FC2ブログ

帰国子女ちゃん再び新宿にて《その01 

土曜日は帰国子女ちゃんと再びデート。「土日暇だからね~」って連絡を入れておいたら「会えそうです!」と連絡。うれしいねぇ。
1時過ぎに新宿で待ち合わせ。ちょっと早めだから「食事は?」と聞くとお弁当を持たされているそうで。しっかりした家で育てられて物の考え方はすごく素直でまっすぐで、でもエッチは大好きって・・・良い子だよな^^
ってことで、俺もコンビニで昼飯を買ってその足でラブホへGO! 先週と同じこぎれいなホテルに入る。

荷物を置くのもそこそこにギュッと抱き合う。唇を合わせながらぴちっと体にフィットしたTシャツの上から胸に触る。
俺の手の中で弾む彼女の形の良いバスト、それだけで喘ぎ声が漏れてしまう彼女。
Tシャツをめくるとピンクの可愛いブラ。脇から指をこじ入れて指先で乳首を転がす。彼女の体が軽く震えだすのが分かる。敏感な肉体。
彼女の手を俺の股間に導くとすぐさま積極的に触ってくる。ジーンズの上から、少し硬くなった俺のおちんちんをこすってくる。
ジーンズとズボンを下ろすとすぐさまつかんでシコシコ。
耳元で「お口でしてくれる?」ってささやくとすぐさま俺の前にひざまずいておちんちんをパクリ。この前教えたとおりに舌と唇で攻撃してくる。「気持ち良いよ」って素直に応えてあげるとすごくうれしそうな顔。俺としても教えがいがあるってものだ。
彼女の口の中で俺のがビンビンになった所で攻守交替。彼女の前にひざまずいてデニムのミニスカートをまくる。黒いストッキングを下げるとその奥にはブラとあわせたピンク色のパンツ。何か面積が狭いなぁと思うと当たり前のようにTバック。最近の10代は見事だなぁ^^

パンツの上から割れ目をなでるとすでにヌルヌルになっているのが分かる。あまり汚さないように横にずらすと毛をそってパイパン状態の割れ目が露出。今日もキレイに処理してある。
「俺とデートするからキレイにしてきたの?」って聞くとウンウンとうなずく。なんだかすごくうれしい^^
割れ目を指でヌルヌルいじりながら俺も立ち上がってキス。舌を絡めながら彼女のアソコを指でたっぷり攻めてあげる。くいっと指を2本入れてGスポットをグリグリ。空いてる手で乳首を転がしながら舌は耳を攻めてあげる。彼女が俺にしがみつきながらビクビク痙攣しているのがわかる。それでも俺のおちんちんを握ってシコシコしている。癖になっちゃってるみたいだね。

ちょっといじめっこモードに入って彼女を洗面台の前に連れて行く。Tシャツをまくりあげてブラを緩めて胸を露出。彼女の後ろから胸をモミモミしているところを鏡で見せ付ける。案の定かなり恥ずかしがる彼女。でも許さずに股間にも手を伸ばしてさらに気持ち良い顔にさせてあげる。
洗面台に手を付かせて、鏡に顔を向けさせたまま、ゆっくりとスカートをまくってお尻を露出させる。割れ目におちんちんをこすり付けると彼女も気がついたみたいで後ろを向いて何か言おうとするけど、その隙を与えるまもなくTバックを脇に寄せて後ろからズブズブと挿入。何か言おうとしていた彼女の口からは高い喘ぎ声しか出てこない。
そのままバックからズコズコと動いてあげると洗面台にしがみつきながらめちゃくちゃ喘いでる。いきなりの挿入だったけど体の方はもうすっかり準備が完了していたみたいだね。

一回おちんちんをはずしてからこちらを向かせて洗面所に座らせる。足を大きく広げさせて前から挿入。この体位だと女性からも挿入している部分が見えるんだよね。彼女の場合毛を剃っちゃってるから、自分の陰唇が大きく開いて俺のをくわえ込んでるのが丸見えになっちゃう訳。すっごくエロい状況。おちんちんを出し入れするとそれについてくるように割れ目が動く。見ているだけで興奮するね。
ちょっと窮屈な体位なのでちょっと移動。彼女の足を肩に担いで「手を首にかけて」って指示。そのまま彼女をグイッと持ち上げて駅弁。全体重が割れ目にかかっちゃって彼女、またまた絶叫。
そのまま腰をグイグイってゆすってあげたかったんだけど彼女けっこう身長が高いのでちょっとむずかしい。そのままエッチラオッチラソファーに移動。彼女をゆっくりとソファーに着地させる。
そのまま彼女の上からのしかかるようにして正上位で激しくズコズコ。
ホテルに入ってまだ20分も立ってないのにすでにかなり濃厚な合体。さらに俺はまだTシャツを着たまま、彼女はTシャツをスカートをまくられただけの着衣のまま。
それなのにもう体の奥深くで結合してる俺たち。

さすがにこれ以上は服を脱いでベッドに行かなきゃって感じになったのでその前にシャワーをすることに。お互いの服を脱がせ合ってお風呂場へ。
相変わらず勃起したままの俺のおちんちんを操縦桿のように握って歩く彼女。ちょっと笑えるシチュエーション。


《その02に続く》
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/148-38cd6f16