FC2ブログ

初対面23歳栄養師さん 上野でデート《その01 

1年ちょっと前に某SNSで知り合った女性、当事エッチは未経験。俺の日記を読んでこういう人なら優しく初体験の相手をしてくれるかな?と思ったそうなんだけど結局はデートまでは行かず。

その彼女から久しぶりに連絡。現在は千葉で栄養師さんをしているそうでもちろんエッチも経験したそうな。でも2-3人と経験してみて何かが物足りないんだって。
で、経験の多い人にエッチしてもらったらどうなんだろう?ってことで俺にまた連絡してみたという訳^^
彼女の仕事が忙しいのでなかなかスケジュールが合わなかったけど、どうにか二人のスケジュールをすり合わせて土曜日にデート。お互いの中間地点に近い上野でお昼に待ち合わせ。
初対面の彼女はちょっと背が高めでスリムな美人さん。白いコートにスリムジーンズで登場、切れ長の目が印象的。ちょっとハスキーな声でその端々にコギャルっぽい言葉が混じるのが若い娘なんだーって感じ。ちょっと風邪気味だったけど、無理して出てきた甲斐も有ったというものです。

まず彼女がゆっくりおしゃべりして俺がどんな人だか知りたいというので一緒にお食事。中華料理のお店に入っておいしいものを食べながらあれこれおしゃべり。
女性の心を開くにはやっぱりおいしいお食事。話もはずむし、俺とデートをするとエッチ以外にも楽しいことがあるよって印象を持ってもらえるからね!
話の弾んだお食事の後、俺でも大丈夫かな?って聞くとOKとのお答え。うれしいっすね^^
ってことでブラブラと湯島のラブホテルに向かってお散歩がてら歩く。
よく使っていたラブホが運良く空いていたのでご休憩3時間モード。

部屋で荷物を置いたら彼女を抱き寄せる。ちょっと恥ずかしそうな彼女、でもキスは積極的に舌を絡めてくる。
コートを脱いだ彼女は紫色のニット。プクンと膨らんだ胸をその上から触るとそれだけで腰がモジモジしてきちゃう。
俺の股間も早速反応。彼女の手を股間に導いてジーンズの上から触らせると「・・・大きくなってます?」って感づいちゃった彼女。するっとジーンズを脱ぐとセミビキニに包まれたモッコリが登場。彼女、「え?大きくないですか??」って驚いてるのでするっとおちんちんを露出してあげると「え~~!」ってびっくり^^ 日記で読むのと本物を見るのではけっこう違いが有るみたいだね。
俺のおちんちんを手でいじりながら「どうすれば良いですか?」って聞いてくるのでフェラをお願いする。仁王立ちする俺の前でしゃがみながら「こういう風にするの、好きなんですよね^^」って笑う彼女。
半分固くなったおちんちんをいきなり手で支えもせずに口だけでフェラしてくる彼女、誰に教わったのか何かすっごくエロい。でもちょっとぎこちないので手で支えてするように教えてみる。亀頭をなぞる唇と先っぽをこねる舌が絶妙でどんどん固くなっていくおちんちん。「他にどうしたら気持ち良いですか?」って聞いてくるので横から舐めたり、裏を舐めたり色々なバリエーションを教えてあげる。研究熱心にフェラをしてくれる彼女、どんどん上手になっちゃうねぇ。
しゃがんだ彼女の胸に手を伸ばして服の上から胸をいじってあげるとフェラの合間に時々甘いため息、けっこう感じてるみたい。

一回立たせてまた唇を合わせて舌を絡めながら彼女の体に触ってあげる。ニットとその下の黒いキャミソールを捲り上げるとブラは黒を基本にピンクの花が刺繍されてるセクシーなタイプ。ホックを外してブラを緩めたら、間から指を入れて乳首を転がしてあげる。つまんでクリクリされると思わず声が出てしまう。
抱き合ったままジーンズの前を緩めて手を差し込むとパンツの上からでも割れ目が濡れているのが分かる。パンツをずらして直接触ってみると割れ目が完全にグチュグチュに濡れてる。指をそろえて割れ目からクリにかけて触ってあげるとそれだけで気持ちよくて腰が引けてしまう。
このまま触ってるとジーンズまで愛液が染みてきそうな勢いだったので愛撫を中断して服を脱がせて上げる。するするっと服を脱がせて全裸状態。俺もジーンズを脱がせてもらって下半身丸出し。
その状態で彼女をベッドに押し倒して割れ目をたっぷり指で愛撫。特にクリが感じるらしく、指先で転がしてあげると激しく声が出てしまう。割れ目も準備はばっちりらしく俺の指2本を軽く飲み込んでしまう。奥をグリグリしてあげると彼女の声と一緒に割れ目の音もどんどん水っぽくなっていく。
彼女の目の前におちんちんを差し出すとすぐにしゃぶりついてくる。それを眺めながら俺も割れ目を指でいじってあげるうちにもっと気持ち良くしてあげたくなって、上から足を大きく開いて押さえつけて割れ目を舌で舐めてあげる。シャワー前なので少し抵抗した彼女だったけど、一度俺の舌が割れ目に届いたらもう脱力。クリを舌で転がされ、陰唇を唇で吸われて大きなあえぎ声を出してしまう。

彼女がお返しのフェラをしてくれている間も俺のは完全にビンビン。あれだけ感じている彼女を見ていると欲しくなってきちゃって、彼女に「入れたくなっちゃった」って聞くと彼女もOKの様子。早速ゴムを装着してベッドで合体開始。
足を大きく開いて割れ目におちんちんを押し付ける。いきなり挿入しないで割れ目の上を数回亀頭でこすって「行きますよ~」のサイン。入り口を開いてゆっくりと挿入していく。

《その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/182-d33e0aa7