FC2ブログ

幼稚園教諭さんと濃厚6時間エッチ 《その01》 

最近お気に入りの幼稚園教諭さんと久々にデート。前回のデートは水族館に行ったりしたのでエッチは3時間コース。なので今回のデートはフリータイムのラブホテルで時間をたっぷりかけてエッチしたいね、ってどちらから言うともなく決定。11月まで処女だったはずの彼女、今やエッチの魅力にはまっちゃってるみたい~~。

ちょっと早めに新宿で待ち合わせしてちょっとお買い物をしてからお食事。今回はちょっと変わったものが食べたくてインドネシア料理。「おいし~~!」って言いながらナシゴレンをぺろっと食べちゃう彼女。やっぱり女性がものをおいしそうに食べてるのを見るのは幸せだねぇ^^
お食事の後はブラブラ歩いて歌舞伎町方面、いつものフリータイムのラブホにチェックイン。今日も夜8時まで濃厚なラブラブタイム^^

いつもの白いコートを脱いだ彼女はふんわりした花模様のワンピース。ちょっとロリ系な彼女が着るとかわいさが引き立つ感じ^^ ジーンズを履いてないってことは今回も着衣のまま挿入ご希望かしら?なんて勝手な妄想をしながら抱き合ってキス。
唇を合わせたまま彼女をぎゅっと強く抱きしめると胸がポコンって当たる。「おっぱい大きくなったんじゃない?」って聞くとサイズは変わっていないと否定する彼女。でもなんか前より大きくなってる感じ。本人が気がつかないうちに肉体はエッチな刺激の影響で成長してしまってるのかも^^
キスをしながら彼女の胸に、お尻に手を伸ばすとだんだん彼女の口からあえぎ声が出始めてしまう。
キスだけでふくらみはじめた俺の股間に彼女の手を導くとジーンズの上からなでてくれる。ちょっと大きくなっているのに気がついたみたいで彼女の手が情熱的におちんちんの上を這い回る。
ジーンズとパンツを一緒に下ろして股間を露出するといそいそとしゃがんで仁王立ちフェラ。ルロルロとおちんちんのあちこちに舌を這わせながら時折先っぽを口に含んでジュポジュポ出し入れ。男性から見える景色も意識してやっていると思われるフェラ、刺激が強くてすぐにおちんちんはビンビン勃起状態。いやぁ、フェラに関しては俺が教える事は全然無かったんだよね。彼女のフェラ、大好きです^^

ソファーに座ってさらにフェラを楽しんでから彼女を横に座らせて俺が彼女を気持ち良くしてあげる番。
ストッキングを脱がせると黒い大人っぽいパンツ。最近は俺に見せる事を意識してか、下着もいろいろなバリエーションで着てるね。
パンツの上から割れ目をすりすりなでるとしっとりと濡れた感触。パンツを横に寄せて直接確認するともうヌルヌルに濡れてる。いつもの事ながら感度の良い肉体。
キスをしながらたっぷり割れ目を刺激してあげる。いつの間にか指2本がクチュクチュ音を立てながら出入りしちゃってる。
かわいくなってしまって、割れ目を舐めてあげようと足を広げて口を近づけると、まだシャワーすら浴びていないのを意識して少し抵抗する。でもぐいっと押さえつけて割れ目に舌をつけると観念しておとなしくなる彼女。ほのかな女の匂いを感じながら割れ目とクリをたっぷり舌で転がしてあげる。

たっぷり濡れてしまった事を確認したら彼女を立たせてソファーの背に手をつかせる。ワンピースをまくって露出させたおしりにおちんちんをスリスリこすりつけると彼女も背伸びをして割れ目の高さを俺のおちんちんの位置に合わせてくる。
パンツをぐいっと脇に寄せて割れ目を露出させたら、割れ目におちんちんをこすりつけて、そのままズブッと挿入。一気に奥まで挿入されて彼女も一気に大きなあえぎ声が出てしまう。腰を支えてバックから激しくズコズコ動くと、足をブルブルさせながら耐える彼女。
腰を離してソファーに座らせて、今度は前から貫く。ソファーに仰向けに座って俺の首にしがみつきながら、顔を真っ赤にしながら快感に耐えている彼女。唇を寄せると自分から舌を絡めてくる。
だんだん服が邪魔になってきたので挿入したままワンピースとキャミソールを脱がす。
俺にしがみついてる彼女の足を下からすくうように抱え上げて駅弁で持ち上げる。いきなり激しい体位になってびっくりしている彼女を貫いたままちょっと歩いてテーブルの上に背中からそっと着地。いままでした事のない場所にいきなり連れて行かれてちょっと驚いてる彼女だけど、そんな猶予を与えずにズコズコ開始^^ 俺が立っている分かなり激しい動きになるのでその分感じちゃってる彼女。「今、テーブルの上なんだよ」ってささやいても反応する余裕も無いみたい。さすがに固いテーブルの上は辛いだろうから少しでやめてまた駅弁で移動、ベッドに到着。

やっとお互い着ていた下着やTシャツを脱がし有って全裸に。改めて正上位で挿入。軽く動いて彼女の気持ち良い顔を確認したら上に乗ってもらって騎乗位。最近騎乗位も上手に動けるようになったな~なんて思ってたら、どんどん気持ち良くされちゃって、このまま続けられたら俺が限界になっちゃう!って焦って一回体を離す。本当に去年の年末に処女を喪失したとは思えない成長っぷりにある種感動さえ覚えてしまう^^
ベッドでバックから結合したらそのまま後ろから押すようにベッドを降りて立ちバックで移動。洗面所まで移動したら鏡の前で立ちバック。鏡に写った自分のエロい姿に彼女はまだ恥ずかしそうだけど、それでも快感の合間にちらちらと自分の姿を鏡で確認しているのが分かる。洗面台の上に座らせて前から挿入したら、また駅弁で抱え上げる。股間に全体重がかかるから、大変だろうけど彼女もちょっと慣れてきたみたい?
ソファーに移動したら、座面に彼女を下ろして足をぐいっと抱え上げて屈曲、上から落とし込むように激しくピストン。「これ・・・すっごく・・・気持ち・・良い・・・」言葉にならないあえぎ声の合間に彼女が漏らす声を聞いて、もう少し遊びたかった俺の気持ちも弾けてしまって、限界へ向けて激しく高速ピストン。俺にしがみついて激しく彼女の声を聞きながら絶頂、2週間ぶりの精液を大量に発射してしまいました。(いや、エッチが2週間ぶりなだけで、オナニーはしてましたが^^;)
「すっごく感じてたね」って言うと「シャワーも浴びてないの色々されちゃて・・・」って恥ずかしがる彼女。あれだけ激しく喘ぐ姿とのギャップにまたドキドキしちゃいますね^^

その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!