FC2ブログ

31歳女性 実は・・・処女さん 

ネットで知り合った31歳のOLさん。足跡がちょくちょく残っていたので声をかけるとやっぱりこの日記を読みにきていたんだって。
色々話をしていると彼女、前にお付き合いしていた男性とちょっと悲しい形でお別れしたんだって。なので恋愛相談みたいな形でずっとお話をしていたんだよね。多数の女性との経験のある俺から見た男性の恋愛観とかエッチ論みたいな話をね。
まぁその端々でデートに誘ったりエッチを誘ったりしてたんだけど「一回会ってみてお話をしてみないとエッチまで出来るかわかりませんよ~!」って言われちゃった。そりゃ確かに。
ってことでそう簡単にはめげない俺、彼女にお食事デートを提案。お互いの真ん中の渋谷でご飯にしましょうね~ってことになりました。

デートの約束は出来たんだけど、いつもは用意周到な俺が今回はちょっとした手抜かり。週に2-3回メールのやり取りをしながらだんだんとデートの場所とか時間とか、どういう服装で来ますか?なんて話をしたんだけど、よりにもよって携帯のアドレスを交換するのを忘れているし、前日はOFFで遅くなってメールせず。
それでもこれまでのやり取りを思い出して約束した時間と場所に行くと・・・いました、いました^^ メールで連絡をくれたとおりの服装の女性が! 恐る恐る声をかけると・・・ビンゴ!! いやぁ、会えて良かったです。
初対面の彼女、ちょっと小柄で顔の作りも小さめ。 でもニコニコしながら人見知りせずに話しをしてくれるのが好印象です。
本当は俺の得意なお好み焼きでお食事のはずだったんだけど、前日出席した地元のOFFがお好み焼き。さらに夜中の3時まで飲んでいたので胃袋がちょっと疲れ気味。なので街をぶらぶら歩いて目に付いた「中華粥専門店」でお食事することに。このお店が大当たり。地元から来た人たちばかりで経営されているみたいでお食事がとっても美味しい^^ お食事が美味しいと自然と話もはずむもの。お互いが頼んだお粥と炒飯を食べながらあれこれ話をしているうちにお互い自然と笑顔になる。やっぱりデートってこういうものだよね^^

話が弾んでけっこう長居してしまったので「そろそろ出ようか」ってお店を出てから自然と腕を組む。お茶でも飲もうかって街をふらふら歩いてると彼女が「何か見たいところありますか?」って聞くのでBOOK1stで本を見ることに。手をつないでのんびりと本棚の間をぶらぶら歩くカップルは他のお客さんに迷惑だったでしょうか?^^; なんて言いながらお互いの興味のある本を見てぶらぶら。本棚の間で人目が切れた瞬間に彼女をぎゅっと抱き寄せてみたりしてけっこう本屋デートも楽しいもの。前から読もうと思っていた本3冊を買って(って、デートの時に本を3冊も買うのはやめましょう^^;)「じゃぁ次はお茶でも飲む?それとも・・・3時間くらい休憩する?」って聞くと「今日はエッチはまだダメですよ~~」って笑う彼女。もちろんそういう約束でデートしてるんだけど、イタリア人な俺としては礼儀として一応は誘う訳ですよ^^
まぁ軽く拒否されてしまったので次に向かうは適当に居心地の良さそうな喫茶店。最近渋谷にはあまり来ないのですぐに店が思い当たらないのでブラブラ歩きながら良さそうなお店を探す。たわいも無い話をしながらブラブラあるくと彼女が急に立ち止まって、ちょっと真剣な目で俺を見つめながら「AnimaLさんにお願いがあるけど、聞いてもらえますか?」って。突然の展開だったのでちょっと戸惑ったんだけど「何だろう?」って話を聞くことに。

すると彼女、「実はあたし、処女なんです・・・」って一言。
ちょちょちょ、ちょっと待ってよ!って思考が一瞬停止する俺^^;
実は彼女の年齢を見て完全に「既婚者」だって思っていたんだよね。だから「分かれた彼」って言うのも家庭外恋愛の相手だと思っていたわけ。
口をパクパクしながら「え・・・結婚してるんじゃぁ」って言うと彼女、苦笑しながら「あたし、独身ですよ~」って。いやはや、勘違いしてしまって申し訳ありませんでした^^;
彼女、「さっき本屋さんで誘ってもらった時はまだ心が決まらなかったんですけど、歩きながら『AnimaLさんだったら大丈夫?』って考えてて、今大丈夫って思いました!」って。「俺が相手で良いの?」って聞くと「ぜひお願いします!」ってことなので方向転換してホテル街へGO! 道々話を聞くと、彼と別れたのも彼女が処女だったってのが大きな理由みたい。4回くらいトライしたけど、とうとう彼とは最後まで行き着けず。それでだんだんと心がすれ違うようになっちゃったんだって。
なんか、聞いてて切なくなってしまったよ。たかだか相手が処女で、エッチがうまくいかないだけで関係を保てない男性がいるなんて。
もし俺が彼女の初体験のお相手をしてあげることで、彼女の今後の生活が豊かになるなら、ぜひぜひお相手をしてあげましょう!

ってことで、彼女と手を握り合って道玄坂のホテル街へ。ところが日曜の午後はどこのホテルも満杯でホテル難民と化す俺たち^^;
並んでるホテルに片っ端から入って、やっと7件目(!)くらいで入れる。残念ながら2時間休憩だけど、彼女のことを考えるとそれくらいでちょうど良いかも。
部屋に入って軽くキス。ためらいがちな彼女にドキドキするけど、必要以上に興奮しないように気をつける。彼女はエッチには慣れてないんだから、丁寧に優しく、優しく。
ぎゅっと抱き合いながらキス。はじめはためらっていた彼女の舌もだんだんと激しく求めてくる。
ピンクの薄手のセーターの上から胸を触るとピクンと反応してくる。体は十分敏感に成熟しているね^^ グレーのミニスカートをまくって股間に触るとしっとりと湿っている感じ。ストッキングを下ろしてパンツの脇から直接指を入れてみるとびっくりするくらい濡れてる。これだけ感度の良い体なら、今までもいくらだってエッチに成功する可能性はあったはずなんだけどなぁ。

お互い半分くらい脱いだところで彼女が恥ずかしがるので一旦シャワーへ。お互いの体を洗い合ってから半分くらい溜まった浴槽に入ってゆったりとくつろぐ。彼女の体を後ろから抱きながらキス。お風呂の中って、エロくはないけど、お互いの心を和ませるにはぴったりだよね。
お風呂を出たらベッドでいよいよ本格的にエッチ開始。全裸で横たわる彼女に軽くキスをしながらゆっくりと割れ目をまさぐる。キスだけですでに濡れている彼女、唇を乳首に移して丸を描くようになめてあげるとだんだん声も出てきちゃう。
割れ目がたっぷりと濡れているのでゆっくりと指を一本挿入。前の彼とした時も、おちんちんが半分くらいまでは入っていたと言うので、指一本くらいは普通に入る。ゆっくり出し入れしても痛みは無し。ここまでは大丈夫だね^^
指をもう一本増やしてみることに。あらかじめ買っておいたローションを指につけてすべりを良くしてから、ゆっくりと入れていく。彼女は少し痛みを訴えるけど、処女さん特有の狭い間隔は無い。多分そもそもあそこのつくりがちょっと小さめなだけなんじゃないかな? 処女膜は大方開いてる感じがする。ゆっくりと指2本の刺激を続けると口がだんだんと柔らかく開いていくのが分かる。この時点で指を軽く曲げてGスポットを刺激。彼女「なんか、変な感覚~」って言うけど、嫌ではないみたい^^
そろそろ俺の方も臨戦態勢にしておきたいので攻守を交代してもらう。寝そべった俺の脚の間にちんまりと納まってフェラを開始する彼女。お口と手のコンビネーションが上手ですごく気持ち良い。
「彼氏からは『何でそんなに上手なの?』って言われてました^^」ってくらい自慢のフェラ。俺のおちんちん、早くもビンビンだけど彼女はフェラが好きみたいでなかなか離してくれず。俺もたっぷり楽しませてもらいました^^

お互い良い感じなのでそろそろ挿入に挑戦することに。
まず、彼女の割れ目をもう一回たっぷり濡らしてあげる。彼女の足を大きく開いて舌で割れ目をなめてあげる。ローションを使ったから、味や匂いが気になるかな?って思ったけど、彼女の愛液でたっぷり洗い流されているらしく、全然気にならない^^ なので割れ目をクリをたっぷりとクンニ。さらに指2本+ローションで割れ目を柔らかく。この時点で指2本は抵抗無く動いてる。
いよいよ挿入開始。彼女の腰をぐいっと引き付けて腰を大きく持ち上げさせる。この状態の体位が一番膣の角度がおちんちんに合うんだよね。だから女性に苦痛を与えず挿入できる体位なのだ。こういうことを知らないと、初体験の女性とはなかなか上手に出来ないんだよね。
念のため、俺のおちんちんにもたっぷりとローションを絡めて挿入を開始。
彼女の割れ目におちんちんを当ててゆっくりと挿入していく。今まで彼氏との経験もあるので、亀頭くらいまではするりと入り込む。その後腰を進めようとすると痛みを訴える彼女。でもここでストップしてしまっては彼女の初体験は完了しない。なので少しの痛みは我慢してもらってゆっくりと出し入れを繰り返しながら少しずつおちんちんを進めていく。彼女はやっぱり少し痛みを訴えるけど、処女膜特有の抵抗感があまり無い。多分今までの経験である程度開いているみたい。なので彼女に無理の無い程度にゆっくりと腰を進めていく。
彼女が「ちょっと、ちょっとストップ!」って言う頃には実はおちんちんは80%以上挿入完了。「ほら、こんなに入ってるんだよ」って触らせると彼女、驚いた顔。普通の男性のおちんちんなら全部入ってるくらいですよ~~。
後はもう大丈夫そうなのでゆっくりとズコズコ開始。動いている間におちんちんはいつの間にか根元までばっちり挿入されちゃった。はい、処女卒業おめでとう~~^^
ただ、動きを早くしたり奥を突いたりするとまだ彼女が痛みを訴えるので気を使ってゆっくりと優しく動いてあげる。さすがにこのペースだと射精もできなさそうだし、彼女も疲れて来たようなので一旦休憩。

軽くキスをしてあげてぎゅっと抱擁。耳元で「処女卒業おめでとう」ってささやいてあげると彼女、ちょっと複雑な表情。「やっぱり最初はあの人が良かったな・・・」って言いながら涙がポロポロ。こればっかりは俺にもなんともいえなくて、頭をなでなでしてあげるばかり。でも少ししたら彼女またにっこり笑いながら「またすぐに良い人をみつけます。もう恋をすることも怖くないから!」って言ってくれました。うんうん、前向きに行きましょう^^

その後、もう一回挿入に挑戦。さっきの気持ち良いフェラでまた固くされちゃってからローションをつけて挿入。彼女もまだ少し違和感は残るけど、さっきほどは痛くないみたい。
正上位で軽くズコズコした後に騎乗位にも挑戦。まだ動き方が分からなくてぎこちないけど、下から彼女の体をたっぷり観察させてもらっちゃいました。最後はもう一回正上位でフィニッシュ!と思ったけど、まだ彼女が痛いみたいなので無理はやめてそこまでにしておきました^^ お疲れ様でした~~。

お風呂に入って身支度をしてホテル代を出そうとすると彼女が「自分が払う」って言う。なんか、初体験の相手をしてもらうことが俺を利用したみたいに思えて仕方がないんだそうだ^^; 他の男性に心を残しながら俺に抱かれてたんだから、それは仕方ないかもしれないんだけど、利用したなんて考える必要は無いよって言ったんだけど、まぁ彼女の気持ちがおさまらないらしいのでお言葉に甘えちゃいました^^;
解散前にもう一回お茶をして、たわいない世間話。でも話の端々に彼女が明るい未来に向かって歩いていけそうな雰囲気。今日俺が初体験のお相手して良かったんだなって思えました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

巨乳コスプレイヤーさんと新宿にて。 

21歳の現役コスプレイヤーさんと新宿でデート。
某SNSで出会った人なんだけど、知り合ったのは半年以上前。彼女が俺のところに足跡を残したのか、どこかのコミュニティーで彼女を見かけたのか覚えていないんだけど、ともかく彼女の画像を見て「可愛いなぁ」と思ったのは確か。
彼女のプロフィールを見るとメタルも聞くみたいなので話をしてみたくなってメールを送ったんだよね。
メタルの話からだんだんエロい話もするようになって、「会おうよ」ってことになったのは割りと早かったんだけど、その後なんでか連絡が途切れていたんだよね。でも先日彼女からメッセに連絡が来て復活、早速デートの予定を決めちゃった^^

お昼に新宿駅で待ち合わせ。初対面のはずなんだけど、サイトで彼女のコスプレの写真なんかをたくさん見ているので初めて会ったような気がしない^^; 彼女も気さくなタイプなので最初っから普通に会話が進んでたってのもその理由だろうね。
まずはお食事。ぶらぶら歩いて見かけた京都風スパゲティーへ。野菜が多くてさっぱりしていて美味しいお店でした。
お食事が済んだら一路ラブホテルへ。最近良く使ってる土日もフリータイムのホテル。彼女、夕方から用事があるんだけど、そこなら1時には行っても5時まで4時間のんびりできる^^ ちょっと不便な場所にあるからあまり混まないのも良し。
今回も部屋が空いていたのでするっと部屋に入ってから事件発生。彼女の携帯に家族からメール。親戚が遊びにくるから早くに帰って来いと・・・^^; でも2時間は大丈夫らしいの一安心。

コートを脱いで抱き合うと彼女の豊満な胸が俺の胸をぐいぐいと圧迫してくる。聞くとFからGカップはあるって!おっぱい大好きな俺にはこの上も無い喜び。でも「あたし、胸はあんまり感じないんですよね~~」って。こんな素敵なおっぱいをしているのにとてももったいない話だねぇ。
白いカーディガンを脱がせてキャミソールの上から胸に触る・・・けどあんまり反応無し。キャミをまくってブラを露出させて隙間から乳首を刺激・・・もやっぱり反応無し。やっぱり胸はあまり感じないんですね^^;
じゃあってことでスカートをまくってストッキングの上から割れ目を刺激すると、こちらは見事に反応。腰をくねらせながら声が出ちゃってる。ストッキングの上からでもしっとりと濡れてくるのが分かる。胸の感度も全部こっちに来ちゃってる感じかなぁ?かなり感度の良い股間です^^
ストッキングを伝線させてはいけないのでスカートとストッキングは自分で脱いでもらう。その下から出てきたのは・・・ブラとおそろいのTバック^^ 「コスプレしてるとTバックはユニフォームみたいなもんですよ!」って普通な顔をしてる彼女。でも俺にとっては大変うれしいご褒美です!
後ろから抱擁して肩越しにキス。Tバックをずらして割れ目に直接さわるともうかなり濡れちゃってる。
彼女が手を伸ばして股間に触ってくるのでジーンズとパンツを下ろして直接触らせる。俺の方もかなり臨戦態勢になってるけど、彼女に握られてさらに固さを増しちゃう。
ブラをはずして胸に触りながら股間をさらに刺激。「感じない」って言われてもやっぱりこれだけ素敵な巨乳に触らないことなんか無理だよね^^

割れ目をいじめてあげてると彼女がかなり腰砕けなのでベッドに移動。お互い全裸になっていちゃいちゃ続行。濃厚にキスをしながら彼女の割れ目に指を挿入。ゆっくりと出し入れしてあげるとたまらずに腰が動きはじめちゃう。愛液があふれるように流れ出してくる。
俺も刺激して欲しくなって彼女の顔の前におちんちんを突き出すと抵抗なくくわえてくれる。亀頭を中心にレロレロと嘗め回してくれる。
本格的にフェラをして欲しくなって体勢を入れ替え。寝そべった俺の上に覆いかぶさるようにフェラをはじめる彼女。後ろは長いけどサイドが短い髪型のせいでフェラをしている口元がばっちり見える。興奮してさらに固くなっちゃうね^^
俺のがビンビンになったところで攻守交替。彼女をベッドに押し倒して大きく足を開かせて、割れ目を舌で刺激してあげる。クリを転がすようになめてあげるとかなり感じるみたい。声が大きくなってくる。割れ目をたっぷりなめてあげてから「おちんちん入れて欲しい人~~?」って聞くと小さな声で「はぁい^^」ってお返事。ではリクエストに答えて合体しちゃいましょう!
唾液と愛液でヌルヌルになった彼女の割れ目におちんちんの先っぽをたっぷりとこすり付けて、先っぽにヌルヌルがたっぷりと移った所でゆっくりと挿入開始。彼女の割れ目に俺の大きなおちんちんがゆっくりと飲み込まれて行く。軽く目を閉じて快感に耐えている彼女の顔を見ながらゆっくりとおちんちんを出し入れ。それだけで声が出始めてしまう彼女。
上からぎゅっと体を抱きしめてキスしながら腰をズコズコ。目を閉じてあえぎ声を上げる彼女の顔を見ながらさらに腰を早くする。どんどん声が大きくなってしまう。
体を起こして足を肩の上に担ぎ上げて屈曲位で真上からズコズコ。かなり刺激が強いらしく、かなり大きな声であえいでいた彼女、「ちょっと部屋が暑くて息が上がってしまった~」って一回ギブアップ。ちょっとハードにエッチをしすぎたみたいね^^;

「ちょっとぬるいシャワーを浴びて体を冷やして来ます」ってお風呂場に消えた彼女、なかなか出てこないから俺もお風呂場へ^^
背後から彼女を抱きしめながらまた濃厚にキス。お互いの体を洗いあってから湯船へ。「本当は体を冷やしに来たのにねぇ」って笑いながらお風呂の中でちょっとのんびり。さっきのハードなエッチの疲れが軽く取れたところでもう一回ベッドに戻ってエッチのやり直し^^
お互いをたっぷりと刺激しあって準備が完了したら今度は騎乗位で合体! 俺の上で腰を振る彼女のぶるぶると揺れる豊満なおっぱいを下からたっぷりと堪能。下から腰を突き上げながらおっぱいもたっぷり触らせてもらってけっこう上機嫌な俺。
フィニッシュが近いので体位を変えて正上位。また足を肩に担いで屈曲位でたっぷりとズコズコ。たっぷりと彼女のあえぎ声と良い顔を堪能してフィニッシュ! お疲れ様でした~~^^

彼女の予定があるので、エッチは一回しかしてないけれどこれで解散。「次回はもっとたっぷりエッチしようね~」って言いながらもう一回お風呂に入ってからホテルを出て、新宿駅近辺で解散しました。
この次のデートではメイドさん衣装でも着てもらおうかなぁなんて画策しております!


※この彼女もそうだけど、他にもすこし交流が途切れていた女性から連絡が来ています。やっぱり春って「デートしたくなる季節」なのかもしれませんね^^

22歳まじめな女子大生さん、ひさびさのデート 

12月に3回もデートしちゃった女子大生さんと今年に入って初めてのデート。
本当は1月に約束が入っていたんだけど、その日は東京は天気が大荒れの予報。彼女は家がちょっと遠いので東京に出てきて電車でも止まったら大変!!ってことでキャンセル。

ところがその後、彼女が前の彼氏とよりを戻すことになってしまったのだ。もちろん俺とのデートは当分無し!
・・・のはずだったんだけど、久々にお気に入りの娘さんだったので俺も粘り強く交渉^^ 基本的にエッチは無しならデートもOKって譲歩ラインを引き出した訳。
ところが一度関係を持った男女って、話をしているうちに色々なことを思い出すものなんだよね^^ メールであれこれ話をしているうちに「やっぱりAnimaLさんだったら許しちゃいましょう!」ってことでエッチも解禁。
前の週の週末に「生理が来ちゃったから、終わってたらエッチで!」ってことで日曜日に新宿でデート。

彼女とは電車が同じなのでうちの駅に着く頃にメールをもらって、無事に電車の中で落ち合う。久々に会った彼女は相変わらず可愛い^^ 濃いブルーで襟に毛皮がついている長めのコートに黒いロングブーツ、ヴィトンのバックなんか持っちゃって、まじめなお嬢さん風です。本当にこれから俺とエッチをしちゃうのかな~~^^
「久しぶりだと緊張しちゃうかもしれません・・・」って言っていた彼女だけど、話し始めると以前のペースが分かって来たみたい。初めの方こそちょっと下を向いたり目線をそらしたりしていたけど、10分も経てばいつもの彼女^^ ニコニコ笑顔とクリクリ動く大きな目が素敵。
新宿に出て軽くお食事。初めて行ったメキシコ料理は口に合ったそうで、すごく喜んでもらえました。やっぱり女性が美味しそうに物を食べている姿を見るのって幸せだよね~~。だから俺は美味しいお店を色々探すんだろうな^^

お店を出て手をつないで歌舞伎町方面へ自然と足が向かう二人。「生理はどんな感じ?」って聞くと「昨日はちょっとだけ出てたんですけど、今日は出てないですね。さっきトイレに行った時、ナプキンもはずして来ちゃいました~~^^」とのこと。
「じゃぁこのままホテルに向かっちゃおうか?」って聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女。その表情だけで股間が固くなりそう^^
とりあえず歌舞伎町のドンキホーテで買い物。念のためCEPE(使い捨て膣内洗浄器)と俺の愛用コンドーム、フジラテックスの「ウルトララージ44ミリ」を。・・・ホテルのコンドームだときつくて嫌なんだも~~ん。

ドンキを出たら一路ラブホテルへ。最近良く使ってる設備は古いけど土日もフリータイムで入れるホテル。ゆっくりお食事して買い物をしてたら時間はすでに3時半。でも8時までフリーだから4時間以上遊べる計算。
エレベーターの中で早速キス。唇と唇が触れ合うだけの軽いキスだけど、これまでのエッチの記憶がよみがえって来るような気がする。彼女も同じように感じてるみたいで、もう目がウルウルしてる。
部屋に入って上着を脱いだら早速抱きあって濃厚なキス。さっきのキスとは比べ物にならないくらいお互いの唇をむさぼりあう。
俺の手も、彼女の手も自然とお互いの体を触りあってる。彼女の薄手のセーターの上から胸を触っていた俺の手はいつの間にかセーターの中に入って彼女の胸をもんでいる。彼女の手も俺が股間に導くとジーンズの上から固くなった俺のおちんちんを情熱的になでている。
彼女のセーターを脱がせて、その下の白いブラウスのボタンはゆっくりとはずしてあげる。ブラウスの下からは白にピンクのフリルの着いた薄いキャミソール、そしてその下に薄いイエローのブラが透けて見える。かわいらしい取り合わせに思わず興奮。キャミの上から胸をたっぷりと触ってあげる。
彼女の手も動きが激しくなってきたのでジーンズのチャックを開くとすかさず手がジーンズの入り込んでくる。「直接触って良いんだよ」ってささやくとそんままパンツの中に進入してくる彼女の手。。するりとパンツを下ろすと、固くなり始めたおちんちんをシコシコしてくれる。
すっかり固くなったところでフェラを所望。着衣のまま、すとんと俺の前にしゃがんでフェラを始める彼女。以前教えた通りに、右手で竿をシコシコと触りながら、それに合わせて唇が俺のおちんちんをくわえていく。彼女のフェラはクチュクチュ、ジュパジュパといやらしい音がする。聞いているだけでものすごく興奮してくる。
たまにフェラをしながらこちらを見上げてくる彼女の顔を見ると、こんなにまじめそうな顔をと、こんなにエロい音を立てるフェラのギャップにくらくらしちゃう^^
あんまりフェラされるとやばくなっちゃいそうなので攻守交替。彼女を立たせて、黒いミニスカートの中に手を入れて、パンツの上から割れ目を刺激。彼女の目がトロンとして声が出始めてるので、パンツを脇に寄せて、直接触っちゃう。早速割れ目はヌルヌル。出血は無いみたいなのでそのまま指をゆっくりと挿入。彼女、横のテーブルに手をついて我慢してるけど、かなり感じているみたい。そう、彼女はすっごく敏感な体だからね^^
下着が邪魔になったので脱がそうとすると「あ!あ!」ってかなりあわてる彼女。下着が汚れてないか心配したみたい。かまわずずるっとパンツを下ろすと俺の手からパンツを奪って丸めてかばんの下に隠す^^; そんなにしないでも汚れてませんから~~。

そのまま彼女の股間を攻撃し続ける。指を揃えてクリを刺激してあげると足がブルブルしてくる。「Aniさん、やばいよ、やばいから!」って言いながら俺にしがみついてくる彼女。指を動かし続けながら耳をなめてあげると声にならない悲鳴。体の力は抜けかかってる^^
立っているのが辛そうなのでベッドにおろしてあげる。服は乱れているけれど、まだ着衣のまま。ミニスカートをまくってもう一回割れ目を指でいじめてあげる。指をそうっと挿入してくいっとまげてGスポットを刺激。1分も触らない間に「だめ!だめ!行っちゃうから~~・・・」と言いながら腰がびくびくと痙攣。早速本日最初の絶頂。彼女の体は本当に敏感。今日もこれから何回行っちゃうんでしょう^^;
攻守を交代して彼女がまたフェラしてくれる。ベッドの上に寝た俺の上にのしかかるようにしてたっぷりおちんちんをなめてくれる。俺がフェラしてもらっているところを見るのが好きなのを知っているので、自分から髪をかきあげてその場面を見せてくれる彼女。すっかり俺とのエッチの癖が身についてしまっている感じ。フェラも俺が教えた手で竿と亀頭を刺激しながらするフェラ。そんなに激しくしたら俺も行っちゃいますから~~!!ってほどに気持ち良くされてしまって、俺も一気に気持ちが高まってしまった。
彼女をぐいっと抱き寄せて、スカートをまくったまま後ろから一気に挿入。
まだ服を脱がされていないので、ちょっと油断をしていたらしい彼女、いきなり挿入されていきなり感じまくっちゃう。後ろから腰を動かすと高い声であえぎまくる。ものの20回もズコズコした時点で「行く、行くぅ・・・」っと痙攣。服を着たままってシチュエーションに興奮しちゃってるみたい。
俺もかなり興奮しているので一回行ったくらいでは攻撃の手を止めず^^ バックのポーズを引き起こしてつながったまま後背座位の体位。座ったポーズで後ろから突き上げられてまた感じてる彼女、声が全然止まらない。さらに俺が後ろから自分で動くように命令すると、快感を我慢しながら自分で腰を上下して動く。でも気持ちいい場所に当たりすぎちゃうらしく、すぐに動きが遅くなっちゃう。それを許さずに俺が下から早いペースで突き上げるとまた声が高くなってきちゃう。
さらにつながったままベッドを降りてテーブルに手をつかせて立ちバック。俺、着衣のシチュエーションの燃えるみたい。服を着たまま挿入されてあえいでいる彼女の背中を見て、すっごく興奮してる。鏡があったら彼女にこの状況を見せてさらに恥ずかしがらせてあげたい・・・って思ったけど鏡の無い部屋なんだよね~。ちょっと残念。

さすがにここまでハードにエッチをすると服が汚れるのも気になるのでそろそろ服をきちんと脱いで本格的にエッチをすることに。お互いの服を脱がせて一回お風呂でシャワー。生理の方も完全に終わっているようだったけど、念のためCEPEであそこを洗浄^^ ボトルのふたを開いて用意をする俺を興味津々で見つめる彼女。バスタブに腰掛けさせて軽く足を開かせて、CEPEを割れ目に挿入、ギュ~~~っとボトルを握ると一気に彼女の中に流れ込む洗浄液。 今まで知らない感触に彼女の大きな目がこぼれそうなくらい見開かれちゃってる^^ ボトルを抜くと彼女の割れ目からジョロジョロと流れ出る洗浄液。「へ~~、こんな風に使うんですね~」と関心しながらもちょっと恥ずかしそうな彼女。初めてこんなことされたんだからしょうがないよね^^
シャワーでお互いの体を荒い合ってから、ベッドに戻って改めて一回戦開始。
ベッドの上に彼女を横たえてたっぷりとキス。俺の手は彼女の脚を開かせて自然に割れ目をまさぐっている。指を揃えてクリを転がすようにいじめてあげると彼女がまた可愛いあえぎ声を上げ始める。たっぷり濡れてきたので指を挿入してGスポットいじめ。案の定いくらもしないうちにまた絶頂を向かえてしまう彼女。彼女の割れ目があふれるほど濡れていて、シーツにまで染みが広がっちゃってる。多分潮吹き寸前の量が出ちゃってる。
「ほら、こんなに濡れちゃってたんだよ~」って見せるとすごく恥ずかしがる彼女。
でも俺はすでにいじめっ子モード。挿入までにまだまだ彼女をいじめてあげたくて、唇を首筋から胸へ、そして股間へ移動してクンニ開始。クリと割れ目に交互に舌を這わせると、彼女の声が高まるのが分かる。彼女の手がぎゅっと布団の端を握って快感に抵抗しているのを見ながらさらに舌の動きを早くしてあげる。クリを集中して刺激してあげると彼女の腰がビクビクと動いちゃう。また行っちゃったご様子^^

そろそろ許してあげて攻守交替。ベッドに寝そべった俺の股間でおちんちんをしゃぶり始める彼女。手と口がいやらしく動いて俺のおちんちんを刺激する。ほどなくびんびんに固くなってしまったのでゴムをつけて挿入。彼女に上に来てもらって騎乗位でゆっくりと下から入れてあげる。
騎乗位にはあまりなれていない彼女、ちょっと戸惑っているので、動きかたを教えてあげる。自分で腰を上下して動くようにさせると、けっこう上手に腰を動かしてくる。自分の気持ちいい場所に上手に刺激が行くらしく、かなり良い顔で動いている。下から見ていると俺も興奮してきて、下から腰を動かして刺激を追加。
さらに激しくズコズコしてあげたくなってつながったまま彼女を押し倒す形で正上位になって上からズコズコ。足を大きく開いて肩に担ぎ上げて屈曲させて上から激しく腰を動かしてあげる。「もうだめ!もうだめ!」ってあえぐ彼女の声を無視して激しく腰を動かし続けると2回くらい連続で腰が大きく痙攣。息もかなり上がっちゃってる。
最後はバックから挿入。俺がおちんちんをずるっと挿入すると彼女が濡れた目でこちらを振り返ってくる。腰を動かしてたっぷり奥まで挿入していることを伝えるとぎゅっと目をつぶってその快感に耐える。いつものまじめそうな彼女とのギャップにおちんちんは激しく固くなっている。
バックから動いて上げると、彼女の濡れたあそこがすごく絡み付いてきてめちゃくちゃ気持ち良い。「だめ!行っちゃう!!」ってい言う彼女の背中にのしかかるように彼女の耳元で「俺ももうすぐ行っちゃいそうだから一緒に行こうよ・・」ってささやきながら腰を激しく動かしてあげる。彼女の「行く!!行く~~」って声を聞きながら俺もバックから大量に放出。彼女の背中に崩れ落ちるように一回戦終了。

ゴムをはずしてお互いの体をキレイにしたらぎゅっと抱き合ってキス。腕枕をしてまったりTVを見ている間に彼女の寝息が聞こえてくる。そのまま腕枕で寝かせてあげる。幸せな時間^^
でも彼女の寝顔を見ているうちにいたずらがしたくなって乳首をウニュウニュしてたら彼女も目を覚ましちゃった^^
「すっかり寝ちゃいましたよ~~」と言いながら俺の股間に手を伸ばしてくる彼女、2人でいちゃいちゃしている間に俺もすっかり臨戦態勢。彼女に上に来てもらってシックスナインで臨戦態勢。たっぷり刺激してあげると彼女が我慢できなくてお口がお留守になっちゃう^^ かわいそうなのでフェラは免除してあげて、ベッドに押し倒してさらに激しくクンニ。たっぷりと時間をかけて割れ目をなめてあげると彼女の腰がビクビクと我慢できなくなってる。
「おちんちん、入れて欲しい人~~」って聞くと「は・ぁ・い^^」って小さな声。ではリクエストにお答えして、正上位で合体。
今までのエッチでたっぷり感度が上がっちゃってる彼女、1分もしないうちに絶頂。俺もそのまま絶頂に!!って思ったけど発射する前に体力切れ。う~む、こういうところに年齢が出るなぁ。
いったんAVを見ながら休憩した後、3回戦。彼女のお口でびんびんになったおちんちんをバックから挿入。寝バック、立ちバックを交えてたっぷり楽しんで彼女はやっぱり2回ほど絶頂に達してましたがやっぱり俺は行けず。途中で中折れしちゃいました~^^;

まぁ時間も良いところなのでお風呂・・・と思ったらお湯を溜めて放置しておいたのでバスタブいっぱいのぬるい水になってしまっておった^^; どうしようもないのでシャワーだけでごめんなさい。まぁベッドでかなりのんびりきたので良しとしましょう^^

彼女がお家でご飯を食べるということなので、ホテルの後はそのまま駅に向かって電車でGO。でも帰る路線が一緒なので最後までラブラブモード。なんかうれしいですね^^
その後、彼女からメールが。彼氏とよりを戻したこともあって、会うまでは色々葛藤もしていたけれど、俺とデートしてやっぱり良かったとのこと^^ やっぱり美味しいお食事と激しいエッチは忘れられないそうです。
今後も彼氏との仲は大切にしながら俺とも遊んでもらえるとのこと。「AnimaLさんは特別ですからね!」とのこと^^
まぁ俺と女性の関係って基本的には「友達」だし、体の関係ができたからって女性を束縛するような付き合い方はしないから女性にとっても都合の良い相手なのかな?

まぁお互いの状況を尊重して、これからも仲良く遊べると良いよね^^

お嬢様大学生と久々のデート 

以前日記の常連さんだった女子大生さん、年末に彼氏が出来てからデートはご無沙汰。 たまに連絡を取って「デートしたいねぇ」なんて言ってたんだけど、お互いのスケジュールがなかなか合わず。
彼女の方ももちろん彼氏さん優先だし、俺がお相手して初体験を済ませてからの始めての「愛のあるSEX」にメロメロのようでした。

ところが、年が明けてからちょっとしてまた彼女と連絡を取っていた時に、ふとアフリカ料理の話をしていたら彼女が話題に食いついてきた。ぜひ食べてみたい!ってことなので新宿のローズ・ド・サハラに連れて行ってあげることでデートの約束。
やっぱり女性は食べ物に弱いもの。おいしい物が食べられるお店、リーズナブルで落ち着くお店を知っている男性はもてるってことですよ!!
しかしながらその時点では「エッチは無しですからね~~」って念を押されてました。今はまだ彼氏だけでいっぱいいっぱいですからってね^^;

そしてもう一回どんでん返し。1月の半ばに彼女はその彼氏と別れることに。なんでも相手の都合で一方的に分かれることになったんだって。なんか、彼女不満でいっぱい。「納得行かない!!!」って。
まぁそこにAnimaLの愛の手が伸びるわけですよね^^ 俺とのデートでたっぷりストレスを解消しましょうよ~~ってね!

そんな訳で彼女とのデートはエッチ有りに変更! 下の日記にも書いてあるとおり、彼女はもうノリノリ^^
「じゃぁ、また剃っておいでよ」ってメールしたらすこして「もう剃ってるところです~~!」ってお返事。剃り終わったら写メでつるつるになったあそこの写真を送信してくれた^^
その後はその写真を見て俺が出した指示のとおりの写真がバンバン送られてくる^^ 濡れ濡れだったり、指を入れてたり・・・。
彼氏が出来ておとなしくしていた分、俺とエッチするって決まった時点で性欲のたがが外れてしまったらしい。自分でも「AnimaLさんとメールしてると、どんどん性欲があふれてきちゃいますよ~~」って。
彼女に「どんなエッチがしたいの?」って聞くと「いっぱい恥ずかしくしてください・・・」とのこと。
恥ずかしいって言えばハプニングバーで露出?って聞くとそんなにあけすけなのもちょっと・・・と言うので、とりあえず下着を着けずに来る事を指示。ノーパン、ノーブラデートです^^

当日はお昼に新宿で待ち合わせ。登場した彼女は相変わらずニコニコ笑顔が素敵な素朴系。白のワンピースにグレーの短めのコート。相変わらずの上品なお嬢様ファッション。
でもワンピースの下はノーブラでノーパン、その上下の毛をすっかり剃り落としたパイパン状態のはず。こんな清楚な彼女からはそんなことは一切想像できまっせん!!

まずお食事。彼女とのデートの時はすでに食事のときからSEXが始まってる。以前のデートの時は「にんにく屋」にてにんにくたっぷり料理を食ったりとか^^。
今回のデートは・・・スタミナ料理の王様、うなぎですよ~。 新宿のリーズナブルなお店で二人してうな重をぺロリ。
スタミナをつけたらラブホに出撃ですよ~~~!

本日のラブホはこの前見つけた土日でもフリータイムで入れるところ。ついたのは1時ちょっと前だったんだけど、午後のフリータイムは2時から8時まで。どうしようかちょっと迷ったんだけど、今から入っても5時までは居られるから入っちゃおう!ってことでIN!
部屋に向かう途中エレベーターの中でさっそくいちゃいちゃ。キスをしながらスカートの中に手を入れて彼女の股間をチェック。
・・・もちろん中はノーパン。無毛の割れ目に直接指が届いてます。そのまま割れ目の上からぐりぐり。早速声が出ちゃう彼女。エロエロです。
エレベーターから降りてすぐに部屋には入らずホテルの廊下でいちゃいちゃ続行。彼女のワンピースをめくり上げて股間を露出、指で割れ目をぐりぐり。彼女、声を出したいのに出せなくてハァハァしちゃってる。
割れ目がヌルヌルになっちゃってるのを確認していきなり指を挿入。「人が来たらやばいよ・・・」って言いながら全然抵抗できない彼女。片足を持ち上げて大きく露出した割れ目に指を2本挿入してグリグリかき回してあげる。

さすがにあんまりやっちゃとさらに激しくなっちゃいそうなので、いったん部屋へ。荷物を置いて上着を脱いだら早速ぎゅっと抱擁。濃厚にキスをしながら服の上から体を触りあう。
彼女、服の上から触ってもブラをしていないのが分かる。乳首の辺りをくりくりと刺激するとだんだん固くなってくるのが分かるよ。
手を下に伸ばしてまたスカートの下から割れ目を刺激。さっきの攻撃ですっかりとろとろになってるあそこはするっと俺の指を受け入れちゃう。
指をくいっと曲げてGスポットをグリグリと刺激。立ったままで激しい快感に、膝がガクガクしてきちゃう彼女。それでも許さずに激しく攻撃。
指をそろえてクリトリスをこするようにしてあげるとかなり声が出ちゃう。腰がビクビクして「やばいです!やばいです!」って俺にしがみついてるく彼女。そろそろ許してあげて攻守交替。

彼女の手を俺の股間に。ジーンズの上から俺の股間に触って「あ~~!もう大きくなってますよ!!」とうれしそうな彼女。
自分からパンツを下ろして俺の固くなったおちんちんを手でシコシコしながら「彼氏がフェラをして欲しがらない人だったから、久しぶりですよ~」って言いながらおもむろにしゃがんでおちんちんをパクリ。自然に着衣のままの仁王立ちフェラ・・・彼女、すっかり俺のペースに戻ってきちゃってますね^^
久しぶりとか言いながら体がまだぜんぜん忘れていないらしく、俺が教えたまんまのフェラ。口が小さいのであまり根元まではくわえられないんだけど、亀頭を中心に舌でねっとりと刺激してくれる。
彼女のフェラでどんどん大きくなる俺のおちんちん。口が苦しくなると竿を下から上までたっぷりと嘗め回してくれる。それを見るだけで興奮しちゃう。我慢できなくなっちゃいそう。
彼女を立たせてまたぎゅっと抱擁。ディープにキスをしながらまたワンピースのすそをまくって割れ目をたっぷりと刺激。指を挿入してたっぷりの愛液でヌルヌルになっているのを確認したら、彼女を壁に向かせて手をつかせて、こちらに向かってぐいっと腰を突き出させる。
俺が何をする気か気がついた彼女、「彼氏のが大きくなかったから、狭くなってるかも・・・」って。
彼女の割れ目におちんちんの先っぽをあてがってゆっくりと挿入。確かにちょっと抵抗感があるみたい。彼女を痛くしないようにゆっくりと少しずつ挿入していく。でも真ん中を過ぎると自然にずるずると入って行っちゃう。
奥まで入ったところでズコズコ開始。彼女は壁に手をついたまま声が出っ放し。着衣のまま犯されてるってシチュエーションにかなり反応しているみたい。耳元で「まだ服を着てるのに下半身はすごいことになっちゃってるよ」ってささやくと「恥ずかしい・・・」って言いながらさらに声が大きくなっちゃう。
服を着たまま悶えている彼女の顔を見ていると俺も興奮。下半身のスピードがさらに上がっちゃう。彼女がもう崩れ落ちそうになほど感じているのでベッドに移動することに。

彼女の腰を支えてベッドまでバックから挿入したまま歩いていく。ベッドについたらまず手をつかせてそのまま立ちバックでズコズコ。彼女がきつそうなので、彼女をベッドに上がらせて、またバックから挿入、彼女はベッドの上で四つんばい、俺はベッドの脇に立ったままズコズコ。この体位だと俺が動きやすいんだよね。彼女の腰を抑えておちんちんで丸を描くように彼女をかき回してあげる。
彼女はもう絶叫モード、久しぶりの濃厚なSEXで完全にぶち切れちゃってるみたい^^
そろそろ服が邪魔になってきたので彼女をベッドに座らせて、脱がせてあげる。彼女も俺のTシャツを脱がせてくれて、二人でやっと全裸、ベッドで本格的にエッチ開始。
ベッドの上で横たわる彼女の横に膝をついて彼女の顔の前におちんちんを突き出すと条件反射のようにパクッとくわえてくる彼女。その顔を見ながら俺は彼女の脚を大きくM字に開いて指で割れ目をいじめてあげる。クリを集中的にグリグリしてあげると口に集中できなくなっちゃう。 仕方が無いからおちんちんは後回しにして、まずは彼女の快感をさらに高めるためにクンニ。毛が全部剃られているからなめやすい。クリを舌先で転がしてあげると腰がビクンビクンしてる。

「入れて欲しい人~~?」と聞くと「はぁ~い」と小さな答え。顔を見ると全然余裕無し。目が潤んで顔が真っ赤になってます。
では本格的にエッチ開始。さっきのうなぎのせいだか、俺のおちんちんはいつもよりびんびん。彼女の腰を引き寄せてぐいっと足を大きく開かせて、ゆっくりと挿入。さっき一回入れているのでするっと入るおちんちん。そのまま激しくピストン開始。
「ああっ、彼氏のがゆっくりだったからこんなに激しくされたら・・・」って言いながらすっごく感じてる彼女。枕と布団をつかんで必死に耐えてる。ぎゅっと抱きしめてキスしながら腰を動かしてあげると足が俺の腰に絡まってきて、さらに深い挿入を求めてくる。
俺も久々の彼女とのSEXでかなり興奮してる。いつもより激しく腰を使ってる自分が分かる。無毛の割れ目から出入りしている自分のおちんちんにかなり酔わされている感じ。
ここまでのSEXが長かったから俺もかなり余裕無し。激しく動いているとほどなく絶頂の予感。「口に発射しても良い?」って聞くとさすがに抵抗があるみたいなのでフィニッシュはお腹の上。
いや~~、濃厚な一回戦でした。

エッチが終わったら彼女が顔を真っ赤にしてハァハァ言ってる。聞くと酸欠だって^^; それほど激しく感じちゃってたんだね。
あわてて冷蔵庫から水を出してあげるとやっと落ち着いたみたい。「うは~~、久々にこんな激しいSEXすると疲れましたよ~~!」ってベッドに倒れこむ彼女。二人でAVを見ながらあれこれ話しているうちにお互い居眠り^^
目を覚ました俺が、彼女の胸をいじってると彼女もほどなく目を覚ます。お互い触りあっているうちにまた熱くなってきて二回戦。
ところが挿入して少しすると彼女が「痛くなってきちゃった~」って。
最初のエッチでお互い燃え上がりすぎて、こすれて痛くなっちゃったみたい^^; いやいや、残念。
彼女に無理をさせたくないので、今日のエッチはここまで。二人でお風呂に入ってのんびりしてからチェックアウト。
いやいや、濃厚な4時間でした。

帰り際に軽くお茶をしてあれこれおしゃべり。彼女、春から社会人だから色々目標があるみたい。これから環境も変わるし色々あるだろうけど、お互いのペースを尊重してこれからも仲良くしようねってことになりました。

春は発情の季節。今回のエッチがその幕開きかな^^ 今月はけっこう約束が入っているので楽しみにしてくださいね~~!


※AnimaLの出会いTips
日記の中でも書きましたが、もう一回強調しておきます。
女性は食事おいしいお店を知っている男性に弱いです。食べ物の雑学に詳しい男性に弱いです。
つねに女性が好みそうなリーズナブルでおいしくて居心地の良いお店を知っていること、これだけでも出会いの確立はぐんとUPするはずですよ!!