FC2ブログ

代理店OLちゃんと横浜突発デート《その02》 

《その01はこちら

このまま続けていると彼女の服を汚してしまいそうなので服を脱がせて本格的にエッチをはじめることに。手に持っていたカメラもベッドサイドにセット^^
ベッドから降りた彼女にストリップを所望。俺が見守る前でいそいそと服を脱ぎ始める彼女。カットソーとミニスカートを脱いで下着姿になった所でじっくりと観察^^
彼女が今回つけてきた下着、黒の上下のおそろい。ちょっとフリルが付いていたり、所々透けていたりするんだけど特別エロいデザインという訳では無い。でもちょっと清楚な雰囲気のする彼女が黒い下着を着ているとそれだけでエロいんだよな~~^^

彼女の下着姿を堪能したらベッドに来てもらってそのままの姿でフェラしてもらう。今日は当分下着は脱がさないことに決めたのだ^^
ベッドに来る前に自分のバッグの中を探す彼女。「良い物持ってきたんですよ~」って彼女の手には髪を縛るゴムが二つ。
何のつもりか気がついて俺が「あ~~~^^」って喜んでいるうちに彼女は髪を両サイドで結んでいわゆる「ツインテール」状態。
彼女みたいな顔の子がツインテールにすると幼い雰囲気倍増、ロリロリフェイスになるんだよね!!
「Aniさん、こんなの大好きでしょ~^^」って笑いながら俺の上に来て早速おちんちんをなめ始める彼女。いつの間にかすっかり俺の趣味を理解してしまったご様子。
彼女の口の中で俺のおちんちんがどんどん大きくなる。「あんまり大きくなるとお口に入らなくなっちゃう・・」って良いながら竿の周りをなめまわす彼女。見てるだけでどんどん欲しくなってくる。

体を起こして彼女を抱き寄せる。ギュッと抱きしめてお互いの唇をむさぼりあう。気が済むまでキスを楽しんだら彼女の体をそっとベッドに倒して正上位。足を大きく開かせたらまたパンツを横にずらして割れ目を露出。彼女の唾液でヌルヌルになっているおちんちんをあてがうとヌルッと入っていく。
そのままギュッと抱き合いながら上から腰を動かしてあげる。俺の耳の横で完全に絶叫モードに入った彼女の激しい喘ぎ声。これだけSEXで感じるようになるなんて、初体験の頃は思いもしなかったろうななんて思いながらさらなる快感を彼女に与える。
腰の密着度を高めたい彼女が足を腰に回して締め付けてくるけど、動きにくいのでその足をグイッと肩まで持ち上げて腰をぐっと持ち上げてあげる。屈曲した姿勢だとさらに俺のおちんちんが奥まで届くのでまた一段と声を上げる彼女。

さすがにそろそろ下着が邪魔なので一度体を離してパンツを脱がせる。完全には脱がせずに片足に引っ掛けたままのパンツがエロい。
激しく腰を動かしていると何度も彼女が絶頂に達するのが分かる。俺もフィニッシュが近い予感がしている。腰のスピードをさらに上げる。おちんちんの長さすべてを使ったストローク。
彼女の絶叫を聞きながら俺もフィニッシュ、大量の白濁液を発射しました~~。
ギュッと抱き合ってエッチの余韻を楽しんだあとは二人でお風呂へ。
たっぷりかいた汗を流してさっぱりしたらベッドでAVを見ながらだらだら。

ちょっと昼寝をしたりしながらのんびり時間をすごしてまたお互いがイチャイチャモード。お互いの体に触りあって、気持ちが熱くなってきたので2回戦の準備。
彼女の乳首を舌で攻めてあげながらだんだんと下に下がっていって割れ目もたっぷりとなめてあげる。クリをたっぷりといじめてあげる。さらに彼女に上に来てもらって69の体勢。彼女が続けられなくなるほど割れ目を下からなめてあげる^^
俺の方もビンビンに臨戦態勢になったので挿入!・・・と思ったら彼女が痛みを訴える。
1回戦、激しくしすぎたかなぁ?それともやっぱり俺のって彼女にはちょっと大きすぎるのかなぁ?なんて思いながら中断。無理はさせたくないですからね^^

その後はのんびりAVを見ながらダラダラ。彼女が興味を持ったことにあれこれ答えて上げてる間に時間が来ました。
軽くシャワーを浴びてからちょっと時間が有ったので久々に飲みに行くことに。
あれこれ人生相談っぽい話にもなりましたけど、相変わらずまじめに人生を送っている彼女に改めて「友人として尊敬できる相手じゃないとエッチはできないんだなぁ」と思いましたね^^

彼女とは月末にもう一回デートする予定。
多分また2回戦は無理かもしれないので次回は前戯にたっぷりと時間を使って楽しませてあげることにしましょう^^
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/138-13c4fa88