FC2ブログ

色白医療事務OLさん 新宿にて2回目のデート 《その02》 

その01はこちら

これだけ感じる肉体で「初体験は一番好きな人と」って理由で30歳の半ばまでSEXしなかったなんて、本当にもったいない!


今日は時間が有るのであせらずにゆっくりとエッチ。正上位でたっぷり動いたら彼女を抱き寄せてグイッと体を起こさせて対面座位。このポーズだと挿入部分がばっちり見えちゃうので彼女にそこを見せつけながらズコズコ。「あ、これ気持ち良い~」って反応する彼女。おちんちんの角度がちょうど良い場所に来るのかもしれませんね。
そのまま俺が仰向けに倒れて騎乗位へ。ちょっと動き方が分からないみたいな彼女だったけど、俺が腰を押さえて動きをサポート。さらには下からズンズン突いてあげるとかなり気持ち良いらしくまたまた声が止まらなくなってしまう。
そろそろ俺も限界が近いのでフィニッシュはバックで、と体勢を入れ替え。彼女を後ろ向きにしてゆっくりと挿入。やっぱりバックはかなり感じるらしく声が激しくなる彼女。ちょっといじめっ子モードに入ってる俺、彼女の腕をグイッと後ろに引っ張って背中で押さえてちょっとSMチックな体位に。そのままバックからハイスピードのピストン。彼女の絶叫を聞きながらゴムの中に大量の精液をぶちまけてフィニッシュ。1回戦終了~~。
前回と同じく俺が体を離してもバックの体勢のまま動けない彼女。相当感じてしまって意識が当分回復しないみたいだね^^;

彼女が落ち着いたところでベッドでダラダラ。腕枕をしてあげて二人でAVを鑑賞したり、お昼寝したり、充実した午後。
目が覚めたところでお互いまた体を触りあってだんだんその気になってくる。
彼女がいっぱいなめて欲しいと要望してくるので上に来てもらって69の体勢で下からたっぷり舌を使ってあげる。彼女もたっぷりなめてくれるんだけど俺の刺激が強くなると声が出ちゃってフェラが止まっちゃう^^
それも俺のおちんちんはすぐにビンビンにされちゃった。お互いが準備できたら早速合体・・・の前の彼女から要望。「松葉崩しとか経験してみたいな~~」って^^ 色々変わったエッチが経験してみたいらしいね!
こっちも了解!ってことでまずは正上位で挿入。正面から彼女の気持ち良さ気に喘ぐ顔を鑑賞しながらたっぷり動いてあげる。彼女の割れ目がおちんちんになじんだら、体を起こして彼女の体をグイッと横に向けて松葉崩しの体勢。
俺のおちんちん、左にグッと反っているので、女性の体を俺から見て左側に向けさせるとおちんちんがGスポットを直撃する事になるんだよね。彼女もかなり気持ち良い場所に当たってるらしく、喘ぎ声がかなり大きくなってる。

ただあまり動きやすい体勢では無いので、適当なところで体位をバックに。彼女の腰を抱えてちょっとハイスピードでピストン。
彼女は「あ、ダメ、ダメ・・・」って喘ぎ声の間にうわ言のようにつぶやいてる。その「ダメ」に俺のいじめっ子中枢を刺激されてしまって、さらに腰が激しくなる。もう喘ぎ声というより絶叫に近い彼女の声。
さすがに激しい動きに疲れてしまって体勢を正上位に戻してちょっとスピードダウン。さすがにさっきのバックからの刺激でそろそろ限界に近くなっていた俺、そのまま正上位でフィニッシュ。2回目なので発射の量はちょっと少なかったですね。

二度目の放心状態から戻った彼女、「死んじゃうかと思った~~」って^^;
バックからの刺激が良すぎてヤバくて「ダメ」って言ってたのに、さらに激しく攻撃されちゃって意識が飛んでく寸前だったんだって~~!

お互い激しいエッチだったのでこれで満足かと思ったけど、時間がまだ余裕だったのでダラダラしてるうちにまたお互い欲しくなってきちゃって3回戦開始^^
フェラでたっぷり硬くしてもらったら正上位で合体。
さすがに前2回がかなり激しいSEXだったので俺はちょっと疲れ気味。正上位でもちょっと腰がつらくなってきたので上に来てもらって騎乗位。けっこう動きが上手くなってきてる彼女。
最後はまた正上位でと、体位を変えて彼女の上からズコズコ・・・するもさすがに3回目は行かず。疲れてしまったのでそこで終わりにさせてもらいました^^
まぁ俺が発射せずともその時点で彼女もたっぷり気持ち良かったらしく、ご機嫌でした^^

そろそろ時間も良い様なので、もう一回二人でお風呂に入ってホテルをチェックアウト、約束していた通り飲みに行きました。
理想の恋を見つけるための彼女の日夜の努力の話なんかを聞きながらお食事+お酒でほろ酔い気分。良い感じで解散になりました。

「Aniさんとのデートは心も充実するのでうれしいです」って彼女の言葉に俺もうれしくなっちゃいます。
彼氏が出来たらそちらとの時間が大事になっちゃうのがちょっと心残りだけど、彼女の恋愛を応援してあげようと思っています^^
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

色白医療事務OLさん 新宿にて2回目のデート《その01》 

先日デートした色白OLさんと2回目のデート。今回は彼女が一日丸々休みだと言うので昼からのんびりデート。
彼女、前回のエッチが非常に良かったらしく「ウナギとか食べてたっぷりしましょ~~!」とすんごい乗り気^^。
当日は俺が友人のイベントの手伝いをしてから待ち合わせに行ったりとかあれこれあったので残念ながらウナギは無し。新宿で落ち合ってから1時からフリータイムになるラブホテルへGO。

部屋に入って早速抱き合ってキス。服の上から触るだけで彼女の口から喘ぎ声が出てくる。相変わらず体はすごく敏感。俺が彼女の体を触ってると彼女の手も股間に伸びてくる。ジーンズを下ろして、キスだけで硬くなり始めてるおちんちんを露出すると彼女が早速フェラ開始。キャミソールの胸元から手を差し込んでブラの上から乳首をいじめると「できなくなっちゃうよ」って俺を叱る彼女。
「AnimaLさんとデートだから新しい下着買ったんだ」って彼女、うれしいので服を脱がせて見せてもらう。エロいというよりは可愛い感じの下着。彼女の気持ちがうれしいなぁ。

早くエッチがしたいのでお互いを脱がしあったらすぐにお風呂。シャワーで体をざっと流したら二人で浴槽へ。向かい合ってお湯につかったら早速お互いの体に手を伸ばしながらディープキス。舌を絡めながら彼女の割れ目に触るとお湯の中でもヌルヌルに濡れているのが分かる。俺のおちんちんも彼女の手の中でビンビン。
ふといたずら心を出した俺、彼女を立たせて壁に手を付かせて腰をぐいっとこちらに引き寄せて後からズブッと挿入。
いきなりの挿入に激しく声が出ちゃう彼女。そのまま腰を抑えてゆっくりと腰を動かす。
さらに彼女の腰を支えたまま浴槽に腰を下ろす。後背座位の姿勢で浴槽の中でゆらゆらと腰を動かす。すごく気持ち良いって体勢じゃないけど、不思議な快感。

お風呂の中はさすがに暑いので一回出てお互いの体を拭く。そうしながらもまた抱き合ってキス。彼女の割れ目を指でまさぐってあげると腰をガクガクさせながらまた良い声が出ちゃう。
洗面台の前に移動して仁王立ちフェラ。鏡に映っている自分の顔を見せてあげる。恥ずかしそうにしながらも鏡を見てしまう彼女。
洗面台に手を付かせてまた後から立ちバックで挿入。鏡に映る彼女の気持ち良い顔を見ながら後からズコズコ。さらに洗面台に座らせて前から挿入。「今までした事の無い体位でしてみたい」って彼女のリクエストに早速応えている。
彼女をグイッと抱き寄せて駅弁の体位で持ち上げる。小柄な割には筋肉が付いているので体重はある彼女、さすがにその姿勢で腰を振るのは無理だったのでゆっくりとベッドに移動してそっと下ろす。
上から覆いかぶさるようにキスをすると「ゴムしないで入れるんだもんなぁ・・・」ってすねた顔。ごめんなさいしてその分たっぷり前戯に時間をかけてあげる。
帰すの唇を耳に移動してたっぷりなめ回してる間も指で割れ目とクリをねっとりといじってあげる。首から鎖骨を経由して乳首をなめてあげながら指を割れ目に挿入してGスポットを刺激。下から突き上げるようにGスポットをいじめてあげると「そこ!そこが気持ち良いの!!」って声を上げる彼女、割れ目から聞こえる音もビチャビチャってかなり水っぽくなってる。潮吹きかな?と思ったけどその前に俺が疲れちゃっていったんストップ。さすがに潮吹きの道は険しいのだ。

俺も気持ち良くしてもらいたくなったのでシックスナインでお互いの気持ち良い場所を舐めあう。彼女の口ですぐに硬くなってしまう俺のおちんちん。俺もたっぷり彼女のクリをなめてあげると「・・・続けられなくなっちゃうよ」ってうめき声を上げる彼女。それでもかまわずにクリを舌で転がし続けてあげる。
お互いが欲しくなった所で体を離して合体の準備。ゴムを装着したら正上位でゆっくりと合体。前回と同じように彼女は合体と同時に切れ目無く声が出続けてしまう。本当に敏感な体。
これだけ感じる肉体で「初体験は一番好きな人と」って理由で30歳の半ばまでSEXしなかったなんて、本当にもったいない!

その02に続く

貿易関係OLさん 新大久保で2回目のデート 

先日ペンギン居酒屋でデートした貿易関係の事務をしているOLさんと2回目のデート。前回は酒の勢いで約束してなかったエッチになっちゃったので今回はきちんとエッチもする約束で待ち合わせ。
彼女が「辛いものを食べたい!」というので新大久保で韓国料理。待ち合わせでちょっとドタバタしたけど無事に新大久保の駅で落ち合って韓国料理。俺は前日のOFFの酒が残っていたのでさっぱり系。彼女はがっつりチゲ鍋食ってました。
彼女が「何かにんにく系でも食べれば~~^^」とエロい笑いで誘ってくるので壁の貼り紙が目に付いた「にんにくのショウユ漬け」を頼む。丸ごとのにんにくを漬け込んだモノが出てきてビックリ^^;
「これは効きそうだね~~」と言いながら二人で昼間っからマッコリ。幸せを感じる時間でした。

店を出てドンキによってコンドームを買ってから良く行くリーズナブルなラブホへ。休日でもフリータイムなので時間を気にせずのんびり出来るので良し。
部屋に入って荷物を置いたら抱き合って濃厚にキス。今回は彼女も積極的に舌を絡めてくる。
服の上からお互いの体を触りあっているうちに彼女の手が自然と俺の股間に伸びてくる。ジーンズとパンツを下ろすと軽く握ってシコシコしてくれる。もちろんすぐに反応して硬くなる俺のおちんちん。
彼女の肩を軽く下に押して促すと着衣のまましゃがんでフェラを始めてくれる。ふと気がつくと俺も彼女も上着すら脱いでない。お互いの気持ちが熱くなっちゃってる証拠だね。

たっぷりフェラしてもらったら攻守交替。彼女の長いスカートをめくってストッキングの上から割れ目を刺激。それだけでかなり良い声が彼女の口から漏れてくる。
ストッキングとパンツの中に手を差し込んで割れ目を直接確かめるとかなりヌルヌル状態。汚すといけないので上着もスカートも脱がせてあげてキャミソールのみの姿に。その格好でまた立ったまま抱き合って濃厚にキス。お互いの股間をまさぐりながら舌を絡める。良い子でいるには熱くなりすぎな俺の心。彼女をグイッと壁に向かせて腰を引き寄せて割れ目におちんちんをこすりつける。そのまま彼女の割れ目におちんちんを侵入させていく。前回は挿入の時に少し痛みを訴えた彼女だけど、今回は余裕で入っていく。
壁に手を付かせた彼女の腰を両手で支えて後から腰を打ち付ける。首をガクガクさせながら喘ぎ声を上げる彼女。でもまだここで本気なっちゃダメなんだよね。
体を離してお風呂場へ。本格的に始める前に一旦シャワー。シャワーを浴びながらまた後から挿入しようとしたら「ダメでしょ!」って叱られてしまった^^;

ベッドで1回戦開始。お互いの体を触りあい、なめあう。濃厚なキスから唇を離して彼女の耳、首筋、乳首へと順番に舌でなぞっていく。そのままゆっくりと唇を下へおろして股間へ。彼女の足を大きく開かせて割れ目をなめる。クリを中心に割れ目と入り口も舌先で大きくなぶるようになめてあげる。
舌を離して指をゆっくりと挿入。唾液と愛液にまみれた彼女の割れ目は簡単に俺の指をうけいれる。くいっと指を曲げてGスポットを刺激。指のスピードを上げると割れ目からはかなり水っぽい音。まだ潮は出なかったけどかなり近いところまで行ってたみたい。

彼女にたっぷりとフェラをしてもらってビンビンに硬くなったところでゴムを装着して正上位で挿入。下からギュッと抱きついてくる彼女とディープキス、舌を絡ませながら腰をゆっくりと動かしてあげる。おちんちんの全体を出し入れするように長いストロークでこすってあげる。
痛みが無いことを確認してから少々体位を変える。足を大きく開いてグイッと持ち上げて屈曲気味にして上から突き刺すようにズコズコ。おちんちんがかなり奥まで届くらしく彼女の声が一段と大きくなる。
彼女の気持ち良い顔をたっぷり堪能したら次はバックで。腰が音を立てて当たるくらいの勢いで激しくズコズコ。
俺もそろそろ限界が近いので正上位に変更、そろそろフィニッシュと思ったら彼女が「ちょっと奥が痛くなって来ちゃった」というのであまり奥に当たらないように動いてあげてそのままフィニッシュ。1回戦終了です。

結局この日は後2回、エッチしちゃったので合計3回戦。かなり濃厚な一日になりました。
彼女に感想を聞いたら「アルコールがあんまり入ってなかったからちょっとドロドロになりきれなかった」みたいな返事が返ってきました。彼女、アルコールが入るとエロくなるタイプなんですね^^ 次回はもう少しアルコールいれてからしましょうか!
ドロドロになりきれなかったと言いながら、それなりに感じていたそうで、次回はエッチで行ける気がするって言ってました。おしっこが出ちゃいそうな感覚もあったそうなので潮吹きも有るかもしれませんね~~。

今までのエッチはほとんどが「彼氏」という立場だった彼女、俺との2回目のデートで縛りあわない立場同士の自由なSEXの良さがだんだん分かってきたそうです。
新しい彼氏が出来るまでの間の約束ですが、これからも俺とのSEXを通して良い女を磨いて欲しいと思います^^

名古屋にて身の下相談 

以前からよくメッセージでやりとりしている名古屋の女性。彼女とは共通の話題が多いのであれこれおしゃべりをしますが、その中で多いのがSEXに関する話。
彼女の場合今までお相手に恵まれていないそうで、あまりSEXを気持ち良いと思ったことがないそうな。現在のお相手さんもSEXに関してはちょっと乱暴でいつも痛くて声が出てしまうらしい。
それを気持ち良い声と勘違いされてさらに激しくされて・・・ってことでちょっとした悩みになっているみたい。
「あたしもAniさんの日記に出てくる女性たちみたいに気持ち良いSEXを体験したいんですよ~」っていつも訴えてた^^;

今回友人の手伝いで名古屋・大阪へ行く事になったので彼女と相談、デートすることになりました。昼頃に名古屋駅で待ち合わせをして軽くお食事、その後ホテルへ向かいました。
彼女、今付き合ってる人のことは本当に好きなんだけど、幸せなSEXもしてみたい・・・って気持ちの板ばさみでけっこう悩んじゃったらしい。俺とホテルに入ってからもちょっと迷っていたみたい。でもそんな彼女の気持ちを聞いて、優しく抱きしめてあげてるうちに彼女の心も決まったみたい、自然とお互いにキスをはじめてました。

心を落ち着けるにはお風呂が一番!と二人でお風呂に入ることに。
裸になるのにちょっと恥ずかしがってる彼女のために俺が先に入って待っていることに。少し遅れてタオルで体を隠しながら彼女が入ってきました。
けっこう大き目の浴槽に二人密着してつかる。あったかいお風呂の中で気分がだんだんほぐれてくるのが分かる。
キスをしながら彼女の体に触ってあげる。軽く胸を揉みながら乳首をつまもうとするとちょっと痛がる。クリトリスも指を当ててグリグリすると痛いんだって。彼と上手くSEXできないのもこのあたりに原因があるのかな?って思いながらなるべく優しく触ってあげる。
少なくともお相手の男性が、彼女が痛がってるってことに気がついてくれたら二人のエッチも全然変わってくるんだろうなぁって思う。
浴槽に腰掛けてフェラをしてもらう。彼女の繊細な舌使いにすぐに硬くなってしまうおちんちん。彼女の気持ちもほぐれてきているようなのでベッドに移動することにしました。

ベッドでお互いのタオルをはずして全裸になったらまずゆっくりとキス。時間をかけて優しく彼女の体の気持ち良いポイントを探していくことに。舌と唇と指で彼女の全身を探っていく。乳首とクリはさすがに感じるみたいなんだけどちょっと力を入れると痛くなってしまう。背中や脇なんかの敏感な場所はまだくすぐったく感じる方が強いみたい。
う~む、今まで彼女の相手をした男性たちは何をしていたんでしょうねぇ^^; 前戯もそこそこにおちんちんを突っ込みたがるタイプの男性ばっかりみたいですねぇ・・・。悲しいことです。

それでもローションを使って摩擦を少なくして、優しく触ってあげれば気持ち良いらしく、割れ目はきちんと濡れている。彼女のフェラで俺のおちんちんも戦闘態勢でびんびんに。では優しく合体しましょう^^
彼女の足を大きく開いて腰を上げさせて、おちんちんを受け入れやすい体勢をとらせる。女性からしたら恥ずかしい格好だろうと思うんだけど、おちんちんと膣の角度から考えたらこの姿勢が一番楽に受け入れられるんだよね。
コンドームをしたら彼女の割れ目におちんちんをこすり付けるようにしてローションと彼女の愛液で先っぽをぬるぬるに。
そしてゆっくりと挿入。ちょっと大き目のおちんちんなので痛くならないように優しく丁寧に。根元まで入ったらゆっくりと腰を動かしてあげる。
軽く目を閉じて唇を噛みながらちょっと我慢をしてる表情の彼女、「痛くない?」って聞くと痛くはないって。
ただ、痛くは無いけど、気持ち良いと言うかおしっこが出ちゃいそうな感じがしてそれを我慢しているとのこと。
その「おしっこを我慢してる感じ」が快感に変わっていくんだけど、彼女の体はまだそこまで熟していないみたい。彼女の今までのSEXのお相手は自分が気持ち良くなることばっかりで彼女の快感には全然興味が無かったみたいですねぇ。

あんまりこの状態で長くしてても彼女に負担がかかるのでいつもより早めに発射モード。「気持ち良いSEXだったよ」って言ってあげたら喜んでくれて、それは救いだったなぁ^^
彼女の場合、優しくしてもらうSEXの回数を重ねればだんだんと快感に目覚めていくはず。後は痛くなりやすいってことを理解して優しくしてくれる相手が必要ですね。
でも今お付き合いしている彼のことがすごく好きらしいので、その彼が彼女の体を理解してくれることを期待したいですけど・・・。

俺がちょくちょく会える距離だったらこれからも色々経験させてあげられるんですが、そうも行かないのが残念です。
でもこれからも色々相談を聞いてあげて彼女が寄り良いSEXを楽しめるように協力することを約束してあげました。


最後に男性読者諸君に一言。
女性の体ってのは本当に人それぞれ違うので、ビデオやら雑誌やらで仕入れた「こうすれば女性は喜ぶ!」的な情報を鵜呑みにしないようにしてくださいね。
SEXに関する不満(痛いとかつらいとかも含めて)女性から男性にはとっても良い難いことなんですよ。だからいつも気を使ってあげましょうね。