FC2ブログ

ちびっこ巨乳・依頼のついで 

常連のちびっこ巨乳ちゃん、デザインが本業の俺にちょっとしたデザインを依頼してくれました^^

それを渡すのはいつが良い?って聞くと次の週から忙しくなるから、っていうのでその日のうちに渡してしまうことに。ついでにお食事もしようかってことで俺の地元駅まで来てもらうことにしました。
若い子に人気のある沖縄系のモツ焼き屋にいって機嫌良く飲み食い。ちょっと飲み過ぎたかな?ってくらい飲んじゃってお互い良い気持ち。どちらからともなく「エッチしよう!」って気分になって彼女の部屋に移動。

お互いほろ酔いなのですぐにでもエッチしたい気分。彼女の前に立ってジーンズを下ろすとしゃがんでおちんちんにしゃぶりついてくる。上から見るとシャツのえり元から巨乳が丸見え。手を伸ばしてブラの隙間から乳首をつまんでコリコリ刺激すると彼女も声が出てしまう。
フェラを楽しみながら同時に巨乳の手触りを楽しんでいるうちにおちんちんはビンビン^^

彼女も気持ち良くしてあげたいのでジーンズを脱がしてベッドへ。
パンツをズラして割れ目に触るともうかなりヌルヌル。シャツをまくり上げてブラのホックを外して巨乳を解放、乳首を舐めながら割れ目を指でたっぷり刺激すると我慢しながらも声が漏れちゃって、興奮してしまう。
四つんばいにして後ろから割れ目攻撃。指を挿入してGスポットを刺激しながらボイーンとぶら下がるオッパイもいっぱいこね回す。
声を我慢しながら悶える彼女の姿に興奮しちゃって、指を抜いたら後ろからおちんちんを押し当てて一気に貫いちゃう。いきなり入ってきた大きいおちんちんに激しく反応する彼女、布団を口に押し当てて声を我慢してる^^

後ろからたっぷりズコズコしたら次は正上位。彼女をこちらに向かせて足を大きく持ち上げたら上から落とすように挿入。彼女の身体もすっかり俺のおちんちんに慣れてしまって最近は全然痛みを感じないみたい。上から抱きしめながら唇を合わせて舌を絡ませながらたっぷりズコズコ。キスをしながらだと声も漏れないから一石二鳥^^
身体を起こして腰を動かすと布団で口を押さえる彼女。ちょっと意地悪して手を押さえつけてズコズコすると一生懸命声を我慢する顔がたまらん~~~^^

そろそろ俺もフィニッシュしようかと腰のスピードを上げたところでお酒が回って来て息が切れてしまって結局ギブアップ。彼女の方はたっぷり快感を堪能したみたいでくったりしてる^^
お口でおちんちんをお掃除してもらったら抱き合ってちょっとの間イチャイチャ。でも翌日は仕事なのであまり遅くならないうちに退散~~。

気軽に「おいでよ」って言える距離に住んでいるので今後も彼女とのエッチは多くなりそうです。でも「ホテルに行こう」とか、実現していない約束も多いので反省。たまにはじっくり時間をかけたエッチもしてあげないとですよね~~^^

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

初対面巨乳OLさん・半年ぶりのエッチ 

ネットで知り合った31歳のOLさん。出会いにはけっこう積極的でわりと早い段階から「会おうね」って話はしていたんだけど、彼女の仕事の都合などでなかなか会えず。
でもお互い平日夜なら大丈夫だよってことが分かったので仕事をちょっと早めに上がってデートすることに。
待ち合わせ場所にいた彼女はちょっと背が低め。パーマのかかったロングヘア、黒いワンピースにストールでいわゆるOLさん!」って感じ^^ 最近は学生さんと遊ぶことが多かったからこんな感じの「大人な女性」とのデートは久しぶりかな~~!
先に写真を見せてもらっていたのでだいたいどんな感じの人かは分かっていたんだけど、実際に会ってみると期待通りの美人さん。それ以上に可愛くて親しみのある雰囲気で一緒にいるとほんわかした気分になりそう^^

お食事は大丈夫だというのでその足でホテルに直行。良く行く手近のホテルに入る。
荷物を置いたらソファーに座って一休み。おしゃべりしている間に段々と距離が近くなっていって気がついたら唇を重ねている。舌を絡ませながらお互いの身体に触り合う。
彼女の胸は服の上から触っても分かるくらいにぷっくりと大きい。「Eカップくらいあるでしょ?」って聞くと「そんなにあるかな~」って笑う^^
でもワンピースの襟ぐりから手を入れて胸に触るとかなり良い触り心地。これは大きいね~~^^

ふくらみ始めた股間に彼女の手を導くとネットリと触ってくる。ジーンズを下ろして露出すると「あ~~っ」とため息。想像してた通り、おちんちんが大きくてうれしかったみたい^^ 最初はソファーに座った俺の前にしゃがみ込んでレロレロ、俺が立ち上がっても口を離さずについてくる^^
ネットリとした唇と舌の攻撃におちんちんはすぐさまビンビンにされてしまう。完全に勃起したおちんちんをうれしそうにジュポジュポフェラする彼女、フェラが全然止まる様子無し^^; かなりフェラ好きなんですね~~。

彼女の服を段々と脱がせながら触っていく。ブラを外すとボインと出てくる形の良いおっぱい。触るとふっくらとしていて良い手触り。彼女自身も感じるらしく触っていると息が荒くなってくる。
全裸にしたらソファーに座らせてM字開脚。割れ目をじっくりといじめる。指を挿入してGスポットを刺激するとかなり反応してくる。おちんちんをシコシコしながら「入れて、ねぇ入れて~!」と懇願。そんな風に言われるとこのまま犯したくなっちゃうけどほんのちょっと理性が勝ってシャワーへ。「Aniさんのおちんちん、大きくてうれしいけど他の人と出来なくなっちゃいそうで怖いね^^」って笑う彼女。

お互いの身体を洗い合ったらベッドへ。
さっそくおちんちんにしゃぶり突いてくる彼女、俺も指で応戦。割れ目に指を挿入して刺激すると「ねぇ、欲しいよ~、欲しいよ~~!」って喘ぐ彼女。
でもそう言われると俺のいじめっ子モードが発動。「まだダメだよ~~^^」って言いながら足を大きく開かせてたっぷりとクンニ。舌先でクリと割れ目をたっぷりと舐めまわす。
俺のが大きくて痛そうって言うのでローションで割れ目をヌルヌル柔らかくしてあげる。彼女の手にローションをあげるとゴムを付けたおちんちんをヌルヌルとしごいた上にフェラまでしてくれる。これでお互い準備完了^^

彼女の足を大きく広げて正上位でゆっくりと挿入。「いたそう」なんて言っていた割にはするっと俺の大きいおちんちんを飲み込む彼女の割れ目。その瞬間から大きな喘ぎ声を出してしまう彼女。
ゆっくりとおちんちんを出し入れするだけでかなり気持ち良いらしく声がガンガン出てしまう。「気持ち良い?」って聞くと声にならずに首をガクガク振って答えてくる。
大丈夫そうなので腰のスピードを上げると声がさらに大きくなってくる。腰を押しつけるようにして奥におちんちんを当てると「良い!良い!!」を連発。「大きいから奥まで当たるでしょ?」って聞くと「奥がすっごく気持ち良い・・・」ってつぶやくように答える。かなり気に入ってくれたみたい^^

ぐいっと抱き起こして騎乗位。彼女を上に乗せて腰を振らせようとしたけれど、おちんちんが奥に届いちゃって気持ち良さのあまり自分では動けずに固まってしまっている。
下から腰を突き上げると「ダメ!ダメ~~!!」って言いながら感じまくっているみたい。
下から抱きしめるポーズで動くであまり奥まで刺激しないようにするとやっと普通の喘ぎ声。奥が感じ過ぎちゃって大変みたい^^
体位をバックにするとこれもかなり感じるみたい。後ろからグイグイ攻めていると「いじめないで!いじめないで~~!」って叫ぶ。さらにいじめっ子モードが発動する俺^^

正上位に体位を戻して俺もそろそろ絶頂が近いのを感じる。彼女の足を抱え上げて上から落とし込むようにピストンすると彼女も絶叫。行きまくっているらしく、ほとんど放心状態になりながら俺にしがみついてくる。
彼女のアソコは行くと締まるらしく、おちんちんが締め付けられて激しくこすれている。その感触が気持ち良くて俺の腰もドンドンスピードアップ。このままじゃコンドームが破れるんじゃないの?って思うくらい彼女の割れ目に締め付けられながらとうとう絶頂、彼女の奥でビュビュッと発射!

彼女の上に崩れ落ちて抱き合って少しすると彼女もうめき声を上げながら復旧。身体を離してゴムに溜まった大量の精液を見せると嬉しそうに笑う。
「やっぱりAnimaLさんのエッチは気持ち良かった~~!」って嬉しそうな彼女、色々話を聞くとエッチは半年ぶり。その上何年も彼氏がいないので定期的な相手もいなくて今までずーっと半年に一回くらいしかエッチしていなかったそうな。
「こんなに美人さんなのにもったいない・・・」って言うとしきりと照れる彼女。

TVを見ながらちょっとおしゃべりをした後彼女に触られていたおちんちんが段々反応してきたのでまたフェラしてもらって固くなったら合体!
もう一回激しくエッチ・・・と思ったけど仕事の後で疲れていたのか途中で柔らかくなってしまって終了。でも「一回目にかなり長くしてくれたから満足!」って言ってもらえました^^
最後に一緒にお風呂に入ってリラックスしたらちょうどチェックアウト15分前のコール。「3時間ってすごく短いですね~」って言う彼女、今度休みが合ったらフリータイムでのんびり長時間楽しもうよってお誘いしました。
それまでは当分平日仕事の後のデートになりそうですが、その方が定期的に会えるかもしれないですね。今後もたくさん気持ち良くなってもらいましょう~~!

幼稚園の先生・久々のお泊まりデート 

日記の常連、幼稚園の先生ちゃんと久々に「お泊まりでデートしようか?」って声をかけて、土曜日~日曜日にかけてデートすることにしました。
前回のお泊まりの時は仕事が終わってからの集合だったので夜でしたけど、今回はゆっくり遊べそう^^

俺が午前中の用事を終わらせて午後集合。ホテルがチェックイン出来る時間だったのでまずはホテルへ。荷物を置いて抱き合ってキス。さっそくベッドに押し倒して・・・と思ったけど間が悪い事にホテルは外壁の工事中。
「工事してる人がびっくりしちゃうかも!」ってことでエッチは後にすることにしてまずはお出かけ。特に目的は無かったんだけど、天気が良かったので近所の新宿御苑を散策。ドングリがたくさん落ちていて、先生ちゃんは「生徒に見せる!」ってたくさん拾ってました^^
その後本屋さんに寄ったりしているうちに良い時間になったので晩ご飯。
今回も前回同様焼き肉! たっぷり食べてスタミナをつけちゃう。ニンニク焼きをオーダーすると「こんなにたくさん入ってるんですか!」と驚く彼女、でも二人でぱくぱく食べちゃった^^

ホテルに戻って部屋に入ったらさっそくエッチモード。抱き合ってキスしながらお互いの身体に触り合う。焼き肉屋さんでけっこうお酒をたっぷり飲んだので二人とも酔っぱらいモード。彼女からもシテシテ光線がばっちり放射してる^^
ジーンズを下ろすとすぐにしゃがんでフェラを始めてくれる彼女。焼き肉とニンニクの効果ですぐビンビンに勃起するおちんちん。彼女を立たせてスカートをめくってパンツの横から指を入れると割れ目もヌルヌル。 そのままベッドに手を付かせてパンツを横にズラして指で割れ目をいじめてあげる。指2本を出し入れされて声を上げる彼女に「普通のホテルだからあんまり声を出すと他の部屋に聞こえちゃうよ?」ってささやきながら立ちバック挿入。着衣のままの彼女の腰を押さえつけて後ろから激しく突きまくる。
つながったまま段々お互いの服を脱がし合って全裸になったらベッドに上がって正上位挿入。
上から腰をズコズコ動かすと顔を真っ赤にして声を我慢する彼女が可愛い。上からギュッと抱きしめてキスをしながらさらに激しく腰を動かす。
さすがにかなりお酒を飲んだ直後のエッチなので途中で息が上がってしまって俺が発射する前に一旦中断。それでも彼女は何回も行っちゃってるご様子^^

結局その後はずっと全裸でベッドでいちゃいちゃ。買ってきたビールを飲みながらTVを見て、キスをしたり触りあったり^^ 結局その後寝るまでに2回エッチしちゃいました。
明け方眼が覚めてトイレに行くと彼女も目を覚ましちゃったみたいなのでもちろんエッチする。寝起きのぼーっとした状態でするエッチは気持ち良いんだよね^^
フェラ>69でお互いたっぷり気持ち良くしあったら正上位で合体。その後バックに体位を変えてズコズコ攻めていると彼女がちょっと痛くなっちゃったとギブアップ。なんたって4回目だからねぇ^^; 

まだ時間も早いので朝までもう一眠り。目覚ましを仮面ライダーキバの時間に合わせてあったので見終わったらもう一回エッチ。これが今日最後のエッチになるのでキスから初めてたっぷりと濃厚に前戯。キスから唇を段々下に下ろしていって乳首周りを舐める頃には彼女の股間はヌルヌル。指を挿入して確認すると痛みは大丈夫だと言うのでおちんちんを入れてあげることに^^
ビンビンに固くなったおちんちんを抜き差しする。亀頭のくびれが良く締まる彼女の割れ目の入り口で引っかかって毎回刺激するらしく、そのたびに声が上がっちゃう彼女。
他の部屋に聞こえないように我慢しなくちゃいけないのは分かっているけどあまりに気持ち良くて思わず声が出ちゃうらしい。その顔があんまり可愛いのでわざと意地悪していっぱい気持ち良くしてあげちゃう^^
そんな風にしているうちに俺もどんどん気持ち良くなってきて腰がスピードアップ。彼女の足を抱え上げて奥まで挿入しながらズコズコ腰を振っているうちに限界が来て大量に発射!最終戦の終了でした~。

シャワーを浴びてチェックアウトの支度をしている間、彼女は「足がガクガクするよ~」って笑ってました。だって昨日から数えて5回もエッチしてるんだもん、きっと翌日は筋肉痛ですよね~~^^
ってわけで久々のお泊まりデート終了。一緒にいて楽しい人との長時間デートは本当に癒されますね~。
彼女からは「温泉に行きたい~!」ってリクエストも出ているので次は温泉お泊まりデートになるかもしれませんね^^

ロック大好き女子大生さん・大人のプレゼント《その02》 

《その01はこちら

「そろそろベッドに行こうか」って誘うと嬉しそうな顔。ここまでのプレイでかなり期待しちゃってるみたい^

ベッドでさっそく彼女を押し倒して上からキス。すぐさまバキュームキスで応じてくる彼女。手を胸に伸ばすとさっそく反応してくる。乳首をつまむと腰がクネクネ。
唇をだんだん下に下げていって割れ目に舌を伸ばす。たぶんまだまだ不安だろうからたっぷりと割れ目での気持ち良さを教えてあげる。指で開くと小振りなクリ。舌先でクリクリなめると大きな声が出てしまう。クリの感度もバッチリ。本当に敏感な良い肉体。
ローションを使って指挿入。ちょっと抵抗は有るけど2本は入るので多分今日の処女卒業は問題無いところ。ゆっくりじっくり指で柔らかくしてあげていると彼女がおちんちんに手を伸ばしてくる。彼女の顔の前に持って行くとすかさずしゃぶりついてくる。
彼女の口で俺のがビンビンになった頃には彼女の割れ目もすっかりトロトロ。「そろそろ入れてみようか?」って聞くとコクンと小さくうなずく。

ゴムを装着したら彼女の足を大きく開かせて挿入のポーズをとらせる。ちょっと恥ずかしいかもしれないけれど、処女さんに挿入する時はお尻の穴が上を向くくらいのポーズが入りやすいんだよね。お尻の下に枕を置いても良いくらい。
割れ目におちんちんを押し当ててゆっくりと挿入開始。亀頭が入ったくらいで痛みを訴える彼女。でも抵抗の加減から見ると多分大丈夫そう。すこし腰を引いてまた少し進めて・・・って繰り返しているうちにおちんちんは8割挿入完了。普通のおちんちんだったらここで根本まで入ってるんですけどね^^;
「ほら、ほとんど入ったよ」って彼女に伝えるとうっすらと目を開いて「本当だ・・・」ってつぶやく。ゆっくりと腰を動かしているうちに結局根本まで入っちゃった。
「はい、処女さん卒業おめでとう^^」って耳元でささやいて上から軽く抱きしめてあげると嬉しそうに抱きついてくる。舌を絡めながら腰を動かすとだんだん気持ち良さそうな顔になってくる。「気持ち良い?」って聞くと「痛キモチ良い^^」って。

奥を刺激するとちょっと痛いみたいなのでゆっくりと腰を動かして優しく出し入れ。
彼女のペースで動いてもらおうかと抱き起こして騎乗位。初体験でちょっと戸惑っていたけれど、何となく動き方は分かったみたいで自分で腰を動かしている。
バックを試してみるとこれはちょっと痛いと言うので正上位でもう一回合体。
この時点でかなりスムーズに挿入できたのでちょっと強めに動いてみると喘ぎ声もたっぷり出てしまう。まだちょっと痛いみたいだけど気持ち良さがどんどん強くなるみたい。
普通のスピードで腰をズコズコしてみるとがんばってついてくる。でも途中で「入り口が痛くなってきちゃった」って事で一回中断。休憩することに。

けっこう出血していたのでお互いシャワーで身体を流してベッドで休憩。改めて「卒業おめでとう!」って言いながらたっぷりとキス。まだ発射していない俺のおちんちんがすぐさま反応して来ちゃったので彼女がフェラ開始。俺も舐めてあげたくなったので彼女の腰を呼び込んで69の体勢。でも彼女の割れ目はまだちょっと血がにじんでいたので舐めるのは断念してローション+指でいじってあげる。
痛みはあまり無いようなので2回目の挿入に挑戦。さっきと同様に正上位で挿入すると今度はするりと入ってしまう。腰を動かすとかなりスムーズ。痛みを聞くと「まだ痛いけどさっきより気持ち良さの方が多い」って^^

やっぱり奥まで当たると痛いみたいなのでちょっと気をつけながらズコズコ開始。普段の8割くらいの勢いで動いてあげるとかなり感じて大きな声がでる。手をどこにおいて良いのかバタバタしているので布団の端を握らせてあげると、ギュッとつかみながら快感に耐えている。
俺の方も彼女のまだ狭い割れ目の中でこすられてどんどん気持ち良くなっている。
彼女に負担をかけないように気を使いながら腰のスピードを上げて行ってとうとう絶頂、コンドームの中にドクドクと発射。彼女も俺のおちんちんが中でビクンビクン行くのが分かったみたい^^

休憩しながら腕枕でおしゃべりしている間にラブラブモード。彼女の以前の恋愛経験を聞いているうちにいじらしくなってきちゃっていっぱい可愛がってあげている間にまたお互い熱くなってきてしまう。反応を始めたおちんちんに彼女がしゃぶりついてくるので俺は指で応戦。ローションを使ってまたたっぷり割れ目を柔らかくしてあげたら正上位で挿入。
でもさすがに3回目は痛くなっちゃってるみたいなので自分で動く?って騎乗位で上に乗せるとこっちもちょっと痛いとのこと。なので今日はこのくらいに。
二人でゆっくりお風呂に入ってチェックアウト。
思ったよりスムーズに処女も卒業できて嬉しそうな彼女。ロックの話もいっぱいできたし、気持ち良い体験もできたし、充実のデートだったようです。
お互いビックリするくらい初対面から気が合っちゃったので早めに次のデートをしようねって約束しちゃいました。
次に彼氏が出来た時にはたっぷりと恋愛を満喫できるように俺がエッチの楽しさを色々教えてあげましょうね^^

ロック大好き女子大生さん・大人のプレゼント《その01》 

ネットで知り合った19歳の女子大生さん。洋楽ロックが好きで、特に共通のバンドが好きな事が分かって大いに盛り上がる。
彼女、この日記も読んでいて「エッチの経験が豊富な男の人に相談したいことがある」って。
何でも彼女、これまで何人かの人とお付き合いはしていたけど実は未だに処女さん。特にこの前まで付き合っていた彼氏は「指ではしてくれるけど挿入はしてくれない」って言うのが、彼女にとって非常に不可解で悲しいことだったとか。
「本当は10代の間に処女を卒業したかったんですよ・・・」って言う彼女にでは10代の内に俺がお相手しましょうか?って申し出ると「誕生日が今週中でスケジュールが詰まっている」とのこと。
では誕生日の後に、大人になった記念に処女卒業をプレゼントしましょう!ってことでデートが決定。結局彼女の誕生日の次の週末に会うことになりました。

当日は下北沢で待ち合わせ。お互いのメールがちょっと不調で待ち合わせにすったもんだしましたが、なんとか出会えました。
待っていたのはちょっと背が低めでスリムなロック少女。モノトーンで決めたロック系ファッション+デニムのミニスカ&ニーハイソックスがメチャクチャ俺好み。
顔の雰囲気もすこし外人っぽい感じでファッションにばっちり合ってる。・・・はい、かなり好みのタイプです^^;

お好み焼き屋さんでお食事をしながらロック話で大いに盛り上がる。こう言う時に共通の話題が有ると良いよね^^(というか、俺は世の中の物事のアレコレに興味があるのでたいてい共通の話題は見つかるものなんですが、特に好きなモノが一緒だと盛り上がりが違いますな!)
食事が終わってエッチを打診すると「ぜひ!」ってことなので近くにあるラブホテルに向かう。なんだかすっかり親近感で手をつないでラブラブモード。ちょっと幸せなお散歩モード。

ホテルに入ってエレベーターでさっそくキス。速攻で舌を絡ませてくる彼女。「キス好きなの?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく^^
部屋に入ると熱心にホテルの中を探索する彼女、始めて入ると色々興味深いもんねぇ。
落ち着いた所でソファーに座ってキス。絡めた舌に熱心にしゃぶりついてくる彼女。「本当にキス好きなんだね~」って言うと「好き!舌を吸われるとぞくぞくする!」って^^
服の上から胸に触るとため息が出始める。かなり敏感なタイプらしい。
彼女の手を股間に導くとジーンズの上からなでてくる。挿入の経験は無いけどその直前のエッチな遊びは大好きだったみたいで、手の動きもかなり慣れている。
ジーンズを下ろしておちんちんを露出すると「きゃ~~!大きい!!」って喜びながらさっそくしゃぶりついてくる。以前の彼たちにはフェラはしてあげていたようで、なかなか上手。ネットリと舌を使いながらしゃぶってくれる。ちょっと気持ちの良いツボと唇、手の使い方をレクチャーするとレロレロとしゃぶりついて全然離れようとしない。
「フェラも好きなの?」って聞くと口におちんちんを入れたままうんうんとうなずく^^
そんなことをしているうちにおちんちんはビンビンに完全勃起。そのおちんちんを下から上から舐めまわす彼女。処女のハズなんだけど、すっごくエロい^^

Tシャツの上から触るだけでは飽き足らなくなってえり元から手を入れてブラの隙間から乳首をコチョコチョ。軽くつまんで転がすだけで彼女の口からは声が漏れてしまう。
さらに力を入れてつまむと腰がクネクネし始めちゃう。かなりの感度^^
服を脱がしながらあちこちに触るとどんどん声が出始める。スカートをまくってパンツに手を入れて割れ目に触るとメチャクチャ濡れてる^^; 良い身体だね~と感心しながら服を汚さないように脱がしてしまう。
指は入れず割れ目の上からグリグリ触るとかなりの反応。小さめのクリも感度が良いみたい。これからのエッチが期待出来ますね~~。

お風呂に移動してシャワー。全裸の彼女はウエストがキュッと細くてDカップくらいのおっぱいがプリッと丸くて良い形。嬉しくなっていっぱい触ってあげちゃう。お互いの身体を洗い合ったらさっきのフェラのお返しに俺が舐めてあげる。
壁に手を付かせてお尻をぐいっと突き出させたら下から割れ目に舌を伸ばす。足を開かせて指で開いた入り口を丹念に舐めあげると彼女が悲鳴にも似た大きな喘ぎ声を出す。
ふとみると腕の力が抜けてしまって顔を壁に押しつけて耐えている。本当に敏感な身体。
「そろそろベッドに行こうか」って誘うと嬉しそうな顔。ここまでのプレイでかなり期待しちゃってるみたい^^


その02に続く》

博多遠征!その04 

《その03はこちら

このままだとお風呂場で挿入しちゃいそうな勢いになってきたので慌ててお互いの身体の泡を流してベッドへ。二人の気持ちが早く合体したくてたまらなくなってきているのが分かる。
ベッドに入ったら全裸でキス。濃厚に舌を絡めながらお互いの身体をまさぐりあう。
唇を首筋から胸元、乳首から股間へ段々と下げていって割れ目の周囲を舐めまわす。割れ目がヒクヒクと反応するのをじっくり見てからクリと割れ目をたっぷりと舌で刺激。彼女の激しい喘ぎ声を上げるのを楽しむ。
指を挿入してGスポットをいじめると彼女の声がさらに大きくなる。顔の前におちんちんを突き出すとしゃぶりついてくる彼女。指の刺激を強くするとフェラを続けられなくなってしまう。

お互いの気持ちが熱く合体を求めているのでいよいよ挿入。ベッドに押し倒して足を大きく広げさせると完全に毛を剃ったパイパン状態の割れ目がぱっくりと口を開ける。
カチンカチンに勃起したおちんちんを割れ目にこすりつけて「ほら、こんなに大きいのが入るんだよ」って見せつけながらゆっくりと挿入。ヌルヌルとおちんちんを飲み込んでいく。
奥までググッと挿入すると「当たってるぅ・・・」と悶える彼女。「想像してた通り?」って聞くと「すごく大きい・・・」ってうめく。
初めはゆっくりと動いていた腰も彼女の喘ぎ声につられてどんどん激しくなっていく。足を抱え上げて上からたたきつけるように腰を振ると彼女も大きな喘ぎ声で応えてくる。

体位をバックに変えて後ろから攻めると彼女のアナルがヒクヒクとうずく。ローションを垂らして指でいじると人差し指くらいならつるっと飲み込んでしまう。指でアナルをズコズコしながら腰を振ると布団にしがみつくようにしながら快感に耐える彼女。
アナルはかなり柔らかくなっているらしく親指2本でもぬるっと飲み込んでしまう。・・・これはそろそろアナルに挿入OKですかね~~~^^
割れ目からおちんちんを抜いたらそっとアナルにあてがう。ゆっくりと力を入れるとアナルを押し開いて入っていく。
亀頭が入った時点で違和感を訴えてくる彼女。少し引いたりまた進めたりしながらゆっくり挿入していったけどおちんちんの1/3くらいが入った所でギブアップ! たしかに俺のおちんちん、ここからさらに太くなっていきますからね~~^^;

アナルはあきらめてゴムを交換したら正上位で合体。アナルの痛みを癒すように優しくゆっくりと動く・・・けれどお互いの身体が求めているらしく、動きはすぐに激しくなってしまう。
彼女の腰を押さえつけて激しくズコズコしているうちに絶頂が近いことを感じたけれど、俺の体力が限界。一回身体を止めて彼女におおいかぶさるようにちょっと休憩。
まったりと唇を交わしながらすこし身体を休める。「昨日も一昨日も立ちバックしちゃったんで疲れてるんじゃないの?」って彼女は笑うけど、おちんちんはビンビンで挿入したまま^^ ここだけは元気だね~~。

体力が回復してきた所でエッチ再開。抱き合ったまま段々腰の動きを大きくしていく。
さっきからの影響で俺の絶頂もかなり近いのが分かる。彼女も「行って良い?行って良い?」って喘ぎながら何回も身体を痙攣させている。
彼女の足を抱え上げて奥深く挿入しながらおちんちん全体を激しく出し入れするうちに俺も限界、彼女を強く抱きしめながらたっぷりと放出。しばし抱き合ったまま放心状態で一回戦終了~~。

身体を離したら腕枕でダラダラしながらアレコレおしゃべり。博多の街の印象や彼女の男性遍歴の話を聞きながらキスをしたりお互いの身体を触ったり。
段々俺の股間が反応してきちゃったので彼女が股間にしゃぶりついてくる。ネットリとした上手なフェラでおちんちんはすぐさま固くされちゃってそのまま正上位合体。
一回戦で身体がすっかり敏感になっている彼女、俺がちょっと激しく動くと絶頂に達してしまうらしく、すぐに「行って良い?行って良い?」って喘ぐ。「良い?」って聞く辺りかなりドSな彼氏に調教されてるみたいで俺も興奮してしまう^^

体勢をバックに変えて奥まで激しく突いてあげる。耳元で「立ちバック、うらやましかったの?」って聞くと恥ずかしそうにうなずくので今日も立ちバックでいじめてあげることに。
合体したままゆっくり後ずさってベッドから降りる。彼女の手をベッドに付かせた後ろから激しくズコズコ。立ちバックだとやっぱり動きが強くなるよね~^^
彼女の腰を後ろから支えながらゆっくりと立ちバック歩きで洗面所へ。部屋が広いので途中で立ち止まってさらに後ろからズコズコ動いたりして^^
洗面所に着いたら鏡の前でたっぷりと。足を軽く持ち上げて合体している股間を鏡に映して見せつけながら腰を動かす。
普段はここから駅弁でベッドに戻ったりするんだけど、さすがに彼女の体格だとそれは無理なので再び立ちバック歩きでベッドへ。

最後は正上位で激しく。彼女は何回も絶頂を訴える。「女性は何度でも行けるんだから行きまくって構わないよ」って行ってあげると安心したのか、何度も身体を痙攣させて達しているみたい。
そんな彼女を見ているともっともっと気持ち良くさせてあげたくなって腰のスピードが上がってしまう。
さすがの3日連続デートだったので今日はあまり発射しないかと思ったけれど、彼女の興奮につられたのか、俺もどんどん絶頂に近づいて行って、とうとう発射! 昨日のモツ鍋が効いたのか、二発目もけっこう濃いめのが出ました~^^

おたがいたっぷり楽しんだので時間も良い感じ。お風呂で汗を流したらホテルをチェックアウト、ブラブラと駅方面へ。
俺の飛行機までまだ時間に余裕があったので手をつないでブラブラと街を散策。本屋さんなんかもつきあってもらって、いよいよ地下鉄の駅で解散。すばらしい博多デートをありがとうございました!


いやぁ、見知らぬ街で遊ぶのは本当に楽しかったです^^ これからも機会が有れば遠征しようと思います。
地方在住の皆さん、楽しみにしていてくださいね!

博多遠征!その03 

さて、前日のもつ鍋にたっぷりニンニクをいれてパワーを充填。ホテルの部屋で前日買ったコンビニ飯を食べて出撃です!
本日のお相手は隣の市に住む人妻さん。お子様が3人いるらしいんだけど、なかなか元気な人らしい。旦那様が単身赴任しているのを良いことに彼氏およびそれ以外の男性とアレコレ楽しんでいらっしゃるらしい^^

俺とは共通の友人を介して知り合って、メールでやりとりしていたんだけど、けっこう早いうちに「九州に来ることが有ったらデートしましょうね!」ってことにはなってたんだよね。彼女の方から「今日会った人とアナルSEXしちゃった~」なんてメールを送って来たりしてけっこう積極的^^
でも本当に俺の九州遠征が決まった時には「本当にエッチ有りのデートしちゃうの・・・?」なんて弱気になった時も有ったみたい。でも結局お互いの気持は変わらないよね!ってことでデートすることになりました。

朝一番で博多駅で待ち合わせた彼女、お子様が3人いるようには見えない可愛い人。「太ってるよ」なんて言ってたけど、いわゆる「ポチャ系」では全然ありませんでした。
ちなみに彼女が俺を見て一番に発した声は「Aniさん、細い~~~!!」でした^^;
最近ダイエットをしてることとかを日記に書いていたので、ちょっと小太りなタイプを想像していたらしい^^; なので173センチ・60キロ弱の俺が登場してかなりあせったらしい!

まぁ、それでデートが中止になる訳でもなく、まだ朝も早いので駅の地下にある喫茶店でゆっくりとおしゃべり。
初対面なのに最初から親密な雰囲気で話が出来るのは長いことメールでやり取りしてたからですね。
彼女、実際の所かなり複雑な家庭環境にいるらしいんだけどそんなこともあっけらかんと語ってくれる、その芯の強さに親近感。
話しているうちにだんだん九州弁が混じってくるのもリラックスしてきた証拠だろうね^^

たっぷりしゃべったら天神の街に出て彼女の買い物におつきあい。彼女の行きつけのお店の気さくなお兄ちゃんに教えてもらった博多名物とんこつラーメンを食べたらいよいよ!ラブホテルへ。
「確かこっちに有ったはず・・・」という彼女の案内で街をぶらぶら歩いて行くと、確かにラブホテルが数件固まって建っているエリア。
やっぱり値段は東京とあまり変わらないんだけど部屋は昨日と変わらないくらい広い! これが博多のラブホテルの実力か!!

荷物を置いたらさっそく抱き合ってキス。「本当にエッチしちゃうの?」なんて言っていた彼女の方が情熱的に舌を絡めてくる。彼女の身体に手を伸ばすと早速甘いため息が漏れる。自然と彼女の手も俺の股間に。
ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると「これが噂の大きいヤツ・・・」って目を輝かす。再びキスをすると舌を絡ませながら手でシコシコ始めてくれる。段々彼女の手の中で固くなり始めるおちんちん。
ベッドに腰を下ろして仁王立ちした俺の股間にしゃぶりつく。ネットリと味わうように下からから横から舐めまわしながらジュポジュポとしゃぶる。すごいエロいフェラ。
一回しゃぶり始めるとやめる気配無く延々舐めまわしている。「フェラ好きなんでしょ?」と聞くと口は離さず上目遣いで俺を見ながらウンウンとうなずく。エッチだな~^^

フェラが終わりそうにない彼女から無理矢理離れてベッドから立たせる。ジーンズを下ろしてパンツの上から股間に触るともうしっとりと濡れているのが分かる。
「Aniさんに会うからキレイにしてきちゃった」という彼女、パンツの脇から指を入れて確認すると陰毛をすっかり剃り落としてパイパン状態。
そのまま指で割れ目に触るともうヌルヌルに濡れている。「フェラだけでこんな胃濡れちゃったの?」って聞くとうれしそうにうなずく。
軽く指に力を入れて割れ目を攻略、入り口とクリを交互にいじめると喘ぎ声をあげながら足がブルブルしてきちゃう。かなり感度の良いボディ。
お互いの服を脱がしあいながら気持ち良い場所に触りあう。豊満なおっぱいにしゃぶりつきながら割れ目を指で刺激すると彼女も声を上げながらおちんちんを握ってこすってくれる。
お互いかなり欲しくなっているのが分かるけど、ここはぐっと我慢してお風呂へ。

シャワーを浴びながらボディソープでお互いの身体を洗い合う。彼女の割れ目をキレイにしながらアナルもいじめてあげる。アナルSEX経験者の彼女のアナルは俺の指2本を易々と受け入れる。「俺のおちんちんも入れてあげるからね」ってささやくと「Aniさんのは大きいからなぁ・・・」と言いながら期待するように泡だらけのおちんちんをなでまわす。
このままだとお風呂場で挿入しちゃいそうな勢いになってきたので慌ててお互いの身体の泡を流してベッドへ。二人の気持ちが早く合体したくてたまらなくなってきているのが分かる。

その04に続く》

博多遠征!その02 

《その01》はこちら

ベッドに横たわった彼女にのしかかるようにキスをしながら体に触る。舌を絡めながら胸を鷲掴みにしてグリグリと揉む。さらに乳首を転がすようにいじめるとかなり大きな声が出てしまう。
合わせていた唇を離して体に舌を這わせながらだんだんと彼女の股間に近づいて行く。
彼女の割れ目を指で大きく開いて舌でかき混ぜるように舐め回す。クリと割れ目を交互に舌先で刺激するとまた声が上がってしまう彼女。
彼女の手を俺の股間に誘導すると固く勃起したおちんちんを握ってシコシコしてくれる。顔に近づけていくと自然にしゃぶってくれる。

お互い完全に準備完了なのでいよいよ合体。ゴムを装着したら念のためローションでヌルヌル度をUPさせて、彼女の脚を大きく開かせる。
おちんちんを割れ目に押し当てたら、ゆっくりと挿入。抵抗無くぬるっと彼女のアソコがおちんちんを飲み込んで行く。
すっかり入ったら上から彼女を抱きしめて、唇を絡め合いながらゆっくりと腰を動かす。おちんちんの長さを全部使うようにしながらゆっくりと出し入れ、奥まで届いたらぐっと押し付けながら腰を回すように刺激しちゃう。
体を起こして腰のスピードを上げると彼女の口からは大きな喘ぎ声。かなり感じているご様子。

体位をバックに変更して後ろからズコズコ。一通り彼女の反応を楽しんだら合体したままゆっくりと後ずさってベッドから降りる。
ベッドに手をつかせて立ちバックの体勢で後ろから激しく突くとベッドに倒れそうになりながら激しく喘ぐ。
そのままゆっくりと立ちバック歩きで洗面所に向かって鏡にお互いの体を映しながら立ちバックでまた激しく動く。「鏡を見てご覧」と声をかけるとうっすら目を開いて自分の痴態を確認。かなり興奮しているみたい。
洗面台に座らせて前から挿入。脚が大きく開いてしまって挿入部分が丸見え。
俺の太いおちんちんが出入りしている所を見せつけるように動く。
さすがにこの体勢で長いことがんばるのは難しいので適当な所でまた立ちバック歩きでベッドへ。

正上位で改めて合体してここまでの興奮をすべて感じるくらいの勢いでズコズコ。
彼女の脚を大きく開いて押さえつけながら激しく腰を振ると、彼女も快感で絶叫。
俺もそろそろ限界でゴムの中にたっぷりと放出。彼女の上に倒れるこんで息を整えながらたっぷりとキスしながら一回戦終了。
前日仕事場でエッチして2発発射している割にはけっこう大量な精子をみて喜ぶ彼女^^
・・・昨日、会社の帰りにニンニクたっぷりラーメンを食べたおかげですかね~~。

ベッドで腕枕をしながらしばし休憩。分かれた彼氏のこと、それ以外に今おつきあいのある男性とのエッチの話なんかをしているうちにまたお互い熱くなり始めて体に触りながらキスが始まってしまう。
彼女が股間にしゃぶりついてフェラをするうちにお互い69の体勢になって刺激しあう。
おちんちんがビンビンになった所で正上位で合体。今回も正上位>バックとたっぷり楽しんでから再び正上位でたっぷり楽しんだらまたも発射!
二日連続で2回発射しちゃいました^^;


二回戦が終わった時点でそろそろ良い時間だったのでシャワーを浴びて身支度をしてチェックアウト。
帰りの道々彼女とエロ談義。やっぱりエッチをするとお互いの距離感が近くなったような気がしますね~~^^


ってことでこれが博多のデート1日目。俺はこの後博多に戻って友人と合流、博多名物「もつ鍋」を食べに行きました。もちろん博多2日目もデートが待ち受けているのでニンニク増量!たっぷりスタミナ補給です^^
ではAnimaLの博多2日目の活躍もお楽しみに~~~!

福岡遠征!その01 

10月初頭、友人の出張に便乗する形で博多へ初上陸。先日の仙台とシステムは一緒ですな。友人は昼間は仕事をしているので俺は暇、ってことで今回の遠征では二日間両方ともデートの予定!

一日目のデートのお相手は20歳の専門学校生さん。俺の日記をたまたま目にしたらしくメールが来たんだけど「二週間後、博多に行くんだよ~~」と言うとすかさずデート立候補!いやぁ、勢いのある娘さんですな^^;

当日は朝早くの飛行機に乗って福岡へ。福岡に着いたらその脚で太宰府へ向かって太宰府天満宮を参拝、ついでにその横の九州国立博物館へ! ってな感じで観光していたらけっこう時間を食ってしまった。
実は専門学校生さん、博多から電車で小一時間の街で昼過ぎまでバイトをしているそうなので、俺がそこまで向かう予定だったんだよね。でも太宰府で時間を使いすぎてしまったので大慌てで「申し訳無いけど、博多に来てもらえない??」ってメール。うまいこと連絡が取れて、俺が丁度博多に着いたくらいに彼女も到着。
駅の中の地理に詳しくないのでちょっとすったもんだしましたが、無事に待ち合わせ完了。いよいよ博多にて初デートです^^

到着した彼女は長袖Tシャツにショートパンツ。原色の色使いとけっこう派手なサンダルで「これが博多の先端ファッションか!」と思わせる。ショートパンツからにょきっと出た生脚が若さを感じさせますね~~^^
メールでは「太ってるから恥ずかしいです・・・」って言っていた彼女、全然太ってなんかいないんですよ~。 確かに顔はちょっと丸めだけど、すらっと長い脚はすごくきれい。早く裸にして鑑賞させてよ~~!って思っちゃう。
彼女、博多周辺はあまり詳しくないそうなので、一駅電車に乗って彼女の知っていると言うホテルへ。道々ファッションのことなんかを聞くと「急に予定変更になっちゃったからバリバリ普段着で着ちゃいましたよ~!」とのこと^^; 博多に来ると分かっていたらもっとおしゃれして来るつもりだったそうです~~。

ってな話をしている間にホテルに到着。値段は東京とあまり変わらなくて時間も3時間休憩か・・・と思いながら部屋に入ると、部屋が広い! いやいや、東京なんて部屋がベッドでパンパンになっていることが多いけど、ベッドがぽつんと有るみたいに見えるほど部屋が広いです。これが地方のラブホテルの実力か~~~!

メールでの話だとけっこうエッチのお相手に不自由していない印象だった彼女、でも一番好きな彼氏がいたんだけど、数日前に分かれてしまったんだとか。
なので彼女からのリクエストは「悲しいことが忘れられるくらい楽しくて気持ち良いエッチにしてください!」って。はい、がんばりますよ~~。
荷物を置いて部屋の散策が終わったら抱き合ってキス。さっき初対面したばっかりなのにこんなに濃厚で良いのかなってくらい激しく舌を絡ませ合う。
服の上から体に触ると息が荒くなって来る。彼女の手も俺を求めてジーンズの上から股間をまさぐり始める。
ジーンズを下ろしておちんちんを露出するとこちらからお願いしなくてもすぐにしゃぶりついてくる。仁王立ちの俺の前にしゃがみ込んでフェラ。彼女、俺の日記を読み込んでくれているらしく、違和感無く俺のエッチについて来てくれそう^^

だんだんお互いの服を脱がし合ったらお風呂へ。裸になった彼女、ちょっとふっくらした体型だけど、太っているってほどでは無くて、おっぱいもぷりっときれいな形。
お風呂場でシャワーを浴びながらお互いの体を洗い合ったらその場でまたフェラ。
彼女の口の中でたっぷり固くされちゃったらいよいよベッドへ。

その02に続く》

帰国子女ちゃんと初めてのオフィスラブ 

以前から日記に良く登場している帰国子女女子大生ちゃん。すっごく素敵なスタイルと積極的な性格で俺のお気に入りなんだけど、日本に帰ってきてから大学生活がけっこう忙しいようでなかなか会えない。お互い「デートして濃厚にエッチしたいね~~」って言い合ってるんだけど、大学一年目は色々と忙しいみたい^^;

さて、最近俺は以前の会社の先輩と二人でデザイン事務所を起こして、都内のマンションの一室で先輩と二人で仕事をしている。その先輩が旅行に行くので週末を挟んだ金曜日と火曜日は会社に来ないと言う。つまり、オフィスに俺一人!
と言うことで普段週末は忙しい女子大生ちゃんがオフィスに遊びに来てくれることになりましたよ^^

夕方約束の時間に電話。地図を送っておいたけど「やっぱりわかんない~~~」って言うのでちょっと迎えに行く。久しぶりに見た彼女は珍しくジーンズを履いてるけど相変わらずの素敵なプロポーション。ちょっと高めの身長にプリッとした形良いオッパイ、キュッとくびれたウェストにすらっと長い足。キラキラした瞳で「会いたかったよ~~」って甘えてこられちゃうとそれだけでドキドキしちゃう。

二人で手をつないでビルの上にある我が仕事場へ。部屋にはいると「へ~~、ここで仕事をしてるんだ~!」と珍しそうにきょろきょろする彼女。それを後ろから捕まえて肩越しに濃厚なキス。高校生最後の年に俺と出会う前からエッチな経験豊富だった彼女、相変わらずねっとりとエッチな舌使いで俺のキスを迎えてくれる。
俺の手は彼女の身体に触りたいって主張しているんだけど、まだ仕事の切れが良くないのでちょっとだけ仕事を片付ける。机の横でしゃがんで楽しそうに見ている彼女。

仕事が落ち着いた所で彼女を抱き寄せる。俺は仕事用の椅子に座ったまま彼女を膝の上に座らせてキス。初めは恥ずかしそうにしていた彼女も段々と応えてくる。
膝に座った彼女の身体に手を伸ばして胸を優しく揉むと彼女の口から段々甘いため息が出始める。
彼女を膝から下ろしたら彼女の前でジーンズを下ろす。露出したおちんちんに早速しゃぶりついてくる彼女。フェラは俺が教えたようなものだから俺好みの舌使いでたっぷりとレロレロしてくれる。もちろん俺のおちんちんはすぐさまビンビンになってしまう。

彼女を立たせてジーンズをゆるめて股間に手を伸ばす。いつもミニスカートにTバックがトレードマークだった彼女、今回は普通のパンツ。やっぱり大学生になるとちょっと落ち着くのかな?って思うと「最近ママと買い物に行くことが多いからさすがにTバックは買いにくくて」って笑ってる^^ まぁ日本に帰ってくると色々事情も変わるって事ね。
パンツの脇から指を滑り込ませて割れ目に触ると思った通りもうヌルヌル。「こんなに濡れちゃってるの?」って聞くと「Aniちゃんがいっぱい気持ち良いところに触るんだもん~」って甘えながらまた唇を求めてくる。
キスをしながらさらに指を進めて割れ目に挿入、まだ半分しか服を脱いでいない彼女をいっぱい攻めちゃう。挿入した指でGスポットをグリグリすると大きな声を出しそうな彼女。
「一応周りの部屋に人がいるから声は出しちゃダメだよ^^」って言うとがんばって我慢する。その姿が可愛いのでさらに指を強めていじめっ子モード。

そんな彼女を見ているうちに俺も興奮。おちんちんもさっきからビンビンで臨戦態勢。
彼女を机に押しつけてお尻を高く上げさせたら後ろからおちんちんをグリグリと割れ目にこすりつける。入れて欲しそうにクネクネする彼女のお尻を捕まえたら入り口におちんちんを押し当ててそのままズブズブと挿入! いつもの癖で大きな声を上げそうな彼女の口を後ろから手を伸ばしてふさぎながら激しくバックからズコズコ。声が出せない分身体で反応して彼女の腰がいつも以上にビクビクと動いている。
彼女の腰を捕まえて挿入したまま仕事椅子に座る。後背座位の姿勢になると自分から腰を上下させておちんちんを激しく出し入れする彼女。ジーンズとパンツが膝の辺りに絡まっているままなのにガンガン動いちゃう。俺も下から突き上げるように応えるとまた声が漏れ始めちゃう^^

もっと激しく動きたくなっちゃって椅子から立ち上がって立ちバック歩きで横にある応接スペースへ。打ち合わせ用の椅子に彼女の手をつかせたら後ろから腰を押さえつけて立ちバックで激しくズコズコ。一生懸命声を我慢している彼女が可愛くてさらにパンパン音がするほど腰を振ってしまう^^
一旦腰を離してジーンズを脱がしたら椅子に座らせて足を大きく開かせる。
ぱっくりと口を開ける割れ目に前からのしかかるように挿入。立ったまま激しく腰を動かす俺にしがみついてキスをせがむ彼女。ネットリと舌を絡めながら腰を押しつけて彼女の奥をおちんちんでたっぷりとかき回す。

椅子から立たせて壁に手をつかせてもう一回立ちバック。いい加減服が邪魔になったのか、自分から脱いで全裸になってしまう彼女。俺も職場で全裸になるのは抵抗が有ったんだけど、彼女のその姿に誘われて、Tシャツを脱ぎ捨てて全裸。彼女を後ろからギュッと抱きしめると下から突き上げるようにズコズコと腰を振ってしまう。
そんなシチュエーションで興奮していた俺、思った以上に絶頂が近い。彼女の腰を捕まえて後ろからハイスピードでズコズコ。彼女の口に手を当てて、声を我慢させながら強引な位激しくピストン、そして発射! 

いつもから比べたらかなり早い終了に「ごめんね~~」と謝ると「すんごい気持ち良かったよ~~」って笑う彼女。グチュグチュに濡れているお互いの股間をティッシュでぬぐうと彼女がしゃがみ込んで俺のおちんちんをお掃除フェラ。
でもお掃除と言うにはあまりに濃厚なフェラに、俺のおちんちんは発射した後だというのに全然治まらず固い状態を保ちまくっている。もちろん彼女はレロレロとフェラしまくり^^

「入れたい?」って聞くと目をキラキラさせながらウンウンとうなずく彼女。
ってことで発射から3分も立たずに2回戦。とどまる所を見せずフェラを続ける彼女の唇から無理矢理離れてゴム装着。しゃがみ込んだまま嬉しそうにそれを見つめる彼女。
彼女を立たせると前戯無しで一気にバックから挿入。さっきまでの余韻とフェラだけでヌルヌルになっている彼女の割れ目は抵抗もなく俺の大きな怒張を飲み込んでしまう。
壁に手を付かせてさっき以上に激しくバックからズコズコ。声を我慢する彼女、それだけで軽くMモードに入っているらしく興奮が伝わってくる。
それでも漏れてくる声を片手でふさぎながら腰を押しつけてグングンと短いストロークで奥を刺激しまくる内に俺もどんどん高まってきて最後はおちんちん全体の長さを使って抜き差ししながら激しくズコズコ、彼女の声の我慢の限界と一緒に俺も絶頂、激しく発射!
連続二回戦だというのにかなりの量を射精してしまいました~~^^;

さすがの連続二回戦には俺も彼女もヘロヘロ。少しの間全裸で休憩。
お互い服を着たら気を取り直して俺は仕事に復帰。机の横に小さい椅子を出してあげて彼女も俺の仕事を見学^^
女性の目から見た感想を聞かせてもらったりしてちょっとの間お手伝い。たまに振り向いてキスしたりしながらの仕事も悪くない感じ。
夜になる前に帰るという彼女をエレベーターまで送ってキスして解散。俺はいつもの時間までもう少し仕事してました。

俺は今まで仕事先での恋愛は避けて来たし、一人っきりになる仕事環境も無かったので仕事場でのエッチは初体験。いや~~、興奮する体験でした。
まぁ今後こういう機会はなかなか無いとは思うけど、もしまた機会が訪れたら積極的に利用しちゃうつもり^^ 参加してみたい方はいつでも連絡どうぞ~~~!!なんてね^^


※福岡遠征前日だったのでここから3日連続でデートになります。さすがに疲れました。
※帰国子女ちゃん、「また仕事場でエッチしたいよ~~」って言ってます。誰かに聞かれてそうなのが興奮したとか^^;