FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2011/08/27 潮吹き人妻さんとハプバーデート 

出会ってからそろそろ5年、コンスタントにデートにお付き合いくださっている潮吹き人妻さんと久々に週末に会ってのんびりデート。
実は8月の頭にラブホデートしているので今月は2回目。最近趣味の自転車と誘われて入った洋楽メタルカバーバンドが忙しくてここ数ヶ月デートの回数が減っていたんだけど、そろそろ自転車もバンドもペースが見えてきたのでそろそろデートの方も復旧しようと思った所、今までのレギュラーさんが忙しくなってなかなか会えなくなった方も多く、そうなると時間がある程度自由になってすんなり会える方に比重が偏ってしまう^^;

潮吹き人妻さんも先に連絡しておけば平日の仕事後も週末も出てこられる方なので、非常にありがたい。普段は仕事の後に待ち合わせしてラブホって流れが多いんだけど、今回はゆっくりとデートしたい感じだったので土曜日に待ち合わせしてハプバーでのんびりと遊ぶ事に。
「お昼に用事があるから待ち合わせは少し遅くなるかも?」と言っていた彼女だけれど、その用事が流れたそうで、「早めに行けますよ!」とのご連絡。なのでお昼ご飯もご一緒する事に。新宿地下街のハンバーグ専門レストランにてお食事。味付けが色々選べるらしいけれど、俺はもちろん「特製ガーリックソース」にて!
「さすがAniちゃん、パワーいっぱいつけるのね!」と笑う潮吹き人妻さん。でも口臭気になるからキチンと歯磨きしなくっちゃです^^;

ご飯が終わったら行きつけのハプバーへ。土曜日の午後はまったりモードらしく数人の単独男女さんがそれぞれ好きに飲んだりおしゃべりしたりしている。我々もマイペースに軽く飲みながらエッチなプレイを開始。カウンターに並んで座った潮吹き人妻さんの手を股間に導くと彼女もネットリとなで回してくる。ズボンとパンツを降ろして股間を露出するとすぐさましゃぶり突いてくる彼女。
「趣味はフェラチオですの!」って言うくらいにおちんちんを舐めるのが大好きな彼女、一旦しゃぶり付いたらなかなか離れずレロレロとずっと舐め回している。もちろん俺のおちんちんはそれに反応してビビンとすぐさま方うなる。「もうここまでしかお口に入りません~~」と俺の大きいヤツの上から1/3くらいの場所を握りながらそれでも先っぽを舐め回す。
着衣のまま彼女の体をいじり回してうっかり潮でも吹かれるとお互いの服を汚してしまうので、盛り上がって来たらそろそろコスを選んでシャワー。今回は胸元が大きく開いたミニのチャイナを着ていただくことに。

シャワールームに入ったら全裸でお互いの体を洗い合う。ちょっと乳首をつまんだだけで「くく~~~」と眉をしかめ腰から力が抜けてしまう潮吹き人妻さん、はっきり言って感度良すぎ^^ さらに股間に手を伸ばしてキレイに毛を処理した割れ目をいじる。指を軽く割れ目に滑り込ませ、クリをイジイジとなで回すと俺の肩にギュッとしがみつきながらブルッと痙攣、直後に俺の指に温かい液体が噴出する。
「ほら~、Aniちゃんがイタズラするから吹いてしまったではないですか!」と抗議する彼女、でも彼女の手は俺のビンビンになったおちんちんを握りしめている。早くSEXしたい気持が態度に出まくり^^ 

シャワールームを出たらカウンターで一回落ち着いてビールを飲みながら一服。彼女は露出した俺のおちんちんを握ってシコシコといじりながらお茶を飲んでいる。
おちんちんが手の中で膨張を始めると当たり前のようにしゃぶり始める彼女、すでに完全にエロモードに入っている模様。大きく開いた胸元から手を入れて、乳首をいじめるとすぐに声が上がってしまう。
椅子の上で足を大きく広げて割れ目をいじる。ヌルヌルになった割れ目に指を挿入すると中は熱く潤んで、グネグネと動く名器。ここにおちんちんを入れたらそれはそれは気持良いはずだよね、と思いながら指を出し入れし、クリをなで回すととたんに噴出。念のためお尻の下にタオル敷いておいて良かったよ~と思いつつさらにいじり回すと連続で噴出する。

「そろそろ欲しい?」と聞くとすでに半分放心している顔でうなずく潮吹き人妻さん。興奮してビンビンになっている俺のおちんちんを握りしめながら二人でカップルルームへ。
隣のプレイルームは夜からのイベント用に店のスタッフさん、お客さん協力して飾り付けの最中。それも気にせずエッチなプレイを始めると、隣からチラチラと覗いて来る視線、それも彼女には素敵な刺激らしい。
パンツを脱いで仁王立ちする俺の股間にしゃぶり付くと熱心にフェラする彼女、チャイナ服の大きく開いた胸元に手を差し入れ胸を刺激すると体がビクンビクンと反応する。乳首をつまんでコリコリと刺激すると思わずおちんちんから口を離し、甘い声を漏らし始める。

マットの上に彼女の体を横たえ、お尻の下にバスタオルを敷いたら指で割れ目を刺激。キレイに毛を処理した割れ目はツルツルと触り心地も良く、クリを指先でいじっている間に滑って割れ目まで入ってしまいそうなくらい濡れている。
「そこが良いの~!良いの~!」と大きな声を上げながら快感を訴える潮吹き人妻さん、指の動きに合わせて腰がヒクヒクと動き、割れ目の中の肉もグネグネと動いて指を押し出されそう。その動きに抵抗しながらGスポットを刺激しているとビクン!と腰を跳ね上げ潮を噴出。さらにいじめると2発、3発と潮を吹いて床に敷いたバスタオルに大きな染みが出来ていく。その間も物欲しげにビンビンに勃起した俺のおちんちんから手を離さず、顔先に差し出すと舐め回す彼女。そろそろ入れてあげようと顔の前でゴムを装着するとうっとりとみつめる。

着衣フェチの俺としてはチャイナ服を脱がさず、腰の辺りまでグイッとまくり上げて、彼女の足を大きく開かせる。上の方だけチョボチョボと残った毛の下はほぼパイパン状態の割れ目におちんちんを押しつける。たっぷりと刺激されヌルヌルに濡れまくった割れ目は一気に俺の太いおちんちんをくわえこむ。
そのままズブズブと根本まで挿入して先っぽで奥をかき混ぜると「欲しかったの! このおちんちんが好きなの! Aniちゃんの大きいおチンポが好きなの!」と一気に淫語を炸裂させながら喘ぎまくる。いつもどおり敏感な肉体はおちんちんを出し入れする度にビクビクと震え、淫語はいつの間にか意味不明な絶叫に変わっている。

体位を変えようとおちんちんを抜くごとに大量の潮を噴出する彼女。「ズコズコされてるとハメ潮が出ている感触は有るんだけど、Aniちゃんのが太すぎて外に出ないの。おちんちんを抜くと溜まっていた潮が一気に噴出するの」って言う潮吹き人妻さん、潮吹きの瞬間に快感が走るらしく、そのたびに痙攣している。
バックから突かれ、騎乗位で「腰が止まらないの~!」と絶叫しながら高速で腰をガクガクと振りまくり、快感をむさぼりまくる彼女。「Aniちゃんのおちんちんを入れてもらわないと体調が悪くなるほど欲求不満になっちゃうの……」なんて言いつつ激しく感じまくっている。

俺もたっぷりと彼女のエロい反応を楽しむうちにそろそろ限界。彼女を押し倒して足を大きく開かせたら激しくピストン。ギュッと足に力が入り、痙攣寸前の彼女の体を押さえつけてズコズコと激しく出し入れすると一気に快感が高まって大量の精液をゴムの中に噴出、濃厚な一回戦終了~。
俺たちがたっぷりと時間をかけてSEXしている間にお隣の部屋は飾り付けも終わった模様……ってことはこっちの部屋の飾り付けは俺たちの撤収待ち?ってことで休憩もソコソコにカップルルームから撤収、カウンターに戻って軽くビールでも飲みながらダラダラタイム。

カウンターではさっそく潮吹き人妻さんが俺の股間をなで回しながらお酒を飲み始める。おちんちんが反応始めるとすぐにパンツを降ろしてフェラ開始。本当にフェラが好きなんだから~と笑うと「だって、こんな素敵なおちんちんが目の前にあるんですもん、舐めなきゃ損でしょ?」としゃぶり続ける。
そんなことの繰り返しで結局その後2回のSEX。激しく淫語を吐き散らし、たっぷりと潮を吹きまくり、痙攣、絶叫した彼女、最後はがっくりとマットの上に倒れ込む。それでも満足そうにうっすら笑みを浮かべているあたり、本日のデートもたっぷりエロを堪能出来た模様ですね。

夜の部のお客さんが増えて来た辺りで、彼女の都合もあるので我々は撤収。軽くシャワーを浴びて、服を着替えたら日常の世界へ復帰、潮吹き人妻さんを駅まで送って解散。
お仕事の方も順調みたいだし、以前のようにスケジュールも合わせやすくなった彼女、これからもいっぱいデート出来そうですね^^ 喜ばしいことです。


※潮吹き人妻さんのハメ撮り画像はこちら
※ツイッターもやってます。最新情報などつぶやいています。
http://twitter.com/#!/0_AnimaL_0
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2011/08/21 22才巨乳大学院生さんとハプニングバー 

最近良くデートしている22才の大学院生さん。高身長で推定Fカップの美巨乳、さらに俺が喜んでしまうほどの知識量を備える才媛で、デートしていて本当に楽しくなってしまう。
実は「好きな女性がいるんです」っていう彼女、基本的には女性が好きな人なんですが、「Aniさんとエッチするのは楽しいからOK!」と言ってくれてます。
数日前のお盆休み、2人して江ノ島でデートしたけれどその時は時間の関係でエッチは無し。「日曜日はコッテリエッチしようね!」とメールすると「楽しみにしてます!」と彼女からお返事。ラブホも良いけど、最近あんまり顔出していないのでハプバーでお酒飲みながらまったりエッチしようか?と打診すると、俺以外の男性には抵抗の有る彼女、ちょっと心配そうなお返事。もちろん俺がガードしますから!ってことでハプバーに行く事に。

日曜日、お昼に集合して彼女のリクエストで「くじら料理」でランチ。お互い珍しいモノが好きだよねって笑いあいながらお食事が終わったら東新宿の良く行くハプバーへ。店内はカップルさん数名、単独さん数名で日曜の昼にしてはけっこう盛り上がっている。
カウンターで軽く飲んだら大学院生さんにコスを選んでもらってシャワーへ。彼女が選んだのはちょっとシックなワンピース。シャワールームでお互いの体を洗い会う頃にはもうオチンチンはビンビン。早くエッチしたがっている我が愚息。
もう一度カウンターで軽く飲みながら公開フェラ。恥ずかしがり屋の彼女だけど、お酒の力も手伝ってか、大胆に俺の大きなおちんちんを舐め回している。

そろそろ欲しい?って聞くとうれしそうにうなずく大学院生さん、2人で手を握ってカップルルームへGO!
仁王立ちでフェラしてもらったら彼女を床に押し倒して指でたっぷりと割れ目を刺激。彼女の喘ぎ声を堪能して、割れ目がばっちり潤っていることを確認したらゴムを装着して正上位で挿入。
ゆっくりと腰を動かすといつもよりちょっと小さめの喘ぎ声の彼女。人が多いからちょっと緊張しているのかな?と思いつつ俺の方はいつも通りのタイミングで彼女を攻めていく。
心は緊張していても体はいつの間にかトロトロに蕩けているようで、割れ目からはあふれるような淫汁。体位をバックに変えてから壁に手を着かせて立ちバック。ブルンブルンと腰の動きに合わせて揺れる巨乳がマジックミラー越しに外にも見えているはず。

正上位に戻って激しく腰を動かすと一気に絶頂が近づいて来て精液噴出、一回戦終了。トロンとした目で「気持良かった……」とうめく大学院生さんと一緒にマットの上に横たわって幸せな休憩時間。腕枕でのんびりとちょっと寝ちゃったりして。ハプバーだって言うのにけっこうリラックスしている2人。

フロアに戻ると人が増えているので、ソファー席に移動。軽くビールを飲んでいると横に移動してくるカップルさん。いつものように大学院生さんにオチンチンをシコシコしてもらいながらおしゃべりをしていると、ビンビンに勃起し始めた俺のおちんちんに気がつくカップルさん。「お!良いおちんちんですね~」と言う男性さんと、俄然興味を持ってそれを見つめる女性さん。「彼女がしゃぶってみたいって言うんですよ~」と男性さんからアプローチ、大学院生さんに許可をもらってカップル女性さんにフェラしてもらう。カップル女性さん、実は舌ピアス+スプリットタンにしているので、それはそれは絶妙な舌触り。今まで知らない感触におちんちんはビクビクとのたうつ。

「交代しようか?」と交代で俺のおちんちんを舐めはじめる大学院生さん、ワンピースをまくって割れ目をいじるとグチュグチュに濡れているので「ここでしようよ」とゴムを装着、俺の上にまたがって騎乗位で挿入させる。
隣のカップルさんに思いっきり見られながら自分から腰を振る彼女、すでに「ハプバーマジック」にかかっているようで、恥ずかしさのかけらも見せずに大胆に腰を振り、快楽を貪っている。
お互いが登り詰め、息が上がってしまった所で一旦休憩。お隣カップルさんから4Pプレイのオファーが来たけれど、やっぱり大学院生さんが「他の男性はムリ」って言うので、それはお断りする事に。


引き続きソファーでダラダラとラブラブモード。お酒を飲みながら目が合えばキス、お互いの体を触り合う。だんだん固くなるおちんちんを彼女に見せるとすぐにしゃぶりついて来る。放っておくといつまででも舐めている大学院生さんに「フェラ好きなんでしょ~?」とささやくとうれしそうな顔をしながらうなずく。もちろん口は離さずに^^
「そろそろあっちに行く?」と聞くとうれしそうな顔をするので、ビンビンに固くなった大きめのおちんちんを誇示するようにパンツも履かずにカップルルームへ。

マットの上に横たわるとすぐに俺に覆いかぶさるようにおちんちんを舐めはじめる院生さん。俺も彼女を気持良くしてあげたくなってお尻を俺の上に呼び込む。
いそいそとワンピースをまくり上げ、俺の顔の上にまたがって来る彼女、俺の目の前にはキレイに毛を剃り落としたパイパンの割れ目。
舌先を伸ばして割れ目を舐め回すとすぐさまフェラが続けられなくなるほど気持良くなってしまう院生さん。指と舌で同時に攻撃すると声が上がってしまう。

「欲しい?」と聞くとコクコクとうなずくのでゴムを装着したらそのままバックから挿入。腰をグイッとつかんでズコズコと打ち付けるように腰を振るとアフアフと出てしまう声に恥ずかしそうな彼女の顔。
ワンピースの背中のジッパーをグイッと引き下ろして彼女の一番素敵な胸をブルンと露出。カップルームの入り口から見える角度に体を直してバックからズコズコ腰を振ると、Fカップの巨乳がブルンブルンと震えている。多分外から覗いている皆さんはウハウハ言っているはず。

正上位に体位を変えて、彼女の足をグイッと持ち上げて腰を振ると俺の大きめのおちんちんで奥が刺激されるらしく、一気に声が大きくなる。自分でも恥ずかしいらしく、手で口を押さえようとするので、その手を押さえつけて「いっぱい声を出してごらん」と言ってしまう俺、すでにいじめっ子モード突入の模様。
グイグイと腰を振り、彼女の切なげな気持ち良さそうな顔を堪能したら俺からの攻撃はちょっと休憩して上に来てもらう。マットに横たわった俺の上にまたがって自分からおちんちんに手を添えて挿入する院生さん。
でもビンビンのおちんちんは奥に当たりすぎらしく、膝で押さえて奥まで挿入しないように調節している彼女、「奥まで当たると気持良すぎるんでしょ?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく。もちろん「痛い事以外は我慢しなさい」って立場の俺がそれを許すはずも無く、下からゴリゴリとおちんちんを突き上げる。

苦しげに眉を寄せながら快感に耐える院生さんを下から抱き寄せて唇を合わせながらさらに腰を下から突き上げる。彼女の割れ目から大量の淫汁が垂れてくるのを感じながら、少し疲れて腰の動きをストップ、そのうち徐々におちんちんが柔らかくなってきたので3回戦は終了。
隣のプレイルームに単独女性さんが沢山の単独男性を引き入れて一斉に犯されているのを見学したりしながらちょっとイチャイチャしてからまたフロアに出てビール休憩。

ソファーで軽くお酒を飲みながらまたおちんちんをいじり回してもらう。院生さんの手の中でまたもビンビンに勃起してしまうおちんちんに、ふと通りかかった先ほどのカップル男性さんが「お! また勃つんですか? すごいですね~」と感心しきり。
とろんとした目でおちんちんを舐め回している院生さんに「もう一回する?」と聞くと満面の笑顔。お互い手を握り合いながらまたもビンビンのおちんちんを誇示しながらカップルルームへ。
またしてもお互いの体をむさぼり合う4回戦。正上位でたっぷり突きまくるとまた声が恥ずかしく口を押さえようとする院生さん、その手を押さえつけながらプチSモードで感じさせまくる。最後の力を振り絞って激しくピストンすると一気に精液が噴出してフィニッシュ、彼女の上に崩れ落ちてお互いハァハァと荒い息をつきながら幸せな休息。

カップルルームを出るとそろそろ時間も良い感じ。軽く一杯飲んで撤収の準備でシャワールームへ。
先ほど複数の男性とプレイしていた美人女性がいたので「良いエッチしてましたね~」と声をかけると院生さんのボディに目を止めた彼女、「あ! さっき隣でエッチしてたカップルさん! すっごいオッパイキレイですよね~~。うらやましいです!」と大盛り上がり。やっぱり院生さんの素敵なFカップは女性の目も引きつけていた模様^^

ってことでたっぷり遊んだ感のある久々のハプバー、楽しかったねって言い合いながら撤収。ご飯食べていく?ってお誘いしたけれど家から用事があるので戻って来いとのメールが入っていたらしく、最寄り駅で解散。
肉体の相性も合うけれど、心の相性も趣味もバッチリの大学院生さん。これからもいっぱいデートしてくれそうですね!


22才巨乳大学院生さんのハメ撮り画像はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。