FC2ブログ

《スリムで背の高いロック姉さんと初対面・新宿にて その01》 

某ネットで知り合った女性。この日記を読んで「日記を読んで興味を持ちました。ぜひ会ってエッチしてみたいです。」ってメールをくれました。
あまりにストレートなお誘いなのでなんか有料アダルトサイトのサクラ??とかも思ったんだけど、その後あれこれメッセージのやり取りをしているうちにその疑いも晴れました。
彼女、Mっ子で以前はご主人様がいた人らしい。でもここ数ヶ月はフリーで、エッチもご無沙汰なんだって。そこに俺のエロ日記を読んでしまって思わずメールを出してしまったらしい^^

それが分かれば話はトントン拍子。お互いのスケジュールの確認をしてデートの日取りを決定。いつものように女性の不安を取り除いてからエッチをしてあげたいと思う俺なので「お昼くらいに新宿で待ち合わせて、お食事しておしゃべりしてお互い納得してからホテルに行きましょうか?」って訪ねると「出会っていきなりホテルに連れて行って欲しいです。その方が刺激的だから・・・」って、エッチに関してはかなり積極的でソリッド。同じ理由であらかじめ写真の交換も無し。「いきなり会っていきなりエッチする方が刺激的ですから・・・」って!!
さすがSM経験のある方は考え方がソリッドですな!
ちなみに彼女は31歳、ロックバンドの追っかけをしているそうな。エッチの話もロックの話も出来そうでけっこう楽しみです^^

さてデート当日、ドキドキしながら待ち合わせ場所に行くと・・・いましたよ~。教えてくれた服装をしている女性が!
初めてであった彼女は背が高くってすっごくスリム。黒いノースリーブと黒いスカートがロックっぽい。ストレートの黒髪と小さな顔がまた可愛い^^
そして声が・・・ちょっと舌足らずでロリっぽいのだ。本当に31歳なの?って思うくらい。いや~~、今回も素敵なお相手さんです。
挨拶をして、彼女のリクエスト通りそのままラブホへ足を向ける。歩きながらあれこれ話をする。ドキドキも必要だろうけどやっぱりある程度の安心感は必要だろうからね^^; 
いつも行くホテルで休憩3時間コース。のんびりできますね。

部屋に入って荷物を置いたら抱き合ってキス。彼女の細い体を抱きしめて濃厚に舌を絡めあう。スリムな体に似合ったちょっと小さめの胸に手をはわせるとため息が漏れて来ちゃう。彼女の手を俺の股間に導くと恥ずかしそうにジーンズの上からおちんちんをなでてくる。全体的におずおずと恥ずかしそうな彼女の反応が俺のドキドキをあおる。
スカートをめくって彼女の割れ目に手を伸ばす。パンツの上から割れ目をなでると既にしっとりと濡れている。パンツを脇に寄せて隙間から指を入れると割れ目は既にヌルヌル。キスと胸だけでこれだけ濡れちゃってるってことはかなり感度が良いってことだね^^
軽く割れ目をなでてからするりと指を一本挿入、軽く出し入れすると彼女の声が明らかに変わってくる。
割れ目もかなり濡れて来ているので服を汚さないように脱がせてあげることに。ノースリーブとスカートを脱いだ彼女jはピンクと黒の可愛いランジェリー。
俺もジーンズとパンツを脱いで下半身を露出。さっきから彼女の手で触られていたおちんちんはけっこう大きくなっちゃってる。
改めて抱き合いながらキス。舌を絡めながらブラの隙間から指を入れて彼女の乳首を転がすようにいじめてあげる。右の胸の方が感じるみたいで、そっちの乳首をいじると明らかに声が大きくなってくる。俺のおちんちんに触ってる手も情熱的に動いている。

お口でして欲しくなっちゃって仁王立ちの俺の前に彼女をしゃがませる。
実は彼女、フェラが不得意だと言う。確かに全体的に顔のパーツが小さい作りなのですぐに歯が当たってしまって昔のご主人様からは叱られたそうだ。
俺は日記に「フェラしてもらうのが好き」と必ず書いているので、彼女はそれを気にして「フェラが上手に出来ないあたしじゃデートしても楽しくないんじゃないですか?」って聞いて来てしまうくらい。
でもお口でする時に、パックリくわえなくても男性を気持ち良くするテクニックはいくらでもあるんですよね^^ 彼女にはそれを教えてあげたいと思ったんだよね。
俺の前にしゃがんでる彼女、彼女の手の中で既にかなりの大きさになっている俺のおちんちん。
まず最初は舌でおちんちん全体をなめてもらう。おちんちんの根元から先っぽへ、ウラの方も横の方も、たっぷりと舌を使ってもらう。その間は手も休まずにゆっくりとおちんちんをさすってもらう。その様子を見るだけでもかなり興奮。男って視覚の生き物なんだよね~~。
たっぷりなめてもらったら次は軽くしゃぶってもらう。いきなりパックリは無理だろうから、亀頭からカリのくびれ目までを唇でこするように出し入れ。これくらいなら口の小さい彼女でも抵抗無くできるみたい。男性の気持ち良い場所を解説して唇と舌がそこを刺激するようにして続けてもらう。
だんだん慣れて来たみたいで、彼女もカリから少し先までくわえてくれる。あまり激しくしないでゆっくりすればけっこう良いフェラが出来るみたい。
多分今まで求められていたフェラはかなりハードなモノだったんだろうね^^;

たっぷり気持ち良くしてもらった所で攻守交替。彼女をベッドに横たわらせる。上からのしかかるようにキスをしながら彼女のブラを外す。唇を首筋から乳首へ移動させて、乳首を舌でたっぷり転がしてあげる。手はもちろん彼女の股間へ。パンツの横から侵入して割れ目とクリをいじめてあげる。
この時点でパンツが濡れてしまうほどなので脱がせてあげる。彼女の細い足を大きく開いて割れ目を確認。ゆっくりと指を挿入してあげる。抵抗も無く俺の指を飲み込む割れ目、くいっと指を曲げてGスポットを刺激すると腰をくねらせて感じている。
アソコの毛は普通に生やしているようなので「処理しようか?」って聞くとお肌が敏感なので無理だとのこと。 う~~ん、彼女のお人形さんのようなスリムなボディーにはきれいな割れ目が似合いだと思うんだけど、ちょっと残念^^;

そろそろお互いの体が求めあっているみたいなので一回シャワーで汗を流してから本格的に一回戦を開始することに。
その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/155-5f5caae8