FC2ブログ

★2011/09/13 バンドの元ファン姉さんと午前中デート 

《その01》
先日久々の再会&初エッチを経験した俺がバンドをやっていた頃、俺のバンドのファンだったお姉様、3人の子持ちとは思えない素敵な体型とファッションセンス。久々に再会してさらに凄く良いエッチまでしてしまってお互い「また会いたいね~」って気分になっていた。
しかしながら彼女は現状主婦さま、夏休み中はなかなか家を出られない。さらに会うなら平日午前中ってことでデートするには俺の方が仕事のスケジュールを調整して午前休みを取らなければならない。ってことで前回のデートから少々時間が経ってしまったけれど、やっとお互いのスケジュールが一致してデートの日がやってまいりました。

朝、出勤と同じくらいの時間に待ち合わせ。やってきた彼女は黒いロックっぽいTシャツに赤いチェックのフリル付きミニスカート+俺の大好物のニーハイソックス。お、AKBっぽい?なんて思いながらこんな素敵な服装で来たならもちろん脱がさないで着衣のまま犯す! と心の中でこっそり決める俺^^ そんなことも知らずに笑顔で挨拶をくれる彼女、本当に3児の母とは思えない可愛さ。普段はメガネ着用の彼女、メガネフェチの俺落ちしてはメガネのままのフェラを想像して股間がちょっとキュンとする。
最近の出来事をあれこれ語りながらまるで自然な事のようにラブホ街に向かってそのままするっとチェックイン。大人なお付き合いはあれこれ面倒な駆け引きが不要だから気楽^^

荷物を置いてさっそくギュッと抱き合う。「その後良いSEX出来た?」と聞くとダンナさんとのSEXは義務的に応じているだけで苦痛だし、仲良しくんは相変わらず立たないし……と結局あまり充実していない模様。「今日は楽しいSEX、いっぱいしようね~」と言うと抱擁にギュッと力が入り、舌が濃厚に絡みついてくる。彼女の手を股間に導き、キスだけでふくらみ始めたおちんちんを確認させたらジーンズとパンツを降ろして股間を露出する。
エッチの時にはメガネを外す主義らしい元ファン姉さん、メガネフェラでは無いのが残念だけど、AKBっぽいミニスカ+ニーハイ着衣のままで俺の足元にしゃがみ込み当たり前のようにおちんちんをしゃぶりはじめる。まるでそこに自分の幸せが隠れているかのごとく、躊躇無く舐め回ししゃぶる元ファン姉さん、着衣仁王立ちフェラの興奮で俺のおちんちんはすぐさまビンビンにフル勃起してしまう。
上から手を伸ばして胸に触るとクフンと鼻を鳴らしながら気持ち良さそうな顔をするので俺の方も本格的に触ってあげる事に。

ベッドに押し倒してミニスカートをめくりあげると黒いシースルーのTバック。「なんだよ~、こんなのじゃ役に立ってないじゃん!」って笑うと「一応は隠れてるでしょ!」と抗議する彼女。ちょっとでもパンツがずれるとキレイに剃り上げた無毛の割れ目が覗いてしまう。パンツの脇から露出した割れ目を指でなで回すとすでにヌルヌルと濡れている。前回のデートの時はあまり濡れなかった記憶が有るけれど、今回はもう指が入ってしまいそうなくらいヌルヌル。前回は(15年の時をへだてての)初エッチだったし、ちょっと緊張していたのかな?なんて思いつつも指は割れ目に侵入していく。

クイッと指を曲げてGスポットを刺激すると「気持良い! 気持良い!」と何度も口走る。ダンナさんとの義務的なSEXがほとんど前戯無しに挿入、すぐ発射と味気なく、痛いばかりとぼやいていた彼女のために、気持ち良い場所をたっぷりと刺激してあげる。
無毛の割れ目に指が出入りしているシーンは何とも良い眺めで、プリッとふくらんだクリトリスを思わず舐め回してしまう。ベッドに横たわった彼女も俺の股間に手を伸ばし、おちんちんにしゃぶり付く。ホテルに入ってまだ20分も経っていないはずなのにずっと勃起しっぱなしな気分。
Tシャツはまだ脱がせていないので上半身へのアタックは服の上から胸を揉む程度。それでも指と舌で股間はトロトロに蕩けている。俺の規格外おちんちんを舐め回している元ファン姉さんに「欲しい?」と聞くとトロンとした眼でうなずく。

ゴムを装着したら汚さないようにスカートをまくり上げ、足を大きく広げさせる。もちろんスケスケのパンツも脱がさずに横にずらして割れ目を露出させたら、ビンビンに勃起したおちんちんを押しつける。そのままゆっくりと腰を勧めると入り口を大きく押し開きながら入っていくおちんちん。軽いうめき声を上げる彼女に痛みを確認しながらゆっくりと挿入していき、根本まで入ったらまたゆっくりと出し入れする。
着衣のまま犯されている興奮からか、一気に喘ぎ声が激しくなる彼女、Tシャツをまくり上げてブラの間から乳首をいじめながら腰の動きを激しくしていく。

《その02》
一度体を離してパンツをはぎ取ったら、スカートをまくり上げてバックから合体。可愛いスカートから覗くお尻にゴリゴリと腰を打ち付けるとおちんちんが奥まで届くらしく、喘ぎ声の合間に快感を訴えてくる。
徐々にTシャツとブラをはぎ取って、体に残っているのはスカートとニーハイソックスのみ。こういう「服がちょっと体に残っているシチュエーション」に興奮する俺なのだよな~と再確認。一向に萎えない極太なおちんちんを激しく出し入れさせる。
スカートをはぎ取ると残りはニーハイのみ。ニーハイフェチの俺としては脱がす気はもちろん無い。足を大きく開かせて正上位で合体したら絶頂に向けて一気に腰を加速させる。
俺の下で何度も絶頂を訴える彼女、無毛の割れ目が大きなおちんちんをくわえこんでいる倒錯的な絵柄にいつも以上に興奮しながら奥まで届けとズコズコ腰を振るうちに俺も一気に絶頂、ゴムの中に大量に精液を噴出してフィニッシュ。彼女の上に崩れ落ちて荒い息が治まったらゆっくりとキス。「気持良かった?」と聞くと「Aniちゃんとのエッチは良いよね~」と満足そうな顔。

シャワーも浴びずにSEXを開始してしまったのでお風呂で軽く汗を流したら全裸でベッドに寝転んでダラダラモード。バンド時代の昔話に花を咲かせる。
「若い頃はさ~、とにかく気になる男がいたらまずSEXしてみるって感じだったんよね~」って言う元ファン姉さん、俺たちバンドマンにとっては天使のような存在^^
「なんで当時俺たちSEXしてなかったんだろうね?」って疑問を投げかけると「ん~~~。最初に会った時は、Aniちゃんの彼女があたしの友達だったし、その次に会った時は最初の子が生まれたばっかりだったからじゃない?」と言う。後はバンドマンとしての仁義とか面子とか色々やっかいなモノを背負い込んでいた時期だったことは事実。
「もっと早くにこの気持良いSEX知ってたら良かったな~!」と俺のおちんちんをいじり回しながらぼやく元ファン姉さんに苦笑いしながら今後も定期的にデートすることを約束、おちんちんが回復したらまた入れて上げるよ~と言うとうれしげにおちんちんにしゃぶりつく。

彼女の腰をこちらに呼び込んで69、お互いの気持ち良い場所をたっぷりと舐めあう。俺のおちんちんは一気に固さを取り戻してビンビン状態、彼女を押し倒したら正上位で合体。
喘ぎ声を上げまくる彼女をギュッと抱きしめながら腰を振る。さすがにあまり時間を置かない2回戦で息が上がってしまって一旦中断、ベッドに横たわって少々休憩。抱き合ってキスをしながらおしゃべりをする間も彼女の手は俺の股間を刺激している。まだ2回目の発射をしていない俺のおちんちんは彼女の刺激で固さを保ち続けている。
俺も彼女の胸や股間をいじり回しながらその反応を楽しむ。体の方も休まってそろそろ動けるようになって来たのでエッチ再開、正上位で合体したら今度は絶頂に向かって一気に加速する。
足をグイッと持ち上げて、屈曲させてのズコズコに激しく快感を訴え、また何度も絶頂に達する元ファン姉さん。そのアクメ顔に興奮してさらに腰の動きが激しくなってしまう。
自転車に乗るようになってからやっぱり筋肉が付いて前より激しく動けるようになったよな~なんて事を思いながらグイグイと腰を加速させて行くとさすがに絶頂、本日2度目の射精で3回戦終了~。

そろそろ彼女の方の制限時間がいっぱいなので軽くシャワーをしてホテルをチェックアウト。「わざわざ仕事休んであってくれてありがとうね」ってうれしそうな彼女。俺としても彼女とのデートは昔の思いも相まって凄く楽しいからお互い様だよね、と思う。
今後もあまり頻繁では無くてもなるべく定期的に時間を作ってデートしようねと約束して解散、彼女はお子さんの元へ、俺は午後から仕事。しかしまぁ、朝っぱらからこんなエロ活動してて仕事になるのかね?と思いつつ「俺の仕事だってエロ系じゃないか!」と気を取り直し、さっきまでのエロ行為を仕事の糧にしようと決める俺なのでした。
《完結》


※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2011/09/08 クール美人妻さんとハプバーで4Pプレイ 

日記に良く登場してくれる30代の美人な人妻さん。スリムな肢体とクールな雰囲気でめっちゃ「できる大人の女」の雰囲気。でもエッチは大好きみたいで「やっぱりAniさんのおちんちんが好きなのよね~」と言ってくれる。
今回は珍しく突発デート。昼間に自転車のルートで質問が有って、あれこれメールでやり取りしているうちに「夜のデートキャンセルになっちゃって」って言うので、遊びにおいでよ!ってことで仕事の後に新宿で落ち合うことに。良く行く格安のピザ屋さんで軽く飲み食いしたらいつものハプバーへGO!

入店したらソファー席に並んで座って軽くお酒を飲みながらイチャイチャ。唇を合わせるとネットリと舌を絡めてくる美人妻さん、その時点で俺のおちんちんは軽くふくらんで来ている。ジーンズを脱いで股間を露出すると手を伸ばし触ってくる彼女、すでにおちんちんが大きくなり始めている事に気がつくとすかさずしゃぶりついて来る。
ネットリとした彼女の唇におちんちんはすぐさまビンビン、早く彼女とプレイしたがっている。このままでは蛇の生殺し状態なのでコスを選んでシャワーに行く事に。

シャワーの中でもお互いの体をいじり合い、すっかり濃厚にエロい気分。黒くて薄いドレスを選んだクール美人妻さんはいつも通りエロ美人モード、ソファーに戻ると俺の股間に顔を埋めて大きめのおちんちんをしゃぶりまくる。
その様子を見ていた、カップルさんが「ご一緒して良いですか~」と我々の隣に来る。男性さんはちょっと年齢が上の感じだけど、女性さんは透けたミニドレスを盛り上げるかなりの巨乳。クール美人妻さんがしゃぶっている俺のおちんちんを見ると「あ~! 大きいんじゃないですか?」と手を伸ばしてくる。欲しそうにシコシコといじるのでカップル交代してカップル女性さんにフェラしてもらう。「あ~! やっぱり大きい~~」とうれしそうに舐め回す彼女、大きいおちんちんが好きみたい。
クール美人妻さんもカップル男性が露出したおちんちんをシコシコ。良い感じなので4人でプレイルームへ。

服を脱ぐと、未だに屹立している俺のおちんちんにカップル女性さんがしゃぶりついて来る。クール美人妻さんもカップル男性の股間に顔を埋め、フェラを開始している模様。
全裸で仁王立ちする俺のおちんちんを舐め回すカップル女性さんに「入れても良い?」と聞くとうれしそうにうなずく。プレイルームのマットに彼女を横たえてさっそくバックから挿入すると「あぁ、大きい! 気持良い!」と声が上がる。ゆっくりとおちんちんを出し入れしながら彼女の体を味わう。彼女は大きめのおちんちんもOKらしく、動きを本格的にしても大丈夫らしい。

「あたし、ハプバーでカップルさんと絡んでも、エッチはAniさんとしかしないから!」というクール美人妻さんはフェラプレイに集中しているご様子。では彼女の方もちょっくら楽しませてあげましょうかとカップル女性さんから離れてクール美人さんの方に行くと「今集中してるから触らないで!」と叱られる。カップル男性さんがフェラで絶頂にハマって「女王さま! もっと!もっと!」とうめき声を上げる中、クール美人妻さんもノリノリでいじめまくっているらしい^^;
ってことで俺はもう一回カップル女性さんと正上位で合体。彼女の豊満な胸がブリブリと揺れるのを見ながら腰を振ると彼女の絶頂を訴える声。俺もそろそろ限界が近そうなのでフィニッシュに向けてスピードを上げると一気に絶頂感。「行きそう!」と言いながらラストスパートをかけると彼女の絶叫、それと共に俺もゴムの中に精液噴出、プレイ終了となりました。

カップル男性さんもクール美人妻さんのフェラ&手コキで撃沈した模様、お疲れ様でした~とプレイルームを出てお互い一杯飲みながらちょっと休憩。
クール美人妻さんと二人で飲んでいる間に下半身が回復してきた予感、彼女の手をとって股間に導く。「もう?」なんて言いながらおちんちんをなで回すクール美人妻さん、でもその手の中で確実にまた固く育っていく俺のおちんちん。
さらにフェラで刺激されると完全勃起。がんばるな~、我がおちんちん! ってことで今度はクール美人妻さんと二人でカップルルームへ。さっそく合体すると良い声で喘ぐ彼女、「やっぱりAniさんのおちんちんは気持良いな~」と言いながら正上位、バック、騎乗位と体位を変えながらたっぷり楽しんでいる模様。
最後は正上位でゴリゴリと腰を振り、「出して! 中で出して!」と大きな声を聞きながら彼女の膣の中で(もちろんゴムの中にだけど^^)発射!!

軽くビールを飲んで、シャワーを浴びたらお店を撤収、今回はエッチは一回だけだったけどたっぷり遊べて楽しかった模様のクール美人妻さん。良かった良かった^^
「AniさんとデートするとSEXが良いのも有るけど、おしゃべりしていて心が軽くなるの」と言ってくれる彼女、いつまでも癒し役としてお付き合いさせていただきますよ~^^


※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html


★2011/09/06 26才販売系さんと初対面デート 

《その01》
皆さんご存知の通り、昨今Mixiはこの手のエロ系日記には大変厳しい態度をとっ
ている訳でありまして、俺も以前から何度もIDを削除されては復活し、エロ活動
を続けている訳であります。
そんな状況でも俺が新しいIDで復活すると必ずエールをくれるうれしい読者さん
もいる訳で、今回初対面デートした彼女もその一人。
随分と長い事やり取りしてはいたけれど、ネットで出会った人とのデートには抵
抗が有るという彼女、多分3-4年は他愛も無いやり取りをしながら「デートしよ
うよ~」「ネットで出会うの怖いもん!」の繰り返しだった気がする。

しかし、長い年月の積み重ねっていうのはやっぱり大事なモノで、有る日「お食
事デートなら良いかも?」とお誘いに成功! 俺がお好み焼きを焼いてあげる約
束でランチデートしました。
26才、販売の仕事をしている彼女は独特の髪型でよく目立つ。ニコニコの笑顔と
良く笑う愛嬌の有る顔で、多分彼女の周囲の人たちはみんな幸せになってしまう
んだろうな~と思わせる素敵な女性でした。
中肉中背の体の中で、ボインと発達した大きな胸は着衣の上からでも良く目立
ち、「脱がせたらきっと素敵なオッパイなんだろうな~」と思うけれど、その日
は約束通りお食事だけで終了。それでも良く食べ、良く飲み、良く笑い、すごく
幸せなデートでした。

その後も彼女とはやりとりを続け、有る日「Aniさん、またデートしようよ~」
と彼女が言うので「おう、次回はエロ有りでよろしく!」といつも通り軽く返す
と「良いよ~~!」と彼女。やっぱり一回顔を合わせれば「ネットで初めて会っ
た人」から「顔見知りの人」に昇格するのか、一発でエッチOKのお返事。その後
は彼女もノリノリでお互いのスケジュールをすりあわせ、火曜日の夜お互いの仕
事が終わってから待ち合わせする事になりました。
相変わらず元気な彼女とまずはお食事、カレー屋さんに言って先日と同じくアレ
コレおしゃべり。恋に悩む乙女な彼女の相談に乗ったり、男性の心理を話したり
するうちにビールも進み、お食事も終わってそろそろ二人とも良い気分。「そろ
そろ行く?」と聞くとウンウンとうなずくので腕を組んでホテル街へGO!

ホテルに入ったらさっそく抱き合って濃厚にキス。「あたし、AnimaLさんとはこ
んな風にはならないと思ってたんだ……」と言いつつ、俺が差し入れる舌に反応し
て激しく舌を絡ませてくる。最近もたまに会ってデートしている男性が数人いる
という彼女、慣れた感じで俺の攻めに応えてくる。
さっきから気になっていた胸に手を伸ばすと思った以上に大きな雰囲気。手のひ
らに余るその感触に「サイズは?」って聞くと「きちんと計った事無いけど、み
んなからはFくらい有るよねって言われてる……」と言う。
服を少し緩めてブラの上から触ってみると確かに余裕でFカップは有りそうな胸。

下着姿の彼女にさらに攻撃を仕掛ける。下着の上から股間をいじり回されるとだ
んだん甘い声が出始める彼女。だんだんと俺の股間にも手が伸びてくる。
「ほら、見たかったんでしょ?」とジーンズとパンツを降ろして股間を見せつけ
ると「あ……大きい」とちょっとためらいの表情。「ゆっくりしてあげるから大丈
夫だよ」と言いつつ彼女の手を股間に導くとそっと触れてくる。
彼女の手の感触に敏感に反応しムクムクと身をもたげるおちんちんに「口でして
くれる?」とお願いするとしゃがみ込んでしゃぶり始める彼女。ネットリした唇
の感触に一気に固くなるおちんちん。ためらっていたのもつかの間、その行為で
エロスイッチが入ったのか彼女の唇の動きが本格的になってくる。たっぷり味わ
うように唇と舌でおちんちんをなで回し、レロレロと周囲を舐められて完全勃起。

《その02》
彼女をベッドに押し倒し、下着を横にずらして割れ目に触るともうヌルヌルと濡れてしまっているご様子。クリの感度と割れ目の熱さを確かめながらお互いドンドン欲しくなっている気持を確認しながらお風呂に行く事に。お互いの体をシャワーで流しあったらいよいよベッドへ。
さっきのいじり合いですっかりお互いの気持はほぐれ、肉体も準備出来ているご様子。軽く舐めてもらっただけでおちんちんは勢いを取り戻し臨戦態勢。彼女の方も指で触ると良い感じにヌルヌルと濡れているので指でたっぷりとGスポットをいじめてから足を大きく開かせてクンニ。クリを集中的に舐めると良い声で喘
ぐ。会うまでに3-4年かかっても、会ってしまえばここまでの道のりは短いんだな~と変な感慨を覚えながら割れ目を舐める^^

「欲しい?」と聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女に見せつけながらコンドームを装着、足を大きく開かせて正上位で挿入。亀頭が入った時点で「あ!あ!」と声を上げる彼女、太いおちんちん本体がムリムリと割れ目を押し広げながら入っていくと「大きい! Aniさんの大きい!」とうめき声を上げる。
ゆっくりとおちんちんを出し入れしながら痛く無いか彼女に確認。割れ目はヌルヌルとたっぷり濡れていて大丈夫そうなので動きをゆっくりと本格化させる。
グイッと奥まで突くと「あぁ!」と反応を返す彼女に「いつものSEXだとこんな所まで当たらないだろ?」と聞くと潤んだ目でうなずく。さらに腰を動かし、彼女の膣内を刺激する。

体位をバック、騎乗位と変えながら色々なバリエーションで腰を動かす。グイッと押しつけて奥をグリグリ刺激したり、激しく腰を振って出し入れしたり。
動いている内に俺もドンドン気持良くなっていき、フィニッシュを感じてくる。正上位に体位を戻したら彼女の足を大きく持ち上げて奥まで届く体位で一気に腰を高速化。亀頭から根本までズボズボと出し入れすると彼女の喘ぎ声も一気に激しくなる。
「行っても良い?」と聞くと声もなくうなずく彼女、さらに腰をスピードアップして一気に絶頂、ゴムの中にドブドブと白濁液が出ていくのを感じながら彼女の上に崩れ落ちる。

少し落ち着いてからゆっくりと体を離す。まだ固さを保ったおちんちんが刺激するのか、一瞬うめき声を上げる彼女。お互いの濡れた部分を拭きあったら腕枕でベッドに倒れて休憩モード。
「実は最近良くエッチしてる人がけっこうおちんちん大きくて~」と告白する彼女。「じゃぁ、俺のでも大丈夫だったんじゃん?」と聞くと「いや~、Aniさんのおちんちんの方が刺激強い!」って笑う彼女にちょっとだけ男の誇りを感じさせていただく^^

ベッドでダラダラおしゃべりしながらお互いの体に触りあっているうちにまた俺の股間が反応を始める。「え! もう固くなるの!?」と驚く彼女「今までエッチした人の中で、こんなすぐに2回目出来る人いないよ~?」と言う。
試しにフェラしてごらんよ、としゃぶってもらうと彼女の口の中でぐんぐんと育っていくおちんちん、すぐさまビンビンになってしまう。
「ほら! こんなになったよ~」と彼女に勃起したおちんちんを見せつけるとすごくうれしそう。「もう一回する?」と聞くと笑ってうなずくのでゴムを装着したら彼女を押し倒して一気に挿入。

一度俺のおちんちんを迎え入れた彼女の割れ目は抵抗無くおちんちんを飲み込む。さっき以上に激しく腰を振る俺に良い声で喘ぐ彼女。たっぷりズコズコと動いて彼女が絶頂に達したのを確認したら俺も一気に快感を受け入れてフィニッシュへ。1回戦よりちょっと短めでストレートなエッチで2回戦終了~。
たっぷり楽しんで頂けたような彼女と一緒にお風呂に入ったら帰り支度、ブラブラと駅まで歩いて解散。

その後も以前と変わり無くメールをくれる彼女、「そういえば、Aniさんとエッチした後、帰りの電車のでもまだAniさんのヤツが入ってる感じだった~」と言う。
「良く会う人のも大きいならそんな感じなんでしょ?」と聞くと「ん~~、Aniさんとはした後2-3日フワフワした気分。彼だと1日くらいかな~」とのこと^^
そんなに楽しんでいただけたなら俺もうれしいな~と、また次のデートを申し込むと「Aniさんとデートすると2-3日仕事が手に着かなくなるから暇な時じゃないと!」と言われてしまった^^; 気持良いエッチもなかなか難しいモノですなぁ~。
それでも俺の事は気に入ってくれたみたいなので、また時間が合った時に日記に登場していただきましょう!
《完結》


※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html

★2011/09/04 22才巨乳大学院生さんと動物園デート 

《その01》
ここのところ良くデートしてくれている22才の巨乳大学院生さん。背が高くてスラッとスタイル良くてその上巨乳!と素敵な女性。本当は「好きな人は女性なんです」とレズビアン指向な彼女なんだけど「男性とSEXするならお相手はAnimaLさんが良いです!」と言ってくれているので、俺としてもがんばっちゃってます^^
色々と趣味の合う事の多い彼女、「今回デートどこに行く?」と聞くと「動物園が良いです!」ってことなので多摩動物園でワイワイと動物と戯れ、午後に撤収、新宿へ。「晩ご飯食べる前に2-3時間時間つぶそうか?」って聞くと「えへへ~」と笑いながら腕にしがみついて来る。そのまま良く行くラブホへGO!

ホテルに着いたら抱き合って濃厚にキス。ふわっと裾の広がったワンピースにニーハイソックスの巨乳院生さん、普段だったら着衣のままフェラ~挿入ってプレイが多いけど今日は炎天下動物園をたっぷり歩き回ったので二人とも汗だく、まずはお風呂に入りましょ~ってことに。
お互いの服を脱がせあう内にお互いの体に触り合う。下着姿の彼女の豊満な胸に溜まらなくなって手を伸ばすと彼女も俺の股間にしゃぶりついて来る。ここ何回かのデートですっかり俺好みのフェラを覚えた彼女に俺のおちんちんはすっかりビンビンにされてしまう。
俺も彼女をベッドに押し倒してパンツの上から割れ目に手を伸ばし、グニュグニュと指でいじり回す。快感を叫ぶ巨乳院生さんにそのまま入れちゃいたい気分だけど、やっぱりシャワーはあびなくちゃね、ってことでシャワールームへ。
俺、こっそりコンドーム持っていきます^^
ルンルンとシャワーを浴びている彼女、お互いの体を流しあい、石けんの泡でヌルヌルと洗い合う。自然とお互いの手は敏感な部分に伸びていく。キレイに毛を剃ってパイパン状態の彼女の股間に手を伸ばすと石けんを流した後でもすでにヌルヌルと濡れている。もちろん俺のおちんちんも彼女の手の中でビンビンと自己主張。
さっき持って来たゴムをスルッと装着したら「ほら、入れて欲しいんでしょ?」と耳元でささやく。恥ずかしそうにうなずく巨乳院生さんの手を壁に付かせたらそのまま立ちバックで後ろから挿入していく。

本日一回目の挿入なのでちょっと窮屈そうな彼女の割れ目も一度根本まで入ればすぐにヌルヌルと濡れて俺のおちんちんを受け入れる。後ろから彼女の体を支えて打ち付けるように腰を動かすと一気に彼女の口から喘ぎ声が炸裂。前回のハプバーの時には恥ずかしさから抑え気味だった声も今日は二人だけの安心感からか大きく出ている。初めてデートした時はこんなに大きく喘いでいたっけ?と思いうと自分の腰の動きが強くなっていくのが分かる。
浴槽に移動しても先に入った俺の上に腰を下ろさせ、下からおちんちんを挿入、後ろから抱きしめる体勢でゆっくりと出し入れする。肩越しにキスしながらお湯の抵抗でユルユルと動くSEXもまた楽しい。さらに彼女をこちらにむかせて浴槽の中で対面座位。ギュッと抱き合いユルユルと腰を動かしながら合体している事実を楽しむ。俺の胸に彼女のFカップ巨乳がつぶれるくらいにギュッと押しつけられているのがエロい。

《その02》
さすがにお風呂の中でこんなに遊んでいるとのぼせてしまうので撤収してベッドへ。
全裸になってベッドの上で膝立ちのまま抱き合って濃厚にキス。お互いの舌を探り合いながらたっぷりと唇を交わらせる。お互いの手は自然に敏感な所に伸びていく。さっきまで彼女の中でズコズコと動いていたおちんちんはその硬さを保ったまま彼女の手の中でシコシコとな出回れている。
俺も彼女の無毛の割れ目に手を伸ばし、ゆっくりと指を挿入する。膝立ちのまま割れ目に指を挿入されてGスポットを刺激されると激しく感じるらしくおちんちんをいじり回すのも忘れて俺の肩にギュッと抱きつきながら快感に耐える巨乳院生さん。
「ほら、おちんちんが寂しがってるよ」と彼女の前におちんちんを突き出すと四つんばいになって熱心にしゃぶり始める。俺、女性から四つんばいで手を使わずに舐め回されるのって好きみたいで、おちんちんはもうビンビン、早く入れたくて仕方無いけど次は彼女を気持良くしてあげる番。

彼女を押し倒して足を広げさせると、キレイに毛を剃り落とした無毛の割れ目がヌルヌルと口を開ける。舌を押しつけて割れ目からクリまで舐め回すとヒンヒンと歓喜の声をあげる。さらに舌をアナルまで伸ばしてたっぷりと舐め回す。ビラビラをねぶるように舐め回しながら「おちんちん入れて欲しい子はいるかな?」と答えるとブルブル震える手をあげながらそれでも「はぁい…」となんとか答える彼女。
そのまま足を大きく開かせて、ビンビンに固くなったおちんちんを入り口に当てるとヌルヌルとゆっくりと入っていく。

足を押さえつけて大きく開かせた所に打ち付けるように腰を振るとアフアフと盛大に喘ぎ声が上がる。「この前はハプバーだったから少し声我慢してたろ?」って聞くと「だって恥ずかしいもん……」と可愛らしい言葉。
腰の動きに合わせてブルブルと震えるスイカのような巨乳(実際に仕事場で言われた事があるらしい)に興奮してさらに腰の動きが上がる。抱き起こして上に乗せると、以前はぎこちなかった騎乗位も自分から腰を動かして快感をむさぼっているご様子。「上手になったじゃん」と言うと「いっぱい教えてもらいましたから!」とうれしそう。ブルンブルンと震える胸に手を伸ばすと何とも言えぬ良い顔をする。

体位をバックに変えてひとしきりいじめてから正上位へ。ラストスパートで激しく腰を打ち付ける。自転車に乗るようになってから長時間の有酸素運動が楽になった俺、息切れも起こさずゴンゴンと彼女を攻め立てる。何度も絶頂を訴え、感じまくっている院生さんの顔を見ながら俺もドンドン快感が高まっていき、たっぷりと放出。未だ固さを保っているおちんちんを抜かずに合体したまま濃厚にキスをして激しかったSEXの後味を味わう。
おちんちんを抜く時にまた「あうん!」と反応してしまう彼女、かなり感度が上がっているみたい。

大量に噴出した精液を見て笑いながらまたラブラブモードで抱き合ってベッドでダラダラするうちに動物園でたっぷり歩いた疲れから少しウトウト。不思議なものでちょっと眠ると体力も回復するようで、目をさまして巨乳院生さんにフェラされるとおちんちんはすぐさま復活、もちろんすぐさま挿入、正上位で激しく交わる2回戦。
さすがに2回戦は腰がもたず、発射に至らずギブアップ。それでもたっぷり感じてくれたらしく、「Aniさんとデートするといっつも気持良くて幸せ~!」と良い顔をしてくれるのがうれしい。

軽くシャワーしたらお食事。「今日はいっぱい歩いたし、いっぱい疲れたからお肉!」と彼女が言うので焼き肉屋さんへ。2人で焼き肉に行くのは確か初めて。「2人で焼き肉に行ってこそ、本当の肉体関係カップルだ!」と叫ぶとコロコロと笑う巨乳院生さん。俺のぬるいオヤジギャグでもこれだけ喜んでくれるからデートしたくなっちゃうんだろうなぁ^^
たっぷりお肉食べて、お酒を飲んだらほろ酔い気分で解散。電車に乗る前の彼女を捕まえて軽くキス、次のデートの確認をしたら解散。こういう「気の合う」タイプの女性ってSEX無しのお付き合いでも楽しいんだろうな~って思いつつもやっぱりSEXしちゃう俺なんですね^^



22才巨乳大学院生さんのハメ撮り画像はこちら

※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
※AnimaLに興味の有る方はページ右側のフォームまたは下のURLからご連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html