FC2ブログ

★2009/04/29 初対面JK・18歳になったから!★ 

この日記のメールフォームからメールを送ってくれた女子校生さんと初対面デート。
「日記読んでデートしたいって思ってました」って彼女、話を聞くと埼玉在住で4月の終わりには18歳になるってことで、誕生日が過ぎたらデートしましょうって約束。
それから何回かメールのやりとりをしている間に彼女の誕生日の翌週にデートすることが決定! 
デート当日、「可愛い服で行こうと思ったら中学生みたいになっちゃいました!」って彼女からメール。待ち合わせ場所にいた彼女、オレンジのパーカーにデニムのショートパンツ。黒いストレートの髪にあんまり化粧っ気の無い雰囲気で確かにちょっと幼く見えるかも?
でも160センチの身長と落ち着いた雰囲気があるのでそれほど子供にも見えないのでたぶん大丈夫^^

お食事中あれこれおしゃべり。ちょっと低めの声だけどハキハキと学校での楽しい事なんかをしゃべってくれる彼女、一緒にいて楽しい感じ。お食事もおいしそうに食べてくれるのが高ポイント。
お店を出て「大丈夫?」って聞くと「ハイ!楽しみです!!」って元気に答えてくれたのでそのままラブホにGO! 彼女が夕方撤収予定なので3時間コースで良く行くホテルに。
ここは支払いが部屋の自動機なので少しだけ気が楽。まぁ18歳を超えているとは言え、JKとデートですからね~~、ちょっとだけ気を使う俺。

彼女、ホテルは初めてらしく面白そうに部屋の中を散策。一通り納得したら上着を脱いでラブラブモード。ぎゅっと抱きしめて唇を合わせると積極的に舌を絡めてくる。
Tシャツの上から胸に触るとかなりの存在感。シャツの下に手を滑り込ませてブラの上から触ると手のひらに余るくらいのサイズ。「もしかしてEカップくらい有る?」って聞くと「着けてるのはDですけど…」て答え。たぶんきちんとしたサイズのを着ければばっちりEカップくらい有るはず^^
彼女の手を股間に導くとちょっとふくらんできたおちんちんを触ってくれる。ジーンズを下ろして大きくふくらんだパンツを見せると「あぁ、やっぱり大きい」って。日記を読んでいて期待していたみたい^^

着衣のまま俺の前にしゃがんでくるのでパンツからおちんちんを出すとそのまましゃぶり付いてくる。フェラも慣れている感じで唇の当たり具合がすごく気持ち良い。
俺がアレコレ教える必要も無く、すぐ彼女の口の中でビンビンに勃起させられてしまう。「大きいでしょ?」って聞くとコクコクとうなずきながら口からおちんちんを話さない彼女。
立たせて服を脱がせる。ブラを外すと形の良いおっぱいがボーンと飛び出してくるので思わず吸い付いてしまう。乳首を舌で転がすと良い声が出る。
ショートパンツを脱がすと下着はちょっと大きめ。やっぱりJKだな~って微笑ましく思いながら脱がすと割れ目はもうかなり濡れている。乳首を舐めながら割れ目に指を伸ばすと一気に声が出始める。軽く指に力を入れただけでヌルッと入ってしまう。

お互い全裸になってお風呂場へ、と思ったけど鏡の前でストップ。鏡に映った自分の裸に恥ずかしがる彼女、でもキスをしながら体を刺激するとすぐにエッチモードに入ってしまう。
キスをしながら彼女の手を股間に導くと、ビンビンになったおちんちんを自然とシコシコしてしまう。割れ目に指を挿入してGスポットを刺激すると腰がヒクヒクしてしまう。エッチの快感には完全に開眼しているご様子^^ 俺も気を使わずに本気出して大丈夫そう。
お風呂に入ってお互い洗い合ったら浴槽で抱き合う。浴槽の縁に座ってフェラをしてもらったら、交代で彼女も浴槽の縁に座らせて足を大きく開かせる。
たっぷり繁った下の毛の間から見えるピンクの割れ目に舌を這わせると俺の肩をぎゅっと掴みながら気持ち良い声を上げる。クリもたっぷり舐め回してあげるとお互いすっかりエロモード、お風呂を出たらベッドに一直線。

ベッドで膝立ちの俺の前で四つん這いフェラ。ちょっと幼い彼女が大きなおちんちんをしゃぶっているのを見ると興奮してすぐビンビンなってしまう。
彼女をベッドに横たえて足を開かせたら指で割れ目をたっぷり刺激。びしょびしょと言って良いくらいに濡れている割れ目はすぐに指を受け入れてしまう。指2本でも抵抗無く出し入れ出来る割れ目は経験も十分みたい。舌でもう一回たっぷりと舐め回したらゴムを装着して正上位で合体。
割れ目におちんちんを押し当ててズズッと挿入すると入り口が大きく押し広げられるらしく「んぁぁ…大きい…」って声をあげる。そのままゆっくり腰を進めて少し戻してを繰り返して少し時間をかけて根本まで挿入。足を大きく開かせると俺の大きなおちんちんがずっぽりと割れ目に入り込んでいるのが丸見え。

軽く腰を振ると良い声で喘ぎ始める。特におちんちんがぐいっと奥に入り込むと声が大きくなる。「奥が気持ち良いの?」と聞くとコクリとうなずくので腰をグイッと押しつけるようにして奥をグリグリ刺激すると俺の首にしがみついて激しく喘ぐ。
抱き起こして上に乗せると自分から激しく腰を振る。エッチはかなり慣れている感じで、自分の気持ち良い場所も知っているらしい。下から抱き寄せて突き上げるように腰を振ると耳元でかなり大きな喘ぎ声。ぎゅっと目をつぶって快感に耐える幼い顔がどんどん興奮を高めてくれる。
バックに体位を変えると奥が少し痛いと言うのであまり深くならないように気をつけてズコズコ。でもそのうち慣れてきたらしく本気で動いてもけっこう大丈夫。
お互い快感が募ってきて最後は動きやすい正上位。彼女の足を持ち上げて奥まで速いスピードでズコズコすると彼女の口から「ダメダメ!ダメ!」って声が漏れ始める。気にせずそのまま刺激し続けると彼女の体にギュッと力が入ってビクンビクンと大きく痙攣。…行ってしまったみたい^^
俺がさらに腰のスピードを上げて刺激するとまた何回か絶頂。そんな彼女を見ているうちに俺もとうとう我慢できなくなって発射!濃厚な一回戦でした~。
ゴムの中に大量に発射された精液を見て笑う彼女、良いエッチを楽しんでもらえたみたいです^^

ちょっとお昼寝して、目が覚めた彼女の手を股間に導くとシコシコと触ってくれる。大きくなってきたおちんちんをフェラしてもらうとまたビビンと固くなってしまう。
お返しに彼女の割れ目も指と舌でたっぷり刺激してお互い熱くなって来たら2回戦。
バックから彼女の割れ目に挿入すると今度はばっちり気持ち良いらしく激しく声を出しまくる。
正上位に体位を変えてまた奥まで突くと大きく喘ぎながらまたまたもビクンビクンと痙攣。本当に感じやすい若いボディ^^
そのまま動きを速くしようとすると、アソコが痛くなってきちゃったって事で一回中断。もう一回しようか?って挑戦したけれど、やっぱり指だけでも痛いみたいなので今回のエッチはここまで! お疲れ様でした~~^^

もう一回お風呂に入ってチェックアウト。彼女は翌日が実力テストらしいのでちょっと早めに撤収。でもその後「おかげさまですっきりした気分でテストに向かえます!」ってうれしいメールが来ましたよ^^
今年受験生の彼女、やっぱりテストや勉強で忙しいらしく次のデートはちょっと先になっちゃうかも?とのこと。でも受験は大事ですからね!勉強に疲れたらまた息抜きにデートしましょうね~~~!!




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2009/04/25 初対面30代OLさん ~ハカタカラキマシタ~★ 

以前からこの日記を読んでくれている地方のOLさんから東京に出る用事があるので時間が合うならデートしませんか?ってメール。
時間は大丈夫なのでOKですよってメールを送ると「あたし、けっこう年齢は上だし太ってますから…」ってちょっと自信無さ気。でも俺は一緒にいて楽しければ容姿は気にしませんよ~ってお返事してデート決行。
問題は彼女の生理がかぶっちゃいそうなこと(前回の日記参照)。でもお食事だけでもしましょうよってことになって、土曜日の午後に下北沢で待ち合わせ。

時間に少し遅れて登場した彼女、背が低めでたしかにちょっとぽっちゃりタイプ。年齢は30代半ばってことですけど、その分の落ち着きと人生経験が良い味を出しているみたい^^
まずは街をぶらついてお食事。「体調はどう?」って聞くと生理もほとんど終わっているそう。彼女も期待しているみたいなのでホテルにGO!
「Aniさんが日記で九州のホテルは東京に比べて広いって書いていたので、どれくらいか見てみたかったんです」って彼女、東京のホテルの感想は「そんなに狭くないしキレイですよ!」とのこと。良かったですね~^^

部屋に入ったら抱き合ってキス。ちょっとぽちゃな分お肉がふっくらと柔らかくて抱き心地が良い。彼女の手を股間に導くと「あ、大きいですね!」って言いながらジーンズの上から撫でてくる。ジーンズを下ろして露出すると2割くらいふくらんでる俺のおちんちんを見て「大きい~~!」って^^ いや、まだまだこれから大きくなるんですけどね!
自然に俺の前にしゃがんでフェラを始めてくれる彼女。まだ服を着ている上から胸に触るとおちんちんをしゃぶりながらだんだん声が出始める。胸がかなり感じるご様子^^

本格的に始める前にお互い服を脱がせ合ってお風呂。彼女はお風呂に入る前に念のためCEPEでアソコをキレイにしてきたみたい。「生理はもうほとんど終わってますね~」ってうれしそう。
ベッドに入ったらさっそくフェラ。彼女の巧みな舌技ですぐにビンビンにされてしまう。
俺も乳首から胸全体にかけて舌で刺激&指で割れ目をたっぷりと刺激。指を挿入してGスポットをいじめるとかなり良い声であえぐ。
指に当たるクリトリスの感触がかなり良いので足をグイッと開いて割れ目を見ると、かなり立派なクリトリス。小指の先っぽくらいのサイズでビンっと突き出している。
これは感度良いだろうな~って指先で転がすようにいじると一気に喘ぎ声が高くなる。やっぱり感じるご様子^^

準備はばっちりみたいなので挿入。足を大きく開かせて前から正上位でズブッとおちんちんを入れると「すごい!こんなの初めて!」と大きな声を上げる。
割れ目はたっぷりヌルヌルになっているのでほぼ抵抗無くおちんちんを飲み込んで行く。
2-3回軽く出し入れしながら腰を進めていくと程なく根本まで挿入完了。腰をゆっくりこねるように動かすとおちんちんが奥まで当たるらしく甘い声でうめく彼女。

このままさらに激しく!ってところで昼食に飲んだビールが効いてきてしまったのかおちんちんがちょっと柔らかくなってしまう。彼女に謝って一旦休憩。

彼女の地元での仕事のことや、今までの男性関係なんかを聞きながらちょっとうたたね。
「けっこう派手にイビキかいてましたよ~」と指摘されてしまった^^;
そうこうするうちにまたお互いエロモードに入って2回戦開始。布団を下ろして股間を露出するとさっそくしゃぶり付いてくる彼女。俺も彼女の割れ目をクンニ…と思ったけれど生理の血がうっすらにじんでいる用なのでちょっと自粛。申し訳無い^^;
彼女の口でおちんちんがビンビンになったらまた挿入。入る瞬間、アソコがぐいっと広がるのが分かるらしく、「すごい!すごい!」と連呼する彼女。
彼女の足をぐっと抱え上げて大きく広げながら腰を動かすと、彼女の見事なクリも丸見え。奥までぐっと挿入するとクリもこすられて気持ち良いらしく、一回一回絶叫する彼女。
俺もどんどん気持ち良くなって動きがハードになってしまう。お互いが絶頂に達したところで俺も限界、ゴムの中にたっぷり放出して今回のエッチは終了~~。

まだ時間が有りそうなのでちょっとだけ居眠りさせてもらってからお風呂、解散になりました。
彼女曰く、「九州の男性は『九州男児』なので、全部自分で決めないと気が済まないし、すぐ怒るし…その点Aniさんは優しくてうれしかったです」って言ってくれた彼女、俺としても楽しい時間を共有できてうれしかったです^^
これからもなるべく東京に出てくる用事を作りたいと言っている彼女、またデート出来るかもしれないですね!

★2009/04/24 キャンセル出たらあたしの出番!潮吹き人妻さん★ 

某巨大SNSの日記で「次の土日のデート予定がキャンセルになるかも?」と書いたところ、潮吹き人妻さんから「土曜日午後からなら時間あるよ!」メッセージ。
アレコレ調整してみたところ、土曜のデートのお相手さんはもし生理でもお食事だけはしましょうねって事になったので潮吹き人妻さんとは一日前の金曜日、仕事の後にデートすることになりました。
金曜の夜、集合して開口一番「キャンセルが出たらあたしの出番だよね!」って言う彼女^^ ある程度スケジュールに余裕の有る方とは突発でも会いやすいですからね~~。

パスタを食べたらすぐにホテルへ。荷物を安全な場所に避難させたらさっそく抱き合って濃厚にキス。
仕事帰りと言うことでスーツ姿の彼女、スーツの上から胸に触っただけで腰が退けてひくひくし始めちゃう。襟元から手を進入させてブラの中の乳首をくりくりするとぎゅっとしがみつきながら腰をビクビクと痙攣させる。いつもながらメチャクチャ感度の良い体。
これ以上いじめると本当にやばい事が分かっているのでまずはお互いの服を脱がし合う。彼女は薄いブルーのブラと同じ色の横がヒモになっているTバック!! 俺が「お~~!ヒモ!!Tバック!」と興奮すると「そう言うだろうと思って買ってみたのよ~~」って笑う彼女。すっかり性格を把握されているようですな^^;

さっき彼女に脱がされてすっぽんぽんの俺の前にしゃがみ込んでフェラ開始。彼女のしゃぶられながらTシャツを脱いで全裸の俺。だって服を着ていると潮吹きでどこを濡らされるか分からないんだもの^^;
フェラをしている彼女の胸を触るとフェラが続けられなくなるくらい感じ始める。ブラの隙間から指を入れて乳首を転がすと可愛い声を出しながら悶える。
「Aniちゃんは女の子が良い声を出すととたんに興奮するよね~」って言いながら一気に勃起した俺のおちんちんをしゃぶりまくる。

彼女を立たせて後ろから抱きしめながら胸と割れ目を触る。Tバックの股間を寄せると割れ目の両サイドをキレイに処理したアソコが露出、後ろからクリと割れ目を交互にこすると快感に悶えながら淫乱な言葉を言い始める彼女。そうこうする間に腰がビクビク痙攣して潮を噴出。快感は一気に高まっているご様子。ブラから乳首を露出させてつまんでこねるように刺激するとそれでもブシュッと潮吹き。体の隅々まで感度が良い彼女。
Tバックをずらして露出した割れ目にビンビンのおちんちんを押しつけると彼女も腰を上げて位置を合わせてくる。そのままグイッと腰を押し出すと彼女の割れ目を押し開くようにおちんちんが侵入。その瞬間に「欲しかったの!これがほしかったの!」と叫び声を上げる彼女。

ベッドに手を点かせて立ちバックで後ろから突くともう言葉にならない意味不明な声を上げながら悶えまくる彼女。足を軽く持ち上げてズコズコすると何回も腰を痙攣させ、崩れ落ちそうになる。
脇のヒモを軽く引っ張ってほどくと、はらりと落ちるTバック、ブラも外してやっと彼女も生まれたままの姿に。
そのまま立ちバック歩きでお風呂場の入り口にある洗面所まで歩いていって鏡の前でまたこってりと彼女の中をおちんちんでかき回す。快感でぐったりした彼女から体を離すとおちんちんが抜けた瞬間にまた大量の潮が噴出。合体中は尿道がおちんちんで潰れていて出なかった分が体を離した瞬間に噴出するそうな^^;

お風呂に入って体を洗い合ったらベッドへ。本格的にエッチ開始。
ベッドに横たえた彼女の乳首を舐め回す。割れ目には指を挿入してGスポットをたっぷりと刺激。本当はクンニしてあげたいんだけど、顔面&口内に潮を吹かれる危険性があるのでね~~^^;
もちろんこの刺激で数発噴出してしまう彼女。やっぱり危険ですから~。

彼女の指とフェラでまたビンビンになっているおちんちんを欲しそうにしている彼女に応えて彼女の足を大きく開かせたら正上位で挿入。
オレオ大きいモノがムリムリっと肉を押し分けて入っていくと一気に感度が上がってしまうらしくまたしても「Aniちゃんのおちんちんが入ってくる~」と淫語が漏れ出す。
俺が腰を動かすのに合わせてあられもない言葉を言いまくる彼女、俺もつられてどんどん激しく動いてしまう。
「Aniちゃんのが欲しかったの~!」と叫びまくる彼女。俺も一気に快感が募ってきて限界が近い。腰をハードに振りまくって絶頂、一気に発射!で一回戦終了~~~。

ぐったりベッドに倒れている俺の股間をお口でキレイにしてくれる彼女。
「趣味のフェラチオです^^」って言うくらいあって、彼女のフェラは絶品。さっき発射したばっかりのおちんちんがいつまで経っても彼女の口の中で柔らかくならずに固さを保ってしまう。
「おちんちんが柔らかくならないよ~」って彼女に訴えると「そういう場合は入れてしまいましょう~~」とうれしそうに俺にまたがってくる彼女、固くなっているおちんちんを騎乗位でするっと挿入してしまう。

ビクビクと腰を痙攣させるように俺の上で激しく腰を振りまくる彼女。快感に顔をゆがめながら「腰が止まらないよぉー、Aniちゃんのおちんちんが気持ち良すぎるよ~」と叫びながらすごい勢いで腰を痙攣させる。
普段ならそのまま彼女を押し倒してさらに激しくズコズコ!なんだけど、この日は仕事の後でちょっとお疲れモード、自分から動くパワーが切れちゃってる^^;
彼女が俺の上でビクンビクンと盛大に痙攣して達してしまったところで2回戦終了ってことに。
お風呂に入って服を着けてチェックアウト。今回も潮吹きまくりのラブラブエッチになりました~。


このところハプバーとか「比べ会」とか人がいっぱいいるところでのデートが多かったので久々の二人っきりのデートは燃えましたね~^^
人妻さんも「やっぱりAniちゃんのおちんちんが良いの!Aniちゃんのおちんちんが好きなの!」を連呼していました。いやいや、照れますね~~^^;

お互いうまく時間を調節すれば会いやすい人なので今後も良いおつきあいが出来そうです。
次のデートもよろしくお願いしますね~~~!


2009/04/22 ちびっ子巨乳とネカフェ後に 

最近学校を卒業して仕事を始めたちびっ子巨乳。「そろそろ自分のパソコンが欲しい!」って言うのであれこれ相談に乗って、結局俺が組み立てとアプリのインストールを担当することに。

どんなPCを買うのか、アレコレ情報を仕入れるために、仕事が終わった後彼女の部屋の近所で待ち合わせてネカフェでパソコンショップのサイトを見ながらアレコレ相談。
一通り話も終わったところで抱き寄せてキスしようとすると恥ずかしがって拒否。耳元で「じゃあ、部屋に行こうか?」と聞くとこくりとうなずく。

部屋に付いて荷物を置いたら途中で買ったビールで乾杯。TV見ながらアレコレおしゃべり、ビールを飲み終わったところで抱き寄せてキス。今度は自分の部屋という安心感からか舌を絡ませてくる彼女。たっぷりとして胸に手を伸ばすとさっそく甘えた吐息が漏れてくる。
手を股間に導くとジーンズの上からさすり始める。その間も唇を話さずに甘えたキスをずっとせがんでいる。

ベッドに移動して服を脱がせ合う。彼女のジーンズを下ろしてパンツの脇から指を入れるとすでにヌルヌルの割れ目。「キスとおっぱいだけでこんなに濡れちゃったの?」って聞くといつもの「Aniさんが悪いんだから!」って顔をしながらも目の前に差し出されたおちんちんをしゃぶってしまう。
おちんちんにまとわりつく彼女の唇の感触を堪能しながらTシャツをまくり上げるとブラはいつものフロントホック。ホックを外すと彼女の巨乳がぶるんと飛び出してくる。
柔らかいおっぱいの感触を楽しんでいるうちにおちんちんはいつの間にかビンビンにフル勃起状態。

ここのところデートしてもお互いの用事でエッチまで至らない事が多かったのでちょっと久しぶり状態。彼女の割れ目に指を入れると少し抵抗がある。ゆっくりと指を出し入れして柔らかくしてからおちんちんを挿入。
割れ目に押し当てて先っぽが入った時点で彼女が「ちょっと待って、優しくお願い!」って少し痛みを訴える。一旦腰を止めて彼女の反応を見ながらゆっくりと押したり引いたり。だんだんと深くに潜り込んでいって、根本まで挿入完了。ゆっくりと根本から先っぽまで出し入れすると、もう痛みは無いようで、アフアフと声が出始める。

普段仕事の後ビール>エッチと進むと疲れと酔いでおちんちんが柔らかくなることが多いけど、本日は調子良好。ビンビンに固さを保ったおちんちんを出し入れするとかなり感じるらしく、声を気にして布団に顔を埋める彼女。久々のエッチなのであまり意地悪をする余裕もなく、彼女の感触を味わうのに夢中な俺。
正上位のまま彼女の足をグイッと押し開いてズコズコと腰のスピードを上げる。顔を真っ赤にして声をこらえながら気持ち良さを感じている彼女の顔を見ているうちに俺もどんどん興奮が募って腰のスピードが上がっていく。
彼女の上に覆い被さって激しく腰を揺すると彼女も声が出てしまうのでキスでふさぎながら腰は最高スピード、あっと思う間に絶頂が来て白濁液大量噴出~。

ちょっとの間抱き合ってだる~~っとしてから彼女のヌルヌルを拭いてあげてもう一回キス。裸のまま抱き合ってアレコレおしゃべりしているとそろそろ良い時間なので撤収の準備。
割とご近所なのでしばしば会える仲なんだけど、エッチの時間が短めになっちゃうのが申し訳無いよね^^;
今度は一日時間を作ってたっぷり遊んであげなきゃってちょっと反省しながら帰宅。
近々注文したPCが届くので、組み立ての日は一日一緒にいられますよ~^^
エッチする時間が有るかどうかが一番の問題だけどね^^;

★2009/04/18 セッションライブ後お泊まりデート★ 

この日は参加しているメタル系のコミュニティーでライブハウスを借りてセッションライブ、有名なメタルバンドの曲をみんなで演奏する集まりでした。
当日は演奏も気持ち良くできて、非常に満足楽しかったですな~。ネットで知り合ってまだ会った事が無かった人も見に来てくれて感動の初対面をしてみたり、良い一日でした。

ライブ自体は11時前に終了、その後日記常連幼稚園の先生ちゃんと待ち合わせて予約しておいたビジネスホテルにお泊まり。
昔からそうだったんだけど、ライブの後って心も体もまだまだ熱いらしく、エッチしたくなっちゃうんですよね^^ 若い頃はファンの女の子を2人持ち帰りしたり…若かったですね!

ってことで今回は幼稚園の先生ちゃんが俺の毒牙に^^ お腹が空いていたので適当な居酒屋で軽く飲み食いしてから部屋へ。
普段だったら部屋には行って即エッチ開始なんだけど、さすがに一日ベースを担いでいた俺はちょっとお疲れモード。荷物を下ろしたらベッドに倒れ込む。
彼女が横に座ってくるので抱き寄せてキス。でも一気にエッチモードには入れない~。
ライブ中Tシャツが絞れるほどに汗をかいていたのでまずはシャワー。先生ちゃんが先に浴びているところに全裸で乱入、体を洗ってもらう。
泡まみれで体をヌルヌルされているとやっと股間が応答、固くなって来たところを彼女が握ってシコシコしてくれる。そうなるともう完全にビンビン! やっぱりライブ後で体も心も高揚しているみたい^^

ベッドに入って濃厚にキス。彼女も待っていたようでかなり濃厚に応えてくれる。さっき固くされたおちんちんがすぐに反応してきた所に手を伸ばしてくる彼女。
お互いすっかり準備も完了なのですぐさま合体。正上位で挿入すると一気に絶頂に達する彼女。
お泊まりと言うとこの前の熱海の「欲しかったの!」って喘ぐ彼女を思い出してしまうので、「して欲しかった?」ってまた聞いてしまう。恥ずかしそうにうなずく彼女にさらに興奮、激しく動こうとしたけどさすがにライブ中飲み放題で飲んでいたビールがガンガン効いてくる。
ちょっとスローSEX気味にねっとりと腰を動かしながら彼女の唇をたっぷりと味わう。
さすがに夜も遅くてお互い眠くなってきたのでエッチは適当なところで切り上げて腕枕でお休みのキス。


朝方、股間の違和感で目が覚める。股間が驚くほど固く大きく朝勃ちしてる^^;
たぶんエッチ中の最興奮状態くらいの大きさ。
俺が眼をさましてゴソゴソしているのに気がついたらしく、先生も眼を覚ます。彼女の手を股間に導くと「朝からすごい~~~!」ってうれしそうにシコシコしてくる。
すぐさま躍りかかって挿入!って思ったけど朝なので昨日のビールが「出たいよ~」と騒いでいる。彼女にお願いして柔らかくするためにタマタマをマッサージしてもらうけど、朝勃ちは頑固で全然しぼまず! 仕方ないので固いままトイレに行って無理矢理オシッコ排出、シャワーで洗ってもまだ柔らかくならないっす~~~^^;

結局ビンビンに上を向いてる状態でベッドに戻って「まだこんな~」って先生ちゃんに見せると爆笑^^ 「朝から元気ですね~」とさっそくしゃぶり付いてくる。
昨日の夜がお互い中途半端だったので朝からかなり発情モード、さっそく彼女をベッドに押し倒して正上位で挿入、一気に喘ぎ声を出し始める彼女。
朝にしてはかなりの声^^; 腰を少しゆっくりにすると治まるんだけど、ちょっと本気モードで動くとガガン!とボリュームが上がってくる。キスをして声をふさごうと思ったけど彼女の快感が完全に振り切ってしまっているらしく、その程度じゃ治まらない!
自分の手でふさがせてみたけれど気持ち良くなってすぐに手が外れてしまう。

俺もかなり絶頂が近くなってきたので体位をバックにしてズコズコ。彼女は布団を噛むようにしながら声を我慢してるけど、それも俺が腰のスピードを上げるとまた外れてしまってほとんど絶叫状態。さすがにこのまま続けていると周囲の部屋に迷惑がかかりそうなので発射は自粛、そのままゆっくりと腰を揺らすのみにしてそっと終了。
俺は発射しなかったけれど彼女はたっぷりと快感を味わえたご様子。良かったですね^^
それからもう一回眠って朝はゆっくり起床。もう一回抱き合ってたっぷりキスしてからシャワーを浴びて時間ギリギリでチェックアウト。
驚くほど良い天気の下、お散歩気分で駅までぶらぶら歩いて新宿駅で解散。たっぷり一緒にいられたお泊まりデートでした。

先生ちゃんとは次回のデートもお泊まりの予定。チェックインの時間を考えるとやっぱりビジネスホテルなんだけど、エッチの事を考えるとラブホの方が良いよね~って思う。
どこか早めに入れる所でも探そうかしら?って思う俺なのでした^^;


★2004/04/12 20歳ロック大好き女子大生さん 久しぶりのデートは美術系《その02》★ 

《その01はこちら

彼女の方も準備バッチリなようなのでいよいよ合体。ゴムを装着する俺をまた興味深そうに見守る彼女。パンツと下着をはぎ取っていよいよ全裸。
ローションを持ってくるのを忘れてしまったので大丈夫かな?と思いつつ彼女が盛大に流しているヌルヌルをたっぷりおちんちんに塗りつけてゆっくりと挿入。
予想通り痛みを訴える彼女にゆっくりと挿入していく。少しずつ腰を進めていくと程なく奥まで入って、少しすると痛みも落ち着いたご様子。ゆっくり腰を動かすと「痛気持ち良い…」ってつぶやきながらも腰の動きに合わせて喘ぎ声をもらしている。
体を引き起こして騎乗位にするとちょっと痛みを訴える。体を立てると奥まで入りすぎるようなので、俺の上に抱き寄せて下からズコズコ。これだと痛みも少ないようでほぼ絶叫モードで喘ぎ声が炸裂。相当気持ち良くなっているみたい。
調子に乗ってバックに体勢を移動、後ろから挿入しようとすると彼女が激しく痛みを訴える。角度の問題で、ちょうど痛いところにおちんちんが当たってしまうみたい。
正上位に戻しても痛いらしく、エッチはちょっと中断。お風呂に入ってちょっと体を休めてからベッドでのんびりすることに。

「風呂上がりのビールは最高!」って俺がビールを買うと彼女も「あたしもちょっとビール飲めるようになったんですよ!!」って大人になった自分をアピール。腕枕でビールをやりとりしながらあれこれおしゃべり。お互いの専門分野が似ているから話題は豊富。若いながらも本格的に勉強している彼女からは有益な情報も多い。

そんなまじめな話をしながらも彼女の手を股間に導いて触ってもらっているうちにおちんちんは素直に反応してしまう。彼女に「大きくなって来ちゃった^^;」って申告するととっくに気がついていたらしく手の動きが大きくなってくる。
布団をはがしておちんちんを見せつけるとさっそくしゃぶり付いてくる。俺も彼女の腰を抱き寄せて69の体勢でお互いの敏感な部分をたっぷりと刺激しあう。
まだピンク色が鮮やかな割れ目を指で開いてクリと入り口をたっぷり舐めてあげると声が上がってしまってフェラを続けられなくなる彼女。あまり強く舌先で刺激すると痛いところに当たってしまうみたいなのでソフトに丹念に刺激。

いつの間にか彼女の口に中でフル勃起してしまっているおちんちんにそろそろ活躍してもらおうとゴム装着。彼女をベッドに横たえて大きく足を開かせたら割れ目におちんちんを押し当てる。
挿入の時に「んんっ!」って顔をしかめて痛みを訴えるけど、それも一瞬。さっきのエッチですっかり柔らかくなった割れ目は一気に俺の大きいヤツを根本までくわえ込む。
「痛いけど、さっきほどじゃ無いです…」って言う彼女、デートの度にエッチに慣れていっているみたい。腰の動きに合わせてアンアンと声をあげている。
痛みの方も大丈夫そうなので俺も動きを本格的にしていく。足を抱え上げて大きく開かせたら上から打ち付けるようにハイスピードでズコズコ。彼女はもう絶叫モードで切れ目無く喘ぎ続けている。体を起こして本気モードでピストンしていると程なく限界。喘ぎまくっている彼女に「行くよ?」って言うと声を出す余裕もなくうなずくのみ。
絶頂の瞬間が来ておちんちんは2回目の精液放出、そのまま動きをゆっくりにして彼女をぎゅっと抱きしめると彼女も抱きついてくる。
唇を合わせてたっぷりと舌を絡め合った後、発射しても大きさを保っているおちんちんをゆっくりと抜く。ゴムの先には2回目なのでそれなりの量の精液がたまっている。

「最後の方、もう何が何だか全然分からなくなっちゃった~~^^」って恥ずかしそうに笑う彼女、どんどんエッチの感度が花開いているご様子。
これでまだ処女卒業を含めてエッチは3回目。挿入の時の痛みが治まった時にはどんな風に反応するのか、これからがすごく楽しみ。
俺の経験から言っても、次のエッチか遅くともその次にはフルで本格的なエッチが出来る頃だと思いますね~。

これから当分テスト期間だという彼女、テストが終わったらまた盛大に楽しむことを約束して今日は解散、芸術からエッチまで幅広く楽しめる一日、ありがとうございました!
次回もあまりあせらずに優しく激しいエッチにしてあげたいと思います^^


★2004/04/12 20歳ロック大好き女子大生さん 久しぶりのデートは美術系《その01》★ 

昨年末に初対面したロックが大好きな20歳の女子大生さん。無事に俺と処女を卒業したところで恋愛モード発動、その恋の行方が決まるまでプラトニックでお願いします!ってことでちょっとの間デートはお休み。
学校でデザイン系の勉強をしている彼女とは共通の話題が多いのでメールでのやりとりは欠かさなかったんだけど、先日「そろそろデートのお願いしても良いですか?」ってことなのでさっそくスケジュールを組んでデート。彼女が展覧会のチケットをもらったと言うのでまず六本木に集合して国立新美術館にて展覧会。手をつないで歩きながら展示してある絵の感想を語り合う、なんだか知的なデート。最初が知的な分、この後がすっごく乱れてしまいそう^^

新宿に出てパスタでお食事。「久しぶりにAniさんとデートだから、下着とミニスカート買っちゃいました!」って彼女。その気持ちがうれしいねぇ~!
今日の彼女はいつものパンク風ロックTシャツにミニのバルーンスカート+ニーハイソックス。俺がニーハイ好きだって言うのをきちんと覚えていてくれたご様子。
バルーンスカートに関しては「ちょうちんブルマ?」って言ったらぶん殴られそうになりました^^; …俺、バルーンスカートの魅力がいまいち理解出来ない人なのでございます。でもその下には新しい下着が待っているそうなので期待してしまいますね~~。

お食事が終わったら即ホテルへGO。先日開拓した居心地の良いラブホを今日も攻めてみる。
お部屋もきれいでお風呂も大きめで女子大生さんも満足げな感じ^^
荷物を置いたらさっそく抱き合ってキス。キス大好きな彼女はさっそく舌を絡めてバキュームキスで攻めてくる。お互い濃厚に舌をしゃぶり合っている間に下半身はどんどん反応してきちゃう。
彼女の手を股間に導くとジーンズの上から情熱的に撫でまわして来る。ジーンズを下ろすとすぐにしゃがみ込んでしゃぶりついてくる。処女卒業前からフェラだけは経験していた彼女、かなり上手で情熱的。キスと言い、フェラと言い、「口の快感」が好きなのかもしれないねぇ^^
根本を指で刺激されながら良く動く舌で先っぽを舐められたりしゃぶられたりする間におちんちんはすっかりビンビン。彼女の口も先っぽ1/3くらいまでしか入らなくなってる^^

俺の方も彼女を気持ち良くしてあげたくて彼女を抱き寄せてベッドに移動、横たえた彼女を脱がしながら舌で体をなぞっていく。
一気に裸にはせずにTシャツとスカートを剥くと中からは黒いレースで縁取られた可愛い下着。俺が「お~~!」って喜ぶとうれしそうな彼女。良いモノを選んでいただいた甲斐がありますな~^^
下着はなるべく脱がさないように(着衣フェチですから!)、ブラをずらして露出した乳首を舌で転がす。敏感な肉体の彼女、すぐにハァハァと甘い息が漏れ始める。パンツをずらすとちょっと前まで処女だった割れ目が登場。特に処理はしていないけど毛の感じがキレイ。
指で触るともうすでにヌルヌル。フェラの時点でもうかなり感じていたご様子。指でクリと割れ目をいじり回すと声を上げながらさらに愛液を噴出。指にちょっと力を入れると割れ目に吸い込まれていく。

久々のエッチのはずなのでちょっと優しく。「痛い?」って聞くと「イタ気持ち良い~」って応える彼女、でも割れ目を指2本をばっちり咥こんじゃってる。
ゆっくりと指を出し入れするとそれに合わせて喘ぎ声が漏れる。実際かなり感じているみたい。指をくりっと曲げてGスポットをズコズコ刺激すると腰に力が入ってビクビクと動き出す。もう少しで潮吹きまで行きそうな雰囲気で喘ぐ彼女。もう挿入しても大丈夫そうだけどもう少しじらしていじめてしまう^^
気持ち良さそうな彼女の顔を見るうちに俺も興奮してきてまだシャワーも浴びていない彼女の割れ目に吸い付いてしまう。割れ目全体を舌で舐め回してから舌先でクリを刺激。
割れ目からただようほのかな女性の香りに興奮する。
俺がクリを舐めている間に彼女も俺の股間に手を伸ばしてしゃぶりついてくる。彼女のエロい気分も完全に盛り上がっているみたい。

《その02に続く》


★2009/04/11 初対面ロック姉さんと新宿デート★ 

ネットで知り合ったロック好きな女性。自己紹介を見るとビジュアル系のバンドが好きで、地方にも積極的に遠征しているみたい。これはずいぶん音楽が好きな人だな~と思って気が合いそうなのでメールを送ってみるとすぐにお返事。色々おしゃべりしてみると話も盛り上がる。彼女はビジュアル系、俺はメタルと好きな方面は若干違うけど、やっぱり音楽好きに国境は無し。

デートに関しては「もう少しAniさんのことを知ってから…」って事で、その間たま~にやりとりしているうちに結局約1年ほど。その間に彼女の方もネットから姿を消したり色々有ったみたいだけど、復活してからまた連絡をくれるように。
ちょっと前にこのブログの新作の感想を聞くと「デートのお相手の皆さんがうらやましいです~」って言うので、「じゃあデートしましょうか!」って聞くとOKのサイン、とうとう会ってしまうことになりました^^

新宿で待ち合わせした彼女はハデハデロックファッションで登場!と思いきや、黒髪ショートカットで素朴な雰囲気の方でした。お食事を一緒にという約束だったのでビルの上の韓国料理。お食事しながらロックの話をあれこれ。
年齢も20代後半ということで話題も近くてかなり盛り上がりました^^ 特に地方のライブハウス事情に関してはお互い同じようなところに行っていて共通の話題満載!
お食事が終わって「ホテルにお誘いしても大丈夫かな?」って聞くと「是非!」ってことなので腕を組んでホテルにGO! 本日は3時間コースで良く行くキレイなホテルにしました。

ホテルに入って荷物を置いたらさっそく抱き合ってキス。ここにたどり着くまでけっこう時間がかかったことを実感しながら舌を絡ませあう。
服の上から彼女の体に触ると、年齢相応の充実感。お肌もしっとり柔らかくて触り心地抜群。これは若い娘さんには無い、熟れた感触なんだよね~^^
俺の股間も早々に反応開始、彼女の手をとって股間に導くと大きくなってきているおちんちんに興味津々。さっそくジーンズとパンツを下ろすと「大きいんですね~^^」って言いながらスリスリとこすってくれる。
フェラを所望すると「あんまり上手じゃなくって…」って言いながらおずおずとしゃぶってくれる。俺の気持ち良いポイントや感じるやり方を指南するうちにフェラもスムーズになってきておちんちんはすぐにビンビン。

彼女の方もだんだん服を脱がせながら胸を中心に触ってあげるとだんだん気持ち良くなっていくご様子、口から声が漏れ始める。
ちょうど洗面所の鏡に映る位置で仁王立ちフェラをしてもらっていたのでしゃぶっているところが鏡に映っていることを指摘するとしきりと恥ずかしがりながらもチラチラ見ている。鏡に映っているシーンが妙にエロく見えるのでお互いかなり興奮している。
彼女を立たせて服を脱がせたら本格的なプレイの前にシャワー。お互いの体を洗い合ったらベッドでいよいよ本格的にエッチ開始。

ベッドで改めてフェラをお願いするとさっきより格段に上達して気持ち良くなっている。
ほとんど化粧っ気の無い彼女の幼めの顔を見ていると興奮してすぐにおちんちんが固くなってしまう。
彼女を押し倒して足を大きく開かせたらお返しにたっぷりクンニ。灯りも消さずに割れ目を舐め回されている状況に恥ずかしがって逃げようとするけれど、許さずに押さえつけてクリと入り口を交互に舐め回す。彼女の力が抜けて、快感に反応するようになったらいよいよ合体、ゴムを装着して正上位で挿入。
うっすら眼を開いて「さっき会ったばっかりなのにもうSEXしちゃってる…」ってため息混じりにささやく彼女に興奮、唇を合わせながら腰を強く動かしてしまう。
さっきまではあんなに恥ずかしがっていた彼女はもう快感に従順にたっぷり感じまくっているご様子、口からは激しく喘ぎ声が漏れ出す。
体を抱き起こして騎乗位にすると「あんまり上手に動けないから…」って上でもぞもぞ。
なので体を抱き寄せて下から俺が突き上げるように腰を振ってあげる。強烈におちんちんが出入りする感触に体をビクビクさせながら感じる彼女。
バックから結合するとかなり感じるらしく、特に腰を押しつけて奥を刺激すると何回も「行く!行っちゃう!」って叫びながら痙攣と弛緩を繰り返している。
彼女がたっぷり絶頂を味わった頃、俺もそろそろ限界が近くなっている。体位を正上位に戻して彼女の足をぎゅっと持ち上げ、大きく開いた足の間でハイスピードピストン。彼女がまたも絶頂で喘ぎまくる声を聞きながら俺も絶頂、ゴムの中にドクンドクンと精液をはき出して一回戦終了~~。

腕枕でベッドに横たわりながら「4回くらい達してたでしょ?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女。エッチは久々だったそうでかなり感じたそうで^^
ベッドでダラダラしながら彼女の過去の男性遍歴の話を聞く。ネット上の出会いでトラブって結局一回ネットから身を引いた話なんかを聞くと、それでもまた俺に会いに来てくれたことをすごくうれしく思う^^
アレコレ話しているうちに俺の体が反応してくる。彼女にお願いして触ってもらうと「あれ、大きくなってますよ^^」ってまたフェラをしてくれる。

またしても彼女に俺好みのフェラを教えているうちに気持ち良くっておちんちんはビンビン。ゴムを装着したらバックから挿入、二回戦開始。
バックがすごく感じるらしく、またしても何回も痙攣しまくる彼女。体を支えられなくなっちゃうのか、体が前に潰れて行くので、そのまま体を伸ばして寝バック体勢。うつぶせに寝そべって足を開いた彼女の上から腰を振るとそのまま枕にかじりつくように喘ぎまくる。
ちょっと動きにくいので体位を変えようと体を離して彼女を起こそうとすると力が抜けまくってかなりグニャグニャ状態。すっかり感じまくってしまってるんですね~^^
ようやく体が動いたら正上位で合体、お互い感じまくりなのでそこから一気に動きを加速させて絶頂へ。さっきと同じように足を抱えての高速ピストンでまた彼女は痙攣しまくり。俺も気持ち良くってまたゴムの中に発射! 本日は2発連続で発射でした~~。

ベッドでだらっと抱き合っていると「二回もエッチする人初めてですよ~」って、彼女。今までのお相手はみんな一回でおしまいだったとか。いや~~、俺の場合時間が有れば3回や4回はしちゃってますけど^^;
初対面エッチをたっぷり堪能していただけたみたいで、「Aniさんのスケジュールが合う時にまたデートお願いします!」って彼女^^ 俺としてもたっぷり楽しませて頂きました。
今後も時間の合う時にまたたっぷりと俺好みなフェラの勉強と俺流気持ち良いSEXを楽しんで頂こうと思います!


★2009/04/04 19歳音大生ちゃん・上野でデート《その02》★ 

《その01はこちら

ベッドでだらっとDVDの鑑賞。音楽を学んでいる彼女にも「アマデウス」は新鮮だったみたいでかなり引き込まれながら見ているご様子。それでも俺が横からキスしたりおっぱいに触ったりするのには応じてくれる。
腕枕をしながらあれこれ感想を交換しながら映画を見ている間にちょっと寂しくなってきたので彼女の手を股間に導いて触ってもらう。画面を見ながらもモニュモニュ手を動かしながら俺のをまさぐる彼女、すでに無意識で刺激してしまっているご様子^^

股間が反応してくると「あれ?なんか大きくなってきましたね~~^^」って音大生ちゃん。
布団をめくって大きくなりはじめた股間を見せると手を動かしてシコシコしてくる。
「またエッチ始めると映画が見れなくなっちゃうよ?^^」って言うと「DVD貸してくれるならOKですよ!」って。もう~、ちゃっかりしてるんだからと思いながら抱き寄せて唇を合わせると舌を絡めてくる。彼女の体に触ると彼女もおちんちんを握り替えしてくる。
お互いどんどん欲しくなってきている。

フェラをお願いするといそいそと足の間に入ってきてしゃぶりはじめる。そもそもがフェラ好きな彼女、俺とのデートもかなりの回数になっているので俺の好みのポイントもすっかり把握、舌先でカリ首周辺をレロレロされてすぐさまビンビンになっちゃうおちんちん。
俺も彼女の割れ目を舌でたっぷり刺激して…って思ったけど「実は明日辺りから生理だと思うんですよ~」って彼女、一回目のエッチの時からすでに若干血がにじんできているのでクンニは断念。次回のデートでその分たっぷりなめてあげましょうね^^

「入れて欲しい?」って聞くと小さくうなずく彼女。いじめっ子モードの俺は「どうなってるのが欲しいのかな?」って重ねて聞いちゃう。「固くなってるAniさんのおちんちんが欲しいです」って恥ずかしそうに言う彼女にさらに興奮してしまう^^
ゴムを装着したら彼女の足を大きく広げて正上位で合体。おちんちんが割れ目にズルズルっと入っていくと一気に彼女の口から喘ぎ声が出てくる。
おちんちん全体を使うように出し入れすると一回一回大きく声が出てしまう。グイッと腰を押しつけて奥を刺激しながら唇を合わせるとぎゅっと抱きついてくる。彼女の動きの一つ一つに好きな男性とエッチをしているうれしさと安心感がにじんでいるのがわかるよ。

体位をバックに変えて挿入すると奥に当たりすぎて痛いらしいので一旦断念、騎乗位で合体。
俺の上に乗せて自分の気持ち良い場所を探させる。手を握って支えてあげると腰を上下させて感じているご様子。タイミングを合わせて下から突き上げるとまた良い声が出てしまう。
下から抱きしめてズコズコと腰を振ると俺の上で高く激しい喘ぎ声。日々鍛えている声で耳が痛い^^;

俺もそろそろ限界が近そうなので正上位で合体。絶頂に向かって激しく動く。
完全に達してしまっている彼女、何回も「行く!行っちゃう!」と絶頂を訴える。「女の子は何回でも行けるんだから行って良いよ」って言うんだけど、俺と一緒に達したいらしく「いや、いや!」って言いながらも俺が彼女の良い場所を刺激し続けるので頂点に達してしまう。
彼女の絶頂を3回くらい確認したところで俺もそろそろ行かせて頂くことに。腰のスピードを一気に上げると彼女の声も一段と大きくなる。布団を握りしめて快感に耐えている彼女の腰を押さえつけて足を開かせながらハイスピードでピストン、「行くよ、行くよ」ってささやくと彼女も喘ぎ声の合間から「来て!来て!!」と絶叫。
その声を聞きながらゴムの中に2発目を発射して2回戦終了~~。

エッチが終わって体を離すと涙目で鼻をグスグスさせている音大生ちゃん。「どうした?」って聞くと「最後の方、何が何だか全然分からなくなっちゃって、体のコントロールが出来なくなっちゃって~~~」って泣き笑い^^ もう気絶寸前まで達していたみたいですね~。
俺の方も久々に2回連続で発射。普段は途中で休憩させてもらうことが多いけど今回はかなり気持ちが高まっていたみたいですね^^

時間を見るともうけっこう良い感じ。それでも彼女の主張でお風呂を泡泡にして二人でまったりタイム。やっぱりデートの時はエッチばっかりじゃなくてこういう時間も大切にしたいですからね~~!
3時間のチェックアウトまで後2分!ってところでホテルをチェックアウト。本当にたっぷり楽しんだエッチでした。彼女がもう少し時間が大丈夫ということなのでタイ料理屋にいって軽くお食事しながら飲み。普段はお子様な味覚を好む彼女ですが、これからだんだんとエッチ以外にも大人な楽しみを教えて行こうと思います^^


さてさて、今回は展覧会をあきらめてしまったので次の約束の江ノ島までの間にもう一回展覧会デートを入れないといけなさそう。これってもしかして俺と沢山デートをしたい彼女の策略かも?なんて思ってしまう^^
考えてみると彼女と出会って4ヶ月で7回のデートってけっこう多い方。彼女は「こんなに会ってて飽きられちゃったらどうしよう!」って。
いやいや、きっと大丈夫でしょ^^ これからもよろしくお願いしま~~す!


★2009/04/04 19歳音大生ちゃん・上野でデート《その01》★ 

水曜日にドタキャンの穴埋めをしてくれた音大生ちゃん、日曜日は前から約束していた上野デート。「阿修羅像展」に行こうって約束でちょっと早めに集合の予定…見事に寝坊した俺!
結局彼女にはカフェで時間をつぶしてもらって1時間ちょっと遅刻して俺登場。プンプンと怒った顔で集合場所に来た彼女も、俺が謝って手を差し出すとさっそく絡みついてきてデレデレのラブラブモードで腕を組んでくる。あの~、自分のことを「ツンデレ」と言うならあと15分くらいは怒りモード維持した方が良いのでは無いのでしょうか?^^;

腕を組んで上野公園の桜を見ながら散策。どこを見ても超満開で「うわ~」「きれい~」って声しか出ない。しばし我を忘れて上ばかりみとれている。
国立博物館が近くなったところで実はかなりお腹が空いていることに気がつく俺。だって寝坊に気がついてすぐさま支度して家を出たから何も食べてないんだもん。
時間もすでにお昼なので一旦街に引き返して食事をすることに。ふと思いついてお好み焼き。座敷でお好みを焼きながらビールを飲んでいると、また博物館に行って行列を作って展覧会を見るのがだんだん面倒くさくなってくる^^;
「なぁ、展覧会は次の機会にしてこのままご休憩しちゃおうか?」って提案するとメチャクチャうれしそうな顔で笑う19歳。君は本当にエッチが好きだの~~~^^;

湯島のいつものホテルに行くと満室。向かいの2時間休憩に行こうかな?と思ったら音大生ちゃんの提案で新宿まで行くことに。松坂屋の前から地下に潜って大江戸線。「東新宿」で降りてぶらぶら歩いてホテル街へ。
明治通り沿いからホテル街に入ると、裏の方に見たことのないラブホテル、外装はぱっと見和風レストランみたいな感じ。でもしっかりラブホテルらしいので入ってみるとなかなかキレイでよろしい。ドリンク一杯サービスも付いているし、部屋のTVも大きいのでこれはなかなか大当たりかも。本日は「アマデウス」のDVDを一緒に見ようって企画もあったのでちょうど良いですね~~。

彼女俺に服を見せながら「今日は展覧会の予定だったんでちょっと上品にまとめてたんですよ~」って。
たしかに今日のスカートはちょっと眺め。いつもなら絶対見えている絶対領域も隠れている。ブラウスもちょっとフリル多めでおとなしめ? でも俺の前にぺったり座っておちんちんの露出を待つ彼女はやっぱりエッチ大好き娘。ジーンズを下ろしておちんちんを露出すると今日はいきなりしゃぶりついてくる。ちょっとキレイめに決めた彼女が相変わらずエロい舌使いをするので俺の興奮度もいつもより高いかも? おちんちんはすぐさまビンビンに。
服の上から体に触るとどんどん眼がトロンとしてくる彼女。着衣のままだと汚してしまいそうなので今日は早めに下着姿まで脱がせてしまう。

パンツを脇に寄せるといつも通りフェラだけでヌルヌルになっている彼女、ちょっと指に力を入れただけでヌルルっと入ってしまう。さっきから興奮気味の俺、ゴムを装着したら彼女の下着をはぎ取って一気にバックから挿入してしまう。
いきなりの合体に一気に感じる彼女、甲高い喘ぎ声が口から飛び出してくる。バックから大きいおちんちんを全部使ってこするように出し入れすると布団をぎゅっとつかんで感時てる、感じてる^^ 気持ち良い?って聞くと「Aniさんの…おちんちんが…気持ち良いです」って切れ切れに答える。すっかり調教されてしまったご様子^^

合体したままベッドを下りて立ちバック歩きで洗面所へ。「歩くの慣れてきました~^^」って笑う彼女、でも立ち止まって腰を揺するとその笑顔も一気に快感で崩れる。
洗面所で手を付かせて立ちバック。鏡に映った顔をじっくりと見せつける。
洗面所に座らせて足を開かせて前から挿入すると、窮屈な姿勢に興奮するらしい。俺の首に手を回させて疑似駅弁状態でズコズコ腰を振ると力が抜けて後ろに傾斜していってしまう。
「背中に蛇口が当たってちょっと…」っていうので洗面所プレイはそこまでにしてベッドへ。
改めて正上位で合体、お互いの絶頂に向けて激しくピストン。上からグイッとのしかかると俺の背中にぎゅっと抱きつきながら高い声で喘ぎまくる。すいません、メチャクチャ耳が痛いんですが^^;
体を起こして一気に腰のスピードを上げて絶頂へ。すでに何回か達してる彼女に「俺も行きそうだよ」とささやくと「来て、来て!」って一緒に行きたいご様子。腰のスピードを上げると彼女も激しく感じるらしく「行く!行く!」って叫びながら二人同時に絶頂、大量の精液がゴムの中にほとばしるのを感じながら彼女の上にがっくりと崩れ落ちる。
しばし抱き合いながらエッチの余韻を楽しんでからゆっくりと体を離す。相変わらず俺のが中から出ていく感触「おう!」って言いながらブルッと身を震わす彼女。本当に感度が良いんだから^^

エッチを始める前に再生を始めたアマデウスのDVDがかなりのところまでストーリーが進んでる。
「Aniさんがエッチなことするから全然ストーリーが分からなかったですよ~~」って抗議する彼女。お風呂に入ったらもう一回最初から見るって^^
まだシャワーすらしてなかったので改めてお風呂でのんびり。「ほら、やっぱり大きくなってるでしょ?」って言う彼女のおっぱいをたっぷり触って確認したらベッドに戻ってDVDの鑑賞。さて、どこまで俺が大人しく見てられるんでしょうね~~^^;

その02に続く》


★2009/04/01 音大生ちゃんと突発デート★ 

この日は本来は「大学に行くまでに処女卒業したいです!」って言っていた18歳学生さんとデートの予定で仕事の休みを取ったんですが、卒業旅行などで疲れたのか、学生さんが体調不良でダウン。
せっかく仕事の休みを取ったのを無駄にするのももったいないので平日に動きが取れそうな方面数件に連絡を取ったところ、最近日記常連になっている19歳の音大生ちゃんが「あたし、行けます!」と手を挙げてくれました。
ちなみに夜は歌のレッスンらしいんだけど、レッスン前に俺とエッチしちゃって大丈夫なのでしょうか??^^;

彼女とは日曜日に展覧会を見に行く予定だったのでそれを前倒しする?それともすぐにホテル行く?って聞くと「あたしはホテルな気分です~」とのこと。相変わらずエッチ大好きなご様子^^
当日お昼ちょっと前に新宿に集合してデパ地下でお弁当調達。二人して腕を組んで「あれがおいしそう」だの「これの方が量が多い」だの騒ぎながら食品売り場をグルグル歩き回るのもけっこう楽しい。結局あれこれ買ってホテルにGO!

平日なのでどこに入ってもフリータイムだしな~ってことで普段あまり使っていないちょっと大きくてキレイめなところにチェックイン。
部屋に入って探索してみるとお風呂が豪華。バスタブもかなり大きくて音大生ちゃん、「お~~!今日も泡泡お風呂にしましょ~!」って興奮してる。
部屋でエッチに備えて準備をしている間にトラブル発覚。コンドームを持ち歩いてる袋を前のデートの時のホテルにおいてきてしまったみたい。
百歩譲ってホテルの部屋に備え付けてあるコンドームをつかうにしろ、部屋に置いてあるのは2個だけ。これじゃ足りないよね、ってフロントに電話してコンドームの追加を頼むと+4つくらい届けてくれました。さすがに全部は使い切らないだろうけど~^^;

音大生ちゃん、本日はけっこう短めのデニムのスカートに黒のニーハイソックス。服を脱がずに俺をこれだけ興奮させるって、すでに俺の趣味を完全に熟知しているご様子。
さらに「このスカート、小学生の時にはいてたヤツなんですよ!」って^^ 小学校時代の服を着れるだけ体型を維持している彼女に感心しつつも小学校時代の彼女を想像しつつさらに興奮している俺はまさしく変態。
そんなこんなでジーンズの中で俺のおちんちんはすでに暴れん坊状態。そんな俺の前にぺたっと座ってキラキラした眼で俺をみつめる音大生ちゃん。ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると「舐めても良いですか?」って聞く。かなり興奮する言葉、じらすなんて考えもせず「良いよ」と答えるとすぐさましゃぶりついてくる。
シャツの襟元から手を入れて、胸を揉むと甘えた声で喘ぎながらも口はおちんちんから離れようとしない。いつものことだけど、フェラ大好きな彼女。

立たせてスカートの中に手を入れる。パンツを脇に寄せて割れ目に触るともう完全にヌルヌルの割れ目。
「フェラだけでこんなに濡れてるの?」と聞くと恥ずかしそうな彼女。ちょっと力を入れると割れ目に指が入ってしまう。
ベッドに手を着かせて後ろから割れ目を刺激。軽く曲げた指がGスポットに当たるらしく膝をガクガクさせながら声を上げる彼女。
立ちバックの体勢の彼女からパンツを引き下ろす。ビンビンに勃起したおちんちんを後ろから割れ目にこすりつけると欲しそうに腰を揺する彼女。
「ゴムつけなきゃね」って二人で絡み合うようにベッドに登って枕元に投げてあったゴムを取りに行く。普通サイズのゴムなので装着にちょっと手間取る俺を愉快そうに見る彼女、改めて俺のおちんちんのサイズを確認しているみたい^^

彼女をベッドに押し倒してスカートをめくる。足を大きく開くとヌルヌルの割れ目が口を開く。普段からあまり毛の濃くない彼女だけど「今日はキレイにしてきましたよ」って、確かに割れ目の両サイドがキレイになっている。
おちんちんを割れ目に当てるとヌルッと入っていく。一気に奥まで貫くと喘ぎ声がほとばしる。
まだパンツすら膝に引っかかっている状態で奥まで挿入されている彼女、高く上げた足にはいているニーハイが倒錯的。
体位をバックに。めくれたスカートから露出する生のお尻に興奮している俺。やっぱり着衣フェチなんだよな~。

そのままゆっくりとベッドを下りる。合体したままソファーに向かって歩き出すと「また歩くの?」って笑う彼女。
ソファーの上に彼女を乗せて俺はバックから立ったまま腰を振る。この体勢だと俺が激しく動けるので気持ち良いらしくかなり大きな声で喘ぐ彼女。
俺がソファーに座ると上にまたがってきて騎乗位挿入。唇を合わせながら自分から腰を上下させてくる。
だんだんと服を脱がせてあげてソファーの上でやっと全裸。服を汚す心配も無くなったのでさらに激しく動ける。ソファーで窮屈な体勢の正上位からもう一回質バックでベッドへ戻る。
俺の方もかなり感じてしまっていたのでベッドで合体したら一気に発射モード。彼女の足を大きく開いて激しく腰を振る。布団をぎゅっと握りしめながら絶叫する彼女の声を聞きながらゴムの中に大量に発射、一回戦終了~。 
いつもながらホテルに入ってからすぐさまエロモード突入。お風呂すら入ってない^^;

では改めてお風呂にはいって、さっき買ったお弁当食べましょうかね~~。

《追記》
ちょっと時間が経ってしまったのでこの後の事は以下短めに。

結局この日は後3回エッチ。夕方5時ぎりぎりまでたっぷり堪能しちゃいました。
特記すべきはライトSMプレイが有ったことかな? 持っていたバンダナで彼女の手首を後ろで縛って自由を奪っておいてからバックでズコズコ。おたがいかなり興奮しちゃいましたね~~。

ってことで彼女とは次の日曜日にもデート。週に2回同じ女性とデートするって、俺にとってはなかなか珍しいことです。次のデートも濃厚に楽しめそうですね~~^^