FC2ブログ

幼稚園の先生・今月二回目のデート 

9月最後の週末の予定がぽっかりと空いていたのでいつも可愛がっている幼稚園の先生ちゃんに「デートしようか?」って声をかけると「あたし、土曜日出勤なんですよ~~。Aniさん、日曜日はデート無しでしょ?」って言う。
まぁ確かに濃厚にエッチをすると疲れるので土曜日デート>日曜日休息ってパターンが多いんだけど、別に日曜にデートは無理じゃないよ~、って答えるとうれしそうにデートしましょうってお返事が帰ってくる。
確かに翌日お互い仕事があるので午後集合してちょっと早めに解散することに。

食事を済ませてから新宿で集合。一緒に本屋さんを見ようかって相談もしてたんだけど、彼女が少し早めに出てきて用事も済ませてしまったようなので手をつないでそのままホテルへ。
部屋に入ったら荷物も下ろさず彼女を捕まえて濃厚にキス。彼女とはそろそろ1年、エッチのパターンもなんとなく決まってきてるんだけど、それでも毎回どんなエッチになるのかドキドキしちゃう^^ それも彼女が積極的にエッチに答えてくれるからだね^^

ソファーに並んで座って唇をむさぼり合う。前回のデートの高尾山は楽しかったけど、やっぱりエッチの時間は短くなっちゃう。(それに俺が体力切れで一回しか出来なかったしね~^^;)
なので今回は濃厚にたっぷりエッチしようねってお互い思ってる。

キスをしながら身体に触り合う。お互いの良い所はもう知り尽くしていると言えるくらいなのですぐに熱くなってしまう。
ジーンズを下ろすとすぐにしゃがんでしゃぶりついてくる。もとからフェラは上手だったけどすっかり俺好みのフェラをするようになってくれているのですぐにビンビンにされてしまう。
胸元から手を入れて胸に触るとおちんちんを舐めている口からどんどん喘ぎ声が出てしまう。
立たせてパンツの脇から指を入れると割れ目はすでにヌルヌル。ちょっと力を入れると指が入ってしまう。

汚さないように下だけ服を脱がせたらソファーに座らせて本格的に指でいじめてあげる。
ソファーの上で足を大きく広げて切なく声を上げる彼女。指2本を挿入されてGスポットをグリグリすると彼女もおちんちんに手を伸ばしていじってくれる。顔の前におちんちんを差し出すと口だけで吸い付いてくる。
ソファーの上の彼女にのしかかるように前から挿入。上はまだ服を着たままの彼女が激しく声を上げる。ゆっくりと中をかき回すように腰を動かす。彼女の声がさらに大きくなる。
ソファーに四つんばいにさせて後ろから挿入。俺は立ったまま彼女の腰を後ろから捕まえてズコズコ。「服を着たままなのに入れられちゃってるね」ってささやくと「恥ずかしい・・・」ってうめく彼女。でも身体は完全に俺を受け入れてる。
身体を離してソファーに座ると彼女が上から跨ってくる。ソファーの背に手をかけて俺の上で腰を振る彼女。快感のせいで自分から激しく腰を振ってしまう。「気持ち良いの?」って下から聞くと「うんうん」と何回もうなずいてしまう。

下から手を伸ばして服を脱がせてやっと二人とも全裸に。
バックから結合したらゆっくりと立ち上がって立ちバックで歩きながらベッドへ。普段エッチしながら移動するとケラケラ笑いながら喜ぶ彼女も今日は完全に感じちゃっていてそんな余裕も無し。ハァハァと荒い息をついている。
ベッドに着いたら手をつかせてしばし立ちバックでズコズコ。結合したままゆっくりとベッドに上がって正上位。お互いの顔を見ながら快感を確認しあう。
今までのプレイは前菜だったみたいに一段と濃厚に身体を動かす。彼女の足を抱え上げて奥まで届くように腰を動かす。
もう一回バックで結合して楽しんだら最後は正上位に。お互いの絶頂が近いのを感じながら激しく動き合う。腰の勢いを強めてハイスピードで動くと彼女も限界、大きな絶叫を聞きながら俺も限界に達して発射。大量の白濁液を吐き出して一回戦終了。
ベッドの上でぐったりしながら荒い息をつく彼女、「Aniさんいきなり最初から激しいんだもん・・・」って言いながらも幸せの表情。

いきなり服も脱がずに一回戦だったので改めて二人でシャワー。お互いを洗い合ったらベッドへ。腕枕しながらおしゃべりをしている間にお互いを触りあう。ねっとりとキスをしただけで割れ目がヌルヌルして来ちゃう彼女。
もちろん彼女もおちんちんにしゃぶりついてきて「段々大きくなってきますよ~」って嬉しそうにしてる。
今度は俺も彼女の割れ目をたっぷりなめてあげる。割れ目を指で開いて入り口からクリにかけてまんべんなく舌で可愛がってあげる。「気持ち良いよ、気持ち良いよ~~」ってうめきながらも俺のおちんちんを握って刺激してくれる彼女。俺のは彼女の手の中でビンビン。

彼女の足を開かせたら正上位で合体。入れる前におちんちんの先っぽで割れ目をたっぷりとくすぐって焦らす。早く入れて欲しくって腰がクネクネしちゃう彼女。一気に貫くと声が大きくなってしまう。
ギュッと抱き合って舌を絡めながら上から押しつけて奥をグリグリ刺激。さらにズコズコ抜き差しすると彼女の腰もそれに合わせて動き始める。
抱き起こして挿入部分を見せつける。いつもデートの時には割れ目周辺の毛をきれいに処理してきてくれるので俺の太いおちんちんをくわえ込んでいる彼女の割れ目が丸見えになってしまう。
恥ずかしさと興奮が一帯になって一気に感度が上がったみたいで、そのまま騎乗位になるとすぐにしゃがみポーズになって自分から激しく腰を振ってしまう。下から腰を突き上げるとさらに良い声。
最後はバックで結合して激しくズコズコ。彼女の腕を背中側にひねりあげてちょっとSM風味な体勢で後ろから音がするほどバコバコ腰を振ってしまう。程なくお互い絶頂、バックの体勢でビュビュッと発射、2回戦終了。本日2発目だって言うのにまたまた大量に出ちゃいました^^;

さすがに二回連続でエッチは疲れてしまったので腕枕ですこしお休みタイム。二人してちょっとの間眠ってしまった。
目を覚まして時間のチェックのためにTVをつけるとまだ時間は大丈夫そうなので目を覚ました彼女とイチャイチャ。いっぱい見つめ合って、一杯キスして幸せな時間。
TVを見ながらアレコレおしゃべりしている間もお互いの身体を触り合う。「そんなに触ったらTV見れなくなっちゃうよ~」って言われても許してあげない。
彼女も固くなったおちんちんをフェラしながらTVを見ているらしい^^ おちんちんを舐めながらTVの感想を時々言ってる。
彼女の腰をこっちに呼んできて69。そしてバックからずっぽりと挿入。彼女の顔がTVに向いている方向だったので「ほら、これなら見ながら出来るでしょ?」って聞くと「そんな余裕無いです~~~」と息を弾ませる。それでもたまに腰をゆっくりにしながら二人でTVを見たりしてのんびりしたSEX。

さすがに3回目だったので俺が発射せず。バックから激しくズコズコ攻めたけど発射前に俺が体力切れ。彼女もたっぷり感じまくりだったのでそこまででOKってことにして身体を離してもう一回二人でダラダラTV。
番組が終わった所でちょうど良い時間だったので一緒にお風呂に入って服を着たらチェックアウト。結局4時間ちょっと遊んでました^^

デートの後は彼女のリクエストで韓国料理。前から気になっていたお店に入るとこれがなかなかきちんとしたお店でびっくり。看板の雰囲気からするとちょっとチェーン店的な感じ?って思ってたんだけど、経営理念も味に関してもしっかりしていて良かったなぁ^^
今後彼女とはちょくちょく行くことにしようと思います!

ってことで翌日の事を考えて適当なところで解散。土曜日だったらもっと飲んじゃうんですけどね~~^^
ってことで先生ちゃんとは来月の約束をして解散。多分久々のお泊まりデートになりそうです。
また焼き肉食べて濃厚にエッチしちゃいましょうかね~~^^
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

チビッコ巨乳専門学校生・旅行から帰ったらデート 

沖縄旅行から帰った翌日、午前からお昼にかけてはだらだらと養生。さすがに色々体力使ったからね~。
ところが身体は正直なもので、三日間オナニーすらしなかった下半身が「SEXしたいよ~」と主張してくる。
なのでご近所特典とばかりにチビッコ巨乳ちゃんに「暇だったら飲みに行ったりSEXしたりしないか~~?」ってメールすると「どっちもOKだよ~。元気回復したの?」ってお返事。
旅行前に日曜日、疲れが残ってなかったら連絡するって言ってありましたからねぇ。

彼女が俺の地元駅まで来てくれたので適当な居酒屋に入って飲み。お土産を渡してあれこれおしゃべりして良い感じになった所で店を出て彼女の家へ。
お互いアルコールが入っているので気分は上々。ギュッと抱き合って濃厚にキス。
キスしているだけで大きくなり始めた股間に彼女の手を導くとジーンズの上からなで回してくる。ここ何回かのエッチで俺の扱いにすっかり慣れてきたご様子。

ズボンを下ろしておちんちんを露出するとしゃがんでしゃぶりついてくる。彼女の舌使いを楽しみながら俺はTシャツの襟ぐりから手を入れて彼女の巨乳をたっぷりモミモミ。ブラの隙間から乳首をつまんでクリクリ刺激すると息が荒くなってくるのが分かる。それでもフェラは止まらない彼女。気持ち良くしてくれようって心がうれしいですね~^^

お互いを脱がし合いながらだんだんベッドに移動。ビンビンにそそりたったおちんちんを四つんばいでフェラする彼女。フェラしてもらいながら俺も手を伸ばしてたわわな彼女の巨乳をいじりまくり^^
フェラをたっぷり堪能したら彼女をベッドに横たえて俺が可愛がってあげる番。
足を開かせて割れ目を指でなぞるように触る。声が出始めた彼女の唇をキスでふさぎながら指を挿入、Gスポットをたっぷりと刺激。唇を乳首に移動させてダブルで攻撃すると相当感じてきちゃったみたいで久しぶりに「出ちゃう、出ちゃうよ~~」の喘ぎ声。
もちろん許してあげずにさらに刺激を加えると俺にしがみついてビクンビクンと痙攣しちゃう。

あんまりいじめても可愛そうなのでこの辺で挿入。彼女の足を大きく開かせて正上位で挿入。
ゆっくりと腰を動かすと良い感じで反応する。隣の部屋に聞こえないように声を我慢しているのが可愛くて、意地悪して腰を激しく動かすと泣きそうな声が出ちゃう^^
体位をバックに変えると枕に顔を埋めるようにして声をこらえる彼女。興奮した俺も腰が激しくなっちゃう。

「ちょっと痛くなっちゃった」と彼女が言うので体勢を入れ替えて騎乗位に。上に乗ってもらって自分のペースで動いてもらって、俺は下から手を伸ばして彼女の柔らかな胸をたっぷりと堪能。
自分で腰を動かしながら気持ち良さそうな彼女を見ていると俺もだんだん気持ち良くなって来ちゃってフィニッシュの予感。
俺が身体を起こして彼女を背中側に倒してそのまま正上位に。彼女の足を肩の上に大きく担ぎ上げてハイスピードでズコズコ動いちゃう。
布団を咥えて声を我慢している彼女を見ながらそのまま腰の動きをさらに激しくして絶頂、三日分たまった精液をたっぷりと放出してフィニッシュ~~。

翌日は出勤なのであまり遅くまでダラダラ出来ずに帰ってきてしまいましたが、彼女とは近々ラブホテルでのんびりエッチしようね~と約束しました。
ラブホなら「出ちゃう」のも我慢しなくて大丈夫だもんね~~って言ったら苦笑してましたっけ^^

初対面23歳接客業さん・久々のエッチ 

ネットで知り合った、都内のホテルで働く23歳の女性。以前から俺の日記を読んでくれていたそうで、メールでやりとりを始めるとトントンと話が進んで「じゃぁ来週末にデートしてみる?」ってことになりました。
日曜日の午後、待ち合わせ場所に来た女性はちょっと背が高くてスリム。黒髪のストレートで落ち着いた雰囲気。確かにホテルで接客をやってるって感じですね^^
喫茶店でお茶をしながらアレコレおしゃべり。俺はお相手の仕事の事を聞くのが好きなので彼女が働いている所の話をしてもらう。経理からベッドメークまでなんでも出来ちゃうそうで、感心してしまいました^^

ホテルに誘うとOK!って事なので二人でいそいそとラブホへ。
部屋に入って荷物を置いたら抱き合ってキス。見た目は清楚でおとなしそうな彼女だけどキスはけっこう情熱的。身体に触ると熱いため息が唇から漏れてくる。
ロングスカートの裾をめくってパンツの上から割れ目に触るとうっすらと湿っているのがわかる。そっとパンツの脇から指を入れて割れ目に直接さわるとけっこうヌルヌル^^
感じやすいボディですね~。

ズボンを下ろしておちんちんを露出すると前にしゃがんでフェラを初めてくれる。ねっとりとした舌使いでしゃぶられるとおちんちんはどんどん大きくなってしまう。
彼女のスカートを脱がせて足を軽く開かせたら立ったまま割れ目をまさぐってあげる。さっきからずっと濡れているらしく、軽く指に力を入れるとそのままするっと入ってしまう。
軽く指を曲げてGスポットを刺激するとかなり感じてしまうらしく大きな喘ぎ声。俺にギュッとしがみついて声を上げてしまう。
かなり敏感なボディーを早く味わいたくて服を脱ぎ合っていそいそとシャワー。
お風呂場でも指でいじってあげたりフェラしてもらったり。どんどん気持ちが熱くなっていく。

身体を拭いたらベッドへ。ビンビンのまま柔らかくならないおちんちんに彼女がしゃぶりついてくる。ベッドの外に立った俺のおちんちんをベッドの上で四つんばいになって舐めまわす。
フェラを堪能したら彼女の足を大きく開かせて俺が舐めて上げる番。下で割れ目を舐めながら指でクリを転がすとかなり大きな喘ぎ声が出てしまう。クリを舐めながら指を挿入して中をいじるとそれだけで腰をビクビクと痙攣させて絶頂に達してしまったご様子。本当に感度良いな~~^^

「そろそろ入れようか?」って聞くとうなずく彼女。前戯だけでかなり朦朧としちゃってるみたい^^
ゴムを装着したら彼女の足を大きく開いておちんちんをゆっくりと挿入すると一段と喘ぎ声が大きくなる。腰を押しつけるようにグリグリと奥を刺激しているとまたビクビクと痙攣。さらに足を大きく開いておちんちん全体を出し入れするように腰を動かすとまたビクンビクン。エッチの最中に何度も行きまくっているみたい^^

その後も彼女を抱き起こして騎乗位、身体を離してバックから挿入、また彼女を引き起こして後背騎乗位・・・と色々な体位でエッチしまくり。
特にバックからの騎乗位は挿入している部分が自分でも丸見えになってしまうらしく、一段と動きが激しくなってしまったご様子。
最後は体位を正上位に戻して激しくズコズコ。俺も絶頂が近づいてきた分腰のスピードがどんどん速くなってしまう。彼女の大声で絶叫しまくりで行きまくりモード。
一番深い所に挿入した所で絶頂、彼女の中でビクンビクンと大量に発射。それに応えるように彼女も盛大にビクビクと痙攣。一緒に達してしまったみたい^^
彼女の中からおちんちんを抜くとゴムの中には大量の白濁液。絶頂もすごかったけど量もすごかった~~^^

エッチ終了と共にベッドに崩れ落ちた彼女、その後数分起き上がれず。かなりの快感だったみたい。
動き出したら俺の腕枕にまたバッタリ。本当に疲れ切っちゃったみたい。二回戦を挑むと「体力を使い切ってしまってとてもとても・・・」って^^;
さすがにあれだけ激しく行きまくってたら体力も無くなるかな~?
ってことで時間が来たのでお風呂に一緒に入ってチェックアウト。俺も夕方以降飲みに行く予定だったので駅までブラブラ歩いて解散。

ホテルで聞いたら彼女、今までのエッチ経験は一回だけでそれも半年前!
いや~~、二回目のエッチが俺というのはかなりハードルが高かったみたいですね~~。
彼女とはその後あまり連絡をとっていませんが、機会があったらまたあの敏感ボディーを行かせまくって見たいと思っています!!^^

幼稚園の先生と高尾山デート 

もはや俺のデート常連の幼稚園の先生ちゃんと高尾山に行くことになってしまいました^^;
そもそもは「せっかく秋で季候も良いし、どこか広い所に行きたいな~~!」って言ったのがきっかけで、話がコロコロと転がって高尾山に行くことに。
当日は早めに集合して京王線で高尾山口へ。お昼は名物のとろろそばを食ったけど「きっと山登りだけで消費しちゃって下半身には届かないかも・・・」って心の声が聞こえる。
結局登りは全部歩き、帰りはリフトを使いました。サル園を見たり、頂上でビール飲んだりしたおかげで新宿に帰ってきた時にはもう夕方。餃子のお店で軽くビールを飲んだらいよいよホテルにGO!

部屋に入ったらソファーに座ってキス。
彼女の手を股間に導くと情熱的に触ってくるのでズボンを下ろすと横からのしかかる様にフェラ開始!
彼女は俺と出会った頃はまだ処女だったけどその当時フェラの経験だけは有り。さらにそれが俺好みで上手だったよな~なんて思い出しているうちにおちんちんはビンビン^^
もっと丁寧にしたくなっちゃったのか、彼女はソファーを下りて俺の足の間にちょこんと座ってさらにジュポジュポと激しくフェラ続行。たまに口から外してこちらを見ながら横咥え&玉舐めがまたエロくて良い^^

もう一回ソファーに座らせて今度は俺が指でいじって上げる。パンツを横にズラして露出した割れ目を指でイジイジ。フェラだけで興奮している彼女、割れ目はもうヌルヌルになっちゃっているので指は簡単に入ってしまう。
彼女の服を脱がせながらさらに濃厚にプレイを進めようとすると「今日は山に登っていっぱい汗をかいたから先にお風呂にしようよ~」って。確かにすぐにお風呂に入れるように準備もしてあるし、お風呂にすることにしてお互いの服を脱がせ合う。

お互い全裸になってお風呂に・・・って思ったけど全裸の彼女にムラムラしてしまってそのままソファーに押し倒す^^
足を大きく開かせたら俺は立ったままで前から正上位挿入。いきなりの挿入に驚いてる様子の彼女。でも上からのしかかるように腰を振ると彼女もすぐに反応、下から抱きつきながら大きな声で喘いでしまう。
ソファーの上で四つんばいにさせてバックから挿入。またしても俺はソファーの外に立ったままでズコズコなので激しく動ける^^
挿入したままゆっくり彼女をソファーから下ろして立ちバック歩き。普段は笑う彼女も今日は余裕がないのか喘ぎ声しか出てこない。
洗面所で身体を離して彼女を洗面台に腰掛けさせて正面から挿入。お互い挿入部分を見ながらまた興奮^^

さすがにここでフィニッシュする訳には行かないので身体を離してお風呂。
お互いの身体をざっと流したら湯船へ。俺がまだビンビンに勃起しているので彼女の腰を捕まえて湯船内挿入。後背座位の姿勢でお湯につかりながらユラユラ動く。
適当なところでお風呂は切り上げてベッドへ。本格的に一回戦開始・・・と思ったらさっきまでビンビンだった俺のおちんちんがいまいち反応せず。彼女が心を込めてフェラしてくれても勃起は60%。サイズが大きいからそのまま挿入は出来るんだけど、やっぱり中折れ状態。やっぱり高尾山の疲れが出てきちゃったのかな?^^;

「二人でベッドでダラダラしてるのも好きですよ!」って言ってくれる彼女、腕枕でイチャイチャしている間にお互いスヤスヤとお休みタイム。
目を覚ましてまたキスをしてイチャイチャしている間に俺の股間も目を覚ました様でだんだん大きくなってくる。

彼女がそれを発見してさっそくフェラ。彼女の腰を俺の方に呼び込んで69の体勢でお互いをむさぼり合っている間におちんちんはビンビンに^^
彼女の目が「挿入して!」って訴えているので足を大きく開かせて正上位合体。待ちかねていたように甘い声で喘ぐ彼女。上からしっかり抱きしめて舌を絡ませながら腰をこねるように隅々までたっぷり刺激してあげる。
身体を起こして彼女を上にのせるとさっそくしゃがみポーズで自分から腰を振り始める。
「山に登った上にそんなに動いたら明日筋肉痛で大変だよ~」って言うと「だってこうすると気持ち良いんだもん!」ってまるで取り合わずに快感をむさぼる彼女。これが若さってヤツか!と思いつつ俺も下から腰を突き上げて彼女に協力。
最後はバックから。丸いお尻を振って喘ぐ彼女に俺もかなり刺激されてしまって、高尾山の疲れも関係無しに激しく腰を振ってしまう。
お互いのフィニッシュが近くなってきたので腰のスピードをさらに上げて奥まで届くように激しく突きまくり。彼女の絶叫を聞きながら発射~~~!!

二人ともベッドに倒れ込むようにしてエッチは終了。「さすがに今日は疲れたね~~」って言いながらもう一回お風呂で汗を流したらチェックアウト。お食事も終わっているのでブラブラと駅に向かいました。
ちなみに彼女は翌日足の筋肉痛がきつかったそうです。俺は・・・筋肉痛どころか身体中ガタガタでした^^; 椅子に座ってする仕事で良かったと思いましたよ~。

10月は彼女も運動会などがあるので忙しいらしく、デートはちょっと先になりそう。
なので9月の最後にもう一回会っちゃおうか!ってことで、彼女はもう一回登場します。
お楽しみに~~^^

ロリ顔・アニ声女子大生ちゃん仙台で再会 

この夏に知り合って短期間にデートしまくったロリ顔・アニ声女子大生ちゃん。夏休みなので東北方面の実家に戻っていたんだけど、俺が仙台に行くと聞きつけて「アメリカに行く前に最後のデートする!!」って大きな声で立候補^^
俺としてはお気に入りの彼女なので一も二もなく承諾、デートになりました。

当日はお昼ちょっと前に集合。高速バスで到着した彼女と仙台の駅で落ち合ってまずは観光。バスに乗って青葉城跡へ。ぶらっと散策したらもう一回バスでラブホテルの有る「国分町」方面へ。バス停の近所にある仙台名物の牛タンのお店へ。俺はとろろも付けちゃってパワー増量!

少し歩くとドンキの先にラブホテル街。やっぱりホテルの近所にドンキが有るんだな�って笑いながらきれいなホテルに入ることに。
部屋に入って荷物を置いたらギュッと抱き合う。彼女が東京にいる間は「これが最後のデートだね」って良いながらずるずる会っちゃってたんだけど、今回のデートが本当に最後の最後。自然とキスも濃厚になってくる。

身体に触りながら服を脱がそうとすると「汗かいちゃったからシャワーしたいの!」って叱られてしまい^^; なので服を脱がし合ったら一緒にお風呂。身体をざっと流したら全裸で抱き合って濃厚にキス。割れ目に指を伸ばすとキスだけでもうヌルヌルに濡れている彼女、割れ目を指でいじるとどんどん声が出てしまう。ヌルッと指を挿入してGスポットをいじめると足をブルブル震わせながらギュッと抱きついてくる。
「立ってられなくなっちゃうよ・・・」って良いながら浴槽の縁に座り込む彼女。
そんな彼女を見ているだけで固くなってきているおちんちんを彼女の目の前に差し出すとすかさずしゃぶりついてくる。
唇と舌を鳴らしながらジュポジュポとフェラしてくれる彼女、放っておくといつまでだって舐めていそう^^

お互い欲しくなっているのでベッドへ。今度は俺の番、彼女の足を大きく開かせてたっぷりとクンニ。初めてのデートの時に彼女が「今まで舐められた経験が無い」って言った時から彼女とエッチをする時はたっぷり舐めてあげることに決まってる^^
大きな声で喘ぐ彼女の声を楽しみながら69になってお互いの敏感な所をむさぼり合う。
たっぷり熱くなったらいよいよ合体。ゴムを装着して正上位。

細くて小さめの彼女だけど、俺のおちんちんにはすっかり慣れた様子でゆっくりとスムーズに飲み込んでいく。俺がねっとりと腰を揺すると大きな声で喘ぎながら気持ち良さをアピール。
ぐいっと抱え上げて騎乗位にすると恥ずかしがりながら腰を振り始める。俺も下から乳首を転がすように触るとそれに合わせて声をあげる。すっかり俺のSEXを楽しんでいるご様子^^

体位をバックに。挿入したままゆっくりとベッドを下りて洗面台の前へ。洗面台に手をつかせて立ちバックで激しくズコズコ。片足を抱え上げて挿入部分を鏡に映しながら激しく突きまくる。さすがに彼女をそんな所を見ている余裕は無いらしく、目をギュッと閉じて快感に耐えている。
おちんちんを抜いて洗面台に座らせたら足を大きく開かせて前から挿入。不安定な体位が興奮を呼ぶらしく、俺にギュッとしがみつきながら喘ぎまくる。
足を抱え上げて駅弁のまま歩いて移動。途中で腰を振るとまた声が大きくなる。

ベッドに彼女を下ろしたら合体は解かずに上からのしかかるように腰を振る。俺もかなり感じてきてフィニッシュが近そう。。
俺の動きも激しくなって来ているようで、バックから彼女を突くと「奥が痛くなって来ちゃった」と言う。正上位になったらお互いの絶頂に向かって驀進。彼女の絶叫を聞きながらハイスピードピストン、お互い真っ白になってフィニッシュ。ビクビクと痙攣する彼女の中で俺のおちんちんもビクンビクンと精液を発射。
いや��、前日から牛タン喰いまくりでタンパク質をたっぷり補給していた分、大量に濃厚な精液でした!^^

二人してベッドに倒れおちたままちょっと休憩。落ち着いたところで腕枕をして彼女の今後の話を聞く。お互い半年会えないって事実をもう一回かみしめてちょっとしんみり。
でもお互い楽天家なので「半年後は会えなかった分燃えるよね�!」なんて言いながら二回戦!・・・と思ったけどさっきのエッチが激しすぎたのか、割れ目に触ると彼女が「ん・・・ちょっと痛いかも?」って。挿入してみるとやっぱり痛いと言うので残念ながら二回戦は断念。

一緒にお風呂に入ってからホテルをチェックアウトして、仙台の街をぶらつきながら駅へ向かいました。
途中にある下着屋さんで新しい下着を一緒に選んだり。「次のデートの時はこれ、着ていくからね!」って約束も出来て半年後がますます楽しみになりました。

彼女はすでにアメリカの人。時差はあるけど時たまリアルタイムでメールのやりとりができるのでお互いあんまり距離は感じない。
会いたくなった時に「やっぱりアメリカに行っちゃってるんだ・・・」って思うかもしれないけれど、その時はこの日記を読み返して我慢することにします!

チビッコ巨乳専門学校生ちゃん・突発デート 

平日金曜日。実はこの日はちょっと早めに仕事を上がってデートする?って予約が入っていたんだけど、キャンセルになってしまった^^;
せっかく時間が有るんだから誰かと飯でも食おうかな?と思って同じ沿線住みのチビッコ巨乳専門学生ちゃんにメールで連絡するもお返事無し。
いやぁ残念~と思いながら家に帰ると夜10時近くなって彼女からメール。なんでも出かけていたそうなんだけど、イヤなことが有ったので今からでも飲みに付き合って~!ってことなのでちょっと遅いけど会うことに。

俺が良く行く雰囲気の良いお店に連れて行って盛り上がる。彼女はこの前20歳になったばっかりだから年齢はすごく離れているんだけど、興味の方向が似ているので話題は尽きないしかなり盛り上がる。今回も彼女が今取り組んでいる学校の課題で大盛り上がり。
お酒もけっこう進んでお互い良い感じ。思わず「今日もエッチするか~?」って言っちゃいました^^ 「明日早いのに大丈夫なの?」って心配そうながらもうれしそうな彼女。
実は翌日仙台遠征初日なので朝6時には起きるつもりだったんですよね^^; なのでモーニングコールをかけてもらう約束と引き替えにして電車に乗って彼女のお部屋にGO!

部屋に着いたらさっそくラブラブモード。抱き合って濃厚にキス。お互い軽くお酒が入っているので気分はすぐに盛り上がっちゃう^^
ズボンを下ろしておちんちんを露出するとすぐにしゃがんでフェラを初めてくれる。仁王立ちで彼女がおちんちんをしゃぶっているのを見ると興奮してしまう。上から見ると彼女の巨乳が魅力的。シャツの襟元から手を差し入れてモミモミしちゃうと彼女も彼女も反応。おちんちんを握りながら熱い吐息が漏れてくる。

すぐさまおちんちんはビンビンになっちゃうので今度は俺が彼女を攻撃する番。ジーンズを脱がせてベッドに横たえさせたら割れ目を指でまさぐる。指をくいっと曲げてGスポットを攻撃すると激しく反応する彼女。今日はいつもよりお酒が入っているから反応も良いみたい^^
「欲しい?」って聞くとこくこくとうなずく。
足を大きく開かせて割れ目にゆっくりと挿入。すっかり慣れてきたみたいで抵抗無く俺のおちんちんを飲み込んでいく。
ズコズコもスムーズ。お互いお酒が入っているので何だかこの前より激しく求め合ってる気がする^^
彼女はこの前よりも余裕が有るみたいで、たっぷり気持ち良く感じて。俺もガンガン行くよ!って感じで動いてたんだけど、さすがにアルコールが回ってきて発射する前にギブアップ。
でも俺も彼女もたっぷり気持ち良かったので今回はこれでおしまいにしました。

さすがに家に戻ったら2時近く。慌てて寝る準備をして忘れずに携帯を枕元へ。
翌日約束の時間にチビッコ巨乳ちゃんからのモーニングコールで眼が覚めました。ありがとう!

って訳で翌日から俺は仙台へ。仙台でもデートしちゃったのでそれは次回の日記にて!