FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国子女さんと約束の出会い《その03》 

その01はこちら
その02はこちら

腕枕をしながらあれこれおしゃべり。最近の生活のことや良かったエッチのことなんかも。「そういえば今のエッチはどうだった?」と聞くとなんとなんと、バックからの挿入は初めてだったとのこと。アメリカでは正上位しかしないのか?と変な想像をしてしまう。
エッチな話をしているうちにお互いまた気持ちが盛り上がってくる。キスをしながらお互いの股間に手を伸ばす。彼女の割れ目はもうニュルニュル。エッチな体だなぁ。
彼女も俺のおちんちんをシコシコしながら「ちょっと大きくなってきたよ^^」ってうれしそうな顔。フェラを頼むといそいそと俺の脚の間に入ってくる。さっき教えたコツを再確認してから俺のおちんちんを口に含む。ちょっと教えただけで上手なフェラ、彼女の口の中でおちんちんがどんどん硬くなっていく。
「俺もなめてあげようか?」と言うと、さっきは恥ずかしがっていたのに今度はいそいそとお尻をこちらに向けてくる。多分気持ち良かったんだな^^と思いながら下から割れ目をたっぷりとなめあげる。アナルにも舌を伸ばすと思った以上に感じてる。本当に全身性感帯な彼女。割れ目から口を離して太ももの裏側を舌でなぞるとここも感じるらしくかなり良い喘ぎ声をあげる。
「ここ、気持ち良いでしょ?」って聞くと「Aniさんにすごいよ。何でそんなにあたしの体の気持ち良い場所がわかるの?」って^^ いや、女性の体ってだいたい感じる場所は決まってるんだけどね。でも「相性が良いからだろうね^^」ってことにしておく。

「おちんちん入れて欲しい人~?」って聞くと「はい!」って可愛いお返事。
「じゃぁ今日はじめてのバックをさらにたっぷり楽しんじゃおう!」ってことでゴムを装着したら彼女を四つんばいにさせる。上体を落として腰を高く上げさせるとアナルも割れ目も丸見え。
「丸見えだよ」って声をかけると恥ずかしそうに腰をよじる。それを押さえつけるように手で割れ目を広げて舌でたっぷりなめまわしてあげる。高い声で喘ぐ彼女。
唾液と愛液でヌルヌルの割れ目におちんちんを押し付けて一気に貫く。そのままハイスピードでズコズコ開始。今まで経験したことの無いところにおちんちんが当たっているらしく、激しく感じてる彼女。「ダメ、ダメ」を連呼しながら喘ぎまくってる。それを聞いて俺のいじめっ子モードが全開。彼女を後ろから攻め立ててしまう。
バックの経験がないなら・・・と、ふと気がついてさらに違う体位を経験させてあげることにする。
バックでつながったまま彼女を後ろから押すようにして歩かせる。ベッドから降りてソファーに移動。彼女は四つんばいのまま、俺は床に立った格好で彼女の腰を後ろからつかんで激しくズコズコ。俺は立っているからかなり力が入れやすい。
さらに彼女を立たせて「立ちバック歩き」で移動。テレビ台に手をつかせて立ちバックでズコズコ。「こんなところでするなんて恥ずかしいよぉ」って言う彼女にさらに興奮、腰のスピードが上がる。

さすがに立ちバックだと彼女が立っていられなくなっちゃうのでベッドに移動。再び彼女を四つんばいにさせてバックから結合。
腰を動かしながら目の前のアナルを指でいじめてあげる。かなり感じるみたいなので彼女の愛液を指で取ってアナルに塗りつけてから指を挿入してみると指一本なら楽々挿入できる。ゆっくり出し入れするとそれに合わせて喘ぐ彼女。「お尻も気持ち良いの?」って聞くと恥ずかしそうに「うん・・・」って声。「アナルも試してみる?」って聞くと興味津々と言った顔でうなずく彼女。積極的だなぁ^^
割れ目から抜いたおちんちんをアナルにあてがう。おちんちんにたっぷり絡んだ彼女の愛液をアナルに塗ってたっぷりヌルヌルにしたら先っぽをゆっくりと挿入。メリメリと穴を開いて入っていくおちんちん。でも亀頭が入った時点で「イタイイタイイタイ!」ってギブアップ。俺のはそこからさらに太くなってるからね^^; それ以上はまだ無理でしょう。

いったん体を離して休憩。アナルに入ったゴムをはずすと彼女の手が早速伸びてきてシコシコしてくれる。おちんちんがやわらかくなる暇なし^^;
改めてゴムを装着したら彼女を抱き寄せて今度は騎乗位で合体。彼女の動きに合わせて下から腰を突き上げながら彼女の胸に手を伸ばす。プリッとした形の良い胸が俺の手の中で震える感触を楽しみながら下からズコズコ突き上げてあげる。
そろそろ俺も限界が近そうなので体を入れ替えて正上位に。足を大きく広げて肩に乗せて彼女の体を屈曲させて、上から貫く。
挿入部分が丸見えになるポーズに恥ずかしがる彼女、でもそれを許さずにさらに腰をスピードアップ。「ダメ、行きそう!」って彼女の声を聞きながら俺も限界。さらに激しく動いてとうとうフィニッシュ。ドクンドクンという射精のリズムを感じながら彼女とギュッと抱き合ってキス。それからゆっくりと体を離す。今日二回目の発射だと言うのにこれまたたっぷり発射しちゃってました。

こんなエッチ好きな彼女、実はまだ10代なんだよね^^; こんなに若いうちから俺の濃厚なSEXを覚えちゃったら先行きが実に楽しみですよね~~~。
彼女、来年からは日本に住むはずなのでそうしたらちょくちょくデートしようねって約束してます。今後も日記に登場してもらえそうですね!
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/147-d8955126

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。