FC2ブログ

貿易系バイリンガルOLさんと久々のデー 

以前たまに日記に登場していた貿易系OLさん、けっこう気が合うのでデートの約束は入っていたんだけど、何回か連続して彼女が生理になったり病気をしたり怪我をしたり、ず~~っとドタキャンが続いていました^^;
今回やっとお互いのスケジュールが合ったので4ヶ月ぶりのデート。
彼女が「ウナギを食べたAnimaLさんとSEXしたい~~!」とリクエストしてきたのでお昼に待ち合わせて新宿の良く行くウナギ屋さんでウナ重をぶち込んだらいつものフリータイムのラブホテルにGO! 時間を気にせずのんびりまったり楽しもうってこと。

部屋に入って荷物を置いたら早速抱き合ってキス。彼女、「Aniさんと久しぶりのエッチなのですっごい緊張してます!」って^^ もちろん、ゆっくり時間をかけてトロトロにしてからたっぷり濃厚にエッチしてあげる予定。
キスをしているうちに俺のおちんちんがいち早く反応してくる。これもウナギ効果?と思いながらジーンズとパンツを下ろして促すとすぐに彼女がしゃがんでしゃぶりついてくる。
彼女の入念なフェラでそれでなくても固くなりかけていたおちんちんはすぐに完全勃起状態。大き目のおちんちんなのでしゃぶりづらくなると口を外して玉のウラやらおちんちんのサイドを舌でなぞるように舐めてくれる彼女。何もいわずにここまで丁寧なフェラをしてもらえるのはフェラ好きな俺としてはとてもうれしい。
彼女の丹念なフェラを堪能したら次は俺が気持ち良くしてあげる番。彼女のスカートをまくりあげてストッキングを脱がせたらパンツの中に手を入れて割れ目に直接さわる。
さっきのキスだけで相当感じてしまったのか割れ目はすでにとろとろ。軽く力を入れただけで指が飲み込まれてしまう。軽く出し入れするとそれだけで腰がヒクヒク動き始めてしまっている。さすがに久しぶりのエッチなので体が我慢しきれないみたい。
スカートを脱がせてさらに指で虐めてあげる。ベッドに押し倒して足を大きく開かせてGスポットを刺激するとかなり大きなあえぎ声と一緒に体がビクビク痙攣してる。
俺もそんな彼女を見て早く合体したくなるけど、そこはちょっと我慢してまずはお風呂へ。お互いの体を洗いあってから本格的なエッチ。
お風呂場で体を洗いあいながら石鹸でぬめる指でお互いの敏感なところをまさぐりあう。
彼女を抱き寄せながら指を股間からアナルに滑らせていくと彼女が「そっちはダメ~~」って身悶える^^ 前回のエッチでいきなりアナルSEXに成功しちゃってるから、その記憶が未だ生々しいんだろうね。さすがにちょっとご無沙汰だから今日はアナルは襲わない予定でございます~~。

体を拭いてベッドに戻ったらさっそくイチャイチャ。濃厚にキスをして舌を絡めながらお互いの体をまさぐりあう。さっきまでの興奮が後を引いているのでお互いの体はすぐに臨戦態勢。キスをしていた唇を下にずらして乳首を舐めながら割れ目をまさぐるともうグチョグチョに濡れている。クリと乳首をダブルで刺激してあげると彼女の口からは大きな声が休み無く漏れてくる。彼女もいつの間にか俺の股間に手を伸ばして、固くなったおちんちんを握ってシコシコとこすっている。ほとんど無意識の動作らしい。
お互いの熱いところを舐めあって高ぶりが限界に達したところでいよいよ合体。ゴムを装着したら彼女を仰向けに押し倒して正上位でゆっくりと挿入。お互いの角度が合うように彼女の足をグイッと高く持ち上げて、上からそっと入っていく。前回のエッチから結構時間が経っている彼女、いきなり俺の大きいのを入れたら痛くしちゃう可能性もあるからね。
でもそんな心配をよそに、スムーズに俺のおちんちんを飲み込んだ彼女、俺が上から動きを開始するとそれに合わせて良い声であえぎ始める。
普段は落ち着いた雰囲気と装いで優秀なOLさんにしか見えない彼女が俺のおちんちんをしゃぶりながらだんだんと乱れていくのを見るのは本当に興奮する。
彼女を上から抱きしめるようにして、合わせた腰を強く押し付けて丸を描くように奥を刺激する。耳元で彼女が「やっぱりAniさんのSEXは気持ち良いよ~」とうれしそうにあえぐ。
さらに結合部分を見せて欲しいと甘えてくるので彼女を引き起こして対面座位。お互いがつながっている部分を誇示しながら出し入れしているところを見せ付ける。薄く目を開いた彼女の興奮がこちらにも伝わってくる。
もっと彼女を攻めてあげたくなって体位をバックに変更。後ろからバコバコと激しく突いてあげる。かなり感じるらしく、彼女の腰が前に逃げようとするのを後ろから腰をグイッと引き付けて逃がさないようにしてさらに腰の速度を速める。布団の端をつかみながら快感に耐えてうねる彼女の腰がいやらしい。
そろそろ限界が近いみたいなので正上位に戻ってフィニッシュ、と思ったけど、俺の方が体力切れで一回休憩。さすがに飯を食った直後は腹が重いっす。

フリータイムで時間に余裕があるので抱き合ってお昼寝タイム。目が覚めたら冷蔵庫からビールを出してきて二人で乾杯。すごくのんびりした午後。彼女も「いままでこんなにまったりデートしたことは無かったねぇ」とご満悦状態。
ビールを飲みながらふと言葉が途切れたところでまた抱き合ってキス。体の高ぶりがすぐに戻ってくる。フェラをしてくれている彼女の腰をこっちに呼び寄せて69、彼女の割れ目をたっぷりと下から舐めまわす。彼女が快感でフェラできなくなっちゃったら体を入れ替えて再び正上位で合体。
彼女の足を大きく開いて肩に足をかけさせて上から激しく突くとおちんちんが奥まで届いてしまうらしく、彼女は絶叫モード。1回戦の刺激が残っているらしく、俺もけっこう短い時間で限界に。彼女の耳元で「行くよ、行くよ!」って告げながら腰を激しくスピードアップ、大量に発射しちゃいました!

結局この後TVを見ながらダラダラしたり、ビールを飲んだりの合間にまたエッチな気分になったらお互いを触りあって、高まったらSEX。結局あと2回しちゃって2時から7時半くらいの間に4回のエッチでした。彼女も久しぶりのエッチがこれだけ盛り上がってとっても満足だったご様子。
惜しむらくは彼女がこの後会社の送別会が入っていて飲みに行けなかったこと。お互い飲むのが好きだから盛り上がるんだよね~~。残念。
口癖のように「素敵な彼氏を見つけて早くAniさんから卒業するぞ~!」が口癖の彼女、実際今年はけっこう脈有りなんだって~~。
でも「彼氏と付き合う前に最後のエッチをよろしくね!」も彼女の口癖。最後のエッチは濃厚に盛り上がりましょうね!!・・・って、まだ先の話だと良いんですけどねぇ^^;



  広告です。新刊出るみたいですね。
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

23才幼稚園の先生とフルコースでデート 

最近お気に入りの幼稚園の先生、埼玉在住の23歳。
たまにはエッチばっかりじゃなくて普通のデートもしようか!ってことで日曜日に昼前に待ち合わせて池袋の水族館へ。のんびり見て回った後にメキシコ料理でお食事。
俺の趣味のおもちゃ屋さんなんかもつきあってもらう。
・・・おもちゃ屋さんで彼女が担任しているクラスの生徒とその親御さんを発見してコソコソするというハプニングもありましたが!!

一通り予定を終わらせて街に出たらどちらからとも無く「では行きますか~」って雰囲気に。やっぱり締めにラブホでエッチをしないと俺とデートしたって気分にならないではないですか!
池袋だと北口方面にラブホがたくさんあるのは知ってるけど、ちょっと遠回りなので某ビジュアル系に強いライブハウスの周囲にある小さなラブホ街へ。一軒は満室だったけど、もう一軒はすぐに入れて3時間休憩。

部屋に入ったらさっそく抱き合ってキス。いつもは会って食事してホテルだったから、顔をあわせてホテルに入るまで今日ほど長い時間がかかったのは初めて。
お互いもう心がかなり熱くなっている。
抱き合って舌を絡み合わせている間に俺の股間はだんだん固くなってきている。彼女の手を股間に導くと彼女の手が情熱的にジーンズの上から触ってくる。ズボンを下ろすと当たり前のようにするっと俺の前にしゃがんでフェラを始めてくれる。すぐさま反応する俺のおちんちん、彼女の口の中ですぐに固くなってしまう。
彼女を立たせて俺が攻める番。キスをしながら服の上から彼女の胸に触るとすぐにあえぎ声が漏れてくる。耳元で「もう感じちゃってるの?」と聞くと「AnimaLさんに触られるとどこでも気持ち良くって・・・」と恥ずかしそうに答える。

スカートをまくってストッキングの中に手を入れる。パンツの中に手を入れて割れ目を触ると案の定かなり濡れている。これはすぐに脱がさなきゃね!
スカートをまくったままするっとストッキングとパンツを脱がせて割れ目を露出。今日もきれいに毛を処理してあってきれいなあそこ。
彼女は立たせたまま俺はベッドに座って彼女に触る。軽く足を開かせて股間を指で弄ぶ。彼女の足が快感でガクガクしてくるのが分かる。一人で立っていられなくなって俺の肩にしがみついてくる。割れ目に指を挿入してGスポットを刺激すると俺の耳元で彼女のあえぎ声が響く。

お互いの気分は最高潮。彼女を立たせて壁に手をつかせる。スカートをまくり上げた彼女のお尻におちんちんをこすり付けると彼女はお尻を持ち上げて受け入れ態勢。そのままズブッと挿入・・・と思ったけどちょっと背が低めの彼女とはうまく角度が合わなくて入りにくい。
彼女を抱き寄せてベッドに押し倒す。上半身は服を着たまま、でもまくりあげたスカートの下は割れ目丸出し。足を大きく開かせて上からのしかかって固くなったおちんちんをズップリと挿入。完全に勃起してかなり大きくなっているはずなんだけど、ヌルヌルに濡れた彼女の割れ目は難なく飲み込む。彼女の上からかがみこむように顔を寄せて「服を着たまま犯されちゃってるよ」ってささやくと、うっすらと目を開きながら「まだ服も脱いでないのに入れられてます・・・」って答える。普段からは考えられないシチュエーションにかなり興奮しているらしい。彼女はベッドの上で大きく足を開かれて押し倒されている上体、俺はベッドの前に立って彼女にのしかかりながら上からズコズコ。

さすがに服を着たままでは汚してしまいそうなので、服を脱ぐついでに一緒にお風呂へ。
今日は3時間休憩なのであまりのんびりしているわけにも行かないのでさらっと体を洗って一緒に浴槽で温まったらお風呂を上がって一緒にベッドへ。
ベッドで抱き合いながらラブラブモードでイチャイチャ。いつの間にか69の体勢でお互いの熱いところを舐めあう。
でもさっき食べた料理がお腹に重かったのか、お風呂でのぼせ気味だったのかおちんちんが固くならず。
彼女が熱心にフェラしてくれるんだけど、疲れそうでかわいそうなので止めてもらう。
彼女を抱き寄せてありがとうのキスをしながら腕枕でお昼寝モード。3時間モードであまり時間は無いんだけど、ちょっとの間うとうとと寝てしまう。

ふと目が覚めると彼女も俺の腕の中で眠っている。ちょっとほっぺたを突っつくと彼女も目を覚ましてにっこり笑う。その笑顔に誘われるようにキス。優しいキスがだんだん激しくなっていく。気がつくと舌を絡めながらお互いの体を触りあっている。
ふと思いついてコンドームやローターと一緒に持ち歩いているローションを使うことに。
ローションを手にとって彼女の割れ目にたっぷりと塗りつけて指を挿入。ヌルヌルの感触に敏感に反応する彼女。割れ目に指がヌルヌルと出入りするたびに熱い声を漏らす彼女。
彼女の手にローションを垂らすと彼女も俺のおちんちんをヌルヌルと刺激してくる。その感触に彼女の手の中で俺のおちんちんはビンビンに固くなってしまう。
「入れて欲しい?」って聞くとうれしそうな顔でうなずく彼女。
さっそく彼女を押し倒して正上位で挿入。待ってましたとばかりに大きなあえぎ声を上げ始める彼女。
ローションのせいでいつも以上に気持ち良い。俺の腰の動きも自然と速くなる。
体位を変えさせてバックから彼女を貫く。感度の良い彼女は感じすぎちゃうのかすぐに前に逃げようとするのを腰をグイッと引き寄せてゴンゴンと突き上げる。さすがに後ろからの圧力が強すぎて前につぶれてしまう彼女、それでも寝バックの体勢でズコズコしてあげる。
俺も限界が近いのでもう一回正上位で合体、彼女の足を大きく抱えあげて上から激しくズコズコ。彼女の大きな絶叫を聞きながら俺も絶頂。たっぷりと精液を発射してフィニッシュ。お疲れ様~~~^^

3時間休憩なのであまりのんびりしている時間もないけど、激しいエッチだったのでちょっとベッドでダラダラしてからもう一回お風呂に入ってホテルからチェックアウト。
和食系の居酒屋で軽く飲んで解散。フルコースでデートを楽しんだ一日でした。
これまでのデートは時間のある限りお互いの体をむさぼりあうデートだったけど、今回はエッチ以外の色々なイベントを楽しめました。やっぱりデートの時は色々な楽しみのバリエーションが欲しいよね^^
なんて言いながら次回3月のデートはまたフリータイムで長時間ホテルでエッチしようねって約束しちゃいました。やっぱりお互いエッチ大好きなんですよね!
これからも彼女のエッチな姿を日記に書けそうです^^

北のロック姉さんとひさびさの新宿デート 《02》  

《その01はこちら

攻守交替してフェラを所望。彼女も丁寧にしてくれる。お風呂から上がって小さくなってしまったおちんちんをまず根元までくわえて全体を刺激してくれる。絶妙な彼女のフェラでだんだん固くなるおちんちん。でも勃起にちょっと時間がかかってるかな?って思ってるうちに彼女が「おちんちん、入れて欲しいです・・・」っておねだり。
大体80%くらい勃起してるかな?って感じ。ベストの時よりちょっと柔らかいかな?って程度だったのでそのまま挿入しちゃうことに^^
彼女をベッドに寝かせて足を大きく広げて一番安定している正上位でゆっくりと挿入。ローションのおかげで抵抗感無くスルリと挿入完了。まだ完全に勃起していないおちんちんだけど、普通サイズのおちんちんよりはよっぽど大きくなっているみたいで、彼女も「あぁ、やっぱりAniさんのは大きいよ~~」って良いながら激しくあえぎ声を出してる。
彼女が大丈夫そうなので俺も本格的に腰を動かしてあげる。久々に見る彼女の良い顔とあえぎ声にかなり興奮してしまっておちんちんもいつの間にか100%で固くなってる^^
体位をバックに変えて後ろから彼女を攻めると、快感で力が入らなくなっちゃうみたいでずるずるとつぶれちゃう。それでも寝バックの体勢で出し入れするとビンビン感じてる。俺もそろそろ絶頂が近そうなのでもう一回正上位にもどってもう一度深く合体。腰のスピードを上げてガンガン突いてあげると彼女がまたビクビクと腰を痙攣させながら絶頂を訴える。手加減せずにさらに腰を激しくすると2回連続で絶頂。その直後に俺も限界、大量に発射!! 一回戦終了~。

彼女を抱き寄せてキスしてあげる。かなりハードなSEXだったので「痛くなかった?」と聞くと大丈夫だったそうなので一安心。
腕枕でおしゃべりしているうちに寝ちゃったらしく、はっと気がつくと彼女が楽しそうな目つきで俺の顔を覗き込んでいる。
照れも半分で彼女を抱き寄せてキスしているうちにだんだんと濃厚なキスに変わっていってそのままずるずると二回戦に突入。
69でお互いを敏感な場所をたっぷりと舐めあう。一回戦の刺激が残っているせいか、二人ともすぐに臨戦態勢。それでも挿入は急がずにたっぷりとお互いを愛撫しあう。
彼女が欲しそうな雰囲気なので「入れたい?」と聞くと激しく肯定^^ 向きを変えさせて騎乗位で挿入。始めは膝立ちだった彼女、もっと刺激が欲しいのかしゃがむ姿勢になって自分から激しく腰を振り始めてる。動きに合わせて下から腰を突き上げると激しくあえぎ声が上がっちゃう。
「入れてるところが見たいの・・・」って甘えてくるので体を起こして対面座位。挿入部分をたっぷりと見せつけながら固く大きいおちんちんを出し入れ。彼女もそれを見ながら自分から腰を動かしまくってる。
そろそろ限界が近そうなので彼女を押し倒して正上位で上から激しくズコズコ。奥まで当たりまくるおちんちんに彼女がまたも絶頂。ビクンビクンと俺の体の下で痙攣しまっくってるんだけど、俺の方が体力切れで一回中断。
体を離して休憩するけど俺のおちんちんはビンビンのまま。彼女が「じゃぁ手で生かせてあげます」って、ローションでシコシコしてくれる。このまま発射しても良いかな?って思ったけど彼女がまだ欲しそうだったのでもう一回正上位で挿入。彼女の大きなあえぎ声を聞きながら今度は俺も絶頂、二回目だと言うのにまたたっぷりと発射~~。

ぎゅっと抱き合いながら「久々のエッチはいかがでした?」と聞くと「やっぱりAniさんのエッチは病みつきになります~~!」とのこと^^ いやいや、うれしいお言葉ですね^^
二人でもう一回お風呂に入ってジェット風呂で遊んだりしてからホテルをチェックアウト、彼女がお食事してから彼と合流したいと言うので、良く行く歌舞伎町のお好み焼き屋さんでお食事+軽く飲み。最後まで楽しいデートでした。
彼女は色々忙しいけど、それでもスケジュールが取れる時にはまたデートしましょうねって言ってくれてます。俺としてもうれしい限り。
やっぱりエッチって、一回限りじゃなくて何回もしているうちにお互いの良い場所や感じるところが分かってくるって感じですよね。
今後も丁寧で楽しいエッチを心がけて「また会いたくなる人」でいたいと思うAnimaLなのでした~。


最近アダルト業界で仕事をしているAnimaLさんからちょっと広告。



「ひなの」さん。ちょっと前に新人としてデビューしたと思ったら大人気であれよあれよとリリース。なんたってGカップですからね。人気が出るのも分かります。
仕事でデザインを担当することもありますが、可愛くて巨乳の彼女の作品はいつも作業が楽しいですよ!

北のロック姉さんとひさびさの新宿デート 《01》 

以前たまにこの日記に登場したことのある東北在住のロック姉さん、久々にデートすることになったよ。彼女は仕事の関係上なかなか忙しい人でなかなか会えなかったんだけどさらにその上最近彼氏が出来てラブラブモードだったらしい。
でもちょっと前にメールが来て「また東京に行くのでデートしましょう~~」とのこと。「彼氏は良いの?」って聞くと「Aniさんとのデートは別物ですよ!」とのこと。ありがたいお言葉です~。

彼女の仕事の都合に合わせて土曜の夕方に新宿で待ち合わせ。久々に会った彼女はいつもどおり元気なロック姉さんだったけど、なんか雰囲気が女っぽくなってる感じ。
以前会った時はもう少し野暮ったい感じだったんだけど、なんだかきれいになってる。やっぱり恋の力は女性をきれいにするんですな~~!
特にお食事やお茶をする感じではなかったのでホテルに直行。彼女が夜から彼氏さんと合流だそうなので3時間コースでご休憩。いつも入ったことの無いちょっときれいな雰囲気のホテルに入ることに決定。
ホテルに入るとフロントには人がいなくて部屋を決定したらカードだけ出てきて部屋に直接向かう。支払いも部屋の機械でする自動タイプのラブホテル、若い娘さんと来るにはぴったりだね~なんて思いながら部屋に向かう。

部屋に入って荷物を置いたら早速ソファーに移動してイチャイチャ。キスをしながら彼女の胸に触るとすぐに可愛いあえぎ声。彼女の敏感な体は健在みたい。服を少しずつ脱がしながらあちこちを触ってあげる。
彼女も熱くなって来たらしく、手が俺の股間に伸びてくる。ジーンズを下ろすと手がパンツの中に侵入してきてしまうので、パンツも下ろして俺の大きいのを露出。
「ひさびさですね~」って言いながら上に覆いかぶさるようにフェラを開始する彼女。久々のフェラだけど、俺が気持ち良い場所をあれこれ教えてあげたのを忘れていないらしく、ツボを攻められてすぐに俺のはビンビンに勃起してしまう。
彼女の方も気持ち良くしてあげたくてソファーに座らせてジーンズを下ろさせる。パンツの脇から指を滑り込ませるとかなりグチュグチュに濡れてるのでパンツも脱がせちゃう。
相変わらず上の方をちょっと残してきれいに下の毛を処理しているきれいな割れ目にちょっと関心しながら割れ目をいじめてあげる。
クリを転がしてあげると激しく反応。腰に力が入ってグイッと持ち上がる。さらに刺激を続けると「行っちゃう!行っちゃう!」って大きな声を出しながら激しく痙攣。早速絶頂に達してしまったようです^^

本格的に始める前にお風呂にしようねってお風呂に入ってお互いの体をきれいにしたら早速ベッドで一回戦開始。
ベッドの上でもつれ合うように絡み合いながら濃厚にキス。唇をだんだんと下に下げていって乳首を舐め回してから割れ目へ向かう。彼女を押し倒して足を大きく広げると割れ目も一緒に広がって露出される。吸い付くように唇で陰唇を刺激しながら指でもクリを触ってあげる。丸を描くようにクリをいじめながら、割れ目に下を挿入してレロレロしてあげるとかなり声が大きくなる。指を挿入してGスポットを刺激するとまた腰がビクビクと痙攣して絶頂に達してしまったらしい。
今回デートするに当たり、彼女が「久しぶりにAniさんの大きいのを入れたら痛いかも知れないな・・・」って心配していたので割れ目への前戯をたっぷりする約束をしていたのでここでさらにローションを使って刺激を続ける。ローションを割れ目にたっぷり落としてヌルヌルにしてから指を挿入。指2本でたっぷりと刺激をしてあげる。大きく丸を書くように、ゆっくりと割れ目の入り口を広げるイメージで指を動かしてあげる。だんだん柔らかくなっていく割れ目がこれで俺のも大丈夫かな?って思わせてくれる

その02に続く》


最近アダルト業界で仕事をしているAnimaLさんからちょっと広告。


「鈴木さとみ」さん。仕事で見かけて「ロリ顔ですんごい美乳!」と思いましたよ! わが社でリリースしているDVDもリンクされているので良かったら見てくださいな~~。

初対面23歳栄養師さん 上野でデート《その02》 

《その01はこちら

亀頭が入りきった時点で彼女が痛みを訴えるのでちょっと腰の動きをゆっくりしてあげる。挿入に抵抗は感じないんだけど、やっぱり俺のがちょっと大きいせいか、痛いらしい。
根元まで入りきったところでゆっくりと動かす。まだ少し痛みを訴えていたんだけど、少しすると慣れたのか痛みは治まったみたい。
正上位で上からギュッと抱きしめてあげながら腰を動かすとハスキーなあえぎ声がセクシー。「耳が感じる」って言っていたのでズコズコと一緒に耳を舐めてあげるとかなり感じている。大丈夫そうなので腰の動きをハードにしてみたけどばっちり感じているみたい。このまま普通のSEXで大丈夫そう。
ぐいっとベッドの中央に移動して彼女の足を大きく肩に抱え上げて屈曲位。上から挿入して奥に当たるように動いてあげると、奥はちょっと痛いみたい。体位を普通の正上位に戻してから少し動いてると耳元で「ギュッてして・・・」って甘えた声。リクエストどおり体を起こして対面座位、下から貫いたまま彼女をぎゅっと抱きしめてあげる。そのまま唇を下に移して乳首をなめてあげると「あ、これ好き・・・」って言いながら自分から腰を動かす彼女。体をちょっと離して挿入部分を見せ付けてあげるとかなり興奮するみたい。俺の太いのが出入りする部分をじっと見つめてしまう。
体を倒して騎乗位になると自分から積極的に腰を動かしてくる。動きにあわせて腰を突き上げてあげると「あ・・・奥が気持ち良い~」って声が出てしまう。
ぎゅっと抱き寄せて下からズコズコ突き上げてあげると悲鳴に近いあえぎ声。かなり良い場所がこすれるみたい。

体位を変えてバックから挿入しようとするとまた痛みを訴えて断念。挿入する時が痛いみたい。正上位に戻して挿入しようとするとまたちょっと痛みを訴えるんだけど、ゆっくり動かしているうちに慣れてくるみたい。
正上位で貫かれてもだえる彼女の顔を見ている間に俺の腰のスピードもだんだん上がっていって限界が近いのが分かる。さらにスピードを上げて彼女の快感の顔を見ながら俺もフィニッシュ、ゴムの中に精液をぶちまけて一回戦終了。ゴムに溜まった大量の白い液を見てケラケラ笑う彼女。リクエストどおりの気持ち良いエッチを満喫できたようです。

軽くシャワーをしてお風呂の用意をしながらベッドで抱き合ってダラダラしていたら俺はちょっと居眠りしていたみたい、ふと目を覚ますと俺の寝顔を観察している彼女と目が合ってちょっと恥ずかしい気分。
そのままキスをしているとだんだんお互いまた欲しくなってくるのが分かる。舌を絡めながら彼女の股間を触るとキスだけでぐっしょり濡れているのが分かる。俺が彼女に触っていると彼女の手も股間に伸びてくるのでそのままフェラをお願いする。丹念に俺のおちんちんを舐めている彼女を見ているうちに俺も彼女を気持ち良くさせてあげたくなって彼女を上に導いて69の体勢、下から割れ目をなめてあげる。
指で割れ目を開いて露出したクリを舌で転がしてあげるとかなり感じた声。さらに陰唇、入り口を交互に舌で探ってあげるのも気持ち良いらしい。
フェラが止まってしまっているので「お口がお留守ですよ~~」と声をかけると「舐めたいんだけど、気持ち良すぎて・・・」って答え。かなり感じてますねぇ!
お互い良い感じなのでまたしちゃおうか!って合体の準備。ゴムを装着して正上位で挿入すると、彼女がまた痛みを訴える。やっぱりちょっと大きすぎるのかなぁ、って思いながら気を使ってゆっくりしてあげているうちに俺のが中折れ状態、残念ながら2回戦は途中で終了。

さっきから準備の出来ていたお風呂に二人でのんびり入ってあれこれ世間話。「二人でお風呂に入るのって気持ち良いですよね~~」って喜ぶ彼女。今までは自分の部屋や付き合っている人の部屋でしかエッチはしたことがなかったそうなので、ラブホテルの楽しさを実感している模様。
お風呂から上がったらまだ少し時間があるので3回戦に挑戦。もう一回69でお互いの快感の中心を舐めあう。彼女、クンニがたいそう気に入ったらしく、ちょっとクリを舌で強めに刺激しただけで腰がビクビク反応してる。でもさすがにちょっと時間が足りなくて、俺が完全に勃起する寸前で時間切れ。挿入は試みたもののなんだか中途半端なところで時間切れ~~。
でも彼女は今までのエッチの中でも一番気持ち良かったそうなので、一応俺の面目も保てたようです。

彼女の仕事の関係で俺とのスケジュールを合わせるのがなかなか難しそうですが、これからも機会が有ったらデートする約束をしました。これから彼女が俺のエッチに慣れてどんどん快感のレベルを上げて行くのが楽しみですねぇ^^

初対面23歳栄養師さん 上野でデート《その01 

1年ちょっと前に某SNSで知り合った女性、当事エッチは未経験。俺の日記を読んでこういう人なら優しく初体験の相手をしてくれるかな?と思ったそうなんだけど結局はデートまでは行かず。

その彼女から久しぶりに連絡。現在は千葉で栄養師さんをしているそうでもちろんエッチも経験したそうな。でも2-3人と経験してみて何かが物足りないんだって。
で、経験の多い人にエッチしてもらったらどうなんだろう?ってことで俺にまた連絡してみたという訳^^
彼女の仕事が忙しいのでなかなかスケジュールが合わなかったけど、どうにか二人のスケジュールをすり合わせて土曜日にデート。お互いの中間地点に近い上野でお昼に待ち合わせ。
初対面の彼女はちょっと背が高めでスリムな美人さん。白いコートにスリムジーンズで登場、切れ長の目が印象的。ちょっとハスキーな声でその端々にコギャルっぽい言葉が混じるのが若い娘なんだーって感じ。ちょっと風邪気味だったけど、無理して出てきた甲斐も有ったというものです。

まず彼女がゆっくりおしゃべりして俺がどんな人だか知りたいというので一緒にお食事。中華料理のお店に入っておいしいものを食べながらあれこれおしゃべり。
女性の心を開くにはやっぱりおいしいお食事。話もはずむし、俺とデートをするとエッチ以外にも楽しいことがあるよって印象を持ってもらえるからね!
話の弾んだお食事の後、俺でも大丈夫かな?って聞くとOKとのお答え。うれしいっすね^^
ってことでブラブラと湯島のラブホテルに向かってお散歩がてら歩く。
よく使っていたラブホが運良く空いていたのでご休憩3時間モード。

部屋で荷物を置いたら彼女を抱き寄せる。ちょっと恥ずかしそうな彼女、でもキスは積極的に舌を絡めてくる。
コートを脱いだ彼女は紫色のニット。プクンと膨らんだ胸をその上から触るとそれだけで腰がモジモジしてきちゃう。
俺の股間も早速反応。彼女の手を股間に導いてジーンズの上から触らせると「・・・大きくなってます?」って感づいちゃった彼女。するっとジーンズを脱ぐとセミビキニに包まれたモッコリが登場。彼女、「え?大きくないですか??」って驚いてるのでするっとおちんちんを露出してあげると「え~~!」ってびっくり^^ 日記で読むのと本物を見るのではけっこう違いが有るみたいだね。
俺のおちんちんを手でいじりながら「どうすれば良いですか?」って聞いてくるのでフェラをお願いする。仁王立ちする俺の前でしゃがみながら「こういう風にするの、好きなんですよね^^」って笑う彼女。
半分固くなったおちんちんをいきなり手で支えもせずに口だけでフェラしてくる彼女、誰に教わったのか何かすっごくエロい。でもちょっとぎこちないので手で支えてするように教えてみる。亀頭をなぞる唇と先っぽをこねる舌が絶妙でどんどん固くなっていくおちんちん。「他にどうしたら気持ち良いですか?」って聞いてくるので横から舐めたり、裏を舐めたり色々なバリエーションを教えてあげる。研究熱心にフェラをしてくれる彼女、どんどん上手になっちゃうねぇ。
しゃがんだ彼女の胸に手を伸ばして服の上から胸をいじってあげるとフェラの合間に時々甘いため息、けっこう感じてるみたい。

一回立たせてまた唇を合わせて舌を絡めながら彼女の体に触ってあげる。ニットとその下の黒いキャミソールを捲り上げるとブラは黒を基本にピンクの花が刺繍されてるセクシーなタイプ。ホックを外してブラを緩めたら、間から指を入れて乳首を転がしてあげる。つまんでクリクリされると思わず声が出てしまう。
抱き合ったままジーンズの前を緩めて手を差し込むとパンツの上からでも割れ目が濡れているのが分かる。パンツをずらして直接触ってみると割れ目が完全にグチュグチュに濡れてる。指をそろえて割れ目からクリにかけて触ってあげるとそれだけで気持ちよくて腰が引けてしまう。
このまま触ってるとジーンズまで愛液が染みてきそうな勢いだったので愛撫を中断して服を脱がせて上げる。するするっと服を脱がせて全裸状態。俺もジーンズを脱がせてもらって下半身丸出し。
その状態で彼女をベッドに押し倒して割れ目をたっぷり指で愛撫。特にクリが感じるらしく、指先で転がしてあげると激しく声が出てしまう。割れ目も準備はばっちりらしく俺の指2本を軽く飲み込んでしまう。奥をグリグリしてあげると彼女の声と一緒に割れ目の音もどんどん水っぽくなっていく。
彼女の目の前におちんちんを差し出すとすぐにしゃぶりついてくる。それを眺めながら俺も割れ目を指でいじってあげるうちにもっと気持ち良くしてあげたくなって、上から足を大きく開いて押さえつけて割れ目を舌で舐めてあげる。シャワー前なので少し抵抗した彼女だったけど、一度俺の舌が割れ目に届いたらもう脱力。クリを舌で転がされ、陰唇を唇で吸われて大きなあえぎ声を出してしまう。

彼女がお返しのフェラをしてくれている間も俺のは完全にビンビン。あれだけ感じている彼女を見ていると欲しくなってきちゃって、彼女に「入れたくなっちゃった」って聞くと彼女もOKの様子。早速ゴムを装着してベッドで合体開始。
足を大きく開いて割れ目におちんちんを押し付ける。いきなり挿入しないで割れ目の上を数回亀頭でこすって「行きますよ~」のサイン。入り口を開いてゆっくりと挿入していく。

《その02に続く》