FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2009/03/28 幼稚園の先生とお花見デート《その02》★ 

《その01はこちら


この動きだと俺の方も亀頭が激しく刺激されるのでかなり気持ち良い。スピードを上げて攻めるうちに一気に絶頂、「行きそうだよ」ってささやくと「来て!来て!」と何度も喘ぐ彼女に白濁液を発射、一回戦終了。最初っからかなり濃厚なエッチになりました~。

ホテルに入ってからすぐに始まっちゃってここまでお風呂を挟んでず~~~っと入れっぱなしな感じ。先生も「激しかったですね~~^^」ってうれしそうに俺の体にひっついてくる。
腕枕をしているうちにおたがいうとうととお昼寝。フリータイムで入ってるから心置きなく時間も無駄遣い。
目が覚めたら抱き合いながらおしゃべりして目が合えばキス。お互い何回キスしあったんだろうって思う頃には彼女の手が自然に俺の股間に伸びてきている。
気がつけば俺も彼女の胸をいじくりながらおしゃべりしている訳で、これって二人のデートにはすごく自然な成り行き。

彼女の手の中でだんだん大きくなったおちんちんにフェラをお願いするとうれしそうに舐め始める。おちんちんが口の中で大きくなるのを感じるのが好きだそうな^^
俺も彼女の腰を呼び込んで69でお互いの気持ち良い場所を刺激しあう。割れ目を軽く指で開いてクリを舌先で刺激すると、喘ぎ声が出てしまってフェラが続けられなくなる彼女。
下から「欲しいの?」って聞くと小さく「ハイ」ってお答え。彼女を上にまたがらせて騎乗位で挿入。
上に来た彼女の手を固くなったおちんちんに導いて自分で入れさせるのが最近の流行。何か女の子が自分から入れるのを見るのって興奮するんだもん^^
今回も彼女が自分でおちんちんを割れ目に導いて、先っぽを少し入れたところで下からグイグイっと腰を進める。いきなりズブズブと入り出したおちんちんに声を上げてしまう彼女。

膝を突いて上にまたがった彼女が激しく腰を上下させる。もうすっかり慣れて、自分の気持ち良い場所を刺激することが出来るみたい。下から手を伸ばして乳首を刺激しながら俺も彼女の快感のお手伝い。下から突き上げるとそのたびに声のトーンが高くなるのは確実に一回一回奥まで刺激されているから。
膝を上げてしゃがみポーズにさせると彼女が手を伸ばしてくるのでそれを握ってささえてあげる。両手をつなぎ合った姿勢で激しく腰を振る彼女、快感の激しさと同時に愛も感じてくれているのかも^^

体を起こして体位をバックに。たっぷり奥を刺激して俺もかなり感じてきたので正上位、このまま絶頂に!と腰のスピードを上げるけど、発射前に体力切れ。一旦休憩。


TVを見ながらダラダラしているうちにまたお互い欲しくなってくる。彼女を抱き寄せてキスをしている間にまた触られちゃう^^ それにしても毎回きっちり彼女の手の中で大きくなる正直なおちんちん。口でしてもらうとさっそくビンビンに。
彼女の割れ目もヌルヌルなので合体しようとするとちょっと濡れ足りないらしく抵抗があるので、一回体を離してたっぷりクンニ、潤ったところで正上位合体。
さっきの感じでカリがたっぷり入り口を刺激するように腰を振ると、今までのエッチで十分に感度が上がっている彼女は一気に絶頂に登ってしまうらしい。「気持ち良い!気持ち良いの!」と「そこ!そこ!そこ!」を切れ目無く連続で口にする。俺の背中に回した手にもぎゅっと力を入れてしがみついてくる。

体を起こして彼女の足を大きく開かせながら激しく腰を振ると俺もそろそろ絶頂。腰のスピードを上げてさらに激しく腰を振っているともう限界、2回目にしては大量の白濁液を噴出して終了~。お疲れ様でした^^

お風呂でお互いキレイにしあったらホテルを出て飲みに行くことに。彼女は飲める口なのでいつも俺の深酒と同じペースでつきあってくれてうれしい^^
前回のデートで「まだ卒業したくない」ってことだったので、当分おつきあいしていただけるみたいですね^^
良い形で彼女が卒業出来るまではこれからもラブラブエッチ、よろしくお願いします~~^^


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2009/03/28 幼稚園の先生とお花見デート《その01》★ 

日記常連幼稚園の先生と「桜を見に行こうか!」ってことで新宿御苑へお花見デート。
本当はどこかでお弁当でも買って中でのんびり食べようって計画だったんだけど当日はけっこう寒くて桜も期待できなかったので散策するだけに。
確かに入り口付近のソメイヨシノはまだ2割も咲いていなかったけど、奥の方はけっこう満開の桜も多くてかなり満足。御苑を出たら新宿方面に向かって、途中のインド料理屋でカレーを食べて大満足。さてホテルに向かいましょうか。

今月ちょっと出費が多くて経済的に苦しいのでリーズナブルなフリータイムのホテルへ。
「ちょっと設備がショボいんだけど良い?」って聞くと「Aniさんと一緒ならどこでも楽しいですよ^^」って答えてくれる彼女。そんなこと言うからかわいがっちゃうんですよね~。
ホテルに入って荷物を置いたら抱き合ってキス。月に一回程度しか会えない事を心の中でお詫びしつつその気持ちを熱い抱擁で彼女に還元。今日もたっぷりかわいがってあげようと誓う。

気がつくとすでに俺の前にしゃがんで着衣のままフェラを開始している彼女、すっかり二人のエッチのペースができあがっている。彼女の口の中ですでにビンビンに勃起しているおちんちん、相変わらず元気良すぎ?
ソファーに彼女を座らせて足を大きく開かせる。パンツを脇に寄せて股間を露出すると割れ目はすでにヌルヌル。触りながら軽く指に力を入れるとすぐに入ってしまう。
軽く指を出し入れするだけで喘ぎ声が大きくなる彼女、俺のおちんちんを握る手にも力が入ってくる。
ソファーから立たせて背もたれに手を突かせる。後ろから彼女の割れ目にこすりつけながら「欲しい?」って聞くと「Aniさんのおちんちんが欲しいです…」ってつぶやく声。
パンツだけを引き下ろして後ろから割れ目におちんちんを押し当てるとヌルヌルと入っていく。最初はちょっと抵抗が有るけれど、一回通ってしまえば後はいつも通りズコズコできる。服は着たまま、パンツだけを片膝に引っかけて悶えている彼女を見てさらに興奮、バックから動く腰のスピードが速くなってしまう。

この状況であまり暴れちゃうと服を汚してしまうので、だんだん脱がし合う。お互い全裸になったら俺はソファーに座って彼女は俺の膝の上へ。向かい合った姿勢でソファー正上位。ソファーの弾力を利用して俺の上で跳ねるように腰を振る彼女。小さめのおっぱいがぷりぷり目の前で震える。
もう一回バックで結合したらゆっくりとソファーをでて立ちバック歩きで洗面所へ。鏡の前で姿を写しながら立ちバック、足を抱えて鏡で結合部分を見ながらズコズコ。「Aniさんのエッチ…」って良いながら彼女もかなり興奮しているご様子。
さすがに最初から飛ばし過ぎな感じもするので一旦体を離してお風呂へ。ちょっとの間のんびりと湯船につかる。前回お風呂にも入らずエッチしまくりで、「洗ってないからダメ!」とクンニ拒否されてしまったので今日はまずお互いをキレイにしあってからベッドへ^^

ベッドに着いたらさっそくキスから唇をだんだん下に移動させてクンニ。前回出来なかった分、今回はたっぷりと舐めまくる。軽く指で開いてクリを下で転がして、彼女の喘ぎ声を堪能しながらたっぷり味わう。
お風呂の間に柔らかくなったおちんちんをフェラで固くしてもらったら正上位で合体。さっきまでの火照りですぐさま絶頂に達する彼女、何回も「行っちゃう、行っちゃう!」と体を痙攣させている。体位もバック、騎乗位と変化をつけながら一杯出し入れする。
今回はおちんちんをほとんど抜いてからまた入れるとカリで入り口が刺激されるらしく「そこ!そこが良いの!」と何回も絶叫。連続でこすると何度も絶頂に達してしまうみたい。
この動きだと俺の方も亀頭が激しく刺激されるのでかなり気持ち良い。スピードを上げて攻めるうちに一気に絶頂、「行きそうだよ」ってささやくと「来て!来て!」と何度も喘ぐ彼女に白濁液を発射、一回戦終了。最初っからかなり濃厚なエッチになりました~。


その02に続く》


★2009/03/18 潮吹き人妻さんと再びハプバー★ 

日記常連の潮吹き人妻さん、先日行われた「第二回巨根比べ会」で目覚ましい活躍をなされたそうで、その報告を聞きがてらハプバーでデートをすることに。

歌舞伎町の開店寿司屋で軽く寿司をつまんでから先日行った「SILK」へGO。
フロアに入ってソファーで軽く飲みながらあれこれおしゃべり。ジーンズの上からおちんちんをなでなでしながら「何か固くなって来たよ~」ってうれしそうな彼女を伴って下のプレイフロアへ。
さっそくシャワーを浴びてガウンに着替えたら並んで座って軽く一杯。軽くはだけたガウンの間に手を差し込んで俺のおちんちんに触り始める人妻さん。俺も彼女の乳首を軽く刺激するとさっそく「んんん…」と声が出始めてしまう。

足を開くといそいそと間に入ってきて本格的にフェラ開始。
ビンビンに固くなったおちんちんをしゃぶっていると前回来た時に会った単独男性さんが「やってますな~^^」っていらっしゃって、彼女のフェラを見ながらオナニー開始。彼女の手を伸ばして彼のおちんちんに触らせてあげると俺のおちんちんを舐めながら彼のおちんちんを手コキ。両手に花(口と片手だけど^^;)状態でうれしそうな彼女。
四つん這いの股間に手を伸ばして割れ目を刺激すると激しく声を出しながらビクビクと腰を痙攣させる。ガウンがはだけてほとんど裸状態になっても直す余裕無し^^
クリを指で刺激すると「ダメダメ!出ちゃうから!絨毯汚しちゃうから!」と言いつつ潮吹きを懸命にこらえている様子。いじめっ子モードでさらに刺激しちゃう^^

さすがにこれ以上はやばそうなのでプレイルームに移動。バスタオルを広げたらその上で膝建ちで抱き合ってキス。割れ目を指で刺激するとさっそく2発連続で潮吹き。相当我慢していたご様子^^
フェラで改めてギンギンに固くしてもらったらゴムを着けてバックから挿入。前回のエッチで「アソコが痛くなっちゃった」って言う彼女、今回はローションを使用してヌルヌルっと挿入。
おちんちんが一回出入りするごとに大きな声を上げて腰をビクビクと痙攣させる彼女。後ろからお尻を押さえてズコズコと腰を動かすと、奥に当たるおちんちんが気持ち良くて何度も達しているご様子。体位を変えるために体を離しておちんちんを抜くとお約束の潮が噴出。「何回も達して吹いてるはずなのにAniちゃんのが大きいから出口が押しつぶされて出ないんだよ~」言う彼女、毎回体を離すと派手に吹いてるのはそのせいなんですね~^^

正上位で合体したけれど、ちょっと疲れてきたので一旦休憩。のぞき部屋のギャラリーさんに良いところを見せようとしてちょっとがんばりすぎたかな?
マットにだらっと寝そべってリラックスしながら先日の「比べ会」の報告を聞く。今回は女性参加者も多くて盛り上がったご様子。さらには主催者のパートナーさんが生理だったので潮吹き人妻さんが大活躍だったそうで^^
「沢山おちんちん見れて幸せだった~~^^ でもあれだけおちんちんが有って、一本も舐めてないって、フェラ大好きなあたしとしては不思議よね~~?」って。ローカルルールとして、フェラはパートナー特典ってことになったみたいね^^;

話を聞いているうちに興奮してしまったのかおちんちんがビンビンに固くなっている。
「比べ会」でフェラ出来なかった分、俺のおちんちんをこってりと舐め回す彼女。たっぷり堪能したところで正上位で合体、腰を押しつけて奥まで刺激したり、おちんちん全体を出し入れしてたっぷりこすってあげたりしているうちに俺も絶頂、ゴムの中にたっぷり放出して1回戦終了~~。


フロアに出るとカップルさんが二組。ちょっと前に来たらしく「他の人たちがしてるの見たかったね~」とか言ってる^^ 「たった今終わってしまってすいません~~」とか言いながら軽く飲みつつ休憩。
あれこれおしゃべりしながらまたガウンの隙間から触ってもらっていると固くなって来てしまったのでフロアにて公開フェラ。ビンビンになったところで再びプレイルームへ。
さっきからの刺激で体中が敏感になっている彼女、乳首と言わずクリと言わずちょっと刺激されただけで連発で潮を吹きまくる。「人に見られてるのに、いつものエッチと変わらないくらい感じちゃってる~~!」って言う人妻さんを四つん這いにさせてバックから挿入。
またしてものぞき部屋にいるギャラリーさんに挿入部分が見えるように気を使いながらズコズコ動く。彼女はもうギャラリーの存在すら忘れて喘ぎまくってる。前回は恥ずかしくて出せなかった隠語も多少出てきてこの前よりはリラックスしている感じ^^

体位を正上位に変えたところで俺の疲れが出てきてしまってエッチはそこまで。体を離すとまた噴出した潮をバスタオルでぬぐってプレイルームから退出、シャワーを浴びて帰る準備。
上のフロアでもう一杯飲もうかと思ったけどけっこう良い時間だったのでやめて退出、駅に向かいました。
この「SILK」と言うお店、バーフロアとプレイフロアが上と下に分かれているのでちょっと盛り上がらないのかな?と思っていたら上のバーフロアで公開エッチをしているカップルさんを二組目撃。見てもらいたいカップルさんはそういう風にしてるんですね~^^
ただ、潮吹き人妻さんの場合、そういう形でプレイをすると周りのソファーと言わず、ギャラリーさんと言わず水浸しにしてしまう可能性も有るので無理かもしれないですね~^^;

ハプバーでのプレイにも慣れた感の有る彼女、それでも「やっぱり恥ずかしいんですよ^^」とのこと。次回はホテルでの濃厚ラブラブプレイをご所望だそうです。リクエストにお答えしてたっぷりかわいがってあげましょうね~~^^


★2009/03/15 20歳ちびっ子巨乳とお部屋でラブラブ★ 

日曜日、某巨大SNSの百物語OFF会で渋谷。怖い話をたっぷり堪能してから魚系の居酒屋で軽く一杯。
機嫌良くなったところで日記に良く登場するちびっ子巨乳のお部屋にGO。

怖いモノ好きな彼女に本日のOFF会で出た話をしながら缶ビールと缶チューハイで乾杯。
お互い程良くアルコールが回ったところでどちらからともなくキス。こたつの角と角に座っていたのがちょっと遠かったので彼女を後ろから抱く位置に移動すると振り向きながら舌を絡めてくる彼女。

彼女を抱いた手をシャツの中に入れてブラの上から胸をモニュモニュ触ると口からため息が漏れだしてくる。ブラをずらして乳首をつまむと明らかに声が出始める。相変わらず感度の良い体。
体を少しずらしてジーンズを脱いで股間を露出すると彼女も体をこちらに向けておちんちんにしゃぶりついてくる。こんな小さいお口で良くがんばってくれるな~と思いながら彼女のフェラを見つめていると股間がむくむくと大きくなっていく。
シャツをめくってブラを外すと彼女の巨乳がボロンと転がり出てくる。手に余るサイズのたわわな胸を転がすように刺激をするとお口が疎かになっちゃうほど感じてる。

彼女を四つん這いにさせてジーンズを膝まで下ろさせる。パンツの脇から指を入れると割れ目がすでにグチュグチュに濡れている。軽く指に力を入れただけでぬるっと俺の指を飲み込んでしまう。そのまま指を出し入れすると必死で声をこらえているご様子。ちょっといじめっ子モードになってさらに激しく刺激してしまう^^
四つん這いの彼女の前に股間を突き出すとそのまま口だけでフェラ。すごいエロい状況におちんちんはビンビン。興奮しちゃって彼女の後ろに回り込んでパンツをずらして割れ目におちんちんをこすりつける。

そのままグイッと腰に力をいれて一気に挿入。初めて会った頃は痛がっていた俺のおちんちんにもすっかり慣れてしまったみたいでそのままズコズコ腰を動かすと、枕に顔を埋めて必死で声を我慢している。
着衣フェチな俺、まだパンツすらはいてる彼女のお尻に興奮して激しくズコズコしてしまう。また彼女の喘ぎ声に「出ちゃう、出ちゃうよ…」が混ざり始める。かなり感じている証拠^^

もう少し濃厚にしたくなったのでお互いの服を脱がしあう。ちょっと寒いので上は着たまま、下だけ全部脱がして正上位。彼女のお尻をぐいっと持ち上げて上からズブッと挿入。
手に持った枕に顔を押しつけて声を我慢している彼女にちょっといじめ心が働いてその枕を取り上げて手も押さえつけてしまってから腰を振っておちんちんを出し入れ。
顔を真っ赤にして声を我慢してる彼女が可愛くて、キスで口をふさいであげる。

そろそろフィニッシュかなと思ったあたりでお酒の影響か疲れが出てしまっただんだん彼女の中で柔らかくなってしまった^^;
さすがに昨日のデートのエッチも激しかったし、今回はこの辺で勘弁していただく。
抱き合ってキスをしているうちにおちんちんが柔らかくなったので体を離す。
抱き合ってお布団に潜り込んでもう一回いちゃいちゃしている間に良い時間になったので退散することに。

彼女とはお部屋でしてるって事もあってどうしてもお手軽エッチになりがちなんですよね。
たまにはまたラブホに行って濃厚エッチをしてあげなきゃですね~^^


★2009/03/14 19歳音大生ちゃんとコスプレエッチ《その03》★ 

《その01はこちら》《その02はこちら

3回戦が終わってのへ~~っとベッドでダラダラしている俺と彼女。さすがに3回フルで動いちゃったので疲れてます!って空気を醸し出す俺をモノともせずに彼女の手は股間に伸びておちんちんをモニョモニョと触っている。
俺、基本的におちんちんを触ってもらうのが好きなので、ベッドにいる時は良く女性の手を股間に導びく癖がある。彼女もその癖がついちゃったのが、すぐにおちんちんに触ってくる^^

ここ数回のデートで、この状況でも俺のおちんちんはビンビンになっちゃうって事を知っている彼女、手の中のおちんちんが反応を始めるとうれしそうにしゃぶりついてくる。
最初はぱくっと咥えて先っぽを中心にジュポジュポしゃぶって、だんだん固く大きくなってくると竿の周りや玉の裏まで舐め回してくる。
うれしそうな癒し系笑顔で大きなおちんちんにしゃぶりついてるのがすっごく淫乱な雰囲気。この娘さん、まだ10代なんだよね~って思うと俺も興奮してビンビンに固くなってくる。

彼女のお尻を呼び込んで69で割れ目をたっぷりしゃぶると喘ぎ声が出始めて口がどんどんお留守になってしまう彼女。俺のおちんちんをぎゅっと握りしめながら目が入れて欲しいと言っている。
ゴムを装着したら彼女を上にまたがらせて騎乗位で挿入。自分から手を伸ばして割れ目におちんちんを導く彼女、早く入れたがっているところをすぐには入れないで先っぽで割れ目をこすってじらしてみる。腰をもじもじさせながら欲しがる彼女。俺ってやっぱりいじめっ子かも?と思いながら先っぽを割れ目に挿入、うれしそうに上から腰を落としてくる彼女。

ズズズ…って感じでこすれながら根本まで入ったら彼女と手を握りあいながら騎乗位でズコズコ。俺の股間に割れ目をこすりつけてくる彼女にタイミングを計りながら下から突き上げる。良い感じで喘ぐ彼女が可愛くて、手を伸ばしてクリをいじりながら下からズコズコ。
感じすぎで彼女が姿勢を維持できなくなったら下からぎゅっと抱きしめて、唇を合わせながらゴリゴリと腰を動かす。

さらに激しく動きたくなったので彼女を抱き起こして対面座位。体を起こして足を大きく開かせると、ギンギンに勃起しているおちんちんが彼女の割れ目に出入りしているのが丸見え。元々割れ目周辺の毛が薄い音大生ちゃんなのでぱっくりとくわえ込んでいるのがもろに見えてしまっている。
「Aniさんの…大きい…」って言いながら結合部分を見つめる彼女。やっぱりズバリを見ちゃうとかなり興奮しちゃうみたい。
それは俺も同じで、彼女をグイッと押し倒して正上位、大きく開いた彼女の太ももを押さえつけてハイスピードでピストン開始。一気に快感が弾けて絶叫モードの彼女にさらに激しくズコズコと腰を打ち付ける。

体を起こして腰を振ると、彼女の胸が俺の動きに合わせてブルブルと揺れている。もしかして最近少し大きくなったのかも?なんて思っているうちに俺も絶頂が近そう。
腰の動きをさらにスピードアップすると一気に限界。彼女をぐっと押さえつけながらゴムの中に発射!本日4回目のエッチ終了~~。
発射してもすぐには抜かず、ぎゅっと抱き合ってキスを交わす。おちんちんが少し治まって来たところでヌルっと抜くとその感触に「あぁ~~ん」って反応しちゃう彼女。
本当に快感が持続する時間が長いこと^^ 感度の良い体ですな~。

良い時間だったので一緒にお風呂に入って身支度をしたらチェックアウト、約束のホルモンを食いに歌舞伎町へ!
初体験のホルモンはおいしかったらしく元気にぱくつく彼女。エッチの時も良いけど、女性がおいしそうにモノを食べているのを見るのはうれしいですよね~^^
俺もたっぷりホルモンを食べて次のデートのための栄養補給。
次のデートは4月の予定。そろそろ学校も始まるのでスケジュールの調整が難しくなるかも?
でもなるべく時間を作って沢山デートしたいって思わせてくれる彼女なのでした^^


★2009/03/14 19歳音大生ちゃんとコスプレエッチ《その02》★ 

《その01はこちら


いきなりチアリーダーのユニフォーム+ニーハイのソックスで登場した彼女、もちろんその下は全裸! ミニスカをまくり上げてむき出しの割れ目に指を這わせるとさっそく彼女の目がとろんとしてくる。
ベッドに膝建ちになって彼女の前に股間を差し出すと彼女は四つん這いでしゃぶりついてくる。ミニスカをめくってお尻を露出させた格好を見ているとどんどんおちんちんが固くなってくる。

彼女をベッドに横たえてユニフォームをめくるとおっぱいがプリンと出てくる。舌先で乳首を転がしながら乱れたスカートの裾から露出している割れ目に指を這わせる。すっかりヌルヌルな割れ目は軽く力を入れただけで指を飲み込んでしまう。
指をくいっと曲げてGスポットを刺激すると大きな声を上げながら感じる彼女。腰がぐいっと反ってかなり感じているのが分かる。「ダメ!ダメ!」って言うのを無視してグリグリとクリとダブルで刺激すると割れ目の音がどんどん水っぽくなってくる。さすがに潮吹きまでは至らなかったけれど、彼女に聞くと「かなりオシッコが出ちゃいそうな感じでした~」とのこと。これ、もう少し押したら確実に潮吹きしちゃいそうですね~。

そんな彼女を見ていたら興奮しておちんちんがギンギン。もう一回フェラしてもらってからゴム装着、ユニフォームを着たままの彼女の足を大きく開かせて正上位で合体。
奥までぐいっと挿入すると大きく声を上げながら下からぎゅっと抱きついてくる彼女、足を抱え上げると俺の背中にグイッと絡めてくる。
ユニフォームを着たままのエッチはなんだか恥ずかしいみたいで普段より声が出てる。
後ろを向かせてバックから挿入すると、短いスカートから見え隠れするお尻がけっこうエロい。興奮していつもより激しく腰が動いてしまう。
ベッドに顔を押しつけて俺の動きに耐えている彼女の口からは切れ目無く高く大きな声が漏れている。これ、明日レッスンがあったら確実に先生にチェックされてただろうな~^^;

正上位で合体して発射に向けて激しく動く。彼女の中で俺のおちんちんがガチガチに固くなって動いてるのが分かるけど、発射する前に体力切れでダウン。
彼女の上に倒れると下から彼女も抱きついてくる。ぎゅっと抱き合うとお互いの鼓動が聞こえてくる。発射できずに大きさを保ったおちんちんを抜くとまた彼女の甘い声。これに興奮してまたしたくなっちゃうんだよな~。
チアのユニフォームを脱ぎながら「Aniさん、興奮したんでしょ?」って笑う彼女、かなり小悪魔チック。次回は高校の制服を持ってきますね~って、どれだけ俺を興奮させたいんでしょう^^;
ニーハイソックスは残して全裸になった彼女を引き寄せてキスをしながらベッドに倒れ込む。抱き合ったままダラダラしているうちにどちらからともなくお昼寝モード。


目を覚ますと俺の横でまだくーくーと寝息を立てている彼女。ふといたずら心が働いて彼女の乳首を指でコロコロすると彼女の寝息が乱れてくる。
起こさないように気をつけながらそっと指を股間に差し入れて割れ目をさすると今までの余韻でか、ヌルヌルと濡れている。
唇を乳首に移して乳首を舌で転がしながらクリトリスを指でいじっているうちに彼女がフガフガ言い始める。
「お昼寝してるのに~~~!」と抗議する彼女を無視して足を大きく開かせて割れ目をじっくりと舌で攻める。クリトリスを舌で転がしながら割れ目と交互に舐めてあげると彼女の手もいつしか俺の股間に伸びてくる。顔の前に突き出すと自動的に舐め始める彼女、やっぱりエッチ^^

69の体勢になると「こっちの方が舐めやすいです~」って喜んでフェラを続行する彼女。おちんちん舐めるの好きなんですね~~^^ 俺も下からたっぷり割れ目を舐めてあげて、お互い準備OKになったら本日3回目の挿入。
足を大きく開かせて上からズコズコすると布団を握りしめて感じまくる彼女。彼女の気持ちよさそうな顔を見ながら緩急をつけて腰を動かしながら俺も彼女の割れ目の感触をたっぷりと味わう。
このままスピードを上げて発射まで行こうかと思ったけど、お互い寝起きモードだったのでちょっと体が重い感じ? 一回休憩することにしました。

体を離すと「も~~~、昼寝してたのに無理矢理犯すんだもん~~!」とふくれっ面の彼女。でも気持ち良かったでしょ?って聞くと恥ずかしそうにうなずく。
以前の彼女に寝てる時にフェラされて固くされた経験を話すとやる気満々で「あたしもやります!」って宣言する彼女、いやぁ~10代のエッチに対する好奇心はすごいねぇ^^

その03に続く》


★2009/03/14 19歳音大生ちゃんとコスプレエッチ《その01》★ 

最近良く会ってる19歳音大生ちゃん、「11時集合でお願いします!」ってまた一日たっぷりデートをご希望。集合して彼女のリクエストでラーメンを食べたら即ラブホへGO、いつものフリータイムのホテルでのんびりラブラブエッチ。

ホテルのエレベーターで抱き寄せると彼女の方からキスをせがんでくる。さっき駅ビルのエスカレーターでキスしようとした時は拒否したのに、やっぱり人目の無いところでならデレデレモードになっちゃうご様子^^
部屋に入って荷物を置いたらさっそく抱き合ってキスの嵐。今日の彼女はデニムのミニスカートに網タイツ。「これ、小学校の頃に履いてたスカートなんですよ~!」って彼女。その頃から全然サイズが変わってたって事? 「その頃出会わなくて良かったね~^^」って笑うと「Aniさん犯罪者!」と大笑いする彼女。いや、今現在の年の差を考えると十分犯罪なのでは?としばし考える。

そんな俺の思いをよそに、すっかりエロモードな彼女、俺の前にしゃがみ込んでお預けのワンコ状態。俺がジーンズとパンツを脱いで股間を露出すると「良い?」ってうれしそうに聞いてくる。さっきまでの癒し系笑顔がすっごくエロく感じる。
許可を出すとすぐさま股間にしゃぶりついてきて、俺のおちんちんはすぐさま固くされてしまう。ギンギンに大きくなったおちんちんをうれしそうに舐め回す彼女を見ると、犯罪とかどうとか、そーゆーことはすっかりどこかに吹っ飛んでしまう^^;

彼女を立たせて抱きしめる。スカートの下に手を伸ばしてお尻に触るとうれしそうにクネクネ動く彼女の腰。網タイツとパンツを一気に引き下ろして割れ目に触るとすでにかなりヌルヌルになっている。
後ろから抱きしめながら彼女の割れ目に固くなったおちんちんをこすりつけると「ね、ほら、これ…」って、俺が出しておいたコンドームを差し出してくる彼女。入れて欲しくなっちゃってるみたいですね~^^
ゴムを装着してるところをうれしそうに見つめる彼女の腰をグイッと引き寄せて立ったまま後ろからズブッと挿入。壁に手を突いて大きな喘ぎ声を発する彼女、一気に奥まで入っちゃいました^^

軽く腰を揺すって彼女の反応を楽しんだら彼女の腰を支えてゆっくりと洗面所へ向かって歩く。洗面台に手を突かせて立ちバックでズコズコ刺激。軽く足を上げて挿入部分を化鏡に映すけどもうそれを見る余裕も無さそうな彼女。
洗面台に座らせて足を大きく開かせて前から挿入。後ろに手を突いて激しく喘ぐ彼女の顔を観察しながら腰を大きく丸く動かしながらたっぷりと快感をむさぼる。上からキスをするとねっとりと応えてくる彼女。

このまま駅弁!と思ったけど身長が高い彼女を抱えるのは難しそうなので一回体を離して立ちバックで合体。「また歩くの…?」って言う彼女ともう一回立ちバックでベッドに移動、ベッドに手を突かせて後ろから激しく突きまくり。春休み中なので何の心配もなく大きな声を激しく響かせる彼女。今日はもっともっとたっぷり声を出していただきましょうと、こっそり微笑む俺^^
一旦体を離してお互いの服を脱がしあったらベッドで体を絡ませあう。彼女の足を大きく開かせて正上位で合体、腰を抱え上げて上から落とし込むように激しく腰を落とすと、快感に顔をゆがめながら布団をぎゅっと握りしめてそれに耐える彼女。
彼女の激しい喘ぎ声に興奮して俺の腰もスピードアップしてしまい、絶頂へ。彼女をぎゅっと抱きしめながら彼女の奥で大爆発、ゴムの中に大量の白濁液を噴出。発射してもまだ大きさを保ったおちんちんを彼女から引き抜くとまたしても「あぁん!」って反応する彼女、エッチすぎてうれしくなっちゃう^^

一回戦、いきなり濃厚なエッチだったので二人ともベッドに倒れてぐったり。「お風呂入りましょうよ~」って彼女は言うけど二人とも体が動かない^^; ちょっとの間だらだらしてからやっとお風呂へ。しばし癒しの時間。
お風呂から出てまたしてもベッドでだら~っとしていると、お風呂から出てすぐにトイレにこもってちょっとの間出てこない彼女。
具合でも悪いのかな?って思っていたら「ジャジャ~~~ン!」って声とともにトイレから飛び出してくる彼女、なんとなんと!!チアリーダーのユニフォーム^^

「えへへ~~、高校生の時にチアやってた頃のユニフォーム持って来ちゃいました!!」って笑う彼女。「こういうの、お好きかと思って~~」照れている彼女を抱き寄せてちらっとスカートをめくるとその下はもちろん割れ目むき出し。一気にヒートアップする俺の股間、もちろんこーゆーの大好き!なので2回戦はチアリーダーコスで着衣プレイですよ~~~!


その02に続く》

★2009/03/07 幼稚園の先生ちゃんとメリケンサック!《その02》★ 

《その01はこちら

首に手をかけさせて足をグイッと持ち上げて駅弁。ひょいっと彼女を洗面台から持ち上げると「あらあら~~~」ってうれしそうに笑う彼女。でも立ち止まって腰を揺するとすぐに喘ぎ声になってしまう。

挿入したままベッドに着地。上に来ていた服をゆっくりと脱がせ有ってやっと全裸。
「さっきから入れっぱなしなのに、やっと裸になったよね~」って可笑しそうな彼女。「SEXにルール無し。お互い楽しい事が正解」って俺のSEXにすっかり染まっているご様子。
正上位で上から貫いているおちんちんをゆっくりと出し入れする。ほとんど抜けるほど腰を引いてまた奥にぐっと入れる時のカリで入り口をこすられる感触がたまらないらしく、「それ、気持ち良い!」を連発する彼女。入り口をカリで何回もなぶってから不意に奥まで挿入して奥をぐりぐりするとまた違う快感が味わえるらしく、腰がビクンビクンと痙攣する。
体勢をバックに変えてまた入り口と奥を交互に刺激する。もう訳が分からない事になって喘ぎまくっている彼女。先っぽがこすれるように腰を動かすと俺の方もかなり感じるので、発射してしまわないように奥を刺激する動きを混ぜているんだけれどそれでも快感はどんどん積み重なって絶頂が近くなってくる。
俺も自分の快感に従ってしまい、腰のスピードがどんどん上がっていく。彼女の耳元で「そろそろ行きそうだよ」ってささやくと彼女も「来て、来て!」って喘ぐ。
彼女の腰を押さえるようにして激しく腰を打ち付けるように動くと程なく絶頂、大量の白濁液を発射~~!

彼女の背中から転げ落ちるようにベッドに倒れると彼女も荒い息でベッドに崩れ落ちている。
お互い落ち着いてから彼女を抱き寄せたっぷりと舌を絡め合ってディープキス。「ホテルに入ってからずっと入れられちゃってたみたいな感じ!」って笑う彼女。たっぷり感じていただけた模様で俺もうれしい^^
そのまま抱き合ってダラダラしているうちにどちらとも無くお昼寝モード。抱き合ったまま幸せな時間。


目が覚めたらけっこう良い時間。「なんか最近SEXの回数が少なくてごめんね^^;」って謝ると、「エッチの回数が少なくてもこうして一緒にいるだけで楽しいんですよ!」って言ってくれる彼女。いやはや、男冥利に尽きるお言葉ですなぁ。
そんなことを言いながらもお互いの体を触り合っている。彼女の手の中で、俺のおちんちんはもう固くなり始めている。
布団を押しのけると彼女が股間にしゃぶりついてくる。彼女の口の中で大きくされてしまったので「入れて欲しい?」って聞くと「入れて^^」って甘えてくる彼女。
俺の上に導いて股間をまたがせるとおちんちんに手を添えて自分から入れる彼女。最近すっかり慣れた様子で自分からガンガン腰を振ってしまう。自分の気持ち良いところをすっかり把握しているご様子^^
下から抱きしめて腰を突き上げると喘ぎ声が大きくなる。言葉を出している余裕すら無いみたい^^

体を起こして正上位。足を抱え上げて腰を持ち上げるとかなり奥まで届くらしく、声がどんどん大きくなっていく。俺もこのままフィニッシュ!と思ったけど発射に至る前に体力切れ。腰を動かすパワーが無くなってしまった^^;
合体したまま抱き合っておしゃべりしたりキスしたりしている間に彼女の中でふんにゃり柔らかくなるおちんちん。はい、2回戦終了です。
時間も良いところだったのでお風呂に入ってチェックアウトの支度。
ホテルを出たら最近ちょっと気になっていたホルモン焼きのお店へ。元気良く飲みつつ食べる先生ちゃんを見ながら俺もたっぷり飲み食い。

去年の暮れに24歳になった彼女、最近周囲からお見合いの声なんかも聞こえてくるようです。
俺としては一番気の合う彼女にはもっと長く遊んで欲しい気もするんですが、結局俺との関係は「遊び」でしか無い訳で、もし良い縁が有ったら逃がさず幸せを手に入れて欲しいと思っています。その時は今までで一番濃厚かつ激しい「卒業式」をしてあげましょうね~~^^


★2009/03/07 幼稚園の先生ちゃんとメリケンサック!《その01》★ 

日記常連の幼稚園の先生ちゃんと恒例月一デート。どこか行きたいところ有るかな?って聞くと「最近映画見てないから」ってことで映画を見に行くことに。
俺としてはリメイク版の「13日の金曜日」が見たかったんだけど、先生ちゃんの強硬な反対にあって頓挫、結局「少年メリケンサック」を見ることになりましたよ。
「TVのコマーシャルで見てAniさんのこと、思い出してましたよ!」って言う先生ちゃん、それって「中年過ぎてもロックから抜け出せない痛いオッサン」って事でしょうか? とにかく!俺はロックな生活の姿勢は一生捨てませんから^^
午前中に新宿に集合して映画、その後タイ料理で軽くお食事したらホテルにGO!良く行くフリータイムのホテルに行くとスタンプがたまっていて2000円OFF。ラッキーです。

部屋に入ったらさっそく抱き合ってキス。「この前のデートからちょうど一ヶ月です!」ってうれしそうに抱きついてくる彼女。年末年始で濃厚にデートしちゃったから一ヶ月丸々空くとかなり長いこと会ってない気分になってしまう。
いつも通りお上品で可愛く見える服装の彼女をぎゅっと抱きしめながらディープに舌を絡め合う。見た目は清楚な幼稚園の先生が俺の腕の中でどんどんエロモードに変わっていく。
服の上から胸に手を伸ばすとさっそく小さな喘ぎ声。舌を耳に移動させると体の力が抜けて俺にしがみついてしまう。「そこ、弱いから…」って言いながら抵抗したくてもできない彼女。

俺の股間に手を導くとさっさくジーンズの上からなで回す。キスだけですでに大きくなり始めているおちんちんを、ジーンズを下ろして露出すると俺の前にしゃがんで着衣のままで仁王立ちフェラ。お得意のフェラでジュポジュポ舐め回されている間にどんどんおちんちんは大きくなっていく。
場所をソファーに移してフェラ続行。ソファーに座った俺に覆い被さるようにおちんちんを舐め続ける彼女。俺が彼女のフェラが大好きなのを知っているのでたっぷりサービスしてくれる。
俺も手を伸ばして彼女のお尻と割れ目をまさぐる。ここまでの前戯で割れ目は早くもヌルヌルになってる。軽く指に力を入れると入り口に指が入ってしまう。ちょっと指を出し入れするだけで声が出てしまう彼女、お口も続けられなくなってしまっている。

服を汚すといけないので下は全部脱がして指でいたずら続行。ソファーに座らせて足を大きく開かせて指でクリと入り口を刺激する。指を挿入して深く、浅くと刺激すると激しく感じる彼女、「気持ち良いよ…」って何回も口から漏れる。
彼女の顔の前におちんちんを突き出すと自動的にしゃぶりついてくる。フル勃起状態なのでもう亀頭のちょっと先までしか口に入らない。
「入れて欲しい?」って聞くとうんうんとうなずく彼女。上半身は着衣のソファーに四つん這いにさせる。割れ目におちんちんを当てるとヌルヌルに濡れたあそこに自動的に入っていってしまう。一ヶ月ぶりの俺の大きい奴はちょっとキツいみたいだけど、軽く腰を動かして角度を調節するとズブ、ズブッっとゆっくり進入していく。

根本まで入れば後はスムーズ。腰を捕まえておちんちん全体でこするように出し入れすると甘い喘ぎ声と「気持ち良いよ…」ってつぶやきが交互に出てくる。
グイッと挿入してゴツゴツと奥を刺激すると声が一気に高く大きくなる。肉体はすっかり開花して快感に目覚めている。
つながったままソファーから下ろして立ちバック。ソファーの背に手をかけさせてバックからズコズコ腰を振る。顔を振り向かせて上からキス。舌を絡めながら腰を揺すってお互いの気持ち良い場所を確認する。

そのままゆっくりと足を運ばせて洗面所まで立ちバック歩き。クスクス笑いながら「また入れたまま歩くの?」ってちょっと余裕が有るみたいなので立ち止まって腰を揺すると笑顔はすぐに気持ち良い顔に変わる。洗面所の鏡の前に到着。「鏡好きだね」って言う彼女に「エッチな顔してるのが見えるでしょ?」って答えると恥ずかしそうな顔。足を持ち上げて挿入部分を見せつけながらズコズコ出し入れすると鏡に映った顔が快感にゆがむ。
洗面台に乗せて足を大きく開かせて前から挿入。不安定な場所で合体しているので俺にぎゅっとしがみついてくる彼女。腰を合わせてこねるようにおちんちんを動かすと俺にしがみつく手がにぎゅっと力が入る。
首に手をかけさせて足をグイッと持ち上げて駅弁。ひょいっと彼女を洗面台から持ち上げると「あらあら~~~」ってうれしそうに笑う彼女。でも立ち止まって腰を揺するとすぐに喘ぎ声になってしまう。


その02に続く》

★2009/03/01 本州最北から来ちゃいました!・26歳保育関係《その02》★ 

《その01はこちら


お風呂のお湯がいっぱいになったところで一回プレイを中断してお風呂。一緒に浴槽に入ってのんびりしたらもう一回お風呂の中でフェラしてもらったり^^ 俺は俺で彼女の体を洗いながらまたたっぷりクリを刺激してあげたりしてお互いの気持ちいい場所をたっぷりと刺激しあう。
お風呂を出たらさっそくベッドでいちゃいちゃ。お互いの全裸の体をたっぷりと触りあう。

唇に絡み合った唇をだんだん下に下げていく。首筋を通って、乳首を舌先で転がしてから太ももの間に顔を近づけていく。指で割れ目を開くとさっきの見事なクリトリスが顔を出す。舌先でコロコロと転がすように舐めると彼女の声が激しく大きくなる。
フェラを所望するとさっき同様丁寧に唇が竿を刺激する。俺のが大きくなってもかなり根本の方までくわえ込んで刺激してくれるのでかなり気持ち良い。
このままではやばいかも?って気分で彼女の割れ目に指を伸ばしてGスポットを刺激。お口が動かなくなるほど気持ちよがってる彼女に「欲しい?」って聞くと「うん、欲しい…」って恥ずかしそうに答える。

ビンビンになっているおちんちんにゴムを装着したら彼女の足を大きく開かせて正上位で挿入。ヌルヌルに濡れた割れ目は俺の大きなおちんちんを抵抗なく飲み込んで行く。
彼女の足を押さえつけて上から軽く腰を振るとそれだけでかなり喘ぎ声が出ちゃう彼女。やっぱり敏感な肉体。
腰を押しつけて奥を刺激すると「ダメダメダメ!」って大きな喘ぎ声。奥に当たるのがかなり感じるらしい。割れ目から顔をのぞかせている大きめのクリを指でこねくりながら腰を振ると布団をぎゅっと握って喘ぎまくる。エロを楽しむための肉体みたいだね~^^

体位をバックに変えるとさらに声が大きくなる。自然と奥に当たるらしく「ダメダメ」が多くなる。関係なしに腰を押さえて激しく奥に当たるように突くと言葉さえも怪しくなってくる。前に手を伸ばしてクリをいじりながらバックからズコズコ。
もう一回正上位に体位を戻してちょっと動いていたけど、俺が体力切れで一旦休憩に。
さすがに3日連続でのエッチはけっこうしんどいっす^^;

ベッドであれこれおしゃべりしながら休憩。その間もお互いの体を触りあう。
彼女の手の中でだんだん大きくなる俺のおちんちん。大きくなってきたのを感じて彼女が股間に潜り込んでしゃぶりついてくる。
大きくされちゃったおちんちんにゴムを装着したら彼女を四つん這いにさせてバックから挿入。一気に奥まで届いちゃうおちんちんにすぐさま「ダメダメ」モードに入る彼女。
そんな彼女の姿に興奮しちゃって腰の動きが激しくなる俺。
体位を正上位にすると彼女のEカップが俺の腰の動きに合わせてブリブリと揺れるのにまた興奮。そうこうするうちに俺も絶頂、彼女の喘ぎ声を聞きながらゴムの中に激しく放出~~!

さすがの3日連続エッチにぐったりとベッドに崩れ落ちる俺。本日はこれにて終了~って空気を醸し出すも、彼女の方はまだまだエロエロモード。
ぐだ~っとひっくり返った俺の体に触りながら、自分からおちんちんにしゃぶりついてくる。
「今日はもう無理だよ~~」と心では思いながらも体は反応してしまっておちんちんはビンビンに勃起してしまう。
「ほら、固くなったよ~~^^」ってうれしそうな彼女、それを見ると俺も欲しくなってしまって、彼女を抱き寄せて上にまたがせる。

「え~、上に乗るの苦手なんだよな~」って言いながら、自分から挿入してくる彼女。
さっそく下から突き上げるとすぐさま甘い声が漏れてしまう。
彼女の腰に手を添えて動き方を教えながら俺も下から腰を動かす。たまに奥までおちんちんが届くと高い声が響く。
俺もだんだん興奮してきて、挿入したまま彼女を抱き起こして正上位、上から激しく腰を動かしてしまう。
彼女の激しい喘ぎ声に興奮しながらズコズコと激しく腰を振るうちにさすがに体力切れでギブアップ。彼女の上に崩れ落ちるとしたからぎゅっと抱きしめてくれる彼女。

抱き合ったままたっぷりと舌を絡めあってから、ゆっくりと体を離す。まだ大きいおちんちんがズルッと抜かれるとその刺激でまた声を出してしまう彼女。
「気持ち良かった?」って聞くとすごくうれしそうにうなずく彼女、その笑顔で俺の心も温かくなる^^
お風呂に入って服を着たらチェックアウト。上野駅から電車に乗るという彼女を駅まで送る。
電車の時間までもう少しあるんだけど、さすがに俺は疲れたので解散にさせてもらいました。

次の機会はいつになるかまだ分からないけれど、俺が北の方に行く機会が会ったらそこまで出てきてくれるとのこと、再開の時期は意外と近いかもしれませんね!


★2009/03/01 本州最北から来ちゃいました!・26歳保育関係《その01★ 

以前からネットでやりとりしていた、本州最北端で保育に関する仕事をしている26歳の女性。
実は彼女、仕事に関連して年に数回こちらの方にくる用事があるとか。「もし近々くることが有ったら連絡くださいね~」って話をしていたら、「2月の最後の週末に行くことになりました!」とのこと。
ご存知のとおり、俺はその週は水曜日、金曜日、土曜日とデートのスケジュールが入ってい訳^^; それでも初対面さん、それもわざわざ地方から出てきてくれる方はぜひデートしてあげたいので打ち合わせの結果、彼女の帰郷時間を少し遅くしてもらって日曜日に会うことになりました。

彼女が宿泊していたホテルが多少遠方だったのでお互いの中間あたりである湯島にてデートすることに決定、当日お昼前に改札の近所で待ち合わせ。
初対面の彼女はなかなかゴージャスな雰囲気の美人さん。目が大きくてはっきりしていて、表情も豊か。そして何よりもババーンと張った大きな胸。聞けばEカップだそうです^^
お食事中仕事のことやなんかをあれこれおしゃべり。表情豊かでたま~になまりが混じったりしてすごく愉快な彼女。一緒におしゃべりしている間にすごく盛り上がる^^

食事が終わったらホテルへ。手をつないで道を歩きながら「このままホテルに向かっちゃって大丈夫?」って聞くと「はい^^」ってちょっと恥ずかしそうな彼女。
良く使うホテルに入ると夕方5時までのんびりできるのがちょっとうれしそう^^
部屋に入って荷物を置いたらぎゅっと抱き合う。「知り合ってから会うまで、けっこう長かったね~」ってお互いちょっと感慨深い。初対面の俺の印象を訪ねると「もっと怖い雰囲気かと思ってました!」って。俺って、日記の印象は自己紹介の印象から比べると意外に優しい感じに見えるそうです^^;

キスをしながらお互いの体を触りあう。俺の手は自然に彼女の大きな胸に。服の上から揺さぶるように胸を揉むと、それだけで声が出始めてしまう彼女。かなり体は敏感な様子。彼女の手を股間に導くとジーンズの上からなで回してくる。「期待してた?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく。ジーンズとパンツをおろして半分固くなったおちんちんをみせつけるとうれしそうにシコシコしてくる。
軽く頭を押さえると着衣のまましゃがみこんでフェラを始めてくれる。おちんちんがまだ大きくならないうちは根本までたっぷりと咥えてくれる。舌が口の中でくねくねと動いて亀頭を刺激してくるのですぐに大きくされてしまう。
大きくなっても先っぽから竿のかなり根本近くまで、たっぷりと唇でこするようにしながらしゃぶってくれる。すっごく上手で気持ち良いフェラ。

俺もお返しに気持ち良くしてあげたくて、スカートをまくり上げて下半身に手を伸ばす。
ストッキングを脱がしてパンツを脇に寄せたら割れ目を指で触る。
フェラをしているだけで興奮してしまったのか、すでにヌルヌルになっている。割れ目を指で開くようにまさぐっていると、指先にかなり存在感のある感触が触れる。そこに指先の力を集中すると彼女の喘ぎ声が一段と大きくなる。
割れ目を指で開いて、その場所を見ると…すごく立派なクリトリス。自分の愛液でヌルヌルと光っている、指の先ほども大きさのあるクリトリス。今まで何人もの女性とエッチはしてきたけど、これだけ良いサイズのクリを持つ人は珍しい。(最近だと以前良く日記に出ていたTV業界ちゃんくらいかな?)
これだけクリが大きいと感度も良いだろうな~っと思いながら指先でクリをいじめると、腰をガクガク痙攣させながら感じる彼女。これだけでこんなに感じるんだったら、挿入したらどうなっちゃうんでしょうね~~^^

その02に続く》


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。