FC2ブログ

★2009/06/28 音大生ちゃんと博物館デート★《その02》 

その01はこちら》


体位をバックに変えて挿入したら、ゆっくりと後ずさりしてベッドから降りる。
ソファーついたら彼女を膝の上に乗せて座ってソファー騎乗位。膝をついて俺の上で跳ねるように動きまくる彼女、騎乗位だと自分の気持ち良い所を刺激できるのでかなり良い声で喘いでる。
下から腰を支えて俺も突き上げると声に余裕が無くなるのが分かる。さらに身体を起こして彼女をソファーに這いつくばらせてソファーバック。ソファーに片足をかけた姿勢で後ろからズコズコ突く。ソファーにもたれかかるように身体を支えて俺の動きに耐える彼女、窮屈な姿勢がまた興奮するらしく、声が全然止まらない。

そろそろ絶頂が近いのでまたベッドへ。一回身体を離して正上位で挿入。
軽く足を抱え上げて屈曲気味で上からスピードをあげて腰を動かすと何回も絶頂を訴える彼女。耳を貸さずに激しく動き続けると痙攣と共に脱力を繰り返す。
俺もとうとう頂点に達して「行きそうだよ」とささやくともう体力の限界か、「来て~、来て~」と小さな声で繰り返す。そのまま腰のスピードを上げると限界、ゴムの中に一気に放出、一回戦終了~。
発射してもまだ固さを保っているおちんちんを軽く揺すると鼻にかかった声を出す彼女、抜く時にはまた「あぅん」と喘ぐのが可愛い^^

また3-4回は達してしまったようで、俺の横に潜り込んできて腕枕でぐったり。
でもちょっとすると体力復活して元気におしゃべりを始めるのはやっぱり10代ならではの元気だね~。
いまだに博物館で「足が太い」って言われたことを根に持っているらしく「今日はヤラせてはずだったんだけどな~」とか言ってる^^ それが可愛くて抱き寄せてキスしているうちに二人とも本気モード、濃厚に舌を絡めながら身体に触り合う。
「うふふふ~」って意味ありげに笑いながらもそもそとお布団に潜り込む彼女、股間でモソモソするので布団をまくり上げてみるとさっそく俺の足の間に潜り込んでフェラを開始している。おちんちんを舐めるのが大好きなんだからな~^^;
俺も彼女の腰をこっちに引き寄せて69でお互いを舐め合う。指で軽く割れ目を開いて、クリとびらびらをたっぷりと舌先で刺激するとだんだん彼女も声が出てきてしまって口がお留守になりはじめる。舌に力を入れて激しく穴の入り口を舐め回すとどんどんヌルヌルがあふれ出てくる。

そんな彼女の痴態を見ているうちに俺のおちんちんもビンビンに完全勃起。彼女の口の中に半分も入らない状態になっちゃってるのでそろそろ挿入。
ゴムを装着して彼女をベッドに横たえて足を大きく開かせる。ゴムをつけるのをうれしそうに見ていた彼女、割れ目におちんちんの先っぽをこすりつけてグリグリするともう目が潤んでくる。
完全にヌルヌルになっているので、割れ目に先っぽが入ったらそのまま一気に奥まで入ってしまう。軽く出し入れするだけで布団をギュッと握りながら大きな声を出しまくる彼女。
彼女の反応を見ながら刺激する部分を変えつつ腰を動かす。おちんちん全体の長さでこするように出し入れするのが気持ち良いらしく「そこ!そこ!」を繰り返す。その動きの最中に急に奥をグリグリと刺激するとそこも感じるらしく声にならない叫び声が出る。
足を抱え上げて上から落とし込むように腰を動かすと何度も「変になっちゃう!」と叫びながら身体にグ~ッと力が入る。さらに腰のスピードを上げると「ダメ!ダメ!」を連発しながら激しく痙攣、ガクンとベッドに倒れ込む。…また行っちゃったんですね^^;

俺はまだまだ絶頂に遠かったのでさらにエッチを続けるとまた彼女は数回達してしまったご様子。俺もそろそろ一緒に…と思ったけどそろそろ体力切れ、おちんちんはビンビンだけど腰が限界。もう一回彼女が達したのを見届けてから動きを止めて上からギュッと抱きしめ合う。キスをしながらおちんちんが静まるのを待ってゆっくりと身体を離す。
それでもまた抜く時に「あぅん!」って声が出ちゃってましたが!

そろそろ時間も良いようなのでお風呂に入ってチェックアウト。お風呂に入浴剤を入れて泡たっぷりにしてご満悦の彼女。相変わらずラブホを満喫しているご様子。
ホテルに入った時間が早かったので彼女の門限にもう少し余裕が有るのでお食事してから撤収。丸一日のデートは本当に充実でしたねぇ^^
そう言えば、お食事に向かう途中で通りがかった下着屋さんで胸の谷間が強調されそうなブラを発見した彼女、「これ、良いですね~」と見ている。
「店員さんに『こんなあたしでも胸に谷間が出来るでしょうか?』って聞いてみたら?」と意地悪く聞くとバシバシと腕を叩きながら「Aniさんのイジワル!イジワルー!」と叫ぶ彼女。
うふふ^^ 俺の愛情表現って小学生程度ですかね~~~??

実は翌週も彼女とデートの予定。また楽しい時間を過ごしましょうね~~。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2009/06/28 音大生ちゃんと博物館デート★《その01》 

日記常連の19歳音大生ちゃん、学校の授業で影響を受けたらしく「恐竜の骨が見たい!」と叫んでいる。
まぁその辺なら俺の守備範囲なのでスケジュールを調整して一日休みを作って上野の科学博物館へ。
ちょっと早めに着いて待ち合わせ場所で待っていると、向こうから背の高い女性が見えたと思いきや、ダッシュしてきてドーンと腕にしがみついてくる。
…そんなに元気良く愛情表現されると体重の軽い俺は吹っ飛ばされそうです^^;

科学博物館ではお食事も含め3時間強、恐竜を見たり、古代の生物の化石やら動物の剥製やらたっぷり堪能。彼女は巨大な亀の化石がお気に入りだったようです。
けっこう短めのミニスカートを履いてきた彼女、長いエスカレーターで「これ、下から見えちゃわないかな?」って心配している。
少し下がって下からのぞいてみて、「あ~~~、足が太いからパンツまでは見えないよ^^」と応えると「今日はもうヤラせてあげないんだから!」と大声で叫ぶ!
子供もいる所なんだから~と言うと小さな声で「Aniさんのいじわるー、いじわるー。」と小声でブツブツ。そんなところが可愛く感じてしまう。

なんだかんだで新宿に出て3時間コースでラブホにチェックイン。結局雨も降ってきちゃってご機嫌斜めの彼女、博物館でも相当歩いたので部屋に入るとキスをする間も無く「疲れた~~」ってベッドに倒れ込む。
俺も一緒にベッドに入り込んで上からのしかかる。初めは抵抗していた彼女もキスが始まると力が抜けて激しく舌を絡ませてくる。ギュッと抱き合って舌を絡め合ううちにお互いの身体を触り合ってだんだん熱くなる。
彼女の手を股間に導くと欲しそうにジーンズの上からなで回すのでベッドの上に膝立ちになってジーンズを下ろすと四つん這いになってしゃぶりついてくる。

このまま押し倒してエッチにもつれ込んじゃっても良いんだけど、今日はまた「着衣のままエッチ」をしちゃおうと思ったのでソファーに移動。ソファーの俺の前にしゃがみ込んでフェラを続ける彼女、ビンビンに固くなったおちんちんをうれしそうに舐めてる。
彼女をソファーに座らせたら横に座ってキス。舌を絡めながら彼女の身体に触っていく。足を大きく開かせるとミニスカートの中のパンツが丸見え。脇に寄せて割れ目を露出するとすでにかなりヌルヌルに濡れている。ちょっと指に力を入れただけで割れ目に入っていく指。
空いた手はキャミソールの下に潜り込んで胸をいじる。胸と割れ目のダブル攻撃で喘ぎ声が出ちゃってる彼女、ブラも外れて飛び出た乳首をいじるとさらに声が大きくなる。

下のヌルヌルももう十分と見てそのまま合体しちゃうことに。俺がゴムを装着するのを見て、自分もソファーに手を着いて立ちバックの姿勢で腰を押しつけてくる。
パンツをグイッと脱がせたらミニスカートをまくってお尻を露出、むき出しになった割れ目におちんちんをこすりつける。
ヌルヌルになった割れ目が先っぽを飲み込んで行くのでそのままズルズルと挿入使用とすると彼女が「んん?今日は何か角度が違うよ?」と違和感を訴える。
濡れてるようだけど上手に入らないかな?と立ちバック挿入はあきらめて彼女をベッドへ誘う。
「服脱ごうか?」って聞くと「え~~!脱ぐの?」と不服そうに応える彼女。
…彼女も着衣エッチの興奮をかなり知ってしまったご様子。なんたって自分からチアリーダーコスプレしてしまったくらいですからね~~^^

ベッドで着衣のままの彼女を横たえて大きく足を開かせる。前からおちんちんを割れ目にこすりつけるとうれしそうに声を漏らす彼女。
先を割り込ませたらゆっくりと腰を進めて半分くらい入ったところで彼女の足をグイッと持ち上げて腰を上げさせてそのまま上からズイッと根本まで挿入。
一気に奥を刺激されて高い喘ぎ声を出した彼女、そのままズコズコ出し入れされて声もドンドン大きくなる。
上から抱きしめると唇を寄せてくるので、ディープキス、舌を絡めながら腰を動かすと彼女の唇から熱い吐息がどんどん漏れてくる。


その02に続く》

★2009/06/23 ちびっ子巨乳・PCの調節ついでに~★ 

日記常連のちびっ子巨乳。150センチ以下の身長に迫力ボディ。
可愛い顔をしているのでけっこうあちこちで可愛がられているらしい。
最近も友達に誘われて飲みに行った時に同席した男性から「こんな可愛いんだから彼氏いるんでしょ~?」と執拗に聞かれたとか^^;
まぁ普段からあんまりしゃべらないし大人しく見えるからそういう風に言われるのかもしれないけどね~~。

さて、彼女が先日PCを購入した時に俺があれこれセッティングしてあげた関係上「無料サービスデスク」業務もすることになっちゃってます。
この日も古いノートパソコンにアプリケーション入れて~って依頼が来たので仕事の後に彼女の部屋に参上あれこれ作業を…と思ったら必要なデータが彼女の部屋に無いことが発覚。あれこれしてみたけど古いPCが意外にダメになっていたのでお手上げ状態。
ってことで結局二人して飲み始まってしまった^^;

お酒が進むうちにお互いエロモード、彼女を後ろから抱き寄せると一瞬ジタバタしたけれどすぐに大人しくなってキスに応えてくる。
肩越しにキスをして、舌を絡め合いながら後ろから手を伸ばして胸を揉むと息が荒くなってくる。
Tシャツをまくってブラに包まれた胸を露出、いつものフロントホックを外すと胸がポロンと弾け出てくる。柔らかい胸をヤワヤワと触るとドンドン目がとろんとしてくる。
手を股間に導くとジーンズの上から触ってくるのでベルトを外してジーンズとパンツを下ろす。

露出したおちんちんにすぐにしゃぶりついて来る彼女、まだ柔らかいおちんちんを根本までパクリと咥える。舌をレロレロと動かしながら口の中で刺激されるとドンドン固くなってしまう。
ベッドに移動してさらに愛撫続行。ジーンズを脱がすとブラとおそろいのTバック。ちょっとずらしただけで割れ目が露わになる。
フェラと胸を触られただけで興奮しているみたいで割れ目はもうヌルヌル。手を伸ばしてちょっと触っただけで指がぬるっと入ってしまう。軽く指を出し入れすると隣の部屋に聞こえるのを気にして押し殺した声で喘ぎ始める。
指をくいっと曲げてGスポットを刺激すると声が大きくなり始める。クチュクチュといじると「出ちゃう…出ちゃうよ」といつもの甘い声が漏れ始める。
いったい何が出ちゃうんだろう?といつも思うんだけどさすがに何かが出ちゃったことは無いなぁ^^;

改めてフェラしてもらっておちんちんがびっちり固くなったら彼女をベッドに押し倒して挿入。半裸の状態で挿入するのが好きなのでTシャツをまくり上げて胸を露出させたまま、Tバックは脱がしてあるけど足首に引っかかったまま。
割れ目におちんちんをあてがってヌルッと入れると久しぶりの挿入だからか「ゆっくりして…」って。そうでなくても俺のって太いからねぇ^^;
ゆっくりと腰を進めては引きしていくうちにヌルヌルと根本まで。ゆっくりと出し入れすると小さな声で喘ぎ始める彼女。
ちょっと腰のスピードを上げると感じて来たようで「出ちゃう…得ちゃうよ」って声が出始める。このまま何が出ちゃうか激しくズコズコしてあげても良いんだけど、さすがに彼女の部屋のベッドが大変なことになってはまずいのである程度手加減してあげる。

そんなことを考えながらエッチしているうちにおちんちんがちょっと柔らかくなってきてしまう。仕事帰りだしビールもけっこう飲んだからね~って思いながらエッチは中断、ベッドで腕枕してイチャイチャしているうちに言い時間になったので撤収。
彼女が学校を卒業して仕事を始めたからなかなかゆっくり時間を取ってエッチが出来てない状態が続いてるので、そのうちスケジュールを合わせてじっくりエッチしたいねぇって思った、そんな日でした^^


★2009/06/17 仕事の後に潮吹き人妻さんと★《その02》 

その01はこちら


本気になるにはまだちょっと早いので一旦身体を離してお風呂場へ。軽くシャワーを浴びたら彼女の身体を後ろから抱いていじめまくり。割れ目に指を伸ばしてクリをこすりながら乳首をつまんでグリグリいじるとそれだけで絶叫しながら腰をビクビクと痙攣、そして何回も潮を噴出。「さっきお部屋で吹かなかった分、ここで吹かされちゃってる」って言いながら激しく感じてる彼女。
腰を突き出させて立ったままバックから挿入すると壁に手をついて身体を支えながら激しく絶叫、ちょっと奥を刺激しただけで絶頂に達している。割れ目が潮を吹きたくてグネグネと動くけれど、オレのが太くて吹き出せない。身体を離して割れ目から勃起を抜くと溜まっていた潮が一気に噴出する。すでに力が抜けまくってヘロヘロの彼女。

身体を拭いたら彼女を支えるようにしてベッドへ。タオルを敷いて本格的にエッチ。
バックで合体して騎乗位、正上位と体位を変えるためにおちんちんが抜ける度に潮をぶちまける彼女。ほとんどバスタオルを敷いてる意味すら無いかも^^;
最後は正上位で彼女の足を大きく抱え上げながら奥まで激しく突きまくる。
もう淫語を話す余裕すらなく絶叫する彼女の声を聞きながら俺も絶頂、一気に精液を噴出。身体を離すと彼女も俺の体に向けてブシュッと潮吹き。一回戦終了~。

お互いの身体を拭いたらベッドで休憩。腕枕してあげると俺にしがみつきながら「やっぱりAniちゃんのエッチは激しいです~~」とすり寄せて股間に手を伸ばしてくる。
おちんちんが反応してくるとすぐにしゃぶりつく彼女、「趣味のフェラチオの時間です~」って言いながら大きく勃起した俺のおちんちんをうれしそうにジュポジュポと舐め回す。
子供っぽい顔してこんなにエロい事が好きなんだよな~って感心しているうちに俺のおちんちんは完全にビンビン状態、彼女の腰を抱き寄せてバックから挿入!
腰を押さえながらねっとりとおちんちん全体を使って入り口から奥までこするように出し入れすると彼女の腰もグネグネと反応する。腰を押しつけて奥をグリグリ指摘すると激しく喘ぎ声が出始める。
カメラを手に持って接合部分を接写。俺の大きいおちんちんが彼女の割れ目に激しく出入りするのがカメラにバッチリ写っている。
さらにエロい映像を撮りたくて彼女を抱き起こして騎乗位。俺の上に乗せると彼女が腰を下ろしてきて、手も使わずに俺のおちんちんを割れ目に納める。上手だの~~^^
手を握って支えてあげると俺の上で「気持ち良すぎて腰が止まらないよ~!」って叫びながらガクガクと痙攣するように腰を動かす彼女。これだけ感じまくる身体ってなかなか珍しい。

身体を離すとお約束で俺の身体の上に潮吹き。彼女を押し倒して正上位で挿入、一気に腰のスピードを上げると彼女は言葉にならない喘ぎ声で絶叫。足をグイッと持ち上げて奥まで届くように腰をゴリゴリと動かす。そのまま一気に絶頂まで行こうかと思ったけれどさすがに途中で体力切れ。彼女が何回も絶頂に達しているのを確認して身体を離す。
さすがに彼女もぐったりしているけれど、カメラを手に開いた足と濡れた割れ目を接写するとそれに興奮したのか、割れ目がヒクヒクしてピュッ、と小さく潮吹き。可愛いアソコだね~^^

その後恒例のプチ整体をしてもらってからお風呂に入って解散。久々の二人エッチはやっぱり濃厚で楽しかったですね~~。
次回はまたハプバーにでも繰り出して遊ぶか、カップル喫茶にでも行くか^^
自由にエッチを楽しめるパートナーさんだと色々な可能性が有ってうれしいですね!


★2009/06/17 仕事の後に潮吹き人妻さんと★《その01》 

日記常連の潮吹き人妻さん。そろそろ30代もけっこう過ぎたのに、背が低くて童顔なのではっきり言ってロリっ子にしか見えない可愛い人。その上身体がメチャクチャ感度が良くってエッチが大好き。ダンナさんのエッチが若干淡泊なので家庭の外で楽しんじゃっている人。「でも心はダンナの所にあるの。だから浮気じゃなくて『浮身体!』って主張するのが可愛い^^
俺が色々教え込んでしまったので最近は「恥ずかしいんだから!」と良いながらも人に見られながら、初対面の男性とエッチすることも覚えちゃったりして、最近かなり成長著しい。

最近タイミングが合わなかったり、エッチするつもりでデートしたのに話し込んでいるうちに普通の飲み会になっちゃったりでここのところエッチはご無沙汰な感じ。
なので「そろそろ生理が終わったよ~」というタイミングでデートをお誘い。今回は上手に時間をつかってたっぷりエッチしましょう!って感じで俺の仕事の後待ち合わせて軽く飲んで速攻で店を出たらホテルにGO!
今回は俺が新しく買ったビデオカメラの性能チェックも兼ねて撮影しながらエッチ。彼女と初めてデートした時も撮影させて頂いたからちょっと久々な感じ?
「あの時あたしが潮吹くって言ってなかったから、ビデオにかかりそうになって慌てたよね~~」なんて話をしながらセッティング&荷物を高い場所に避難。彼女の場合、本当に床が水浸しになるほどの潮吹きさんですからね~~^^;

部屋に入って荷物を置いたらまず抱き合って濃厚にキス。仕事の後にしては可愛い雰囲気の服装の彼女の胸に手を伸ばすとさっそくアフアフと喘ぎ声を出す。
「Aniちゃんとしたかったの~。このおチンポが欲しかったの」って淫語をささやきながら俺の股間に手を伸ばしてくるのでジーンズを下ろして股間を露出したらカメラを構える。
さっそくしゃぶりついて来る彼女、カメラを気にしてチラチラ見ながら俺のおちんちんをたっぷりと飲み込む。おちんちんがすぐに反応すると「もうお口に入り切りません~」ってうれしそうな彼女、ジュポジュポと舐め回す。
カメラをTVの横に置いて、彼女のワンピースの襟元から手を入れてブラの間の乳首をつまむと彼女の表情が一気に苦しげになる。
「もう、女の気持ち良い場所を知り尽くしてるんだから…」と良いながらガクガクと痙攣を始める。乳首をつまんでクリクリしただけでこんなに気持ち良さそうなんだもん、あれだけ感じて潮を吹きまくるのも分かるよね^^;

テーブルに手を突かせてお尻をつきださせる。スカートをまくると薄いブルーのTバック。ちょっと布をずらしただけで彼女の割れ目が丸見え。もちろん割れ目周囲の毛はキレイに処理してある。

割れ目に指を這わすと高い声で喘ぎながら腰をビクビクとふるわせる彼女、ちょっと指に力を入れて割れ目に滑り込ませると中の肉がウネウネと動くのが伝わってくる。
そろそろ潮の噴出が危なそうなのでお互い服を脱がし合う。とは言え着衣エッチが好きな俺としては下着は着せたまま。テーブルに手を突かせた彼女のお尻の割れ目をかろうじて覆っているTバックの布をちょっと脇に寄せただけで露出する割れ目にビンビンに勃起したおちんちんを軽く当てるだけで先っぽがズブズブと入っていく。
そのまま腰をズイッと進めると一気に奥まで入っていく。
「このおチンポがぁ!このおチンポが欲しかったの!」って一気に淫語を吐き散らす彼女、ホテルに入ってからいくらも経っていないのにお互いかなり興奮しまくっている。


その02に続く

★2009/06/14 19歳音大生ちゃん・結局2回もしちゃいました~★《その02》 

その01はこちら


かなりハードに体力を使ったようで、音大生ちゃん俺の腕枕で爆睡。俺もつられてお昼寝モード、フリータイムのホテルだからのんびりできる。
1時間ほどして目を覚ますとTVのリモコンをいじってAVを見始める彼女。やっぱりエッチな事に興味が有るんですね~~^^
そんな彼女を捕まえてキスをすると彼女も濃厚に応えてくる。彼女の手を股間に導くとヌルヌルと触ってすぐにしゃぶりついて来る。
完全に固くなったところでゴムを装着するとそれをうれしそうに見つめる彼女。ゴム装着>挿入がすでに妄想されているみたい^^

バックから挿入すると痛みを訴えるので一回体を離して彼女を上に乗せる。騎乗位だと自分の良い場所へコントロール出来るので彼女は気持ち良さそう。俺も下から突き上げて奥をいじめてみたりするけど、やぱり自分主導で動いた方が楽しいな~と、体を起こして正上位。
「これだとすぐに行かされちゃうから~~!」と抵抗する彼女。でも聞き入れずに腰を振ると激しい喘ぎ声と一緒にギュッとしがみついてくる。
一回戦で3回くらい絶頂に達していたらしい彼女、体が敏感になってしまっているらしく、すぐに「ダメ!ダメ!おかしくなっちゃうから!」と絶頂を訴えてくる。
もちろんいじめっ子モードに入っている俺はかまわず動きを継続。ギューッと体に力が入って足もピーンと伸びていた彼女の体から力が抜けてビクビクと痙攣する。さらに動きを続けると何回か痙攣。「行っちゃったの?」って聞くと力なくうなずく。
また目がウルウルしてるので「涙出てるよ?」と指摘すると「もう…身体が…制御…出来なくて…」と切れ切れに応える。

そろそろ俺も限界が近いので腰のスピードを上げて絶頂へ。布団の縁を握りしめながらかのjがまた大きな喘ぎ声をあげる。これだけ何回も行けるなんて、さすが10代の特権だな~と思いながら激しくこすり続けるとそろそろ限界、ゴムの中に発射して2回戦終了~。
さすがにベッドの中でぐったり横たわる二人。身体を離すとおちんちんの周囲にちょっとだけ出血。二人でシャワーに行って身体を流したらベッドに戻る。休憩時間はまだまだ余裕有るからもう少しダラダラしていようかと^^

腕枕でAVの品評会をしながらベッドで抱き合ってあれこれおしゃべり。
これまでもエッチの経験はそれなりに有った彼女、それでも俺とのエッチはかなり刺激的らしい。
「だって、Aniさんのエッチって時間も長いけど内容もかなり激しいし! あ、入れたまんま歩いたりするのなんて初めてでしたよ~~!」とうれしそうに語る彼女。エッチな事に興味津々な世代には俺のエッチのバラエティーは新鮮なんだろうなぁと思いつつも、もう少し背が低いタイプだったら駅弁とかも出来ちゃうのにね~とちょっと残念に思う。

そんな話をしている間にまた火が点いちゃったのか、俺のおちんちんをもそもそといじり始める彼女。俺のがモコモコと固くなるのに気がつくとすぐさま股間に潜り込んできてフェラ開始。本当に君はおちんちんをしゃぶるのが好きだなぁ^^;
さっきまでで2回発射しているというのに、すぐさまビンビンに固くなるおちんちん。でも今回は彼女も生理期間だし、3回戦は無しってことに。
名残惜しそうに俺のおちんちんをいじり続ける彼女、さすがにそれをされるといつまでも柔らかくならないのであきらめて玉をマッサージして柔らかくしてもらいました^^;


先日の土曜日にけっこうデート出来る発見に引き続き「生理二日目以降ならエッチもバッチリできますね!」と新たな新発見をしたらしい音大生ちゃん、なんだかすごくうれしそうです^^; なんか今後エッチの回数がどんどん増えちゃいそうですねぇ~~。
今回は時間も良い感じだったので軽くお茶しながら次回以降のデートの予定を確認して解散。学生さんは色々と時間の制約も多いけど、なるべくお互い時間を作ってデートしましょうね~^^


★2009/06/14 19歳音大生ちゃん・結局2回もしちゃいました~★《その01》 

最近良くデートしている19歳音大生ちゃん。2日ほど前に「生理になっちゃいました~!!」と連絡が入ったのでこの日のデートはお食事して映画でも見ようかってことに。

新宿駅で待ち合わせ。今日の彼女はグレーのワンピース。落ち着いた大学生さんって雰囲気。でもワンピの下にはエロエロな肉体が隠されているのを俺は知っている^^
映画も良いけどやっぱり二人だけの時間が欲しいよね~って思って「お食事したらDVDでもレンタルしてフリータイムのラブホに行こうよ」と提案。
すると満面の笑みで俺の腕にしがみついてきた彼女、「Aniさん頭良い~~!Aniさん素敵~~!」とおおはしゃぎ。いやぁ、そんなにうれしいですか~^^;

ってことで彼女のリクエストでパスタを食ったらDVDを見て、前から欲しかったDVDを購入してよく行くフリータイムのラブホへ。
部屋に入ってDVDをセットしようと思ったら、な…なんと!DVDプレイヤーの無い部屋でした。料金の安い部屋を選んだのが裏目に出てしまったご様子。
仕方ないので(?)彼女を抱き寄せてラブラブモード。たっぷりキスをしながら彼女の手を股間に引き寄せるとジーンズのふくらみをねっとりと触りまくる彼女。
ジーンズとパンツを下ろすとすぐさましゃぶりついて来る。ソファーに座った俺の足の間に座り込んで、うれしそうにおちんちんを舐めまくる。
普段だと適当なところで俺が挿入モードになっちゃうんだけど、今日は生理でエッチは出来ないのでたっぷりと舐めてもらう。口内発射でも良いかな~と思っている俺。
彼女もそんな俺の気持ちを知ってか知らずか、いつも以上に丁寧に舌を動かしている。

「ねぇ、こんなに舐めてるとふやけちゃうよ~」って笑う彼女を抱き寄せる。
下半身をたっぷり刺激されて完全にエロモードな俺、やっぱり彼女のが欲しくなってる。
出血が少ないならしちゃおうか?って聞くと蕩けるように笑う彼女。本当に俺とエッチするのがうれしい模様^^
彼女、一日目に集中的に出血して、後の日は残りがチョロチョロ出る程度だと言うので、一回お風呂に入って大丈夫そうならエッチしちゃお~~!ってことになる。
お風呂場に行ってお互いの服を脱がし合う。彼女は黒くてレースが可愛くあしらってあるブラ+生理の時用の色気のないパンツ。それを指摘すると「仕方ないでしょ!」って叩かれる^^; ちょっと恥ずかしかったらしい。

お風呂の中でもほとんど出血は無かったのでエッチ決行決定でベッドへ。念のためバスタオルを彼女の下に敷くことに。
さすがにクンニは無理だけど、指を挿入してじっくりと彼女の割れ目を刺激。彼女の目の前におちんちんを差し出すとすぐにしゃぶりついて来る。お風呂場でもほとんど萎えなかったおちんちんはすぐに臨戦態勢。ちょっと早めだけど挿入しちゃうことに。
バスタオルの上で足を開かせて正上位で挿入。ヌルッと俺の大きいのが入ると一気に声が出始めてしまう彼女。
上から抱きしめてキスをしながら腰を動かすと激しく声を上げながら切なそうにしがみついてくる。腰のスピードを上げると「ダメ!ダメ!」とすぐに絶頂を訴えてくる。無視してさらに激しく腰を振ると「ああああ~~!」っと大きな声を上げながらギュッとしがみついてきて、その後ベッドの上にダウン、本日一回目の絶頂。「気持ち良い?」って声をかけても薄く閉じた目でうなずくのがやっと。本当に感じまくってしまった様子。

俺はまだ全然ビンビンなのでさらにエッチ続行。緩く速く動きに変化をつけながら腰を動かしているとその後何回か行っちゃう彼女。お互いエッチは無しだと思っていた分、いつもより気持ち良いのかもしれない。
彼女が何回か達するのを見届けて俺も行かせてもらうことに。腰のスピードを上げて一気に絶頂、彼女に「行くよ?」って声をかけると切れ切れに「来て…来て…」ともう完全に体力の限界らしい。
そう思う間に限界が来て、ゴムの中に大量に噴出。一回戦終了。彼女の上に崩れ落ちてお互いギュッと抱き合いながら激しかったエッチの余韻を楽しむ。
彼女の中からまだ固さの残るおちんちんを抜くと「アンッ」って声が出ちゃう。これ、毎回興奮するんだよね^^;
結局出血は少なめでちょっとバスタオルを汚した程度。これなら気にせず最初からエッチ有りモードで大丈夫でしたね~~。


その02に続く

★2009/06/07 幼稚園の先生・卒業の日★ 

この1年半、俺の日記の常連として初めてのデートでの処女卒業から毎月一回以上出演してくれた幼稚園の先生。とうとう彼氏が出来たと言うことで卒業の日が来ました。
オレンジの半袖のブラウスと紺色のスカートで現れた彼女、もうすっかり夏が近い事を実感する姿。いつも通りするっと腕を組んで「何食べる?」っておしゃべりしながらお食事へ。
昨日は一回しか立たなかったって言うと面白そうに笑う彼女、今日はたっぷり楽しみたいからね~と「ねぎし」に誘って肉とトロロをがっつりと摂取^^

彼女の「今日はずーっと二人っきりでいたいです!」って彼女のリクエストでフリータイムのラブホへ。部屋に入って荷物を置いたらこれまでの感謝の気持ちを込めてギュッと抱き合って濃厚にキス。舌を絡み合わせてお互いが熱くなると今日が最後とかはもうどうでも良くなっちゃっていつものラブラブな二人になる。
彼女をソファーに座らせてその前に仁王立ち。ジーンズとパンツを脱ぐとすぐにおちんちんにしゃぶりついてくる。さっき食べたトロロの効果か、おちんちんはすぐさまビンビン。慈しむようにたっぷりと舐めてくれる彼女。
彼女の横に座って足を大きく開かせる。パンツを脇にずらして割れ目を露出、指で触るとすっかりヌルヌルになっている。「フェラだけでこんなに濡れちゃったの?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女。

指を挿入してGスポットを刺激するとすぐに声が出てしまう彼女。肩を抱きながら割れ目をたっぷりと刺激する。唇を合わせて舌を絡めながらも良い声が出てしまう彼女にかなり興奮している俺。
パンツをするっと脱がせて着衣のまま上にまたがらせる。心得たようにおちんちんに手を添えて自分から挿入してくる彼女、ソファーの上で騎乗位。膝立ちで激しく腰を振る彼女、自分の気持ち良い場所にガンガン当たっているみたいで俺もかなり気持ち良い。
このまま動かれていると早々に発射させられちゃいそうなので俺も少しコントロール。彼女を下から抱きしめてゆったりと腰を動かす。
挿入したままだんだんと服を脱がせてやっと全裸状態。一旦体を離したらバックから挿入して立ちバック。そのままゆっくりと洗面所まで歩く。

鏡の前でお互いの痴態を見せつける。俺の大きいのが割れ目に入っている所をたっぷりと見せつける。いきなりのハードなプレイだったのでちょっと休憩がてら風呂場に入ってシャワー。お互いの体を洗い合ったらベッドへ。
彼女が体に巻いていたタオルをはぎ取ってベッドに手をつかせる。シャワー中も勢いを失わずにビンビンに固いままのおちんちんで一気に立ちバック挿入、激しく腰を振ると彼女も一気に感じまくって大きな喘ぎ声。
そのままゆっくりとベッドの上に上がってバックで腰を振る。腰を押しつけて動かすと奥に当たる、亀頭が割れ目から出るくらいに抜き差しするとカリで入り口が刺激されるってダブル攻撃で「気持ち良い!気持ち良いよ!」を連発する彼女。一気に快感が募ってきているみたい。
正上位で挿入、足を大きく抱え上げて出し入れするともう言葉が出ないらしく、高い声で絶叫するのみ。「行くよ?良い?」って聞くとガクガクとうなずくのでそのまま腰のスピードを上げて激しくピストン、一気に精液を噴出させて一回戦終了~。


かなり激しいエッチだったし、フリータイムでのんびり出来るので腕枕をしたらお互い一気に眠りの世界。もしかしたらエッチしてるよりもこうして抱き合って眠るのが一番うれしい時間かも…なんて思う。
目が覚めて彼女を抱き寄せてキスすると彼女もすぐに応えてくる。
お互いの体を触り合っているうちに本気モード、彼女が股間に潜り込んでおちんちんをしゃぶり出すので俺も彼女の腰を引き寄せて69。お互いの熱い部分をたっぷり舐め合っていると彼女が気持ち良すぎて続けられなくなってしまう。
俺の方ももちろんビンビンの臨戦態勢だから、彼女を上に乗せて下から結合。お互いの手を握り合いながら騎乗位で腰を振る彼女、たっぷりと感じているご様子。
体を起こして正上位、また彼女が感じるおちんちん全体を抜き差しする感じで腰を動かす。カリが割れ目の入り口をこする感触に弱いらしく激しい喘ぎ声の最中に何度も「気持ち良いよ~。気持ち良いよ~。」と叫び声を上げてしまう。
それに交えてグッと奥を刺激するとまた感じてしまうらしく布団をぎゅっと握りしめて声が大きくなる。
俺もそろそろフィニッシュが近そうなので体位をバックに。激しく動けるからお互い快感が一気に盛り上がる。顔を布団に押しつけながら枕を握りしめて激しく絶叫する彼女を見ながら後ろから音がするほど激しく腰を打ち付ける。そうするうちに一気に快感が爆発して精液発射。昨日もエッチしてるのになんでこんなにと思うほど噴出。さっき食べたトロロ効果かしら?


さすがに2回戦終了後はぐったりベッドに倒れ込んで動かない先生ちゃん。俺も横に倒れて腕枕になりながら「疲れたか~?」って聞くと「何回もイカされちゃいました^^;」ってもうろうとしているご様子。
それでもベッドでダラダラしているうちに元気回復、抱き合っておしゃべりしながらキスしたりお互い触りあったりしている間にまたエッチモード、自分から股間にしゃぶりついて来る。
さすがに昨日の今日だからもう立たないかな~と思っているうちにいつの間にかビンビンに勃起しているおちんちん。俺の心の中にも今日を境に「普通の友達」に戻るから、なるべくたくさんエッチしてあげたいって思いがあるのかも?

「入れたい?」って聞くといそいそとまたがってくる彼女、自分からおちんちんに手を伸ばして割れ目に当ててくるので下から腰を持ち上げてヌルッと挿入、彼女の腰に手を添えてグイッと一気に奥まで入れる。
自分から腰を振りながら、俺が下から突いて奥を刺激するとそのたびに激しく声を上げる彼女、3回目のエッチもたっぷりと感じているみたい。
俺の方はビンビンに固いにも関わらず、ここまでのエッチでかなりこすられて先っぽが鈍感になっている感じ?もう一つ快感が直接的で無いのよ~。
なので正上位になって激しく動く。ハイスピードでピストンすると、彼女が俺にしがみつきながら獣のような喘ぎ声。グイッと持ち上げた足にギンギンに力が入っているのが分かる。
さらに腰のスピードを上げると彼女は完全に絶叫モード。このまま一気にフィニッシュ!と思ったけど絶頂に達する前に腰がギブアップ、本日は終了~。
俺の下でがっくりと力を抜いた先生ちゃんは「足がガクガク~~」って笑ってました^^


ホテルを出るまでもう少しの間抱き合ってダラダラ。新しい彼氏とはまだエッチはしていないそうで、「草食系じゃ無いと良いなぁ~~」ってため息気味の彼女。
「どんなエッチしてくれるか楽しみじゃん?」って聞くと「今まで激しいエッチしか知らないからちょっと心配なんですよ!」って^^;
まぁ、肉体の相性とか色々あると思うんだけど、それは愛の力で乗りきってください!なんてね~。もちろん寂しくなったら俺の方がいつでも待ってますからね!

ってことでホテルを出たらお互い用事が有るので駅で解散。「1年半ってすっごく短かった気がしますね」って良いながら幼稚園の先生は軽やかに俺から卒業して行きました。
処女卒業から丁寧に教えてあげたエッチの楽しさが彼女の今後の人生を豊かにしてくれることを祈りながら、彼女の新しい恋愛が幸せなものになるように願っています。
…もう一回言うけど、いつ戻ってきてもOKだからね~~!

★2009/06/06 19歳音大生ちゃんと夕方デート★ 

最近日記常連の19歳音大生ちゃん、前回の「阿修羅展デート」で土曜日に学校が終わってからでもけっこう時間がとれるってことに気がついたようで「土曜日デートしましょう!」ってメールが届いた。前回は俺も不完全燃焼だったのでリベンジもしたいしすぐさまOKしちゃいました。

実はこの週、原因不明の腹痛で日曜の夜からダウン、結局二日間寝込んでしまった。月曜には音大生ちゃんとお昼ご飯をご一緒する予定だったんだけどそれもキャンセル。
まぁ医者に行って薬をもらってから徐々に良くなって音大生ちゃんから「無理すると週末デート出来なくなっちゃいますからね!」って叱咤されながら社会復帰、土曜日のデートにこぎつけた訳。

夕方、新宿駅で待ち合わせ。時間通りに到着した彼女、白いミニスカートが夏っぽい。
土曜日は歌のレッスンもあるのでかなり疲れているご様子、「癒してください~~~~」と腕にしがみついてくる。
なんでもレッスンでかなり凹んだらしく、ホテルへ向かう道すがらず~~~っとその話。
でも話を聞いてあげているうちにだんだん元気になってきたらしく、ホテルに入る頃にはもういつもの元気な彼女に戻ってました^^ 俺と一緒にいるだけで元気になる、これもAnimaLマジックの一つでしょ~~!!

よく行くキレイなホテルへ。部屋に入ってさっそくお風呂チェックなどしている彼女、今回の部屋も気に入った模様。
荷物を置いたらさっそく抱き合って濃厚にキス。舌を絡めながら服の上から体に触っているとドンドン蕩けてくる彼女の瞳。
股間に手を導くと俺のがさっそくふくらんで来ているのを見つけてぺたんとしゃがんで「待てのワンコ」状態の彼女。ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると目をキラキラさせる。「舐めて良いよ」と声をかけるとさっそくしゃぶりついて来る。
すぐさまビンビンに固くなるおちんちんをうれしそうに舐め回す彼女、本当にフェラが好きだこと~^^

彼女をソファーに座らせて足を大きく開かせる。ミニスカートをまくってパンツの上から割れ目をなぞるように触るとすでにしっとりと濡れている気配。
パンツを脇に寄せて触ると完全にヌルヌル状態、ちょっと力を入れるだけで割れ目に指が入っていく。Gスポットを刺激するとすぐさま絶叫状態。ドンドン感度が良くなっているのが分かる。そんな彼女を見ているともう我慢出来なくなってしまう。
カバンから専用のLLサイズのコンドームを出してくると察したように彼女がまたおちんちんにしゃぶりつく。またビンビンになったおちんちんにゴムを装着したら彼女のパンツを一気に引き下ろしてソファーの上で足を大きく開かせる。もちろん服は着たまま^^

そのまま前からおちんちんを割れ目にこすりつける。先っぽでクリをこすると彼女の腰が小さくビクつくのが分かる。割れ目に先っぽを割り込ませてそのままズブズブと挿入すると彼女の口から大きな喘ぎ声。ゆっくり2、3回出し入れすると下からギュッと抱きついてきて唇を寄せてくる。
彼女の腰を抱き寄せるようにしてソファーの上で正上位、腰を打ち付けるように動くと彼女の顔が一気に快感にゆがむ。
体を入れ替えて俺がソファーに座って彼女が上からまたがってくる。挿入する前にスカートを脱がせようとすると「このスカートも小学生の時にはいてたヤツなんですよ~」と彼女。
俺の頭の中は小学生の頃の彼女を妄想してしまっておちんちん、またもやビンビン、って君は俺を変態にするつもりなんですか??

ソファーの上で俺にまたがった彼女、自分からおちんちんに手を添えて挿入、ソファーの背に手をついて激しく腰を振る、と見るうちに気持ち良すぎて動けなくなってしまう。下から抱きしめながら腰を動かすと俺の耳の横で絶叫モード。だから耳痛いってば^^;
騎乗位の状態でだんだん服を脱がせてやっと全裸になる彼女。体位を入れ替えて立ちバック。そのまま歩いて洗面所へ。
後ろから腰を振って出し入れすると激しい喘ぎの間に「今日、すごく固くなってるよ。ゴリゴリこすれてる」って彼女。そう、先週は結局エロ無しデートばっかりだったし、今週前半はオナニーすら出来ずに寝込んでたし。体力は有り余ってる状態??

まだシャワーすら浴びていなかったので、一旦体を離してお風呂へ。お風呂場ではあまり悪させずにまったりモード。ちょっとはこんな時間とらないと、今日は激しくなりすぎそうな気がする^^;
お風呂を出たらさっそくベッドへ直行。軽くフェラされただけでおちんちんはビンビン。彼女の方も受け入れ体勢万全なのを確認してバックから挿入しようとすると「いや~~!この体位はすぐイカされちゃうからダメ!!」と逃げ回る彼女。それを押さえつけて結局正上位で挿入。でもさ~、君って体位に関係無く行きまくりじゃなかったっけ?^^;

そんなことを思っている間にも彼女は全開で喘ぎまくり。足を抱え上げて上からズコズコ出し入れするとすぐに「ダメ!ダメ!」と叫びながらしがみついてくる。そのまま手加減せずに腰を振っているとガクンと倒れてビクンビクンと痙攣。さっそく絶頂を向かえてしまったご様子。さらに動き続けていると間を空けて何回かビクビク。連続絶頂かしら^^
ちょっと疲れただろうから、俺の上に抱き上げて騎乗位。自分のペースで動いてもらう。
でも俺が下から胸を触ったり、クリを触ったりしているとどんどん余裕が無くなって行く表情。俺ももっと激しくしたくなっちゃってグイッと体を起こして対面座位。お互いのつながっている場所を見せつけながら動く。でもそれを見つめる余裕すら無くなっている彼女。

さらにグイッと彼女を押し倒して正上位。そろそろ絶頂が近いの激しく動く俺に激しい喘ぎで応える彼女。
また彼女の体にぎゅーっと力が入って「ダメダメ!おかしくなっちゃう!」と声が出始める。さらに腰のスピードを上げると絶叫と共に痙攣。また行っちゃったか~~と思うと「痛い!痛い!!足攣った~~~!」と叫ぶ彼女^^; 一旦体を離して足の指をぎゅーっと曲げて対処。<小学生の時にならったヤツ。
彼女が落ち着いたら改めて正上位で合体、一気に絶頂へ向かってスピードアップ。彼女はまた俺にしがみついて激しく絶叫、俺が発射するまでの短い間に2回も行っちゃったらしい。
そんな彼女を見ながら激しく動いているととうとう俺も絶頂、彼女に「行くよ」と声をかけると「来て~!来て~!」と何度も繰り返す彼女。一気に腰のスピードを上げると快感が爆発して奥まで挿入したままゴムの中に大量発射、多分おちんちんがビクビクしてるのが分かるだろうと思うくらい激しく噴出しちゃった^^;

体を離すとぐったりと動かない彼女。「大丈夫?」って聞くと「6回も行くって信じられない…Aniさん今日激し過ぎ…覚悟はしてたけど…いつもより長いし…まだ足攣ってる…」とほとんど放心状態^^; いや~、ちょっとがんばりすぎましたかね~~?

そんな彼女も腕枕でちょっとぐったりしている間にすぐに復活、これが10代の若さって言うモノですかね~~^^
あれこれおしゃべりしてキスして体に触り合っているうちにまたお互い欲しくなる。
彼女がおちんちんにしゃぶりついてくるので俺も彼女のお尻を引っ張り寄せて69。
たっぷり濃厚にレロレロ舐めてもらって、おちんちんが復活したら2回戦!のはずだったんだけどここで予想外の状況。おちんちん、全然固くなりません~~~。

腹痛で寝込んでいる間、ほとんど固形物を食えなかったんだよね。
その分基本的な体力が落ちているらしく、最初の一回で全部使い果たしてしまっていたご様子^^;
こればっかりは仕方がないのでこの日はもう一回一緒にお風呂に入ってチェックアウト、お食事をして解散にしました~。
彼女の方も一回目のエッチが予想外に激しかったらしく、かなり満足なご様子。翌日のメールにも「まだ足が痛いです~~」って書いてありました。
翌週の日曜もまたデートなんですが、彼女のご希望は「フリータイムのホテルでた~~っぷりイチャイチャしたいです!」とのこと。
俺の体調もほぼ復旧しているので、今週はたっぷり体力をつけて次回は今回以上に濃厚に楽しんじゃいましょ~~~^^ なんてね!