FC2ブログ

北の看護婦ちゃんとラブラブ6時間(その03) 

《その01はこちら
《その02はこちら

さすがに3回もエッチすると眠くなっちゃってお互い抱き合ってうとうと。でもどちらからともなくお互いを触りあっちゃう。
「・・・Aniさん、おちんちん大きくなって来てますよ」って言いながら俺のおちんちんをシコシコしてる彼女。そういう彼女の割れ目もかなりの勢いで濡れてる^^
さすがに疲れているので寝ている彼女にゴロッとこちらに背を向けてもらって俺も寝たまま彼女を後ろから抱きしめる。これ、後背側臥位ってことになるのかな? お互い横向きにベッドに寝たままバックから挿入。軽く彼女の足を持ち上げるようにしながら後ろからズコズコ。でもさすがにこの体位ではフィニッシュまで行かず、途中で中断。

さすがに今日は終わりかな~と思いながらTVを見ながらベッドでダラダラ。ビールなんか飲みながら待ったり気分。
でも若い彼女はまだまだ欲しいらしく「疲れてるなら触るだけで良いですから・・・」ってせがんでくる。キスをしながら割れ目を指でまさぐって敏感なところを刺激してあげる。挿入してGスポットをいじめてあげると敏感に反応する彼女。快感を我慢している顔が可愛い。
彼女の手も自然に俺の股間に伸びておちんちんをいじっている。なんとなく硬くなり始めるおちんちん。
彼女が「やっぱり欲しくなっちゃった・・・」って耳元で言うので「お口で硬くしてくれたら入れてあげても良いよ」とお返事。いそいそとフェラをはじめる彼女。
さすがに2回発射してるからもう硬くならないでしょ、って思っていたんだけど、俺の意に反してだんだん硬くなる俺のおちんちん。俺って本当にSEXサイボーグなんでしょうかねぇ??
ビンビンになっちゃったおちんちんをペロペロしながら「ほら、こんなになりましたよ~」って笑う彼女、しょうがないので約束どおり本日5回戦。正上位で挿入してたっぷりズコズコ、小技は使わないストレートなSEX。彼女も俺にギュッとつかまりながらまた「Aniさん大好き!」って絶叫している^^
絶頂が近そうなので「一緒に行こうか?」って聞くと「最後はお口に出して・・・」って切れ切れの声でリクエスト。腰のスピードを加速させてたっぷりズコズコ、フィニッシュの直前で割れ目から抜いて、口を大きく開けて待っている彼女のお口へ。さすがに3回目の発射ではあまり量は出なかったけど、それでも彼女のお口にピュッと発射。彼女はそのまま味を楽しむようにたっぷりとおちんちんをなめてくれました。

お風呂に入って本日の6時間にわたるラブラブエッチはおしまい。
彼女はこの後ライブを見てから帰るというので、それまでの時間つぶしに喫茶店で軽くお茶して、彼女をライブハウスの近所まで送って解散になりました。
さすがにこの年で5回もSEX、そのうち3回も発射しちゃうなんて思いもしませんでしたよ。俺、まだまだ現役続行可能ですね^^
彼女とはこれから月に一回はデート出来そうな感じです。これからも濃厚なエッチが楽しみですね!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

北の看護婦ちゃんとラブラブ6時間(その02) 

《その01はこちら

洗面所の上の彼女に、首にギュッとしがみついてもらって彼女の足を下からグイッと持ち上げて駅弁の体勢。そのまま軽く腰を振るとかなりの反応。割れ目に体重がかかってかなりこすれるみたい。そのままベッドまで歩いてつながったまま彼女を下ろす。耳元で「駅弁しちゃったね」ってささやくと「びっくりしたよ~」って笑う。SEXが楽しくて仕方ない顔だ。
改めて正上位でズコズコ開始。最初はゆっくりと、おちんちんの長さ全体を使って長いストロークでこすってあげる。入り口付近が亀頭のくびれで刺激されるのが好きらしく、「あ!そこ、そこが気持ち良いよ~~」と叫び声をあげる彼女。でもこの動きだと俺の方も亀頭がかなり刺激されるので行きそうになりやすい。なのであまりやり過ぎないようにして奥をゴリゴリしてあげる。腰を押し付けるようにして丸を描くように動かすとまた彼女の声が高まってくる。
さらに足を大きく持ち上げて肩の上に担ぎ上げて腰を動かしてあげる。この体位だと挿入されている部分が自分からも見えてしまうのでちらちらと薄目を開けてそれを見る彼女。耳元で「ほら、こんなにすごいのが入ってるんだよ」とささやいてあげると「うん、Aniさんの太いのでズコズコされてる・・・」とうわごとのように言う彼女。聞いてるだけでまた興奮んして硬くなってくる。
そろそろフィニッシュが近そうなので俺も本気モード。彼女をぐっと抱きしめながら腰のスピードをさらに加速。彼女が俺にギュッとしがみつきながら「あ・・あ・・・Aniさん大好きぃ~~~」って叫ぶのを聞きながら俺もフィニッシュ。

発射の余韻がまだ残る中でギュッと抱き合ってキス。「気持ちよかったね」って言いながら彼女の割れ目をティッシュでキレイにしてあげる。俺も自分でティッシュできれいに・・・と思ったら彼女が「あたしがきれいにしてあげる~~」とまだ精液がこびりついている俺のおちんちんをぱっくりくわえてお口と舌でキレイにしてくれる。なんかすごくうれしい気分^^
落ち着いたら腕枕しながらゴロゴロ。目が合えばキスしながら相手の体を触りあう。乳首を指でつまむと「ねぇ、痛い位に触って。歯を立てても良いよ!」って彼女。リクエストの通り指で強くつまんだり、歯を立てて軽く噛んであげると声を上げて感じてる。・・・この前は気がつかなかったけど彼女、Mっ子らしいです^^;
そんなことをしている間にいつの間にか彼女が俺のおちんちんをしゃぶり始めちゃってる。彼女の口の中で硬く育っていくおちんちん。ビンビンにされちゃったところで2回戦開始、さっきやらなかったバックから挿入。
バックからだとかなりこすれて快感が強いらしく、彼女の腰が逃げようとするところをギュッと腰をつかんで逃がさないようにしながら激しく腰を動かしてあげる。スピードをつけて腰を動かした後は奥まで押し付けるようにしてかき回すように動いてあげる。やっぱりSEXは多彩なバリエーションで楽しませてあげないとね^^
なんて思いながらズコズコしてたんだけど、さすがに発射してすぐだったので俺が行かずに体力切れ。いったん中断して休憩。

この時点でやっとお昼。今日はどれだけエッチすることになるんだろうって思いながらコンビニで買ってきたおにぎりなんかを食べる。
そういえばまだお風呂すら入らずにいきなりエッチしちゃったことに気がついて二人でお風呂。まったりとイチャイチャ。
ベッドに戻ってまた腕枕であれこれおしゃべり。前回お昼寝した彼女、「今日は寝ないでもっとたくさんエッチしてもらうもん!」ってがんばってる^^ 気がついたらまたお互いを触りあっていて二人とも準備完了状態。次は彼女に上に来てもらって騎乗位で合体、3回戦開始。積極的に腰を動かしてくる彼女に俺も下から突き上げるように協力。「気持ちよくて変になっちゃいそう・・・」って言う彼女をギュッと抱き寄せて下からズコズコ。濃厚にキスしながら腰は高速で動いてる。
俺が体を起こして対面座位。この体位だとあまり激しくは動けないけど挿入部分がお互い丸見えなのでエッチな気分に拍車をかけるには最適。「ほら、入ってるところを見てごらん」って言いながらゆっくりとおちんちんを出し入れ。無言で見つめる彼女、もう言葉を出す余裕も無いくらい感じているみたい。
彼女を押し倒して正上位に。たっぷりこすってあげて発射! 本日2回目の発射の割にはけっこうたくさん出ました。まだまだ元気な俺^^

その03に続く》

北の看護婦ちゃんとラブラブ6時間(その01) 

先日初対面だった22才の彼女、俺とのエッチがたいそう気に入ったらしく、家に帰ってからメールにて今後の上京予定を夏あたりまでばっちり連絡入れてきました。ほぼ月に一回は会えそうな予定。
次回は6月の後半だね、って約束をしていたんだけど、彼女が「ショックな事がありました。27日、まだ予定が空いてたら癒してください~~」って泣きついて来たので急遽デートしてあげることに。
理由を聞くと俺からすれば「なぁんだ」って事なんだけど、彼女にとっては大変なショックだったらしくかなり落ち込んでいたらしい。
「今日たっぷり気持ち良くしてもらえば機嫌も直ると思います。お願いしま~~す!」だって^^ かわいいなぁ。

彼女、実は職業は看護婦さん。まさにナースなのです。メールが来る時間も寝る時間もまちまちで、本当に大変そう。ストレスも溜まりそうだし、今日はばっちり癒してあげましょうか!

新宿で10時半に待ち合わせ。お食事はいらないと言うのでコンビニに行って昼のお弁当を買ってラブホテル街にGO!
午前中だから大体のラブホテルがどこもサービスタイム。夕方5時までいられるホテルを選んで入りました。
ホテルに入って荷物を置いたら早速キス。お互いの体を触りあいながら舌を絡めあう。
だんだんと彼女の服を脱がしていく。黒いカーディガンを脱がすと真っ赤なキャミに黒いミニスカート。彼女のファッションはいつもロックテイストなので好みなのだ^^
彼女の手を俺の股間に導くと待っていたようにジーンズの上から股間をなでてくる。ジーンズを下ろすと早速パンツの中に手を入れておちんちんに直接さわる。欲望に正直な彼女の手。
おちんちんがだんだん硬くなって来ちゃったのでそのままフェラ開始。ベッドに座った俺の脚の間に座って着衣のままおちんちんをしゃぶる彼女。「俺のおちんちん、欲しかったんでしょ?」って聞くとこくりとうなずく。
俺もキャミソールの間から胸を刺激してあげる。隙間から入った指に乳首をクリクリされるとフェラをしている口が止まって喘ぎ声が出てしまう。かなり敏感な肉体。
だんだん服を脱がせていって下着だけになってもらう。ちょっと好ける素材の白い布に黒のレースで縁取りしてある清楚だけどエロい下着。メールで新しい下着を買ったと聞いていたので「これがあの下着なの?」って聞くと「うん!」とお答え。俺の目の前でぐるっと回ってプチファッションショー^^

フロントホックをプチッとはずしておっぱいを露出、舌で胸を転がしてあげる。ベッドに座った俺の両足の間で立ったままの彼女がくねくねと体をくねらせる。乳首をなめながら空いた手でもう片方の乳首をつまむようにいじめてあげる。俺の肩にしがみつきながら切ない声を上げる彼女。
乳首をなめながら手を彼女の股間に移動させるとパンツの上からでも分かるくらい割れ目が濡れている。ちょっとの間パンツの上から割れ目をいじめていたけど、どれくらい濡れているか知りたくなってパンツを脇に寄せて割れ目を直接触る。下の毛をキレイに処理してる彼女の割れ目はもうグチュグチュ。指2本をするりと飲み込んでしまう。彼女を立たせたままGスポットをグリグリいじめてあげると彼女の声がさらに大きくなる。足がブルブルしてるのが分かる。

そんな彼女を見て俺も限界。彼女を後ろ向きに壁に手をつかせて腰を高く上げさせる。パンツをグイッと横にずらして割れ目を露出させて、ビンビンに硬くなったおちんちんを割れ目にこすり付ける。
俺の意思を察して彼女も腰を擦り付けてくる。腰をぐっと浮かせてから彼女の割れ目に亀頭を滑り込ませる。ズズッ、ズズッっと彼女の割れ目を押し開くようにして入っていく俺のおちんちん。彼女が大きな声を出しながら壁に倒れこむのが分かる。
彼女の肩を支えて壁に倒れないようにしながら立ちバックのままズコズコとおちんちんを出し入れする。窮屈な体位ほど何故か快感は強いんだよね。いきなりの挿入に彼女がすごく感じているのが分かる。
その体勢で少し動いてお互いが十分熱くなったところで場所を移動。彼女の腰を後ろから支えながら「立ちバック歩き」。ゆっくりと抜けないように歩きながら洗面所へ。洗面台に手をつかせて立ちバックでさらに腰を動かしてあげる。恥ずかしがりながらも鏡に映る自分のエッチな姿をチラチラ見ちゃう彼女。どうしても気になっちゃうんだよね^^
体位を変えるために彼女を洗面所の上に座らせて足を大きく開かせる。丸見えになった割れ目に正面からおちんちんを挿入。割れ目の周りがキレイなのでお互いから挿入部分が丸見え。ゆっくりと出入りする俺のおちんちんを見つめる彼女。まだまだエッチに対する好奇心はかなりあるみたいだねぇ^^

そろそろ落ち着いてSEXをしたいのでベッドに移動することに。

その02に続く》

潮吹き人妻さん・アナル開発(その2) 

前編はこちら

ベッドに移動したら全裸で抱き合う。お互い手を伸ばしてお互いの気持ちいいところに触りあう。そのまま体をずらして俺のおちんちんをなめに来る彼女。さすがに自他共に認める「フェラ好き」。「だんなはなめさせてくれないからこんな時こそたっぷり味わっておかなきゃ~~~」って言いながら熱心になめてくる。すかさず勃起する俺のおちんちん。太さはけっこうあるはずなのに苦も無くしゃぶり続けてる彼女。
俺もやられっぱなしではありません^^ このホテル、以前も書いたけど何故か部屋に「電動マッサージ器」が備え付け。コンセントにつないでスイッチオン! 彼女をベッドに押し倒して大きく開かせた股間を電マでグリグリ刺激。クリに当たる刺激がすっごいらしく、いきなり噴出する彼女の潮。せっかくベッドの上に敷いたバスタオルがいきなりビシャビシャ。

「この刺激はやばい!」って彼女が言うのであまりいじめないでベッドで合体することに。今日はしてあげたいことが色々あるからね^^
正上位で合体、最初はゆったりと動いてあげる。「Aniちゃん、Aniちゃん~~」って下から俺の名を呼び続ける彼女。なんかエッチの最中に名前を呼ばれるのってうれしいよね。その気持ちを動きに還元、体を起こして足を持ち上げて奥までズコズコしてあげる。絶叫モードで言葉にならない彼女。その声も可愛いねぇ。
バックに体勢を変えて後ろから挿入。ゆっくりと体を動かしながら丸見えのお尻の穴をいたずら。そう、今日もアナル開発の予定。
実はさっきもお風呂でアナルを指でいじめてあげたんだけど、その時点で指は2本、そして3本と入ってる。さすがに強く動かすと痛いみたいだけど前に比べるとかなり広がるようになってるよ^^
コンドームを装着したらローションを用意して彼女のお尻の穴周りと俺のおちんちんをたっぷりと潤わす。
まず指でお尻の具合を確認。指2本は軽く入ってます。では、というところでおちんちんの登場。彼女のお尻の穴に亀頭を擦り付けながら徐々に力を入れると・・・するりと亀頭が飲み込まれる。
彼女、「うぅっ・・・」と声を出しながらもまだ我慢できるみたい。ゆっくりと腰を進めると「そろそろ痛いよ!痛いよ!」と小さな泣き声。おちんちんは・・・8割挿入されてました!
その姿勢でゆっくりとおちんちんを出し入れ。クリと割れ目を同時に指で刺激しながら動いてあげると快感と痛みが微妙にブレンドされるみたい。
さすがに長時間はギブアップみたいなのでおちんちんを清めてから改めて正上位で合体。良くがんばったのでご褒美にまたたっぷり気持ち良くしてあげる。足を肩に担いで前から激しくズコズコ、彼女が激しくビクンビクン達したのを確認して俺も発射! 1回戦終了です。
・・・おちんちんを抜いた瞬間また激しく潮を噴出したのは言うまでもありません。

体をきれいにしたら抱き合ってまったりした時間。自然とうとうとしてまぶたが閉じてきてしまう。心の中では「今日は3時間だから眠ったらだめよ~~」って言ってるんだけど体が言うことをきかない。
ところがそうこうするうちに彼女がまた「趣味のフェラチオ」開始。俺のが固くなるといそいそとまたがってきて自分から挿入、騎乗位で合体。積極的に自分から腰を振りはじめる。
おちんちんの快感がだんだんと脳に伝わってきてやっと目が覚める俺^^ 目が覚めたら今度は俺が積極的に攻めてあげる番。
彼女を押し倒してバックからずっぽりと挿入、そのまま激しく動いてあげる。
長いストロークで出し入れしてあげると亀頭が入り口でこすれるのがわかる。フィニッシュの予感を感じながら腰のスピードを上げていって、彼女と一緒に頂点へ。二人でベッドに崩れ落ちるように2回戦終了。お疲れ様でした~~~。

とにかく今回のデートはホテルに入ってから出るまでず~~と挿入しっぱなしで、ずーっと腰を動かしてたみたいな気がします。とにかく濃厚な3時間でした。
多分前日の「巨根好き女子二人とエロトーク飲み会」が原因で脳みその中がエロで満タンになってたんだろうね^^;
彼女とのデートは知的好奇心も肉体的快感もすべて楽しめる濃厚な時間。お互いのスケジュールのせいであまり長く一緒にはいられないけど、いつも楽しい時間をすごせています。ありがとうね!

潮吹き人妻さん・アナル開発(その1) 

日記に良く登場する「潮吹き人妻」さん。彼女の日記なんかを見てるとけっこうエッチは充実してるみたいなんだけど「やっぱりAniちゃんのおちんちんが好きなのよ~」ってデートを求めてくる。男としてはうれしいですねぇ^^

この日も彼女から「デートしたいけどいつが大丈夫?」って連絡が来て調整。月曜日から残業続きでちょっとデートが危ぶまれたけど金曜日は何とか仕事をがんばって定時でばっちり退社、彼女の待つ湯島へ向かいました!
待ち合わせに来た彼女は仕事帰りらしくきっちりとしたダークグレーのスーツ。こんなにきちんとした女性がアレだけ濃厚なSEXを求めてくるなんて誰が想像できるでしょう^^;
お互いお腹がすいているのでお好み焼き屋さんへ。軽くビールを飲みながら仕事の状況や趣味の話。
今回のデートではオペラの話とクラシックの話で盛り上がる。彼女、俺が興味が有るけどあまり知らないことをすごく良く知っているので話をしていてすごくうれしい。今回も某オペラ歌手の話とクラシックの曲の話をいっぱいしてもらいました。
俺のデートはSEXだけじゃなくて、こういうおしゃべりも楽しみの一つなんだよね^^

お食事の後いつものラブホテルで3時間コース。部屋に入ってギュッと抱き合ってキス。早速スカートの中に手を入れてパンツ越しに刺激してあげないけど、彼女の場合「潮吹き」があるので服を着ている間は気をつけないといけない。さらに床に荷物を置いておくと大変なことになるので棚を片付けて荷物も上に乗せる^^
改めてもう一回キスをしながらお互いの服を脱がせていく。彼女のスカートをめくると・・・本日はガーター。ガーターフェチな俺としてはこれは脱がす気になれません。まずスーツとシャツを脱がせて下着だけの姿に。下着+ガーターのセクシーな彼女をじっくりと鑑賞。
今度は彼女にジーンズとパンツを脱がせてもらって早速のフェラ。下着だけの姿にけっこう興奮して脱がされてもらった時点で半立ちだったおちんちんが彼女の口の中で完全に勃起してる。
彼女を背中側から抱きしめて今度は俺が割れ目をいじめてあげる番。パンツを横にずらしてクリをこすってあげるとすぐさま絶叫モード。「だめ、だめ・・」って言いながら腰から力が抜けてくるのをグイッと支えながらさらにこすってあげるとビュビュっと今日最初の潮吹き。相変わらずの感度の良さ。

下着姿のままでTV台に手をつかせる。俺は全裸で彼女の後ろに。
ずらしたパンツからのぞいている割れ目にビンビンに硬くなったおちんちんをすりつける。俺の意図を察した彼女、口では「いやぁ~~ん」なんて言いながら腰をグイッと突き出して入れやすい角度を作ってくれる。もちろんそのまま立ちバックでぐぐっと挿入。ガーター姿の色っぽいお知りを堪能しながらズコズコ。
彼女の膣内がグネグネとうねるのがわかる。さすがに名器。たびたび「ビクビク!ビクン!」と痙攣するのは行ってるのか潮を吹いてるのか。俺の巨根で尿道が圧迫されて液体自体は出てこない。
さすがにここで一回目の発射はもったいないので場所を変えることにして体を離すとその瞬間に一気に潮噴出。やっぱり溜まってたのかなぁ?^^;

お互いの服を脱がしあってお風呂へ。お湯が溜まるのを待つ間、洗い場でイチャイチャ。抱き合って彼女の足を抱えあげるように股間を大きく開かせて指で刺激。深く挿入してGスポットを刺激したり、クリをいじめてあげたり。また3-4回潮吹き。
そのまま壁に手をつかせて立ちバックで挿入。腰をグリグリと回して刺激してあげる。彼女の絶叫がお風呂の中で響き渡る~。
お湯が溜まったところで浴槽に移動。俺が先に入って腰を下ろした上に彼女が座ってくる。当然下から挿入。後背座位で合体したままお風呂の中でまったり。お湯の波にあわせてゆったりと腰を動かしてあげる。けっこう感じてる彼女。
体を入れ替えてお風呂の中の一段高くなっているところに彼女を座らせて前から挿入。体勢は少し不安定だけどお湯の影響が少なくて動きやすいのでバシャバシャ波を立てながらズコズコ。ちょっと楽しい^^
さすがにお風呂で暴れちゃうとのぼせちゃうのでこの辺で退散。
体を拭いたらベッドへGO!

(その2に続く)

初対面20歳大学生さんは知能犯! 

土曜日、実は俺は会社が出勤日なのでした。気がつかずに約束を入れていたロック姉さんにデートのキャンセルをお願いしちゃったんだけど、その後仕事の量が少ないのでどうも休みに出来ちゃいそうな雰囲気になってしまった。
そうこうするうちに関西方面の日記ファンの女性が「AnimaLさんに会いたいので土曜日空いてるならそちらに行きます!」って連絡をくれた。ではそうしましょ、ってなったその夜に彼女から「・・・生理になっちゃいました」って悲しいお知らせ。
神様が俺にデートするなって言ってるのかなぁ? 念のためロック姉さんに連絡したけどやっぱり他の予定を入れてしまったとの事。がっかり。

で、午前中家でのんびり。ボーっとしながらネットをしていると最近良くメールのやり取りをしている女子大生さんの足跡が残ってる。
彼女、ハプニングバーなんかにも出入りしてるエッチが好きな子。最近はデートのお相手は5人ほど。なんでも以前一人の彼氏に尽くしていたけど、分かれちゃったから今は大いに弾けたい気分なんだって^^
6月の始めにデートの約束はしたんだけど、ふと思いついて「暇なら今日デートしようか?」ってメールしてみた。そしたら「6時半まで仕事ですけど、その後だったら。 でも今日普段着なんですよ~」ってお返事。服なんか気にしないからデートしようよ!って応えると「ではOKです。でも今日はエッチは無しでお願いします」とのこと。
もちろん初対面だしいきなりエッチ有りの約束では会いにくいもんね。快く了承して夜新宿で会うことになりました。

初対面の彼女はスリムでちょっと背の高い素敵な人でした。以前見せてもらった写真の印象だと素朴な雰囲気かな?と思っていたんだけど、思った以上に笑顔の可愛い人でした。
「普段着」って言ってたけど白とオレンジでまとめた爽やかな雰囲気、良いですよ~~。
彼女のリクエストでお好み焼きを食べながらあれこれ話す。最初は声をひそめて話していたエロい話もお酒が回るにつれてだんだんと大きな声に^^;
話を聞いていたら彼女、なかなかの策略家。俺の日記を読むときもあんまり毎日足跡を残さないように3回に2回は日記を直接見て、1回は某巨大SNSの方から見たりなんてしてたそうですよ。そうやって定期的に足跡を残しながら「いつ声がかかるかな~~」って楽しみにしていたそうです。まったく、知能犯だなぁ^^;

「今日はエッチ無しで」って約束したのも、簡単にエッチさせる女って印象を与えたく無いってことらしい。流れや雰囲気でエッチなことになるより、きちんと考えてお互いに一番良い状況でそういうことになりたい、って「状況をコントロール」したいんだって。若いのになかなかしっかり者な彼女。そうでなかったら5人ものお相手さんと上手に付き合えないだろうねぇ^^

でも俺が「これだけ良い雰囲気なんだから変更も有りでしょ^^」と食い下がるとニッコリ。「ちょっとイチャイチャして行きましょうか!」ってネットカフェへ。
ペアシートに通されて早速濃厚にキス。キャミソールの胸元から手を差し込むと浅めのブラからすぐさま乳首に到達。なんて無防備な乳首^^
早速声が出始める彼女。耳元で「あたし、声が大きいからあんまり激しく責めないで・・・」って。いじめっ子な俺にそんなこと言ったらさらに激しくなっちゃうってば~~^^
ジーンズを下ろして彼女の手を導くとおちんちんを握ってくる。そのまま彼女が体の向きを入れ替えてフェラ開始。せまいシートの上で覆いかぶさるようにしておちんちんをなめてくる。手と口でバランスよく刺激をしてくる彼女、かなり上手^^
俺も彼女の下半身に手を伸ばす。長いスカートをまくってパンツの脇から指を入れて割れ目を刺激。クリをクリクリこすってあげると彼女の声から小さく喘ぎ声が出てくる。
パンツが邪魔なのでするっと脱がせちゃって割れ目に指を挿入。Gスポットをグリグリ刺激してあげると「ダメダメ、声が我慢できなくなっちゃうぅ」って苦しそうな顔。
このまま挿入しちゃおうかと思ったけど、お酒が結構入っているので俺があまり固くならず。彼女との約束もあったので本格的なエッチは次回のデートということで本日はここまでにしました。

次回のデートではお互い心行くまで快楽をむさぼりあうことになりそうです。彼女の大きな声がどれくらいか、すごく楽しみですね^^

おなじみ代理店新人OLさん 新宿に 

これまでの日記でおなじみのお嬢様女子大生改め代理店新人OLさんと新宿にて今月の定例デート。別に約束をしている訳では無いんだけどなんだか月に一回彼女とエッチをしないと体が寂しくてしょうがない、そんな気分^^;
今月はなかなかスケジュールの折り合いがつかなくてもしかして会えないかも?って感じだったんだけどなんとかお互いのスケジュールを合わせる。前日俺が屋外バーベキューOFFなので待ち合わせ時間を少し遅くしてもらうことに。でも肉をたっぷり食べた翌日なので体力はバリバリかもしれません^^

新宿にて2時に待ち合わせ。モノトーンのサマードレスに白いショートジャケットの彼女、新人OLさんらしく爽やかで可愛らしい。特に彼女はちょっと幼い雰囲気の顔立ちをしているのでこんな清楚な服装が良く似合う。
ところが開口一番「アレ、始まっちゃいました~」とのこと。でも初日であんまり出血もしていないみたいなのでCEPE(簡易膣内洗浄器)を買ってラブホに行くことに。エッチができなくてもAVでもみながらイチャイチャすれば楽しいですからね^^

ホテルに入ってお部屋へGO。今回はネカフェも行かなかったし生理なので彼女もノーパンノーブラってわけにも行かないのでちょっと露出系のドキドキ感が足りない感じ。なのでお部屋に入る前にホテルの廊下でキス&愛撫。彼女のサマードレスを捲り上げるようにして体を触る。ブラをはずして胸まで露出、サマードレスが胸までまくれ上がってるからほとんど裸^^ 彼女の手も俺の開いたジーンズの中に入っておちんちんをまさぐってる。人が来たら見られちゃうって危機感がたまらない・・・と思っている間に部屋のドアから「ガチャッ」と言う音が。
・・・このホテル、入るときに鍵が無い代わりに3分で自動で鍵がかかるシステムなのを忘れてました。あわてて下に戻ってフロントに頼んで鍵を開けてもらう。ちょっと恥ずかしいっす^^;

部屋に入って抱き合ってキス。積極的に体を触ってあげると服を脱ぎたがる彼女。俺と一緒の時は全裸が一番落ち着くみたいだね。
お互いの服を脱がせたら早速フェラ。俺の前にしゃがみこんでおちんちんをなめ始める彼女。実は部屋に入った時から固くなってた俺のおちんちん、彼女の口の中ですぐさま最大硬度。
洗面所の前に彼女を連れて行って鏡の前でフェラ。「この高さだとあたしには鏡は見えませんから~」なんて余裕をかましてる彼女、でも俺のおちんちんの角度がどんどん上を向いていくので自然と彼女も腰を浮かせて上からフェラ。「ほら、その高さだと鏡が見えちゃうよ~」とささやくと途端に恥ずかしがる彼女。鏡をちらちら見ながらフェラを続けてます^^

その間も彼女の胸をたっぷりいじってあげる。乳首をクリクリしてあげるとかなり反応する彼女。でも股間の割れ目を触ってあげられないのがちょっともどかしい。
なのでお風呂に行くことに。お風呂場でだったら少しくらい汚れたって大丈夫ですからね~~^^
浴槽で温まったら洗い場で割れ目をいじめてあげる。彼女を後ろから抱きしめる格好で胸と割れ目に指を伸ばす。固くなってるクリを丸を描くようにクリクリしてあげると足に力が入ってくるのがわかる。「やばい・・立てなくなっちゃいますよ・・」って良いながら喘ぎ声を出してる彼女。腕で体を支えるようにしながらもう片方の手は許して上げずにさらにクリを刺激。壁に手を突いて耐える彼女。
さらに指を挿入してGスポットを刺激。かなり本格的に足がガクガクしてくる。指を抜くとやっぱりちょっと出血しているのでCEPEにて洗浄。軽くシャワーをしてベッドへ。

彼女出血してるしやっぱりエッチは無理?というのでAVを鑑賞しながらイチャイチャすることに。ベッドの中で抱き合って濃厚にキス。俺は彼女の胸をたくさん舌でいじめてあげる。彼女はおちんちんをシコシコ。
彼女の胸を激しく揉んであげるとかなり感じてきたらしく目がウルウルしてくる。パンツの上からナプキンを通してローターでクリを刺激するとかなり感じるみたい。刺激をクリに集中させて欲しいみたいなのでローターは手渡して自分でやらせることに。俺は彼女の胸に刺激を集中。胸を揉みながら同時に舌で乳首をたっぷり転がしてあげる。
喘ぎ声が止まったなと思って彼女を見るとすっかり上気した顔で「おちんちん、欲しくなっちゃいました・・・」って^^
俺も彼女に触られてビンビン状態。そのリクエストには大賛成です。

早速ゴムをつけて彼女と合体。正上位から挿入。体はすっかり熱くなっていたらしく、挿入と同時にかなりの声を出し始める彼女。
上半身をがっちりと抱き合って唇を合わせながら腰を激しく動かしてあげる。陰唇から膣の奥までまんべんなく当たるように動いてあげると声のトーンが高くなっていく。
体を起こして動くと自然と挿入部分が丸見えになる。いつも通り毛を完全に剃っちゃってるので挿入部分が丸見え。大きなおちんちんに押し開かれた陰唇とその間のクリも丸見え。クリに手を伸ばして刺激してあげると感じすぎちゃうらしく「ダメダメ!」って手を押さえてくる。
普段だったらいじめっ子モードになっちゃって「そんなことをするとおちんちんも抜いちゃいますよ~」なんていいながらさらにクリをいじめてあげちゃうんだけど、今日は彼女は生理途中。なのでエッチもあまり激しくしないことに。
「そろそろ行くよ」って耳元でささやいて腰をスピードアップ。体を起こして足をぐっと持ち上げて奥まで当たるように腰を動かす。彼女の絶叫を聞きながら俺も限界に達してたっぷりと放出、1回戦終了。
おちんちんを抜くとやっぱり少し出血してる。ティッシュでベッドと体をきれいにしてから軽くシャワーをしてベッドでゴロゴロ。お互い少し昼寝なんかしちゃってからもう一回お風呂に入って3時間のデートタイム終了。お疲れ様でした^^

住んでいる場所がちょっと遠い彼女、仕事も始まって大変だろうって思ってましたががんばってデートしてくれてます。俺とのデートが仕事のストレスの解消になるなら俺としてもうれしいですね^^

北の国のロック姉さん22歳・初対面デート 

某サイトで知り合った22歳のロック姉さん、実は東京ではなくもう少し北の方に住んでます。でも東京へは一ヶ月に一回くらいライブを見に来るらしいので、タイミングが合ったら会いましょうって約束してました。
実は彼女、1年前くらいまで処女。去年ネットで知り合った方と初体験をして、現在までに経験人数は二人だって。
でもエッチをしてる相手の人から「毎回だんだん感じるようになってるね」って誉められるのがうれしくて、自分でもだんだんエッチが楽しくなってきた所に俺の日記を発見。過去日記なんかも読みながら「こんな経験豊富で上手な人とエッチしてみたいなぁ」って思ってた所に、彼女の足跡に気がついた俺が声をかけたって訳。
ネット上であれこれ話をしているうちにお互いのスケジュールを確認、一回は俺の仕事の関係で会えなかったんだけど、今回ゴールデンウィークに彼女がちょうど出てくることになったため無事にデートにこぎつけました。

彼女は前日から東京入り、夜ライブを見て一人でネットカフェに宿泊。俺は朝10時過ぎに新宿まで彼女を拾いに行きました。
待ち合わせ場所に現れた彼女はまさにロック姉さん。ガイコツ模様の黒いTシャツに細身のジーンズ、ちょっと大き目のサングラスがカッコいいです。俺も普段からロックファッションだし、昔はこんな感じのロック姉さんとばっかり付き合っていたのでなんか懐かしい気分^^
「朝ごはんまだだからお腹すいてます!」って言うので喫茶店に入って軽くお食事。ロックの話を色々話す。元気な彼女は人見知り無しで勢い良くあれこれおしゃべりしてくれます。今日一日楽しい日になりそうな予感^^

お食事とおしゃべりが一段落した所で「このままラブホ行っちゃう?」と聞くと「はい!」って元気なお答え。俺とのエッチを相当楽しみにしているみたい。彼女、今日も夕方からライブを見に行く予定なんだけど、友達との待ち合わせは夕方の5時過ぎ。ってことは現時点11時から4時くらいまでは時間をつぶさなきゃいけないわけで・・・良く行くリーズナブルなラブホテルへ。ここなら午前中から夕方5時までのんびりいられますからね!
コンビニでお昼ご飯を買ってからラブホへGO!

ホテルに入って荷物を置いたら立ったままギュッと抱き合って濃厚にキス。ソファーに座ってお互いの体を触りあう。
Tシャツの上から触った彼女の胸はCカップくらい。ぷりっと手のひらサイズで触りやすい。自分では「小さいですよ~」なんて言ってるけど、これくらいのサイズが形も崩れないで良いんだよね^^
彼女の手を股間に導いてジーンズの前を開くと積極的にジーンズの中に入り込んでくる。パンツの上からモソモソとなでてくるので、ジーンズとパンツを両方下ろしていきなりおちんちんを見せちゃう。ちょっと恥ずかしそうにしてるけど、手をおちんちんを握ってシコシコ刺激を始めてる。けっこう積極的^^
固くなり始めたおちんちんをフェラしてもらう。ソファーに座って横からかぶさるように股間に顔を埋める彼女。以前経験した男性に教わったのか、フェラはなかなか上手。亀頭の気持ち良い部分を唇で的確に刺激しながら口の中で舌が別の動きをしている。
さすがにあまり根元の方まではくわえられないけど、ねっとりとした良いフェラ。初体験から約1年でここまで出来るってことは教わった男性が良かったってことですね^^ 俺も感謝。
今度は俺が責める番、って彼女の服を脱がそうとしたら「先にお風呂にしましょうよ~」とリクエストされたのでお風呂へ。
お風呂の中でまたたっぷりフェラをしてもらって、俺もお返しに割れ目をいじってあげる。お互いの体を洗ってからベッドへ。いよいよ1回戦。

彼女を全裸でベッドに横たえてまずたっぷりと前戯。キスをしながら胸をモミモミ。少々陥没気味の乳首が刺激を与えると固く顔を出してくる。舌で転がすようにしてあげると早速彼女の喘ぎ声。感度はかなり良いらしい。
足を大きく開いて割れ目の確認。キレイに毛の処理がしてあって好感度アップ^^ 指で割れ目にそって触ってあげるともうかなりヌルヌルに濡れている。
陰唇を指で開くとちょっと小さめのクリトリス。人差し指の腹で軽くなでるように触ってあげると途端に固くなる。反応の良いクリはもちろん感度も上々。指でさらに転がしてあげると彼女の喘ぎ声が高まる。舌でいじめてあげるとさらに良い声。反応して俺の股間もビンビンと固くなる。彼女の手を導くとしっかり握って来る。
いきなり俺の大き目のおちんちんでは痛くしちゃうかもしれないのでさらに前戯には時間をかける。かねてから使用しているローションを手にとって彼女の割れ目をヌルヌルにしてあげる。
指を挿入してGスポットをたっぷりと刺激。ローションのせいで指を2本挿入して余裕で出し入れできるので本物の挿入もそろそろ大丈夫なはず。彼女に「入れて欲しい?」と聞くと「うん!」と元気なお返事。ゴムを装着してゆっくりと正上位で挿入。そのままズズッと奥まで進めると「あ、ちょっと痛いです!」って言うのでストップして少し優しく腰を動かしてあげる。いきなり奥に当たって痛かったらしいのであまり深く挿入しないように気をつけながらゆっくりと腰を進めていく。俺の腰の動きにあわせてかなり大きな声が出ちゃう彼女。この1年で十分に快感を開発されているみたいだね^^

すこし慣れてきたみたいなのでちょっと激しくうごいてみる。腰をグイッと進めて奥をグリグリ。「痛くない?」って聞くと「大丈夫です・・」って気持ち良さそうに答える彼女。あまりハードになり過ぎないように気をつけながらズコズコしてあげる。
足を大きく開いておちんちん全体でこするようにしてあげるのが気持ち良いらしく、「そこ!そこ気持ちいい~」って連発する。特に亀頭が入り口付近をこするようにするのが良いみたい。
正上位、バックと体位を変えてから最後にまた正上位。足を大きく開かせるときれいに毛が処理されてるので挿入している部分が丸見えになっちゃう。ちょっと腰を持ち上げるようにすると彼女にも見えているらしく、二人がつながっている部分を凝視している。
彼女に見せ付けるようにしながら激しくピストン。さすがにそろそろ限界でゴムの中に大量に発射、1回戦終了~。午前中だっていうのにかなり濃厚なSEXをしてしまいました。

ベッドの中で抱き合いながら甘いキス。「あたし、こんな風にイチャイチャしてもらったこと無いですよ~~」って言いながら甘えて抱きついてくる彼女。可愛い女の子はいっぱい甘やかしてもらえる権利があるんだからね^^ 今まで無いのならこれから俺がいっぱい甘やかしてあげます。
腕枕をしてあげてたら彼女が眠ってしまったようなので俺は先に軽くお食事。彼女が目が覚めたところでまたキスからイチャイチャが始まって2回戦。
今度は騎乗位で挿入。彼女が苦手だというので動き方を教えてあげながら下からズンズンと突き上げてあげる。
さらに激しく動いてあげたくなって彼女を押し倒して腰を持ち上げた体勢でズコズコ。かなり激しくこすれるようで、彼女は絶叫モード。さらに正上位でズコズコしてあげたけど、俺が体力切れで行かず。ちょっと休憩させてもらう。

この時点で時間はまだ1時くらい。ホテルを出るまでは全然余裕なのでちょっと昼寝。彼女が俺にしがみつくように抱きついてくる。「裸で抱き合うと気持ち良いよね」って言いながら幸福なお昼寝タイム。
目が覚めてまたイチャイチャ>3回戦。今度は足を大きく開かせてたっぷりズコズコ。さっき一番感じてた長いストロークで亀頭が引っかかるようにズコズコしてあげる。彼女の「行く~~」っという絶叫と一緒に俺も発射。彼女の上に崩れ落ちながら甘いキス。
そのまま抱き合っていちゃいちゃしている間にまた俺はうたた寝をしてしまったらしい。
ふと変な感触で目が覚めると・・・彼女が俺にキスしながらおちんちんをシコシコ。おちんちんはびっくりするくらい勃起してました~~^^;
「Aniさんが寝ちゃったからいたずらしてたら、寝てるのにどんどん固くなっちゃって~。今起きなかったらフェラも始めてましたよ~~」だって^^; いやいや、エッチを覚えて1年目の22歳の娘さんの性欲、衰えるところを知らずです。「ねぇ、入れて~」って甘えられたんだけど、さすがにもう発射は無理そうなので、おちんちんは諦めてもらって指でたっぷりといじめてあげる。Gスポットを激しく責めてあげるとまた絶頂。たっぷり楽しんでもらえたご様子^^

これだけ遊ぶとさすがに良い時間。もう一回お風呂に入って服を着たらちょうど5時ちょっと前。彼女は渋谷へ向かうので駅まで送って解散。いやはや、初対面だって言うのにずいぶんと長時間でラブラブなデートでした^^
彼女、これから夏にかけてちょうど月に一回は東京に来る予定があるみたい。これからも上手に時間を合わせてデートが出来ると良いなぁ^^

28歳OLさんと久々のデート 

ゴールデンウィーク後半戦第一弾は28歳OLさん。彼女は去年の夏に初対面でデート。それ以降なかなかデートする機会が無かったんだけど、この春先に彼女から「生理前でエッチしたい気分なんだけど会えますか?」と連絡が。その時は俺に他の用事が入っていてデートは出来なかったんだけど、せっかく俺とエッチしたいって思ってくれてるならなるべく早めに会えるようにセッティングして今回のデートになりました。

前回のデートの時は俺が強引に誘ってエッチしちゃったみたいな感じだったので彼女としては若干不本意だったかもしれないんだよね。結果として良いエッチだったとしても、始めは「初対面でエッチはしませんからね」って宣言されてた所を強引に誘っちゃった訳だから。
でも今回は彼女の方から「Aniさんとしたいです」って誘ってくれた訳だし、俺としても大変うれしい。彼女も「久々に大きいおちんちんでしてもらえるから楽しみ!」って言ってくれているので張り切っちゃいますよ^^

新宿でお昼に待ち合わせ。モデル並みの身長でナイスなプロポーションの彼女、黒いブラウスに黒いパンツでよく目立ってます。
久々に会った彼女、相変わらず良くしゃべりよく笑う。お昼は「あっちの効果も期待できるよね~」っていうことでウナギの蒲焼を食べに。軽くビールを飲みながら大人の会話を織り交ぜながらワイワイ話す。こういう時に楽しい会話が出来る人って、エッチの時にも絶対に楽しく盛り上がれるんだよね^^

食事が終わったらブラブラとホテルへ。彼女が夕方以降特に用事は入れていないそうなので、フリータイムで長居できるところへ。
1時過ぎにチェックイン、8時まで居られるからかなりのんびりゆっくりできますね!
部屋に入って荷物を置いたらぎゅっと抱擁。お互いの唇をむさぼりあう。服の上から彼女の胸に触るとFカップの豊かな手触り。彼女の胸はぎゅっと肉が詰まっている感触。その分張りが合ってきれい。やわらかいだけで形の崩れている胸とちがって下乳が豊かに丸みを描いてキレイなのだ。
俺が彼女の胸を触っている間に彼女もジーンズの上から俺の股間を触ってくる。ジーンズのチャックを下ろすと彼女の手が直接パンツの上を這い回る。「ん~~^^ やっぱり大きいよね~」ってうれしそうな彼女。パンツを下ろすと早速ぱっくんとフェラ。慣れた感じで俺のおちんちんをレロレロとなめまわしてくれる。「やっぱりウナギの効果で固くなるのが早いよ~」と言うとケラケラと笑う。
彼女をソファーに押し倒して攻守交替、責めてあげようとすると「先にお風呂に入りましょうよ~」と言うのでまずはお風呂。
たっぷりのお湯をザバザバと溢れさせながら二人で浴槽につかる。この贅沢な感覚がラブホテルの醍醐味。浴槽でまったりしたらお互いの体を洗い合ってから生理最終日の彼女のためにCEPE(簡易膣内洗浄器)をしてあげる。
「他人にしてもらうのなんて初めてですよ~」ってちょっとうれしそうな彼女。浴槽の縁に座らせて足を大きく開かせる。割れ目を指で開いて軽くなでてあげるとちょっと声が出ちゃう。痛くしないようにそうっとCEPEを挿入してからギュッと握って洗浄水を彼女の膣内に放出~~~。キレイになったところでベッドへ。

彼女は普段から単独でハプニングバーなんかにも出かける人なので、SEXの快楽には抵抗無し。前回のデートの時は俺とエッチする心づもりが出来てなかった分ちょっと固いところもあったけど、今回は俺の大きなおちんちんを楽しむ気持ちがばっちり有るのですごくリラックスしているのが分かる。
キスをしながらお互いの感じる部分を触りあう。彼女の豊満な胸をもみながら乳首を舌で転がしてあげると彼女の口から自然と声がもれてくる。かなり敏感な肉体だ。彼女の手は俺の股間から一瞬も離れようとしない。さっきから触られっぱなし、刺激されっぱなしで固くなりっぱなしの俺のおちんちん。
割れ目に手を伸ばすとすっかりヌルヌルになっている。割れ目の周りの毛はきれいに処理されていて触りやすい。ゆっくりと指を挿入してGスポットをいじめてあげると腰を浮かすようにして感じている。さらいにスピードを上げると腰がビクビクと痙攣。かなり感度が高まって来ている。
お互い69の体勢でお互いをむさぼりあう。彼女の唇を感じながら俺も下から彼女の割れ目をたっぷりとなめてあげる。陰唇を指で開いてちょっと小さめのクリトリスを下で転がすと彼女がフェラを続けられないくらい感じてしまうのが分かる。

お互いの体が求め合っているので合体の用意。俺がコンドームの袋を開いて装着しようとすると彼女がうれしそうに笑う。「Aniさんの大きなおちんちんが欲しい人~?」と聞くと俺の下で「はぁい!」とうれしそうなお返事。足を大きく開いて正上位で挿入してあげる。
腰を押し付けるようにして奥までズンズンと刺激してあげるとかなり良い声で喘ぐ彼女。腰が反応しているのが分かる。彼女くらいの体格だと俺も安心して暴れられるので、勢い動きも激しくなる。
足を持ち上げて腰を浮かせて、真上から打ち付けるようにピストン。奥の方をゴンゴン刺激されるらしく声がかなり絶叫に近くなってきている。
体位をバックに変えてさらに激しく。パンパンと音がするくらいに後ろから突き上げてあげる。枕に顔を埋めるようにして快感に耐えている彼女。体位を変えようと体を離すとベッドに愛液がしたたって大きな染みが出来ている。
そろそろ俺も限界が近いのでもう一回正上位で合体してたっぷり動いてあげる。彼女の腰を前から抱えて高速でピストン、彼女の絶頂の声を聞きながら俺もゴムの中にたっぷりと発射。1回戦終了~。

彼女の上に崩れ落ちながらもう一回濃厚にキス。体を離して彼女の割れ目をきれいにしてあげる。彼女もゴムをはずした俺のおちんちんをフェラで清めてくれる。腕枕でベッドに寝転んでもう一回お疲れ様のキス。
「ひさびさの俺とのエッチはどうだったかな?」聞くと「やっぱりいつも当たらない場所がゴリゴリ刺激されて気持ち良かった~」とのこと。やっぱり大き目のおちんちんは違いますね~~って^^
全裸で抱き合いながらまったりとした時間。キスしたり、抱き合ったり、たまにお互いの体を刺激しあったり。お互いちょっと昼寝をしてからもう一度濃厚にキスをしたらまた気持ちが盛り上がってきて2回戦。

昼に食べたウナギが効いているらしく、さっきエッチしたばっかりなのに股間はビンビン。めちゃくちゃ固く勃起してる。
また正上位から合体してバックに。彼女が俺の下で行きまくってるのが分かる。
俺もかなり感じてるんだけど、さすがに体力切れで行かず。ちょっと休憩を宣言して体を離すと彼女がそのままどさっと倒れてハァハァとかなり苦しい呼吸。彼女もさすがにハードだったみたいね^^;

その後もう一回二人してお昼寝してからお風呂に入って解散。結局1時から7時まで6時間ほどダラダラ遊んでいたことになりますね。
長い時間いた割りにはあまり回数はしなかったけど、その分ゆったりとした時間を楽しめたってことで良かったです。
彼女とはけっこうエッチに対する考え方や楽しみ方が近いものを感じるのでこれからもちょくちょく誘い合ってデートしたいですね^^