FC2ブログ

新宿にて初対面、22歳の新卒小悪魔ちゃん。 

ネットで知り合った22歳の女の子と新宿で初対面デート。
知り合ったのは半年くらい前だったんだけど、彼氏がいる子だったのでデートも「彼氏に悪いしな~~」って感じであまり話も進まずに一回連絡が途絶えてたんだよね。2週間くらい前に足跡が残っていたのでメールを送ってみたらなんとなく話が続いてとんとんとデートの約束まで行ってしまった。彼女の場合、ちょうど大学が卒業で春休みに入ると暇になったってのも良いタイミングだったみたいだね。

まずはお食事をご一緒する約束で新宿でお昼に待ち合わせ。俺より一足先に到着していた彼女はちょっと背が低めのキュートな子^^
雰囲気としてはタレントの真鍋かおりさんを一回り小さくした感じかな? モノトーンのおしゃれなコートにデニムのミニスカートで元気いっぱいな感じ。人見知りもあまりしないようで、良い勢いでおしゃべりしてくれます。うん、かなり好みのタイプ!
お食事は駅ビルの上で中華料理。お食事の間も色々おしゃべり。彼女の通っていた大学がけっこう近所なのでその話をしたり、これからの仕事のことやなんかをあれこれ。
コートを脱ぐと彼女は黒いカーディガンの下に紫色のキャミソールだったんだけど、キャミの襟ぐりからちらちらと胸の谷間が見えてそれがすごく気になる^^; けっこう大き目のおっぱいみたいですよ! これは・・・ぜひ脱がせて確認せねばと心に誓う俺。
お店を出てからブラブラと買い物がてらビルの中を散策。「今日は何時くらいまで大丈夫なの?」って聞くと「お家で晩御飯を食べるからそれまでに帰れれば。」ってお答え。「じゃぁ2、3時間休憩していこうか~^^」と言うと「え~~~!」って言いながら目は笑ってる。組んだ腕を放す雰囲気もないのでそのままズンズンと歌舞伎町方面へGO!

良く行くおしゃれなラブホで3時間コース。部屋に入ってぎゅっと抱擁。キスをするとさっそく舌が濃厚に応えてくる。キャミソールの上から胸を触るとさっそく体が反応してる。かなり敏感な体みたい。
ミニスカートをまくってパンツの上から割れ目を刺激するとキスを下だけなのにしっとりと濡れている感触。パンツの脇からそっと指を滑り込ませて割れ目に直接触るとかなり濡れてる。
「キスしただけなのにこんなに濡れてるの・・」って耳元でささやくと恥ずかしそうに体をよじるけど、あまり力が入らないのか全然逃げ出せない。指をそのままクリトリスに移動させてクリクリさわってあげると腰と膝がビクビクしちゃって倒れそうになってる。
やっぱりかなり敏感なんだなぁ^^

彼女を後ろから抱えた格好のままずるずるとバスルームへ。浴槽にお湯を溜めながらも彼女の体を触ってる。彼女にも触って欲しくなってぎゅっと抱擁しながら彼女の手を股間に導く。ジーンズの前を開いてパンツを下ろすとすぐに俺のおちんちんに触ってくる彼女の手。「・・・あ~~、大きいよ!」ってはしゃぐ彼女。まだ4割くらいしか固くなってないけど、それでも今まで経験したおちんちんより大きいのは分かっちゃうみたい。
そのまま彼女にひざまずいてもらってバスルームの中で着衣のまま仁王立ちフェラ。まだ若いのに彼女のフェラはかなり上手。彼女の口の中でドンドン固くなる俺のおちんちん。
可愛い顔で俺のをフェラしてくれてる彼女を見ていると俺もだんだん興奮してきて、「いじめっこモード」が発動してきてしまう。
「こっちにおいで」って彼女の手をとって洗面所の大きな鏡の前に。鏡の前で改めて仁王立ちフェラ。「ほら、鏡を見てごらん」って鏡に映った恥ずかしい姿を彼女に見せ付ける。チラッと見ただけで目を伏せる彼女、でもフェラは止まらない^^
そのあたりで俺の理性が限界を突破。彼女を立たせて後ろからぎゅっと抱擁。肩越しに唇をむさぼりながら手はスカートを捲り上げて彼女の割れ目に攻撃。パンツをぐいっとずらして直接割れ目に触る。グチョグチョに濡れているのを確認してから指を挿入。中がかなり熱くなってる。両手を洗面台について俺の攻撃に耐えている彼女。
スカートをさらにまくりあげて彼女のパンツを下ろす。むき出しになったお尻をぐっと抱えて後ろから挿入してしまう。グチュグチュに濡れている彼女の割れ目に亀頭を押し当ててゆっくりと入れてしまう。背の低い彼女の体が俺の大きなおちんちんを飲み込んでいるのを見るとすごく興奮する。下から突き上げるように動くと彼女の片足が浮いてきてしまう。その足を下からぐいっと持ち上げて足を大きく開かせる。さらにその姿勢で後ろから突き上げる。彼女の口から高く大きな喘ぎ声が出ている。
一回腰を離して体勢を入れ替える。彼女を洗面台の上に座らせて足を大きく開かせる。そのまま正面から挿入。俺の方にギュッとしがみついて快感に耐える彼女。
洗面所がちょっと狭いので広いところに移動する。挿入したまま彼女の両足を肩に乗せて腰をぐいっと抱えて持ち上げ、駅弁のポーズ。挿入されている部分に全体重がかかってしまう。そのまま腰をゆするように歩いてソファーの前へ。
ソファーに彼女を下ろす。そのまままた挿入、と思ったけれどまたいじめっ子心が働いて、一回おちんちんを抜いてしまう。
足をぐいっと持ち上げながら足を大きく開かせる。指2本を挿入してGスポットをじっくりと攻める。彼女の体がビクビクと痙攣するのと一緒に割れ目からジュブジュブと大量の愛液が染み出してくる。許さずに刺激を続けるとさらに大量の液体が手のひらの滴ってくる。彼女、あまりの快感の連続に潮を吹いてしまったご様子。さらにGスポットをいじめるともう2回ほど潮を吹く。体を起こすとお尻のあった辺りに大きな水溜り^^

ここまでがハードだったのでちょっと休憩してお風呂。バスタブにつかってのんびりまったり・・・のはずなんだけど、やっぱりまだまだ興奮している俺。お湯の中で後ろから彼女に挿入。お風呂の中でゆらゆらとSEX。さすがに「こんなにしてたらのぼせちゃうよ~」って抗議でお風呂を出てベッドへ。
全裸でベッドに倒れこんで唇をむさぼりあう。お互いに敏感なところを触りあっているうちにすぐにお互い準備完了、もちろん即合体。正上位で彼女の顔を見ながら上から腰を動かしてあげる。高い声であえぎまくる彼女。
でもここまでかなり激しく暴れちゃったし、お風呂のすぐ後だったので俺が疲れちゃって発射する前にギブアップ、少し休憩をもらうことに。

体を離して腕枕で彼女を抱き寄せようとしたら彼女がイヤイヤモード。
「だってAniさん、痛くするんだもん!」 ちょっと体のつくりが小さめな彼女、俺が興奮して激しくしてしまったので痛くなっちゃったらしい。「痛いからイヤって、やっぱりエッチの最中には良いにくいもん!」って。
・・・これは面目ない。せっかく楽しいエッチにするはずだったのに俺の暴走で可愛そうなことをしてしまった~。
とにかくごめんなさいして、エッチは一回お休み。ベッドに寝っころがってあれこれおしゃべり。彼女が今付き合ってる彼氏のこととか、お互いの仕事のこととか。
あれこれおしゃべりしている間にまたお互い熱くなってきて、お互いの体を触りあう。キスをしながら彼女の胸をまさぐる。あえぎ声が出てきちゃうので手をだんだんと下に伸ばして割れ目をチェック。もうたっぷり濡れてる。そのまま指でクリを刺激すると腰がビクビクと痙攣。かなり感じてる^^
「次は優しくしてあげるからね!」って約束をして2回戦開始。たっぷりフェラをしてもらって固くなったおちんちんを正上位でゆっくりと挿入。おちんちんがググッと入っていくたびにビクビクと反応する彼女。ゆっくりと出し入れするだけであえぎ声が止まらない。さっき以上に快感を感じているらしい。
俺もここまでかなり気持ちよかったので程なく絶頂の予感。足を肩に担ぎ上げながら腰のスピードを上げる。彼女が大きく高い声で絶叫するのを聞きながら俺もフィニッシュ! 濃厚な3時間でした。

軽くシャワーを浴びてお互い服を着ている時に、俺が愛用しているセミビキニのパンツに俄然興味を持つ彼女。
「え~~、そんな小さいパンツはいてるんですか~~?」て言うので「勃起したらはみ出しちゃうんだよね~~~」と答えると目が好奇心であふれそうになってる^^ さらにいつもはいているちょっとスリムなジーンズをはくと、彼女が「小悪魔モード」に突入!
「あんなパンツで、こんなジーンズはいてると、勃起したら大変ですよね~~~^^」って言いながら、ジーンズの上から俺のおちんちんを触ってくる。「こらこら!」って叱ると「勃起しちゃいけないシチュエーションで勃起させるのが楽しい~~~^^」って言いながら俺にのしかかってさらに触りまくり。結局休憩時間が終る10分前くらいまでおちんちんを触りまくってました~~^^;
駅までブラブラ歩く間に彼女が「まだ股間にAniさんの感触が残ってるよ~~」だって。やっぱり俺の大きめなおちんちんは刺激が強すぎましたかねぇ。

彼女、4月から新生活に突入ですが、またお互いのスケジュールを合わせてデートしてもらう約束をしました。
次回は暴走しないで優しく気持ち良いエッチをしてあげなきゃね^^;
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/119-5be2b4f9