしがみついて激しく絶叫。さっそく絶頂に達してしまったみたい。

そんな彼女を見ていて俺もかなり興奮、股間はビンビンに固くなってしまっている。早速の快感にちょっと力が抜け気味な彼女をくるっと後ろを向かせてミニスカートをまくりあげる。Tバックをずらして露出させた割れ目におちんちんをこすりつけると彼女もお尻を突き出して応えてくる。すでにぐちょぐちょに濡れている割れ目におちんちんを割り込ませて、一気に奥まで貫いてしまう。彼女の甘い喘ぎ声が大きく響き渡る。
足の長い彼女、立ちバックで腰の位置がちょうど良いので俺は非常に動きやすい。ということは勢い動きが激しくなるってこと。バックからズコズコ疲れながら喘ぐ彼女に「俺とエッチしたかった?」って聞くと「Aniちゃんのが欲しかったの。入れていっぱいズコズコして欲しかったの。」と叫ぶ。10代の娘さんに何を言わせているのだろうかと思う反面、さらにエッチな気分にさせたくなって立ちバックで挿入したままゆっくりと歩いて洗面所へ。洗面台に手をつかせて後ろからおちんちんが出入りするのを鏡越しにじっくりと見させる。さらに洗面台に座らせて足を大きく開かせたら俺は立ったまま前から挿入。陰毛を剃ってある彼女の股間は上から丸見え。「入ってるところが見える?」と聞くと素直に恥ずかしがる彼女。これだけ激しいエッチをしているのにそれでも恥ずかしがるアンバランスさに俺も興奮する。
そのまま彼女を抱え上げて駅弁。腰を軽く揺すりながら歩いてソファーに向かう。俺の太いおちんちんに体重を預ける形になっちゃう彼女、時たま立ち止まって腰を揺するとぎゅっとしがみついて激しく声をあげてしまう。
合体したままソファーに着地したらそのまま正上位。駅弁の時のまま、彼女の足を大きく持ち上げた体勢で前から激しく腰を打ち付ける。下から俺に抱きつきながら唇を求めてくる彼女、舌を絡めながら濃厚に交わり合う。
体を離すのももどかしく、すぐにバックで合体、狭いソファーの上で不安定なままの体位が逆にSEXに集中させてくれる。

でもさすがにこれだけ挿入しっぱなし、動きっぱなしなので俺もそろそろ限界が来そう。まだもったいないので一回体を離してお風呂へ行く事に。気がつけばまだ俺も彼女も乱れているとは言え、服を着たまま。これだけSEXしてて、やっと裸になる二人・・・^^;
風呂場に入ってもまだラブラブモード継続。抱き合いながら濃厚にキスをしながらお互いの気持ち良い場所を石けんでヌルヌルと触りあう。俺は彼女のアナルもたっぷりと刺激。でもちょっとご無沙汰だったからさすがに指1本でギブアップ。
お互いの体の泡を落としても俺のおちんちんはまだ完全に勃起してる。もちろん彼女を壁に押しつけていきなりバックから挿入! シャワーで愛液が流れてるかと思ったら、触られただけで濡れてる彼女、スムーズに入ってしまう。
そんな事をしている間に浴槽にお湯がたまったので移動。俺が先に浴槽に入って、後から入ってきた彼女を抱き寄せて膝の上に座らせたらそのまま下から突き上げるように座位で挿入。「まだ入れるの~~!」って言いながらうれしそうな彼女、俺の上で積極的に自分から動いちゃう。お風呂の中で抱き合って座りながらつながったままユラユラとSEX。のんびりしてるんだか、激しいんだか分からないけれど、癒されるSEX。

お風呂を出て体を拭いたらやっとベッドへ。ここまでずっとしてるのに、まだまだお互い欲しい気持ちが止まらない。ベッドの上で彼女が巻いていたバスタオルをはぎ取ったらお互い全裸でキス。膝立ちの体勢で濃厚に舌を絡めながらお互いの体をまさぐりあう。俺も彼女も完全に臨戦態勢だけど、さっきまで合体しまくっていた分ベッドでは入れ急がないでお互いの体をたっぷりと愛し合うことに。

《その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/196-854f7de7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。