FC2ブログ

22歳まじめな女子大生さん、ひさびさのデート 

12月に3回もデートしちゃった女子大生さんと今年に入って初めてのデート。
本当は1月に約束が入っていたんだけど、その日は東京は天気が大荒れの予報。彼女は家がちょっと遠いので東京に出てきて電車でも止まったら大変!!ってことでキャンセル。

ところがその後、彼女が前の彼氏とよりを戻すことになってしまったのだ。もちろん俺とのデートは当分無し!
・・・のはずだったんだけど、久々にお気に入りの娘さんだったので俺も粘り強く交渉^^ 基本的にエッチは無しならデートもOKって譲歩ラインを引き出した訳。
ところが一度関係を持った男女って、話をしているうちに色々なことを思い出すものなんだよね^^ メールであれこれ話をしているうちに「やっぱりAnimaLさんだったら許しちゃいましょう!」ってことでエッチも解禁。
前の週の週末に「生理が来ちゃったから、終わってたらエッチで!」ってことで日曜日に新宿でデート。

彼女とは電車が同じなのでうちの駅に着く頃にメールをもらって、無事に電車の中で落ち合う。久々に会った彼女は相変わらず可愛い^^ 濃いブルーで襟に毛皮がついている長めのコートに黒いロングブーツ、ヴィトンのバックなんか持っちゃって、まじめなお嬢さん風です。本当にこれから俺とエッチをしちゃうのかな~~^^
「久しぶりだと緊張しちゃうかもしれません・・・」って言っていた彼女だけど、話し始めると以前のペースが分かって来たみたい。初めの方こそちょっと下を向いたり目線をそらしたりしていたけど、10分も経てばいつもの彼女^^ ニコニコ笑顔とクリクリ動く大きな目が素敵。
新宿に出て軽くお食事。初めて行ったメキシコ料理は口に合ったそうで、すごく喜んでもらえました。やっぱり女性が美味しそうに物を食べている姿を見るのって幸せだよね~~。だから俺は美味しいお店を色々探すんだろうな^^

お店を出て手をつないで歌舞伎町方面へ自然と足が向かう二人。「生理はどんな感じ?」って聞くと「昨日はちょっとだけ出てたんですけど、今日は出てないですね。さっきトイレに行った時、ナプキンもはずして来ちゃいました~~^^」とのこと。
「じゃぁこのままホテルに向かっちゃおうか?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女。その表情だけで股間が固くなりそう^^
とりあえず歌舞伎町のドンキホーテで買い物。念のためCEPE(使い捨て膣内洗浄器)と俺の愛用コンドーム、フジラテックスの「ウルトララージ44ミリ」を。・・・ホテルのコンドームだときつくて嫌なんだも~~ん。

ドンキを出たら一路ラブホテルへ。最近良く使ってる設備は古いけど土日もフリータイムで入れるホテル。ゆっくりお食事して買い物をしてたら時間はすでに3時半。でも8時までフリーだから4時間以上遊べる計算。
エレベーターの中で早速キス。唇と唇が触れ合うだけの軽いキスだけど、これまでのエッチの記憶がよみがえって来るような気がする。彼女も同じように感じてるみたいで、もう目がウルウルしてる。
部屋に入って上着を脱いだら早速抱きあって濃厚なキス。さっきのキスとは比べ物にならないくらいお互いの唇をむさぼりあう。
俺の手も、彼女の手も自然とお互いの体を触りあってる。彼女の薄手のセーターの上から胸を触っていた俺の手はいつの間にかセーターの中に入って彼女の胸をもんでいる。彼女の手も俺が股間に導くとジーンズの上から固くなった俺のおちんちんを情熱的になでている。
彼女のセーターを脱がせて、その下の白いブラウスのボタンはゆっくりとはずしてあげる。ブラウスの下からは白にピンクのフリルの着いた薄いキャミソール、そしてその下に薄いイエローのブラが透けて見える。かわいらしい取り合わせに思わず興奮。キャミの上から胸をたっぷりと触ってあげる。
彼女の手も動きが激しくなってきたのでジーンズのチャックを開くとすかさず手がジーンズの入り込んでくる。「直接触って良いんだよ」ってささやくとそんままパンツの中に進入してくる彼女の手。。するりとパンツを下ろすと、固くなり始めたおちんちんをシコシコしてくれる。
すっかり固くなったところでフェラを所望。着衣のまま、すとんと俺の前にしゃがんでフェラを始める彼女。以前教えた通りに、右手で竿をシコシコと触りながら、それに合わせて唇が俺のおちんちんをくわえていく。彼女のフェラはクチュクチュ、ジュパジュパといやらしい音がする。聞いているだけでものすごく興奮してくる。
たまにフェラをしながらこちらを見上げてくる彼女の顔を見ると、こんなにまじめそうな顔をと、こんなにエロい音を立てるフェラのギャップにくらくらしちゃう^^
あんまりフェラされるとやばくなっちゃいそうなので攻守交替。彼女を立たせて、黒いミニスカートの中に手を入れて、パンツの上から割れ目を刺激。彼女の目がトロンとして声が出始めてるので、パンツを脇に寄せて、直接触っちゃう。早速割れ目はヌルヌル。出血は無いみたいなのでそのまま指をゆっくりと挿入。彼女、横のテーブルに手をついて我慢してるけど、かなり感じているみたい。そう、彼女はすっごく敏感な体だからね^^
下着が邪魔になったので脱がそうとすると「あ!あ!」ってかなりあわてる彼女。下着が汚れてないか心配したみたい。かまわずずるっとパンツを下ろすと俺の手からパンツを奪って丸めてかばんの下に隠す^^; そんなにしないでも汚れてませんから~~。

そのまま彼女の股間を攻撃し続ける。指を揃えてクリを刺激してあげると足がブルブルしてくる。「Aniさん、やばいよ、やばいから!」って言いながら俺にしがみついてくる彼女。指を動かし続けながら耳をなめてあげると声にならない悲鳴。体の力は抜けかかってる^^
立っているのが辛そうなのでベッドにおろしてあげる。服は乱れているけれど、まだ着衣のまま。ミニスカートをまくってもう一回割れ目を指でいじめてあげる。指をそうっと挿入してくいっとまげてGスポットを刺激。1分も触らない間に「だめ!だめ!行っちゃうから~~・・・」と言いながら腰がびくびくと痙攣。早速本日最初の絶頂。彼女の体は本当に敏感。今日もこれから何回行っちゃうんでしょう^^;
攻守を交代して彼女がまたフェラしてくれる。ベッドの上に寝た俺の上にのしかかるようにしてたっぷりおちんちんをなめてくれる。俺がフェラしてもらっているところを見るのが好きなのを知っているので、自分から髪をかきあげてその場面を見せてくれる彼女。すっかり俺とのエッチの癖が身についてしまっている感じ。フェラも俺が教えた手で竿と亀頭を刺激しながらするフェラ。そんなに激しくしたら俺も行っちゃいますから~~!!ってほどに気持ち良くされてしまって、俺も一気に気持ちが高まってしまった。
彼女をぐいっと抱き寄せて、スカートをまくったまま後ろから一気に挿入。
まだ服を脱がされていないので、ちょっと油断をしていたらしい彼女、いきなり挿入されていきなり感じまくっちゃう。後ろから腰を動かすと高い声であえぎまくる。ものの20回もズコズコした時点で「行く、行くぅ・・・」っと痙攣。服を着たままってシチュエーションに興奮しちゃってるみたい。
俺もかなり興奮しているので一回行ったくらいでは攻撃の手を止めず^^ バックのポーズを引き起こしてつながったまま後背座位の体位。座ったポーズで後ろから突き上げられてまた感じてる彼女、声が全然止まらない。さらに俺が後ろから自分で動くように命令すると、快感を我慢しながら自分で腰を上下して動く。でも気持ちいい場所に当たりすぎちゃうらしく、すぐに動きが遅くなっちゃう。それを許さずに俺が下から早いペースで突き上げるとまた声が高くなってきちゃう。
さらにつながったままベッドを降りてテーブルに手をつかせて立ちバック。俺、着衣のシチュエーションの燃えるみたい。服を着たまま挿入されてあえいでいる彼女の背中を見て、すっごく興奮してる。鏡があったら彼女にこの状況を見せてさらに恥ずかしがらせてあげたい・・・って思ったけど鏡の無い部屋なんだよね~。ちょっと残念。

さすがにここまでハードにエッチをすると服が汚れるのも気になるのでそろそろ服をきちんと脱いで本格的にエッチをすることに。お互いの服を脱がせて一回お風呂でシャワー。生理の方も完全に終わっているようだったけど、念のためCEPEであそこを洗浄^^ ボトルのふたを開いて用意をする俺を興味津々で見つめる彼女。バスタブに腰掛けさせて軽く足を開かせて、CEPEを割れ目に挿入、ギュ~~~っとボトルを握ると一気に彼女の中に流れ込む洗浄液。 今まで知らない感触に彼女の大きな目がこぼれそうなくらい見開かれちゃってる^^ ボトルを抜くと彼女の割れ目からジョロジョロと流れ出る洗浄液。「へ~~、こんな風に使うんですね~」と関心しながらもちょっと恥ずかしそうな彼女。初めてこんなことされたんだからしょうがないよね^^
シャワーでお互いの体を荒い合ってから、ベッドに戻って改めて一回戦開始。
ベッドの上に彼女を横たえてたっぷりとキス。俺の手は彼女の脚を開かせて自然に割れ目をまさぐっている。指を揃えてクリを転がすようにいじめてあげると彼女がまた可愛いあえぎ声を上げ始める。たっぷり濡れてきたので指を挿入してGスポットいじめ。案の定いくらもしないうちにまた絶頂を向かえてしまう彼女。彼女の割れ目があふれるほど濡れていて、シーツにまで染みが広がっちゃってる。多分潮吹き寸前の量が出ちゃってる。
「ほら、こんなに濡れちゃってたんだよ~」って見せるとすごく恥ずかしがる彼女。
でも俺はすでにいじめっ子モード。挿入までにまだまだ彼女をいじめてあげたくて、唇を首筋から胸へ、そして股間へ移動してクンニ開始。クリと割れ目に交互に舌を這わせると、彼女の声が高まるのが分かる。彼女の手がぎゅっと布団の端を握って快感に抵抗しているのを見ながらさらに舌の動きを早くしてあげる。クリを集中して刺激してあげると彼女の腰がビクビクと動いちゃう。また行っちゃったご様子^^

そろそろ許してあげて攻守交替。ベッドに寝そべった俺の股間でおちんちんをしゃぶり始める彼女。手と口がいやらしく動いて俺のおちんちんを刺激する。ほどなくびんびんに固くなってしまったのでゴムをつけて挿入。彼女に上に来てもらって騎乗位でゆっくりと下から入れてあげる。
騎乗位にはあまりなれていない彼女、ちょっと戸惑っているので、動きかたを教えてあげる。自分で腰を上下して動くようにさせると、けっこう上手に腰を動かしてくる。自分の気持ちいい場所に上手に刺激が行くらしく、かなり良い顔で動いている。下から見ていると俺も興奮してきて、下から腰を動かして刺激を追加。
さらに激しくズコズコしてあげたくなってつながったまま彼女を押し倒す形で正上位になって上からズコズコ。足を大きく開いて肩に担ぎ上げて屈曲させて上から激しく腰を動かしてあげる。「もうだめ!もうだめ!」ってあえぐ彼女の声を無視して激しく腰を動かし続けると2回くらい連続で腰が大きく痙攣。息もかなり上がっちゃってる。
最後はバックから挿入。俺がおちんちんをずるっと挿入すると彼女が濡れた目でこちらを振り返ってくる。腰を動かしてたっぷり奥まで挿入していることを伝えるとぎゅっと目をつぶってその快感に耐える。いつものまじめそうな彼女とのギャップにおちんちんは激しく固くなっている。
バックから動いて上げると、彼女の濡れたあそこがすごく絡み付いてきてめちゃくちゃ気持ち良い。「だめ!行っちゃう!!」ってい言う彼女の背中にのしかかるように彼女の耳元で「俺ももうすぐ行っちゃいそうだから一緒に行こうよ・・」ってささやきながら腰を激しく動かしてあげる。彼女の「行く!!行く~~」って声を聞きながら俺もバックから大量に放出。彼女の背中に崩れ落ちるように一回戦終了。

ゴムをはずしてお互いの体をキレイにしたらぎゅっと抱き合ってキス。腕枕をしてまったりTVを見ている間に彼女の寝息が聞こえてくる。そのまま腕枕で寝かせてあげる。幸せな時間^^
でも彼女の寝顔を見ているうちにいたずらがしたくなって乳首をウニュウニュしてたら彼女も目を覚ましちゃった^^
「すっかり寝ちゃいましたよ~~」と言いながら俺の股間に手を伸ばしてくる彼女、2人でいちゃいちゃしている間に俺もすっかり臨戦態勢。彼女に上に来てもらってシックスナインで臨戦態勢。たっぷり刺激してあげると彼女が我慢できなくてお口がお留守になっちゃう^^ かわいそうなのでフェラは免除してあげて、ベッドに押し倒してさらに激しくクンニ。たっぷりと時間をかけて割れ目をなめてあげると彼女の腰がビクビクと我慢できなくなってる。
「おちんちん、入れて欲しい人~~」って聞くと「は・ぁ・い^^」って小さな声。ではリクエストにお答えして、正上位で合体。
今までのエッチでたっぷり感度が上がっちゃってる彼女、1分もしないうちに絶頂。俺もそのまま絶頂に!!って思ったけど発射する前に体力切れ。う~む、こういうところに年齢が出るなぁ。
いったんAVを見ながら休憩した後、3回戦。彼女のお口でびんびんになったおちんちんをバックから挿入。寝バック、立ちバックを交えてたっぷり楽しんで彼女はやっぱり2回ほど絶頂に達してましたがやっぱり俺は行けず。途中で中折れしちゃいました~^^;

まぁ時間も良いところなのでお風呂・・・と思ったらお湯を溜めて放置しておいたのでバスタブいっぱいのぬるい水になってしまっておった^^; どうしようもないのでシャワーだけでごめんなさい。まぁベッドでかなりのんびりきたので良しとしましょう^^

彼女がお家でご飯を食べるということなので、ホテルの後はそのまま駅に向かって電車でGO。でも帰る路線が一緒なので最後までラブラブモード。なんかうれしいですね^^
その後、彼女からメールが。彼氏とよりを戻したこともあって、会うまでは色々葛藤もしていたけれど、俺とデートしてやっぱり良かったとのこと^^ やっぱり美味しいお食事と激しいエッチは忘れられないそうです。
今後も彼氏との仲は大切にしながら俺とも遊んでもらえるとのこと。「AnimaLさんは特別ですからね!」とのこと^^
まぁ俺と女性の関係って基本的には「友達」だし、体の関係ができたからって女性を束縛するような付き合い方はしないから女性にとっても都合の良い相手なのかな?

まぁお互いの状況を尊重して、これからも仲良く遊べると良いよね^^
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

いやはや~~~濃厚ですねぇ。

うあらやましいです(*´ο`*)=3 はふぅん

間違えました。
羨ましいです。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/tb.php/114-428515c0