FC2ブログ

23歳幼稚園教諭さんとたっぷりラブラブエッチ 《その01 

最近お気に入りで良くデートをしている幼稚園教諭さん。この前の日記にも書いたとおり、一週間前にもデートしているので2週続けてのデート。2、3回前くらいのデートの時から彼女とのエッチもかなりスムーズ。それまでは挿入の時に痛みを訴えたり、出血しちゃったり(そりゃ初体験が11月だからねぇ)したけど、ここの所は痛みも無くてするっと挿入できちゃう。
以前から「エッチに慣れてきたらだんだんバリエーション増やして行こうね」って約束をしていたので、前回くらいから体位やベッド以外の場所でのエッチに変化をつけ始めてる。今回も色々な所でエッチなことをしちゃう予定。

本来は午前中に待ち合わせて水族館で遊んでからお食事してラブホに行く予定だったけど、俺がちょっと体調不良だったので待ち合わせを午後にしてもらって一緒にお食事。「ねぎし」で牛タン+とろろご飯食べて下半身にエネルギー注入してからラブホへGO。彼女が夕方まで大丈夫だと言うのでいつものフリータイムの所でラブラブ長時間モード。

部屋に入ってコートを脱いだ彼女は紫色のニットに白いショートパンツ。健康的な幼稚園の先生って雰囲気があふれてる。ニコニコ笑顔は子供に囲まれるのが似合ってる。こんなまじめな彼女がいっつも俺に激しく犯されてるんだなぁって思うとなんだか興奮してきて自然と股間が反応してくる。
彼女も俺に甘えながキスを求めてくる。濃厚に舌を絡めていると自然に彼女の手が股間に伸びてくる。
「大きくなってますよ!」ってうれしそうに報告するのでジーンズとパンツを下ろすとすっとしゃがみこんでフェラ開始。すっかりおなじみのペースになってきてる。
彼女の服の上から胸に触るとフェラの合間にだんだん声が漏れてきて、だんだん口で出来なくなってきちゃう。「Aniさんだとどこを触られても気持ち良いんです・・・」って言いながら顔を真っ赤にしている彼女。

おちんちんがすっかりビンビンなので彼女を立たせてまたキスをしながら今度は彼女の体に触っていく。ショートパンツの前を開いて手を差し入れ、パンツの上から股間に触るとすでにヌルヌルになっている予感。パンツを横にずらして触ると、きれいに毛を処理した割れ目が相当な勢いで濡れている。
「これじゃ下着もショーとパンツも染みになっちゃうよ!」って膝まで下ろさせた状態で割れ目を本格的にさわる。立ったまま俺の指でクリを転がされて彼女は我慢できずに膝をガクガクさせながら俺にしがみついてくる。割れ目に指を挿入されながらも俺のおちんちんを握ってくる彼女。すっかり快感にのめりこんでいるご様子。
そんな彼女を見ていたら我慢できなくなっちゃった^^。まだ服も脱いでいない彼女に壁に手をつかせてまだパンツが膝に引っかかった状態の彼女のお尻をバックからグイッと引き寄せてカチカチに硬くなっている俺のおちんちんをこすり付ける。彼女がお尻を持ち上げたところに立ちバックのままズブッと挿入。抵抗無く俺のおちんちんが挿入されると彼女が大きな声を出し始める。ちょっと前のデートでは正上位でも痛みを訴えた彼女がもう立ちバックで楽に挿入できるようになってる。本当に若い体は物事に順応するのが早いな~なんて感心しながら彼女のお尻を支えて音がするほど後ろから突いている俺。

あんまりここで激しくしちゃうとフィニッシュしちゃいそうなくらい気持ち良かったので一時中断して腰をはずすとそのまましゃがんでフェラをはじめちゃう彼女、すっかりエロいエンジンがかかっちゃっているみたい^^
ふといたずら心を出して、フェラしてもらっているままゆっくりと後ずさりして移動。彼女、最初は??って顔をしてたけど、ケラケラ笑いながら一緒に移動。おちんちんをくわえている口を離さずに起用に膝で歩きながらついてくる。
洗面所の前に到着したらまず鏡の前でフェラ。気持ち良さそうにしゃぶっている顔をたっぷり見せ付けてからまた立たせて鏡に向かわせて立ちバックで挿入。鏡に映ったかわいいあえぎ顔を鑑賞しながらゆっくりと腰を動かす。あまりガンガン攻めずにゆっくりと彼女の感じる場所を刺激してあげる。
彼女の顔をたっぷり鑑賞したら次は洗面台にお尻を乗せさせて前から挿入、足を肩に担ぎ上げて駅弁で持ち上げちゃう。接合部分に体重をかけさせるようにして腰を下から突き上げてあげると、自分の今の格好と接している部分の快感の両方から感じちゃうらしく今までにない大きなあえぎ声。

いきなりあんまり激しいことをしちゃうのも危険なので彼女を抱えたままゆっくりと移動してソファーに着地。でも彼女の背中をソファーに下ろした時もまだまだお互い結合したまま。そのまま上からのしかかるように激しく腰を動かしてあげると、ソファーと俺の体の間で屈曲されたポーズのまま激しく感じまくる彼女。前回のエッチから急に体位のバリエーションが増えてかなり戸惑ってるはずなんだけど、戸惑う暇もなく感じさせられちゃっているみたい^^
ソファーの上でバックになって、バックから挿入、俺は立ったまま激しくズコズコ。最近バックからのエッチがかなり感じるようになってる彼女、ソファーでのバックもかなり感じるみたいで声が出まくり。ソファーの背にがしっとしがみつきながら俺の動きに耐えている。
俺がソファーに座るとするっと上に乗ってくる。キスをしながら彼女の腰を俺の上に誘導すると自然に腰を落として自分から挿入してくる。膝立ちになってソファーの背に手をついて、自分から腰を上下させて自分の気持ち良い場所におちんちんを当てるように動いてるみたい。騎乗位もいつの間にか上手になってしまったみたい。下から腰を手で固定して腰を突き上げてあげるとまた顔を真っ赤にして大きな喘ぎ声。あまりに可愛くて腰の動きをどんどん激しくしてしまう。

ふと気がついたらシャワーも浴びず服も脱がずにかなり激しいエッチしちゃってるじゃない?
さすがにそろそろベッドできちんとしようかって思って体を離したら服を脱いでお風呂へ。
でも気持ちが完全に熱くなっちゃってるのでお風呂場に入ってもシャワーしながら立ちバックでズコズコ、浴槽の中では対面座位でつながったまま^^
「なんだかず~~っと入っちゃってますね~~」って彼女が言うくらい、SEXしっ放しだった感じ。
とにかく、やっとベッドにたどりつきました~~って感じでベッドに入ったらまたすぐさまキスをしながらお互いの体に触りあっちゃう^^


《その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/184-6ccd6ea6