FC2ブログ

《スリムで背の高いロック姉さんと初対面・新宿にて その02》 

その01はこちら

そろそろお互いの体が求めあっているみたいなので一回シャワーで汗を流してから本格的に一回戦を開始することに。
シャワーでお互いの体を洗いあう。大事な所は念入りに。俺のおちんちんはせっけんの泡のヌルヌルでまた固くなってしまうやんちゃ坊主。彼女の割れ目もせっけんが落ちたはずなのでいつまでもヌルヌル^^

ベッドに移動して全裸でキス。舌を絡めながら彼女を押し倒して体に触る。指は胸から股間へ。唇は胸へ。敏感な乳首を舌先で転がしながらクリと割れ目を指でたっぷりと刺激。彼女の顔の前に勃起したおちんちんを突き出すと舌を這わせてくれるのが分かる。苦手って言っていた割には積極的にしてくれるのでうれしいね^^
俺の唇もだんだんと下がって行って彼女の割れ目に到達。足を大きく開かせて腰をぐいっと持ち上げて割れ目に舌を這わせる。たっぷり濡れてヌルヌルになっている割れ目をたっぷりと味わってからクリも舌先で転がすようにいじめてあげる。ぷっくりと小指の先くらいのサイズで突き出している見事なクリ。これは敏感そうだな、って思いながら舌先でクリクリすると可愛い声であえいじゃう。やっぱりすごく気持ち良いみたい^^

さらに気持ち良くしてあげたくなったので秘密兵器ローター登場。大きく足を開かせたままローターをクリに押し付ける。彼女の声が一段と高くなる。おちんちんをしゃぶっていた口が快感に耐えるために止まってしまっている。かなりの快感みたい。
そのままツルッとローターを挿入してブルブルの強さは最強に。そのままクリに舌を伸ばすと舌先に彼女の中の振動が伝わってくる。これ、かなり感じるだろうね~~^^

そろそろお互い熱くなっているので合体へ。ゴムをつけたら正上位で挿入。彼女の割れ目におちんちんの先をこすりつけ、割れ目の入り口をたっぷり刺激してからゆっくりと挿入。ぬるりと俺のおちんちんを受け入れる彼女の割れ目。
ゆっくりと出し入れしてあげると彼女の口から細い喘ぎ声。彼女、あまり喘ぎ声を出さないタイプ。でも細くて高い声が時々漏れて来るのがすごくセクシー。
はじめは手加減してあげてたけど、大丈夫そうなので激しくズコズコ。先っぽから根元までたっぷり使って中をこすってあげる。
さすがに奥まで激しく当たるのはちょっときついみたい。というか感じすぎちゃってやばいのかな? 腰を押し付けて奥をグリグリしてあげるとこちらも「ダメ~~」って^^ 

体位を変えてバックから。彼女の細い腰を引きつけてゆっくりとおちんちんを挿入、ズコズコとかき回してあげる。上体をベッドに落として喘ぐ彼女。バックからだと無条件に奥が刺激されるからかなり感じるみたい。
上から見ていると俺のおちんちんが割れ目に出入りするたびに彼女のアナルもヒクヒクと動いてる。 ・・・ふと俺の頭にひらめいたことが。「Mっ子だったらアナルも開発されているのでは??」ということでローション登場。彼女のアナル周りにとろりと塗ったらそうっと指でマッサージ。案の定けっこう柔らかい。
「アナルって開発されてるの?」って聞くとうんうんとうなずく彼女。これはもう攻めるしかないでしょう^^;
おちんちんは割れ目をズコズコしたまま、指で彼女のアナルをいじめる。ローションのヌルヌルで簡単に飲み込まれて行く俺の指。2本は楽々。そのまま指とおちんちんで両方の穴をズコズコ。
そうっと指を3本に増やしてみると・・・これもスムーズに飲み込む彼女のアナル。これはおちんちんも行けちゃいますね~~。
ってことで彼女の割れ目から抜いたおちんちんにたっぷりとローションを塗ってから彼女のアナルに当ててぐっと力を入れて進めていきます。先っぽが彼女のアナルを押し開いてゆっくりと入って行く。そのまま根元まで?と思ったけどさすがに亀頭が入った所で痛くてギブアップ。
「バイブは入れたことあるけど本物は無いよ~~~」と言う彼女、さすがに俺のだとハードルが高かったみたいですね。ごめんなさい。

彼女がそろそろ疲れちゃったと言うので俺もフィニッシュへ。正上位で挿入してまた激しくズコズコ。彼女のあげる可愛い声を聞きながらそのままフィニッシュ! 濃厚な一回戦がやっと終了しました~~。


一回戦が終わってちょっと落ち着いたらベッドに寝ながらあれこれおしゃべり。
俺は癖で「俺に会って良かったと思う?」とか「期待通り気持ち良いエッチでしたか?」って聞いちゃうんだよね。やっぱり気になるじゃない?
そしたら彼女、「入れられた瞬間から絶頂が来ちゃって、それが最後まで続いちゃって・・・何回も行っちゃって・・・」って^^;
普通エッチって、挿入してズコズコして、だんだん気持ち良さが盛り上がって絶頂に達する訳じゃない? それが彼女、俺のを挿入された瞬間から今まで経験した絶頂と同じくらいの快感がドド~~ッと来て、後は俺が発射するまでメーター振り切り状態だったそうです。「今までのエッチってなんだったんだろう・・・」ってくらいの経験だったそうです^^; いやいや、俺のおちんちんの相性が良かったんですよ!

「じゃぁ少し休んだらもう一回絶頂を感じてみる?」って聞くと「もう疲れちゃったから無理~~~!」って^^; それほどすごいエッチだったんですかねぇ?
まぁ俺も体力の回復のためにベッドで腕枕をしてだらだら。良く行くライブハウスの話とか、そこのスタッフの話とかをして盛り上がる。
そのうちまたエッチな気分も盛り上がって来て腕枕のままキスしながらお互いの体に触りあう。69の体勢でお互いの暑い場所をむさぼりあううちに二人とも準備OK、俺のもビンビン。
するっと彼女のバックに移動して、ゴムをつけたらバックから挿入。さっきまで「もう無理~~」って言ってた割には積極的におちんちんを受け入れる彼女。
でもちょっと動くと「やっぱり疲れちゃってる~~」って言うので正上位に体勢を入れ替えて腰をスピードアップ、ちょっと早めにフィニッシュしました^^

これまでずっとSMプレイをして来た彼女にとっては久々のノーマルなエッチだったみたいだけど、今までに無い快感だったことは確かみたい^^
俺としても良いエッチをしてあげられてうれしかったですよ。 これからもまた機会を作ってデートしましょうね~って約束しました。
本当はデートの後、一緒にお好み焼きを食べようかって約束をしていたんですが、彼女先週はほとんどライブで出突っ張りでお母さんから「たまには家でご飯たべなさい!」って言われちゃったんだって。
次回のデートはそのお好み焼きの約束を果たしましょうね~~!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

《スリムで背の高いロック姉さんと初対面・新宿にて その01》 

某ネットで知り合った女性。この日記を読んで「日記を読んで興味を持ちました。ぜひ会ってエッチしてみたいです。」ってメールをくれました。
あまりにストレートなお誘いなのでなんか有料アダルトサイトのサクラ??とかも思ったんだけど、その後あれこれメッセージのやり取りをしているうちにその疑いも晴れました。
彼女、Mっ子で以前はご主人様がいた人らしい。でもここ数ヶ月はフリーで、エッチもご無沙汰なんだって。そこに俺のエロ日記を読んでしまって思わずメールを出してしまったらしい^^

それが分かれば話はトントン拍子。お互いのスケジュールの確認をしてデートの日取りを決定。いつものように女性の不安を取り除いてからエッチをしてあげたいと思う俺なので「お昼くらいに新宿で待ち合わせて、お食事しておしゃべりしてお互い納得してからホテルに行きましょうか?」って訪ねると「出会っていきなりホテルに連れて行って欲しいです。その方が刺激的だから・・・」って、エッチに関してはかなり積極的でソリッド。同じ理由であらかじめ写真の交換も無し。「いきなり会っていきなりエッチする方が刺激的ですから・・・」って!!
さすがSM経験のある方は考え方がソリッドですな!
ちなみに彼女は31歳、ロックバンドの追っかけをしているそうな。エッチの話もロックの話も出来そうでけっこう楽しみです^^

さてデート当日、ドキドキしながら待ち合わせ場所に行くと・・・いましたよ~。教えてくれた服装をしている女性が!
初めてであった彼女は背が高くってすっごくスリム。黒いノースリーブと黒いスカートがロックっぽい。ストレートの黒髪と小さな顔がまた可愛い^^
そして声が・・・ちょっと舌足らずでロリっぽいのだ。本当に31歳なの?って思うくらい。いや~~、今回も素敵なお相手さんです。
挨拶をして、彼女のリクエスト通りそのままラブホへ足を向ける。歩きながらあれこれ話をする。ドキドキも必要だろうけどやっぱりある程度の安心感は必要だろうからね^^; 
いつも行くホテルで休憩3時間コース。のんびりできますね。

部屋に入って荷物を置いたら抱き合ってキス。彼女の細い体を抱きしめて濃厚に舌を絡めあう。スリムな体に似合ったちょっと小さめの胸に手をはわせるとため息が漏れて来ちゃう。彼女の手を俺の股間に導くと恥ずかしそうにジーンズの上からおちんちんをなでてくる。全体的におずおずと恥ずかしそうな彼女の反応が俺のドキドキをあおる。
スカートをめくって彼女の割れ目に手を伸ばす。パンツの上から割れ目をなでると既にしっとりと濡れている。パンツを脇に寄せて隙間から指を入れると割れ目は既にヌルヌル。キスと胸だけでこれだけ濡れちゃってるってことはかなり感度が良いってことだね^^
軽く割れ目をなでてからするりと指を一本挿入、軽く出し入れすると彼女の声が明らかに変わってくる。
割れ目もかなり濡れて来ているので服を汚さないように脱がせてあげることに。ノースリーブとスカートを脱いだ彼女jはピンクと黒の可愛いランジェリー。
俺もジーンズとパンツを脱いで下半身を露出。さっきから彼女の手で触られていたおちんちんはけっこう大きくなっちゃってる。
改めて抱き合いながらキス。舌を絡めながらブラの隙間から指を入れて彼女の乳首を転がすようにいじめてあげる。右の胸の方が感じるみたいで、そっちの乳首をいじると明らかに声が大きくなってくる。俺のおちんちんに触ってる手も情熱的に動いている。

お口でして欲しくなっちゃって仁王立ちの俺の前に彼女をしゃがませる。
実は彼女、フェラが不得意だと言う。確かに全体的に顔のパーツが小さい作りなのですぐに歯が当たってしまって昔のご主人様からは叱られたそうだ。
俺は日記に「フェラしてもらうのが好き」と必ず書いているので、彼女はそれを気にして「フェラが上手に出来ないあたしじゃデートしても楽しくないんじゃないですか?」って聞いて来てしまうくらい。
でもお口でする時に、パックリくわえなくても男性を気持ち良くするテクニックはいくらでもあるんですよね^^ 彼女にはそれを教えてあげたいと思ったんだよね。
俺の前にしゃがんでる彼女、彼女の手の中で既にかなりの大きさになっている俺のおちんちん。
まず最初は舌でおちんちん全体をなめてもらう。おちんちんの根元から先っぽへ、ウラの方も横の方も、たっぷりと舌を使ってもらう。その間は手も休まずにゆっくりとおちんちんをさすってもらう。その様子を見るだけでもかなり興奮。男って視覚の生き物なんだよね~~。
たっぷりなめてもらったら次は軽くしゃぶってもらう。いきなりパックリは無理だろうから、亀頭からカリのくびれ目までを唇でこするように出し入れ。これくらいなら口の小さい彼女でも抵抗無くできるみたい。男性の気持ち良い場所を解説して唇と舌がそこを刺激するようにして続けてもらう。
だんだん慣れて来たみたいで、彼女もカリから少し先までくわえてくれる。あまり激しくしないでゆっくりすればけっこう良いフェラが出来るみたい。
多分今まで求められていたフェラはかなりハードなモノだったんだろうね^^;

たっぷり気持ち良くしてもらった所で攻守交替。彼女をベッドに横たわらせる。上からのしかかるようにキスをしながら彼女のブラを外す。唇を首筋から乳首へ移動させて、乳首を舌でたっぷり転がしてあげる。手はもちろん彼女の股間へ。パンツの横から侵入して割れ目とクリをいじめてあげる。
この時点でパンツが濡れてしまうほどなので脱がせてあげる。彼女の細い足を大きく開いて割れ目を確認。ゆっくりと指を挿入してあげる。抵抗も無く俺の指を飲み込む割れ目、くいっと指を曲げてGスポットを刺激すると腰をくねらせて感じている。
アソコの毛は普通に生やしているようなので「処理しようか?」って聞くとお肌が敏感なので無理だとのこと。 う~~ん、彼女のお人形さんのようなスリムなボディーにはきれいな割れ目が似合いだと思うんだけど、ちょっと残念^^;

そろそろお互いの体が求めあっているみたいなので一回シャワーで汗を流してから本格的に一回戦を開始することに。
その02に続く》

《潮吹き人妻さん 新宿の暑い午後》その02 

《その01はこちら

そろそろ本格的に体を交えたくなってきたのでお風呂を出てベッドへ。
ベッドに寝転んだ俺の足の間にいそいそと入ってくる彼女。「趣味のフェラチオの時間です^^」って言いながら改めて俺のおちんちんにしゃぶりつく。ねっとりと舌をはわせながら亀頭から玉の裏までたっぷりとなめてくれる。さらに俺に四つん這いになってお尻を上げるようにリクエストして、おちんちんを手でいじりながらお尻の穴から玉の裏までみっちりとなめてくれる。
そのお返しに俺も彼女にサービス。ベッドに横たわらせて足を大きく開かせて指を挿入。Gスポットをいじめながらクリをペロペロ。でもこの状態で潮を吹かれるのはけっこう危険^^; ちょっと手加減しながらなめてます。
口を離したら指をスピードアップ。早速腰をビクビクさせながら潮を吹いちゃう彼女。既にベッドの上はかなり濡れちゃってます^^
お互いOKそうなのでそろそろ合体。コンドームをつけたら正上位で挿入。
「アニさんの大きいのが入ってるよ~」とうめく彼女、足を大きく開かせて腰を回すようにゆっくりと刺激。割れ目の奥の方をグリグリとこすってあげる。
お互いの唇をむさぼりながら腰を打ち合わせるようにズコズコ。割れ目の周りの気を処理してるから、大きなおちんちんが出入りしている部分が丸見えですごくエロい。彼女の小さな体が俺の下でビクンビクンと動いている。

体位を入れ替えてバックから挿入。彼女の小さいお尻を抱えてズブズブと一気に挿入。「あぁ!奥まで当たるぅ!!」とあえぐ彼女。腰をぐっと高く突き上げさせてバンバンと腰を打ち付けるように動く。布団をつかみながら激しい快感に耐える彼女の表情に俺もかなり興奮する。腰のスピードがどんどん上がってしまう。
でももっともっと彼女を気持ち良くしてあげたいので少しクールダウン。さっきのお風呂に引き続きアナルをいじめてあげることに。
バックから結合したままの姿勢で、ベッド脇のテーブルに手を伸ばす。あらかじめ買っておいたローションを手に取って彼女のアナルにたっぷりと塗り付ける。突然の冷たい感触にヒクヒクする彼女のアナル。
おちんちんを挿入したまま彼女のアナルにゆっくりと指を入れて行く。指を2本挿入した所で腰と指を交互にズコズコ、割れ目とアナルの両方を刺激して上げる。これまでの開発で彼女はアナルの感度がけっこう上がっている。違和感無く喘ぎ声をあげている彼女、大丈夫そうなのでローションを追加して指をもう一本挿入、3本でズコズコ。おちんちんとアナルのダブルの快感で大変なことになっている彼女。

いよいよ大丈夫そうなのでアナル挿入に挑戦。これまでのエッチではおちんちんの中間くらいで痛くてギブアップだったけど、今日はどれくらい行けますかねぇ~^^
彼女の割れ目に挿入していたおちんちんを引き抜く。ローションと愛液でぬらぬらになったおちんちんを彼女のアナルに押し当ててゆっくりと腰を進める。あまり抵抗無く入ってしまう亀頭。「どう?」と聞くと「まだ大丈夫^^」って。けっこう慣れてきてるんだね。
そのままゆっくりと腰を進める。おちんちんの半分くらいが入った所で「ん・・・ん・・」と違和感を訴える彼女。俺のおちんちんって根元に向けて太くなっていくからねぇ^^;
さて、ここでまた本日のために用意しておいた秘密兵器の登場。「ローター」です!
このローターでクリや割れ目を感じさせてあげればお尻の違和感は我慢できちゃうんじゃないかな~~って作戦なのだ。という訳でお尻におちんちんを挿入したままローターを手にとる。四つん這いの彼女の後ろから手を前に回してローターのぶるぶるをクリに押し付ける。とたんに喘ぎ声のトーンが高くなる彼女。心無しか潮もたらたらっと垂らしちゃってる?
この状態でお尻のピストン再開。ローションがヌルヌルで抵抗は全然無いみたい。彼女もローターの快感に気を取られてお尻の違和感を感じていないみたい。作戦は成功みたいだね。

そうこうするうちにおちんちんは根元まで入っちゃってる。彼女に聞くとそれほど痛みも違和感もないみたい。では本格的にアナルSEXしちゃいましょうか^^
ローターを割れ目につるっと挿入。振動を最高に強くする。さらに彼女の腰をぐいっと引き寄せてアナルに入ったおちんちんをズコズコとピストン。彼女、折れ残しの動きに合わせて普通のエッチと同じように喘ぎ声をあげている。
「もしかして気持ち良いの?」って聞くと「良くわからないけど・・・変な感じだけど・・・」って言いながらあえいでる。きっとそれがアナルの快感なんだろうね^^
さぁ、このまま射精までしちゃおうかって勢いでピストンを再開。でもさすがにこの時点で彼女がギブアップ。まぁ本格的なアナルは初めてですからね^^

ゴムを交換して正上位で合体。今までのプレイで俺のおちんちんは絶頂寸前。彼女もかなりの勢いで感じてる。彼女を押さえつけてズコズコしてあげると腰をビクビクと痙攣させながら行きまくり状態。たっぷりと腰を動かしてあげてから俺もフィニッシュ。ゴムの中にたっぷり精子を放出してからずるっと彼女の中からおちんちんを抜くと彼女もその瞬間にビュビュッと潮吹き。感じてたんですね~~^^


濃厚な一回戦を終えたらベッドでだらだら。お互い疲れた体をのばしてのんびり。
ここの所疲れた体を彼女にマッサージしてもらってリフレッシュ。ちょっとうとうとしたりしながら癒される時間。
そんなことをしている間にまたお互いの体が熱くなって来ちゃってエロモード^^
彼女が俺のおちんちんをフェラでたっぷり味わって俺が彼女の体をたっぷり味わって。2回戦は騎乗位から正上位、3回戦はたっぷりとバックで。3時間という短い時間だったけど、彼女とのエッチはいつも濃厚で内容豊富。今回もたっぷり楽しませていただきました。

しかし、とうとうアナル開通しちゃいましたねぇ。俺のおちんちんが入るくらいだから、普通のお相手さんとならするっと出来ちゃいそうですね^^
お相手の多い彼女ですから、もし他の人とアナルしちゃったら聞かせて欲しいですね~~。

《潮吹き人妻さん 新宿の暑い午後》その01 

今やすでに俺のエッチの常連となっている潮吹き人妻さん。今回も「お盆中はどうですか?」と声をかけると「生理が終わる予定の14日でいかがでしょう?」とのこと。俺もお盆休みでちょうど良いので一も二もなくOK。久々のデートです。
彼女が夕方から用事があるというのでお昼前に集合。ちょっと早めのランチを済ませて12時頃にラブホにIN。お盆休みということもあって新宿の街は人が少ない。レストランもラブホも空いていてあっさり入れました^^

エレベーターの中で軽くキス。そっと胸に触ると彼女の舌が情熱的に動き出すのがわかる。スイッチの入る瞬間。
部屋に入って荷物は棚の上に。床の上に置いておくと彼女の潮吹きで浸水してしまう可能性がありますからね。
抱き合って濃厚にキス。服の上から胸に触ってあげると甘い声が漏れ始める。黒いカーディガンを脱がすと下はきれいなブルーのキャミソール。胸元が少し空いているのですっと手を入れてブラの隙間から乳首を探す。乳首を指で挟んでクリクリ刺激してあげるとそれだけで「はきゅ~~~」って言いながら腰がヒクヒクしてしまう彼女。あいかわらずすごく敏感な体。
彼女の手を股間に導くとジーンズの上から濃厚に触ってくる。ズボンを下ろすと手がパンツの中に侵入して半分固くなった俺のおちんちんをシコシコとこすりだす。
普通よりちょっと大きめサイズのおちんちんがパンツの中で大きくなると厄介なのでパンツを脱がせてもらう。そのまま俺の目の前にしゃがみ込んで着衣のままフェラを始める彼女。フェラが好きな彼女にとって大きな俺のおちんちんをしゃぶるのはある意味「ご褒美」。うっとりとした顔で丁寧に舌をはわせる彼女。それを見ているだけでどんどん固くなるおちんちん。気がつくと彼女の口がビンビンに固くなった俺のおちんちんでいっぱいになってしまっている。

彼女を立たせて後ろから抱きしめる。肩越しにキスをしながら胸を刺激。キャミソールをまくり上げてブラの上から触ってあげる。キスをする唇から声が漏れてしまう彼女。
黒い長めのスカートをまくり上げてパンツの上から股間を確認。彼女の割れ目のヌルヌルがパンツの布地を通してしみ出して来てしまっている。「キスと胸だけでこんなに濡れちゃってるの?」って耳元でささやくと「敏感な体なんですもの・・・」と恥ずかしそうに答える彼女。自分でそう答えることでさらに恥ずかしくて濡れちゃうみたいだね。
汚すといけないのでスカートを脱がしてあげてから本格的に割れ目をいじめてあげる。TVの台に手をつかせて、後ろからねっとりと割れ目を刺激。パンツはもうびしょびしょに濡れている。後ろから抱きしめながら胸と割れ目を一緒に触ってあげると腰がヒクヒク痙攣してしまって立っているのが難しくなってしまう彼女。腰にまわした腕で支えてあげながらそれでも刺激を続けてあげる。
パンツをずらして直接割れ目に触る。ヌルヌルに濡れている割れ目はあっさりと俺の指を受け入れる。指2本をするりと挿入してGスポットを刺激すると声がさらに大きくなる。そろそろいつものが来るかな?と思っているとたらたらと汁が滴る気配。指を抜いてクリをグリグリと刺激すると・・・腰が激しく痙攣してビュビュ!っと潮吹き。早速来ちゃいました~~。

ビンビンになったおちんちんを彼女のお尻に押し付けると彼女も分かった様子でお尻をこすりつけてくる。パンツをずらして露出している割れ目におちんちんの先っぽをグリグリとこすりつけると彼女も腰を上げて迎え入れてくれる。
ヌルヌルになった割れ目におちんちんを押し付けるとそのままズブズブとはいって行ってしまう。久しぶりに俺の大きなのを挿入されて少し抵抗があるみたい。特に俺のって根元に向かって太くなっているので、入って行くにつれて彼女のアソコがキツくなってくる。痛くしないようにゆっくりと出し入れしながら奥まで挿入。
俺のが入ると彼女が完全にエロモードに。喘ぎ声と一緒に「あぁ~~、アニさんの太いのが入ってる~。奥まで届いちゃってる~」って淫語をしゃべりまくる。普段はまじめな生活をしているだけにエッチの時は激しく乱れちゃうんですね~~。
立ちバックのまま後ろからズコズコ。激しく突いてあげると淫語をしゃべる余裕が無くなって喘ぎ声がどんどん大きく高くなってくる。

後ろから結合したままゆっくりと歩いて洗面所の前へ。鏡に映った自分のエロい顔を見せつけられて恥ずかしがる彼女。さらにつながったまま彼女のキャミとブラを外して鏡に映った裸を見せつける。どんどん心が熱くなってくる。
あんまり激しく動いちゃっておちんちんが抜けちゃった所で一回ベッドへ。パンツを脱がせて足を大きく広げさせる。おちんちんを欲しがる彼女をじらして指でいじめてあげる。割れ目に指を挿入してGスポットを刺激。同時に空いた指でクリをクリクリしてあげる。大きな喘ぎ声と一緒に腰がビクビクと痙攣、「行く、行っちゃう~~!」と叫びながらまた見事な潮吹き。いやはや、良い体ですな~^^
潮吹きの余韻でヒクヒクしている彼女の体を押さえつけて前からずぶっと挿入。そのままぐいっと奥に届くように腰を動かしてあげる。
「あぁ~。奥まで届いてるよぅ!」ってまた淫語を発する彼女。それを聞いていると俺も興奮しちゃってさらに腰のスピードが上がっちゃう。でもここで一回目を発射しちゃうのももったいないので一回体を話してお風呂へいってクールダウンすることに。

バスルームに移ってお互いの体を洗いあう。さっきのエッチの余韻が残っているので俺のおちんちんはまだビンビンのまま。それを彼女がせっけんの泡をつけてぬるぬると洗ってくれる。俺も彼女の股間を泡でヌルヌルと洗う。お互いの心はどんどん熱くなるばかり。
でもここでちょっと愛撫の方向性を変える。泡でヌルヌルになった指を彼女のお尻の間に割り込ませてお尻の穴をコチョコチョ^^ 何回か前のデートから一緒にアナルを開発しているのでシャワーで体を温めたらすかさずお尻をかわいがってあげることにしているのだよ。
せっけんでヌルヌルになった指をゆっくりとお尻に挿入。そうっと出し入れしてあげると痛みは訴えないので指の本数を増やして行く。ここまでけっこう開発しているのでせっけんの力を借りると3本まで入ってしまう。さすがに3本でズコズコするとちょっと痛みを訴える彼女。でも3本まで入ればおちんちんも入っちゃうかもしれないですね~~^^

お尻をがんばって我慢してくれたのでご褒美にバックからおちんちんを挿入してあげる。浴槽に手をついて立ちバックのままズコズコ。さっきから入れっぱなし、やりっぱなしで快感に翻弄されまくりの彼女。
体を離してお湯の入った浴槽へ。一緒にお湯に入る前に仁王立ちの俺のおちんちんをフェラしてくれる彼女。さっきから立ちっぱなしのおちんちんが休まる暇がありません。俺が浴槽の中に座るといそいそと俺の上に腰を下ろしてくる彼女。俺は下から迎えに行くように挿入。お風呂の中で合体したままゆったりとお湯につかる。
お湯の抵抗であまり激しく動けないんだけどユラユラと動きながらゆっくりとしたSEXもまた良い感じ。

そろそろ本格的に体を交えたくなってきたのでお風呂を出てベッドへ。
その02に続く》