FC2ブログ

★2009/07/25 元院生さん・久々のデート★ 

以前処女卒業希望でデートした大学院生さん、そのデートの後学校の事が忙しくなってしまってデートの約束を入れてはドタキャンが何回も続く。まるで誰かがデートの邪魔をしているかのような具合で、「縁が無いね~」って笑っちゃいました^^;

そんな彼女もこの春に大学院卒業、就職をしてからは週末にきっちりとお休みがもらえるようになったってことで改めてデートの約束。
一回は彼女が生理でキャンセルになって「またか!」って気分になったけど、次の約束でやっとデート成功!良かったですねぇ~~。

今回は上野で集合。久々に会った彼女は相変わらず白くてむっちりタイプ。大きくて柔らかい胸が良い感じ。
今回もパイズリしてもらっちゃおうかな~と思いながら湯島のラブホテルに向かう。
前回2007年に初対面した時は処女だった彼女もその後数人と経験はしたみたい。ただいつも男の人が乱暴で痛くなっちゃうので…ってことで今回のエッチは優しさ重視で行く事に決定。

ホテルに着いたらさっそく抱き合ってキス。むっちりと柔らかい彼女の身体の感触を楽しむ。
歩いて汗をかいているからまずはシャワーしようね、なんて言いながらもキスが止まらない。
お互いの身体に触り合っているうちにドンドン気持ちが熱くなってしまってお互いの服を脱がし合う。ズボンを下ろして股間を露出するとおちんちんにしゃぶりついて来る。
前回の処女卒業希望の時に教えたフェラを覚えているらしく、彼女の唇使いはばっちり俺の好みのやり方。刺激の場所も適切で気持ち良い。すぐさまビンビンにされてしまう。

彼女のシャツを脱がすと大きな胸がボイン!っと露出。その柔らかな感触を楽しんでいると彼女もドンドン声が出てしまう。
お互い興奮してしまってシャワーどころでなくなってしまいベッドへ。彼女を裸に剥いたら割れ目を指でたっぷりと刺激。たっぷりと濡れて柔らかくなったところで彼女の方から「欲しいよ…」って申告が来たのでそうっと挿入。
先っぽを割れ目に押し当てて、優しくゆっくりと入れて行く。
彼女が未経験だった時は痛くて入らなかった俺のおちんちんも、経験を済ませた彼女の割れ目ならゆっくりと入っていく。
痛みが無い事を確認しながらゆっくりと腰を進めていくと程なく奥まで挿入完了。ゆっくりと腰を動かすと声を上げて気持ちよがる。

さすがに汗が大変なので一回シャワーへ。身体を洗いあって浴槽に入ろうとする彼女を捕まえて、フェラしてもらう。ビンビンになったら彼女を捕まえて立ったままバックから挿入。これまで経験を積んできた彼女、ばっちり受け入れOK! 立ったままズコズコして、彼女の白くて大きな胸がブルブル震えるのを見て楽しむ^^
適当なところで身体を離してお風呂でのんびり。

身体を拭いたらベッドへ。彼女にたっぷりフェラしてもらったら俺も指と舌でご奉仕。
Gスポットを丁寧に刺激すると腰をビクビクと痙攣させながら何回も絶頂に達する。
いつの間にかこんなに感度の良い身体になったんだね~って感心しながらも彼女の痴態に興奮してしまっておちんちんはビンビン、そろそろ入れさせてもらうことに。
ゴムを装着したら足を大きく開かせて正上位で挿入。ゆっくりと入れると俺の大きいのでヌルッと入ってしまう。彼女の柔らかい割れ目に包まれている感じがすごく気持ち良い。
ゆっくりと腰を動かすと大きな声を出しまくる彼女、かなり感じているらしい。
腰を回して割れ目をかき回すと激しく声を出して反応、自分から腰を動かしながら求めてくる。
それに応じて俺も激しく腰を動かしてズコズコ突いていると程なく彼女から痛みを訴える声。やっぱりちょっとアソコが痛くなりやすいみたいだね~~^^;

仕方がないので身体を離してフェラと手コキでフィニッシュさせてもらう。
彼女の手の中でビクビク震えながら精液を噴出する様子をうれしそうに見つめる彼女。ご苦労様でした^^
ベッドで寝ながらあれこれおしゃべり。彼女の新しい仕事の事なんかをあれこれ話してもらう。
その間にキスしたり身体に触ったりしている間にお互い熱くなって来てしまって彼女から「触って…」とリクエスト。指と舌でたっぷりと刺激してあげる。
割れ目を開いてクリを下で転がして上げているうちに欲しくなってきてしまったらしく挿入を求めてくる。
軽くフェラされただけで固くなっちゃうおちんちんにゴムを装着したら足を大きく開かせてゆっくりと挿入。
でも軽く出し入れしただけでやっぱり痛いだけなので今回は断念してエッチ終了。

次のデートの時は痛みが軽くなるようにローションを使うことに決定。彼女のリクエストで次回のエッチの時はビデオ撮影もする約束しちゃいました。
就職してやっときちんと休みが取れるようになったんだから、これからも定期的にデートしなくっちゃね!ってことで今後も楽しいエッチがたくさん出来そうですね^^

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

★2009/07/24 19歳音大生ちゃんと仕事場で立ちバック★ 

日記常連の音大生ちゃん、「仕事場で一人っきりで仕事だから遊びに来る?」とお誘いすると一も二もなく「行きます!!」とお返事。メールの向こうから目が爛々と輝いているのが分かるくらいの元気なお返事^^;
当日はお昼ちょっと前にデパートで買ったお弁当を抱えて音大生ちゃん登場。俺の仕事のキリが良い所まで、俺の横に座って仕事の見学。
アダルトビデオのジャケットのデザインの仕事をしているので、基本的に画像は全部無修正のエロ画像。それを見ながら密かに興奮しているらしい音大生ちゃん^^

仕事が一段落したら接客スペースでお食事。お食事しながら買ってきてくれたお弁当をのんびりと食べる。
食欲が満たされたらさっそく性欲モード。椅子に座った彼女に近づくと彼女もすっと立ち上がってくるのでギュッと抱き合う。いつも以上に長く柔らかいキスから彼女の期待が伝わって来る。
唇を合わせながら彼女の胸に手を伸ばすと軽い喘ぎ声の中から「やっぱりここでしちゃうんだ…」って興奮が伝わって来る。

彼女の手を股間に導くとうれしそうにズボンの上からおちんちんをなで回す。
ベルトを外して股間を露出するとしゃがみ込んでうれしそうにおちんちんを見つめる。確認するように俺の顔を見てからパクッと咥えてフェラ開始。いけない場所でエッチな事をしているって興奮からおちんちんはすぐさまビンビン。
俺のリクエストでスカート+ニーハイソックスの彼女。リクエストした時に「Aniさんは普段女性の服装とか全然気にしないので珍しいですね?」って言う彼女。
…いや、仕事場にはベッドもソファーも無いので全裸になってエッチが難しいんだよね。スカート+ニーハイならパンツを下ろせばすぐ合体出来るじゃん??^^

ってことでスカートをまくり上げてパンツを脱がす。敏感な彼女、割れ目はすでにヌルヌル。そのことを指摘すると「だってAniさんに触られるとどこでも気持ち良くなっちゃうんだもん…」って恥ずかしそう。
ビンビンのおちんちんにゴムを装着したら椅子の背に手をつかせてお尻を突き出させる。
後ろから割れ目におちんちんをこすりつけると角度を合わせるようにお尻を動かしてくる彼女、欲しくて堪らないご様子。そのままクイっと腰を押しつけると割れ目をかき分けてズブズブとおちんちんが侵入。いつものように声を出しそうな彼女の口を慌ててふさぐ。
だって、ここ普通のマンションなんだもん。あんな喘ぎ声出されたら近所に丸聞こえ^^;

スカートをまくって露出した丸いお尻に出入りするおちんちんを見るとなんだかすごく興奮する。
それは彼女も同じらしくいつもより興奮しているみたい。でも声を出しちゃいけないって我慢がさらに快感に拍車をかけるようで、顔を真っ赤にしている。
椅子に手をつかせてバックからズコズコすると「く~~、く~~~っ!」と我慢した喘ぎ声。さらに後ろから押すようにゆっくりと歩かせて壁際へ。
壁に手をつかせると身体が安定するのでさっきよりも激しく腰が動かせる。彼女の手を片手で塞ぎながらパンパンと音がするほど腰を打ち付けるとガクガクと身体を震わせながら感じる彼女。それでも声を我慢しようとしているのがいじましい。

身体を一旦離して彼女を椅子に導く。椅子に座らせて足を大きく開かせたら前から挿入、キスで唇を塞ぎながら激しくズコズコ。
彼女を首にしがみつかせて、俺は腰を軽く抱えるようにしながら腰のスピードを上げて程なく絶頂、ゴムの中に発射してエッチ終了~~。


身体を離してお互い濡れた部分を拭き合って、落ち着いた頃に彼女が「いつもより早いよね~」って。もう少したっぷりエッチしたかったご様子^^;
今日はまだ仕事も有るからこれで勘弁してねってことでご理解いただいて、俺はまた仕事モード。
次のエッチの時はもっとたっぷりしてあげるからねって約束すると「あたしが6回も行くまでするのはたっぷり過ぎると思いますけど~!」って笑いながら喜んでいる彼女^^
たしかにそのエッチから比べると今日のはアッサリだったかもね~。

俺が仕事をしている間、横に座って仕事を覗いたりしていた彼女、飽きてしまったんだか、仕事の資料を見たりクローゼットの中を探検したりしていたけど、最後はクッションを抱えて俺の横に座り込んでクークーと寝てしまう。さっきのエッチでけっこう体力使ったかな?
目が覚めた頃には良い時間だったのでそろそろ撤収の準備。
「Aniさんと一緒にいるだけで安心できるので、家にいる以上にリラックスしちゃいました~~。」と言う音大生ちゃん、俺にとっての最高の褒め言葉ですよ^^

ってことで、ちょっと短めだったけど二人だけの時間を堪能しちゃいました。
これから夏休みの音大生ちゃん、アルバイトなんかも有るみたいでそれほど自由に会える訳では無いんだけど、これからも時間が許す限りいっぱいデートしましょうね~^^

★2009/07/23 潮吹き人妻さん仕事場で待ち合わせ★ 

この週は一緒に仕事をしている先輩が旅行で丸々お休み…ってことは仕事場は俺一人。
興味が有る女性は来ても良いよ~と連絡すると数人の女性から立候補。
そのうちの一人、ジャパメタ大好きロック姉さんが来る事になっていたんだけど、「生理になっちゃいました」ってリタイア。
さてどうしましょう?と思った時に登場してくれるのが潮吹き人妻さん。「仕事の後で良ければ行くよ~!」ってことで19時ちょっと過ぎに近所で買ったお弁当持参でさっそうと登場。

本来なら「仕事場でエッチしちゃおうか!」って事になるんだけど、彼女の場合潮吹きで床がびちゃびちゃになるのでちょっとここでは無理^^;
それでも俺の仕事が一段落してお弁当を食べた後にフェラを所望。「仕事場なのにな~」なんて言いつついそいそと俺のおちんちんを握ってレロレロとしゃぶってくれる彼女。
本当におちんちんを舐めるのが好きな彼女、たっぷり気持ち良くされてすぐさまビンビンになってしまう。
あ~~~!このまま入れたい!!とは思うけどさすがに無理なので速攻で仕事場を片付けてホテルにGO! 仕事場が歌舞伎町に近いのでホテル街も歩いてすぐです!

よく行くこじんまりしたホテルにチェックイン。ギュッと抱き合う前に荷物やら服やらを棚の上に避難させる。「今日も替えのパンツ買って、はいてきましたよ~」って言う彼女、仕事用のスラックスを脱がせるとピンクのTバック。俺の趣味を良くご理解のようで^^
ギュッと抱きしめて舌を絡めながらTバック越しに割れ目を刺激するとそれだけで腰からくにゃんくにゃんに力が抜けてしまう彼女。俺にギュッとしがみつきながら声を上げる。
パンツ越しに触っただけで割れ目から大量の愛液がしたたるのが分かる。Tバックを脇に寄せて割れ目を露出、クリをいじめると一発目の潮を噴出。相変わらず絶好調^^

下着姿になってもらってフェラ開始。先に全裸になっている俺の前にしゃがみ込んでおちんちんにしゃぶりつく。「このおチンポが好きなの~」と淫語を吐きながら口いっぱいにおちんちんをくわえ込む彼女、その姿に興奮して…と思いきやちょっとおちんちんの反応が悪い。さっきはビンビンだったのにね^^
それでも8割くらいのサイズに大きくなったおちんちんは彼女の口にあまり始めてる。
俺も興奮しちゃっているので彼女をベッドに押し倒して下着を着たままの彼女に挿入。
Tバックを横にずらしてキレイに毛を処理している割れ目を露出したら一気におちんちんを滑り込ませる。8割程度の勃起でも普通のおちんちんよりちょっと大きめらしく、しきりに喘ぎ声を上げる彼女。「俺のおちんちんが挿入されている」って状況がすでに気持ち良いのかもしれない。
確かにかなり感じているらしく、彼女の割れ目の奥の肉がグネグネと動いている。
彼女、感じると奥の肉がぐねりまくるという銘記。その圧力に固くなりきっていないおちんちんは何度も押し出されてしまう^^;

この状態でのエッチはちょっとあきらめてシャワーへ。シャワーを浴びながらまた彼女の割れ目をいじめまくって立ったまま何発も潮を吹かせてしまう。
「本当に女体をいじめるのが好きなんですから~~」と言いながら抱きついてくる彼女。すっかり甘えん坊モード。
ベッドに行ったらまたすぐにおちんちんにしゃぶりついて来る彼女。本当にフェラが好き。
さっきと同様俺の方は8割くらいしか固くならないけど、大きさは十分以上なので彼女をベッドに押さえつけて正上位で挿入。一気に入れられて激しく声を上げる彼女。
「Aniちゃんのおチンポが入ってるよ~!」と淫語を叫ぶ彼女、俺が思っている以上に感じているらしい。
確かに俺のおちんちんだと8割程度でも普通サイズのおちんちんよりちょっと大きめ。以前も良くデートしていた相手から「固くなりきらない状態だと、アソコのお肉と絡み合うみたいな感触でこれも気持ち良い」って言われたことがある。
確かに俺のがギンギンに固くなっているとこすれすぎて痛いって言われた事もあるなぁ^^;

感じまくってグネグネ動きまくる彼女の割れ目の中の肉に負けないように腰を動かしておちんちんを出し入れする。激しく感じまくって声を上げる彼女の表情にかなり興奮する俺。
さっきからたっぷりフェラで感じさせられちゃっているので思ったより早く絶頂が来てしまいそうで、腰の動きをぐぐっと早めてしまう。
ハイスピードで出入りするおちんちんに彼女は絶叫モード。足をグイッと広げて押さえ込んで奥までズコズコ突いているうちに俺も絶頂、彼女のお腹の上に白濁液をぶちまけて一回戦終了~。
かなり感じてぐったりしている彼女、おちんちんを抜いた瞬間に派手に潮吹き。すでにベッドびちゃびちゃ。せっかくバスタオル敷いてるのにね~~^^;

ベッドで抱き合ってあれこれおしゃべり。今のエッチの感想やら、最近のお互いの活動やら仕事やらアレコレ話しているうちに彼女がエッチモード。俺のおちんちんをまさぐっていたかと思うと、ゴソゴソと足の間に入ってきてフェラチオ開始。すごくうれしそうに、おいしそうにおちんちんをしゃぶりながらだんだん大きくなる俺のおちんちんに関する感想をアレコレ。
そんな彼女に手を伸ばして割れ目をまさぐったり、乳首をつまんだりして彼女が「キュ~~~」って反応しているところを見ているうちにおちんちんは完全勃起。
「やっぱりAniちゃんは女体をいじくるのがお好きなんですね~」なんて言ってる彼女のバックを取って、押し倒して割れ目に一気に挿入。

「あ!バックから入れられてしまいました~」なんて言っているのもつかの間、俺が腰を振り始めると激しい喘ぎ声で何もしゃべれなくなる。
ビンビンに固くなっているおちんちんを出し入れしながら手を伸ばしてクリをこすると何度もビクンビクンと痙攣する。多分一回一回絶頂に達しているはず。割れ目の中の肉もグリグリと動いて俺のおちんちんを刺激する。
このまま動いて発射か!と思ったけど腰が疲れてしまって一回休憩。
その間もおちんちんから口を離さない彼女^^;

欲しそうにしているので上に乗ってもらう。まだ固さを保ったおちんちんの上に腰を下ろして、スルッと入れちゃう彼女。
騎乗位だと一気に快感がほとばしってしまうようで、「腰が止まらないよ~!」と泣き声を上げながら痙攣するように激しいスピードで腰を上下する彼女。
下から手を伸ばして乳首をつまんでグリグリ刺激すると声も上げられないほど感じて腰のスピードが上がる。
体位を入れ替えようと腰を話すと潮が噴出、そこら中びちゃびちゃ^^;
ベッドの少ない乾いた部分に押し倒して正上位で挿入、激しく腰を振ると何度もビクビクと痙攣する彼女。そのうち俺も絶頂が来て、白濁液噴出!2回戦も終了~~。
彼女の身体にぶちまけた精液をティッシュで拭いてあげると彼女も精液にまみれたおちんちんを丁寧に舌と唇でぬぐってくれる。いつも丁寧にありがとうございます^^

今回は仕事場でお食事していけたのでホテルでもなんだか時間をたっぷり使えた気がする。
彼女も「今日は2回も発射してくれると思ってなかったよ~」とうれしそう。
俺もたっぷりエッチさせてもらった上にプロの技でマッサージしてもらって大満足。大変良いデートになりました^^


実はこの日から3日連続でデートが入っちゃっていたのであんまり回数はしないつもりだったんですが、思わず興奮して2発発射しちゃいましたね~~^^;
翌日からのデートもがんばらないと他の女性たちに叱られてしまいますね!

★2009/07/13 19歳音大生ちゃんからの素敵な誕生日プレゼント 

この日は俺の誕生日。仕事を休んで19歳の音大生ちゃんと一日誕生日デート。
結果から言うと「今日は誰の誕生日だったんだっけ?」って思うくらいに音大生ちゃんのわがままを聞いてあげている俺がいたんだけど、俺は一緒にいる人が楽しんでくれるほど楽しい人ですからね、結果OKです^^

午前中新宿に集合、軽くお食事して彼女のリクエストで「エヴァンゲリオン」を見に行く。
音大生ちゃん、本日はグレーのYシャツにちょっとタイトなミニスカート+パンストってちょっと大人っぽい格好。最近ちょっと胸が大きくなって来ているので、胸がYシャツの生地にギュッと押しつけられてブラの模様が透けているのを指摘すると「ぎゃ~~~!」と悲鳴を上げながらカバンで胸の前を隠す。可愛い^^

昼飯を食おうとビルのレストランフロアをぶらついていると目ざとく「トロロとオクラのパスタ」を見つけた音大生ちゃん、「Aniさん~~、トロロ食べてトロロ!トロロ」と連呼。君は何を期待しているんだ?
俺の気分は牡蠣だったのでオイスターバーへ。「牡蠣も下半身に効くのよ」と教えると自分の皿から俺の皿へ牡蠣をボンボン放り込む彼女。だから、何を期待しておる!

映画を見終わってもまだ3時前、今日は平日だからラブホもほとんどフリータイム、普段入らないラブホにチェックイン。アジアンテイストな可愛いところで、ベッドには天蓋なんかもあって大満足。
目ざとく「コスプレサービス」が有るのを見つけた音大生ちゃん、「今日は誕生日だからあたしからのプレゼントですよ!」と言い張ってナースコスプレを注文する彼女。
…「俺の趣味だから」って言いながら、最近着衣エッチにはまってないですか??
「何で今日こんなOLみたいな格好してきたと思います?」って笑う彼女、俺が??って思っているといそいそとメガネを取り出す。「ほら、Aniさんメガネフェラ好きって言ってたから~~。この服だとメガネ似合うでしょ!」ってメガネっ子に変身。その気持ちがうれしくなってギューっと抱きしめてしまう。

抱きしめてキスもそこそこにフェラを所望。OL風の服装でメガネっ子フェラにものすごく興奮している俺、すぐさま固くなったおちんちんに「もう先っぽしかしゃぶれない~」とうれしそうな彼女。
俺も彼女のシャツのボタンを外して手を入れるとさっそくうれしそうな顔をしながら感じ始める彼女。
ふと足下に目をやると、パンストのかかとからふくらはぎにかけて大きな伝染!そのことを指摘すると悲しそうな顔をした彼女「…じゃぁ、これ破っちゃって良いです…」ラッキー!
ってことで彼女をベッドに誘ってキス。スカートをまくってパンスト越しに股間をたっぷりなで回したら縫い目に指をひっかけて一気に引き裂く!見る間に穴が広がってパンツが覗く。

「キャー!」って言いながら彼女も興奮しているご様子。パンストの裂け目から覗いたパンツの上から割れ目を刺激するとさっそく目がとろんとしてくる。
シャツを開いてブラ越しに胸を揉みまくりながらパンツを脇に寄せて割れ目に直接アタック。
すでにヌルヌルになっている割れ目はすぐに指を受け入れる。指2本でGスポットに刺激すると一気に声が大きくなる彼女。乱れた着衣がメチャクチャエロい。


彼女が伸ばして来た手の中で完全に勃起してビンビンのおちんちんにゴムを装着したら、着衣のままの彼女に挿入。
彼女をベッドに転がして服を着たままの足を大きく開かせる。パンストをさらに大きく破いたらパンツをずらして露出した割れ目におちんちんをすりつける。先っぽをあてがってグイッと腰を進めると、ズブズブと入っていってしまう。
服を着たまま入れられちゃっている自分に興奮しているのか、彼女の声はいつもより大きめ。メガネをしたままの喘ぎ顔もエロくて俺も激しくなってしまう。

体位をバックに変えたらつながったままゆっくりとベッドから降りる。ベッドに手をつかせて立ちバックでグイグイと腰を動かすと、めくれたスカートの下の破れたパンストに包まれたお尻がプリプリと動いて扇情的な景色。
彼女を促して洗面所まで挿入したまま歩くと、鏡の前で改めて着衣のままつながっている事を見せつける。鏡に向かわせて後ろから激しく突くと、メガネの顔が快感にゆがむ。
鏡の前でだんだん服を脱がせて全裸になったらそのままお風呂へ。
シャワーの前に壁に手をつかせて立ちバックで挿入、立ったままバックからズコズコ。結局どこに行っても入れられちゃうって事実にもう行きも絶え絶えな彼女。
それでもシャワーを終えて浴槽に入ろうとしてゴムを外そうとすると「え~?取っちゃうのって言うのはまだまだ挿入して欲しいってこと。若いなぁ~^^

ってことで彼女のリクエストにお答えして浴槽の中で立ちバック挿入。さらにつながったまま浴槽の中に腰を下ろしてお風呂の中でズコズコ。お湯の抵抗でゆらゆら動く身体が何か刺激的。
さすがに適当なところで中断して、後は浴槽の中で抱き合ってキスしながらまったり。
身体を拭いてベッドに戻ったらエッチ再開。お風呂の中で小さくなったおちんちんもちょっと刺激されただけでまたビンビンに勃起、ゴムを装着したら正上位合体。
グッと奥まで挿入してグリグリと奥を刺激したり、おちんちんの長さ全体を使って出し入れしてみたり、色々な形で彼女を刺激する。
特にカリが入り口をこする刺激が感じるらしく、出し入れすると「そこ!そこ!」と大きく喘ぐ。スピードを上げると「ダメ!ダメ!」と叫びながらグググっと身体に力が入っては叫び声と共に脱力を繰り返す。一回一回絶頂に達しているようで、ドンドン目がうつろになっていくんだけど、身体は感じるらしく、俺の刺激に毎回反応してしまう。

そろそろ俺も絶頂が近そうなので腰のスピードを上げて発射モード。彼女の耳元で「行きそうだよ」ってささやくと息も絶え絶えに「来て…来て…」と声が出る。
発車寸前の快感を感じて腰のスピードをさらに上げるとその刺激で数回絶頂に達してしまう彼女。ギュッとしがみついてくる彼女に「行くよ!」と叫びながら発射、その瞬間に彼女もビクンビクンと痙攣、一緒に達してしまったご様子。
発射してもまだ固さを保っている俺のおちんちんに貫かれたままぐったりとベッドに倒れて動かない彼女、それでもおちんちんを抜く時にこすれる快感に「あぅん!」って声が出てしまう。


一回戦が終わった時点で二人ともかなりぐったり。ベッドに横たわってダラダラと昼寝モード。
そろそろ体力を取り戻したらしい彼女、「ナースまだ着てない!」って言いながらベッドを降りて届いていたコスプレを取りに行く。洗面所でモソモソしていたな~と思ったら「じゃ~~ん!」って言いながらナースコスプレで登場! またしてもメガネかけてるし^^;
そのままベッドに寝ている俺の上に乗り上がって「どこか悪いところは無いですか~~?」とか言いながら股間を触る。良く分かってるじゃん^^
下から抱き寄せてメガネナースさんにたっぷりとキス。柔らかい唇をたっぷりと味わっていると彼女、するっと布団にもぐりこんで俺に抱きついてくる。
ナースコスの上から胸をグリグリと揉んでいると彼女も興奮してきたのか、もそもそとお布団の中に潜り込んでフェラ開始。布団を剥ぐと俺の股間を咥えたまま恥ずかしそうに笑う^^

さっき発射したばっかりのおちんちんが彼女の口の中でドンドン育ってしまう。
俺も彼女のお尻に手を伸ばして、ナース服の下のむき出しのお尻に触ってそのギャップに興奮、彼女の腰をこちらに引っ張り寄せて69の体勢、彼女の割れ目をたっぷりと舌でこねくり回す。クリとびらびらをたっぷりと味わうとかなり気持ち良いらしく、口がお留守になってしまう。
「おちんちん入れたい人~?」と聞くと「はぁ~い」と可愛い返事が来るのでコスを着たまま上に導いて騎乗位で挿入。ナース服の下のむき出しの割れ目がゴム装着を待ちきれないくらいの勢いでおちんちんを飲み込む。

かなりの勢いで俺の上で腰を振る彼女、いつの間にか帽子も吹き飛んでしまっている。
身体を起こして座位になると大きなおちんちんが入っている割れ目が丸見え。それを見せつけるように動かすと彼女も食い入るように見つめているのがわかる。
体位をバックにしようとすると「ちょっと痛いから…」と拒否。女性を痛くさせるのは苦手なので、了承して正上位。
そろそろ本格的にエッチしたいのでナース服は脱がせて全裸で抱き合う。ベッドに横たえたら足を大きく開かせて挿入。もうこれで何回目のエッチになるのか、分からなくなるほど彼女とはエッチしているけど、毎回挿入の時の表情がたまらない。一気に興奮してしまう。

彼女の気持ち良い顔を見ながら腰を動かしていると、明らかに快感の度合いが増しているらしく、さっきより短いペースで何度も絶頂に達しているらしい。
俺もじらしたり無理にがんばったりしている訳では無いんだけど、身体の相性が良い分、感じまくってしまうみたい。
そんな彼女に追いつこうと激しく動けば動くほど彼女も感じてしまって何回も達している。女性の身体ってうらやましいなぁ~。
そうこうしているうちに長かった今までのプレイの疲れが来て俺の腰がギブアップ。もう一回彼女が達するのを見守ってからプレイ終了。彼女とつながったまま少しの間抱き合って、おちんちんが治まり始めてから身体を離す。それでもまた声が出てしまう彼女^^


フリータイムでまだ余裕が有るので抱き合ってお昼寝モード。目が覚めたらたっぷりとキス。いつも以上に長く柔らかいキスをして、お互いの気持ちがまだまだ熱くなっているのを確認。
さすがにそろそろ良い時間なのでお風呂に入って撤収モード。
「ね~~、今日って本当は誰のお誕生日か分からないくらい、あたしが楽しんじゃってごめんなさい~!」って笑う音大生ちゃん。でも一緒にいるお相手が楽しんでくれてるって事は俺も楽しいってことですからね^^ 俺もうれしいですよ。
と、いう訳で長かった俺の誕生日デートもそろそろ終了。肉体的には1歳年を取ったことになりますが、精神的にはまだまだ気合い十分です。これからも生活を楽しんで、充実して行こうと思います!

★2009/07/10 ロック姉さんと焼き肉デート!★ 

先日初対面したジャパメタ大好き姉さん、「そろそろ遊んでよ~」って言うので仕事の後にデートすることに。
彼女のリクエストで焼き肉屋さん、ホルモン系とにんにくをがっつり仕込んでビールもたっぷり飲んだらお互い「行っちゃう?」ってことでラブホにGO!

部屋に入って荷物を置いたらさっそく抱き合ってキス。背が低めで華奢な体つきの彼女、ギュッと抱きしめると折れてしまいそう^^;
ジーンズを下ろしてフェラを求めると着衣のまましゃぶりついてくれる。さっきのにんにく効果か、おちんちんはすぐさまビンビン。それでもがんばって舐めてくれる彼女。
「Aniさん、ミニスカート好きでしょ!」って言ってはいてきてくれたミニスカートをまくってパンツの上から彼女の割れ目にアクセス、パンツを脇に寄せて割れ目に直接触るとばっちりヌルヌルになっている。
おちんちんは「もう入れたいよ~」って主張しているけど、汗もかいたことだし二人でシャワーへ。汗を流したらさっそくベッドへGO!

全裸のままベッドで抱き合う。キスをしながら彼女の形の良い胸に手を伸ばす。
それほど大きさは無いけれどぷりっとお椀型に盛り上がった彼女の胸は「他の人にも良い形だって言われてます!」って自慢のおっぱい。乳首をつまんでクリクリ回すと声が漏れてきてしまう。
ベッドに横たえて濃厚にキス。唇を首筋、鎖骨と移動させていって胸に到着したら乳首をたっぷりと舌先で転がしてあげる。もちろん空いている方の手は割れ目をたっぷりと刺激。
挿入して軽く曲げた指先でGスポットをいじめるとかなり良い声を出す彼女。

乳首から唇を股間まで下ろして軽く指で開いて露出したクリを舌先で舐めまくる。彼女の身体に力が入ってくるのが分かる。

この辺で俺も気持ち良くしてもらおうとフェラしてもらったところで問題発生。おちんちんが全然反応しない。仕事の後で疲れてるから?焼き肉屋さんでビール飲みすぎ?と色々考えたけど結局あんまり固くならず。
根本を握って先っぽに血を集めて挿入、動いている間にその刺激で固くなるかな?と挑戦してみたけどやっぱりダメ~~。

彼女に申し訳無いのでその分は指と舌の刺激でお返しすることに。
舌と指のダブル刺激で、クリを舌先で転がしながらGスポットを刺激しまくると大きな喘ぎ声の合間に「行きそう!行く!」って声が混じってくる。指先で激しくクリをこね回すと程なく身体がビクンビクンと痙攣、絶頂にたっしてしまったようです。
もう一回くらい挿入に挑戦しようか?って思ったけど俺の股間は相変わらずの沈黙状態。まぁ、こういう日もあるよね~ってことでその日は撤収。
彼女とは早めのリベンジを約束しました。今週中は俺は仕事場で一人きり状態なので彼女も遊びに来てくれるご様子。

もちろん仕事場でエッチしちゃいましょう~^^ 早めに仕事を切り上げてハプバーかホテルに行っちゃうのも良いかも!

★2009/07/04 音大生ちゃんと土曜日夕方デート★ 

最近、土曜日学校の後でもホテルでエッチする程度だったら門限までに家に帰れると気がついちゃった19歳の音大生ちゃん、本日も「デートしましょ!」と予約が入っちゃいました。
新宿のいつもの待ち合わせ場所にいると「今日、学校のみんなから服装がエロいと言われました!」とメールが入る。ドキドキしながら待っていると全身黒で決めた彼女が登場。
黒のカットソーに黒いミニスカート、そして俺が大好きなニーハイソックスも黒! 黒づくめの中に生の太ももだけが露出する感じで目がそこに吸い付けられる。これは確かにエロいって言われるかも!

俺の腕にがしっとぶら下がって本日の学校の報告をしてくれる彼女。色々と疲れたようで、ホテルに入ると一直線にベッドに向かって服を着たまま倒れ込む。そのまま布団に潜り込んで「おやすみ…」って寝ようとする彼女の上からのしかかるとケラケラ笑いながら抵抗するけどキスが始まると自分から抱きついてきてたっぷりと唇をむさぼりあう。
舌と唇をねっとりと絡ませ合いながらお互いの身体を触る。カットソーをまくり上げてブラを露出させたら隙間から指を入れて乳首をつまんでこねると声が出始める彼女。
ジーンズを下ろすとパンツの上から俺のおちんちんをなで回してくる。
唇を離して「舐めて良い?」って懇願してくるので許してあげると自分から俺のパンツを引き下ろして飛び出た大きなおちんちんに四つん這いでしゃぶりつく。

ミニスカ+ニーハイで着衣のまま四つん這いフェラって絵柄が俺のフェチにメチャクチャ合致するのでかなり興奮、おちんちんは彼女の口の中で一気に固くなってしまう。
俺も彼女の胸に手を伸ばしてたっぷりといじめてあげるとそのうち彼女はフェラを続けられなくなるほど感じて声が出始めてしまう。
着衣のままの彼女をベッドに横たえて足を大きく開かせる。黒いミニスカートから覗いた生足がすごく扇情的。パンツを横に寄せるとヌルヌルに濡れた割れ目が出現。指を当てると簡単に入っていってしまう。軽く指を曲げてGスポットを刺激すると一気に声が激しくなる。
「ダメダメ!ダメ!」って声を無視して執拗にGスポットをいじめていると彼女の身体がグッと反り返って痙攣。指だけでさっそく達してしまった様子。
俺の方も完全に勃起して臨戦態勢なのでゴムを装着。すでに軽く放心状態の彼女、それでもうれしそうな表情で俺がゴムをつけるのを見ている。

パンツだけ引き下ろして合体。それでもパンツは片足の膝で止めるのが俺のフェチ?
おちんちんを割れ目に当てると軽く力を当てただけでズブズブと飲み込まれていく。
かなりこすれるらしく、ゆっくりと押し込んでいるだけで声が漏れる彼女。
正面から軽く出し入れすると下から抱きついて唇を寄せてくる。舌を絡めながら腰を振ると合わせた唇の間からグムグムと声が漏れる。身体を起こして腰のスピードを上げると一気に高い声が漏れてくる。腰を振る合間にグイッと奥まで入れて腰を押しつけて奥をグリグリと刺激するとそれも感じるらしく「気持ち良い!気持ち良い!!」と何度も繰り返す。まだパンツを脱いだだけの姿なのに俺の大きいヤツをバックリとくわえ込んでいる姿に激しく興奮して何度もグリグリといじめてしまう。

体位をバックに変えてスカートをまくりあげる。ペロンと露出した白いお尻に手をあてて、割れ目に挿入したら、ゆっくりと後ずさりしてベッドから降りる。
俺のもくろみを察したらしく「また歩くの~!」と不満そうな彼女。
でも気にせずゆっくりとベッドを降りて、そのまま立ちバック歩き…と見せかけて、ベッドに手をついた彼女の腰を後ろから押さえて激しく後ろから突く!
いきなりの攻撃に一気に大きな喘ぎ声を上げて感じまくる彼女、腰を止めると「反則!反則~~」とうめいてる^^ うふふ、油断するからそうなるのだ~。
彼女を引き起こしてまだつながったままゆっくりと歩く。洗面所に着いたら洗面台に手をつかせて立ちバック。鏡に顔を向けさせて、淫らな顔をたっぷりと見せつける。
つながったまま服を脱がせてやっと全裸状態。腰を離してミニスカートを脱がせたら洗面台に座らせて正面から挿入。不安定な体位がまた興奮を誘うらしく、丸見えの挿入部分をチラチラ見ながら激しく声を上げる彼女。

さらに彼女とつきあい始めて初めての挑戦、挿入したまま彼女の手を俺の首に回させて俺は彼女の膝から腰をグイッと持ち上げて駅弁。
「無理だよ!無理!」って叫ぶ彼女を尻目にそのままの体勢でベッドまで歩く。
さすがに身長170センチを超える彼女、体重もある程度有るので途中で立ち止まって腰を振るのは無理。それでも挿入したままベッドまで到着しましたとも^^
ドンと背中からベッドに落とされてその勢いで一気におちんちんも奥まで入った模様。快楽のうめき声を上げる彼女のそのままの勢いでズコズコ腰を動かす。
正上位だとかなり良い場所に当たるらしく、「そこ!そこ!!」を何度も繰り返す彼女。
特にカリが割れ目の入り口をこするのが気持ち良いらしく、おちんちん全体を使って出し入れすると「行く!行く!」と何度良いながら身体にギューッと力が入ってくる。
そのまま刺激を続けるとブルブルと痙攣しながら一気に弛緩、それを何度も繰り返す。
彼女が何回か頂点に達したのを見届けた頃俺もそろそろ限界。「行きそうだよ」って彼女にささやくと力なく「来て…来て~」とつぶやく彼女。彼女の体力ももう限界みたい^^;
一気に腰のスピードを上げてズコズコ。彼女の絶叫を聞きながら俺も一緒に絶頂、ゴムの中に大量の精液をぶちまけて一回戦終了。絶頂に達した後、何回もビクンビクンと震えながら精液を吹き出すおちんちんに一回一回「アウン、アウン」と反応する彼女。身体がかなり敏感になってしまっているみたい。


一回身体を離して抱き合うと甘えたように頭をこすりつけてくる。腕枕でのんびりと横たわってアレコレおしゃべり。学校の事やアルバイトの事を楽しそうにおしゃべりしてくれる彼女。
その合間にたっぷりキスしてお互いの身体に触り合っているうちにまた気持ちが熱くなってくる。彼女の手を股間に導いて「お口でしてくれる?」ってお願いするといそいそと足の間に入ってしゃぶってくれる。俺も彼女の腰を誘って69でお互いの気持ち良い部分をたっぷりと舐めあう。しばらくすると俺のおちんちんはビンビンに完全勃起。彼女の割れ目もグチュグチュに濡れてしまって臨戦態勢。

彼女をベッドに押し倒したら正上位で挿入。一気に貫かれて高い喘ぎ声を上げる彼女。
おちんちん全体を出し入れするようにこすると「そこ!そこ!」と激しく喘ぐ。
激しくするばかりではなく、奥まで挿入したらじんわりと腰を回すようにかき回すとそれも気持ち良いらしく下から抱きついてくる。動きに緩急をつけながら刺激を重ねていくとドンドン彼女が感じてくるのが分かる。
彼女の足を抱え上げて激しく腰を振ると「ダメ!また来ちゃう!」と何回も痙攣と弛緩を繰り返す彼女、数回絶頂に達したのを確認してから俺もフィニッシュに向けて激しく腰を振る…けど発射前に体力切れ。さすがに前の発射からほとんど時間が経っていなかったからねぇ^^;

身体を離すと彼女のお尻の下に大きな染みが出来ている。「こんなに垂れるほど濡れちゃったのね~~!」と感心すると恥ずかしそうに「見ちゃだめ!」って良いながらタオルで隠す彼女。俺とエッチするようになってからドンドン肉体が開発されているみたいですね~。
チェックアウトにはまだ少し時間があったのでベッドで抱き合ってダラダラ。お互いの気持ちがすごく高まり合っているので、キスを始めたら全然止まらない。何分もお互いの唇と舌をむさぼり合ってしまう。
するといきなり俺の上にまたがって来る彼女、さすがにもう固くならない俺のおちんちんに素股状態で自分の割れ目をこすりつけてくる。
そのままの状態で俺に覆い被さりながらキスを求めてくる。舌を絡め合いながら何度も俺の股間に自分の割れ目をこすりつけてくるので俺の股間はいつの間にか彼女の愛液でびしょびしょになってしまう。

さすがにこの時間で3回戦は無理なのであきらめて一緒にお風呂。たっぷり泡まみれにしたお風呂にご満悦で普段より長く楽しんでしまった彼女。
おかげでたっぷり3時間、すごく楽しいデートでしたねぇ。短い時間なのにすごく充実してました。
ホテルを出るとけっこう良い時間だったので彼女を駅まで送って解散。
次のデートも決まっていてすぐ会えるって言うのになんだか別れの時間は寂しいですねぇ。でもその気持ちが有るから次のデートがまた楽しくなるんですね^^