FC2ブログ

潮吹き人妻さんと久々のデート 

以前からこの日記に常連として登場している潮吹き人妻さん。夏に転職してちょっと忙しくなりなかなか会えなかった。
昨日俺が某SNSの日記でデートの約束をしていた女性もキャンセル待ちしていた女性も両方生理でデートできなくなってしまったことを書いたら「あたし暇ですよ~」と潮吹き人妻さんからメール。めでたく久しぶりにデートすることになりました。
お昼に新宿で落ち合ってまずは気合を入れるためにお食事、うなぎ屋さんへGO。彼女が残して俺がもらった分も入れてウナギ3本、1.5人前を食っちゃった。これ、かなり下半身に効くよねぇ^^;
ぶらぶらといつものフリータイムのホテルに入って夕方5時まで4時間のんびりコース。

荷物を置いて抱き合うと「ずっとAniさんとエッチしてないから欲求が溜まっちゃってて・・・」と激しく唇を求めてくる彼女。だんなさんとは定期的にエッチは有るはずなんだけど、それでは満たされないくらい彼女は性欲が過剰。デートの時は俺に貫かれながら決まって「このおちんちんじゃないと満たされないの~」って淫語を吐き散らしながら激しく行きまくる。
今日も抱き合いながら胸に触るとそれだけで感じまくって足がぶるぶるしてくる。スカートをめくって割れ目に触るとTバックのパンツがすでにぐっしょりになるほど濡れている。
スカートを脱がせると彼女はTバックとガーター。久々にデートする俺をさらに興奮作用とする作戦らしい。後ろから抱き付いてTバックを横にずらして割れ目を刺激すると激しくあえぎながら早速潮吹き。激しい勢いで彼女の潮が床を濡らす。そのままクリトリスを指で転がしてあげると2-3回連続で潮を吹く。
フェラを所望すると床にしゃがみこんでまだ大きくなりきっていないおちんちんを根元までしゃぶりながら舐めまわす。彼女の胸に手を伸ばしてブラの上から胸を刺激するとそれだけでフェラができなくなってしまうくらい感じている。4ヶ月ぶりの俺とのSEXにかなり興奮している模様。
たっぷりフェラしてもらった所で彼女を抱き起こす。壁に手をつかせてTバックをずらして露出させた割れ目に彼女の口でビンビンに固くなったおちんちんをいきなり挿入。大きな喘ぎ声と一緒に切れ切れに「Aniちゃんの大きなおちんちんが入ってる~」とうめく彼女。完全にエロエロモードに入っている。
まだ本格的に始めるには早いので服を脱がせあってシャワー。もちろんシャワーを浴びながら彼女にいたずら。ボディーソープでぬるぬるになったアナルを指で攻撃、この4ヶ月でまた硬くなってしまっただろうからまた少しずつ広げてあげる。
もちろんお互いの泡を流したら立ちバックで合体。柔らかくなる暇の無い俺のおちんちん。

シャワーを出たらすぐにベッドには行かずにソファーでイチャイチャ。彼女の横に座って肩を抱きながら割れ目を指で刺激。指2本を挿入してGスポットをいじめるとすぐに腰がビクビク痙攣を始めて絶頂に達してしまう彼女。さらにローターでクリを刺激するとさらに激しく絶叫。
彼女の目の前におちんちんを差し出すと夢中になってしゃぶりついてくる。俺のが完全に勃起しているので口に入りきらない変わりに周りを舌でレロレロなぞってくる。
そんな彼女を見てくるとたまらなく欲しくなってきちゃってソファーに座った状態の彼女の足を大きく持ち上げて前から挿入。ずっぽりと根元まで挿入されて大きな喘ぎ声を上げる彼女。そのまま足を肩に担ぎ上げて上からのしかかるように腰を動かすと彼女の割れ目の肉がグネグネと動き始めるのがおちんちんに伝わってくる。激しく奥を突くと彼女の腰がビクビク痙攣するのと一緒に割れ目もビクビクと動く。きっと潮を吹きたいんだろうけど、俺のが太すぎて穴が圧迫されて液が出てこないご様子。その証拠におちんちんを抜くのと同時に激しく潮が噴出してくる。
さらにソファーでバックで結合、音が出るほどバックから責めてあげると「奥まで届いてる~!」と絶叫。この時点ですでに数えられないほど絶頂に達しているらしい。

ベッドに移動してさらに激しく愛を交わす。彼女の足を大きく開いて割れ目とクリを舌と唇でたっぷりかわいがってあげる・・・けどやりすぎると顔面に潮を噴射されてしまうので要注意^^;
お互いが高まったところで正上位で合体。彼女の割れ目におちんちんを擦り付けてこれから入れるよって気持ちを伝えると彼女が薄く目を開いてその部分を見つめてくる。見せ付けるように腰を持ち上げてそのままずぶずぶとおちんちんを沈めていく。
たっぷり入って奥まで届いたところで腰を回すように動かしてグリグリと刺激してあげると彼女の口から果てしなく淫語がほとばしり出る。彼女の言葉に興奮して俺の腰の動きも激しくなってしまう。
前日夜遅くまで飲んでいたせいかちょっと息が上がり気味な俺、体位を入れ替えて彼女に上に来てもらう。
騎乗位になるとおちんちんが良い場所に当たるらしく俺の上で絶叫しながら激しく腰を振る彼女。すでに自分でコントロールできずに快感とも痙攣ともつかない激しい動き。「こんなに何度も行っちゃってるのに動きが止まらないよぅ・・・」って息も絶え絶えな彼女。
さすがにお互い疲れてしまったので俺が発射する前にいったん休憩。

ベッドに倒れこんでぐった入りしているうちに彼女が回復、俺の股間に手を伸ばしてくる。さっきのウナギが効いてるのかすぐに反応する俺の股間、彼女はいそいそと布団にもぐりこんで俺の脚の間に入り込んでフェラをはじめる。「趣味のフェラチオ」って自分で言っちゃうくらい彼女はフェラ好き。俺のが完全に勃起して口に入りきらなくなるまで、丁寧に濃厚に俺のおちんちんを楽しそうに味わっている。
そんな彼女がもぞもぞと布団から這い出してきて物欲しそうに俺にキスしてくるので「そろそろ欲しい?」と聞くとうんうんとうれしそうにうなずくので2回戦開始、彼女を押し倒して正上位で挿入。上からぎゅっと抱きしめてキスをしながら腰をズコズコ動かしてあげると「あ~、この感じ、好き!」っと叫ぶ彼女。お互いの体を密着させながら激しく快感をむさぼる。
さらにバックに体位を変える。彼女が体を逃がそうとするのを許さないで腰をしっかり押さえつけてバックからたっぷりと攻めてあげる。彼女の体がビクビクと絶頂に達するの感じながら俺もそろそろ限界、腰のスピードをさらに上げてフィニッシュ、たっぷりと発射、彼女の割れ目がグネグネとうごめくのを感じながらお互い抱き合って絶頂の余韻に浸りながらしばし抱擁。

落ち着いたところで彼女が彼女の愛液と精子で濡れた俺のおちんちんをフェラでお掃除してくれる。お掃除にしてはあまりに情熱的でサービスにあふれてるフェラだな~と思っていると彼女が「ねぇ~~、おちんちんぜんぜん柔らかくならないよ~」って。確かにさっき発射したのにおちんちんはびんびんのまま。
「ウナギの効果はすごいな~^^」って苦笑いしていると彼女がいそいそと覆いかぶさってきて騎乗位で挿入してしまう。もう~、本当にSEX好きなんだから!
騎乗位で彼女が2回ほど潮を吹いたところで体位を変えて俺が彼女をバックから攻め立てたけどまたしても体力切れ。一回休憩を挟んでからもう一回合体して最後は正上位。お互いの快感をたっぷりと堪能した後にスピード感あるエッチでお互いの絶頂を確認しあいながら俺も発射、本日の濃厚なお楽しみの終了でした。

気がついたら結局4時間のご休憩で4回エッチしてた・・・ってことはほとんど休み無くエッチしてたってこと?^^;
彼女からも「なんか10代の若者のエッチみたいだね~~」なんて言われてしまってちょっと恥ずかしかったんだけど、まぁ元気なことは良いことだよね?なんてね^^


彼女の方も仕事が落ち着いてきたみたいなのでこれからまたデートができるようになりそう。今後も引き続き日記に出演していただきましょう~~。
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/176-472b45aa